2017年10月1日(日)

10月1日の羽村堰下ヨシ原保全活動は
夏場に伸びてしまったオオブタクサや、
カナムグリの整理をしました。
9月の2回の活動が雨のため1回になってしまったので、大忙しです。
オオブタクサはまだタネが熟していないので
種の散布前に刈り取りができました。
170903  藪に入っての除草 800600HH IMG_2649
背の高いヨシ原の中に入ってオオブタクサを選び整理します。


これは、保全エリアの下池です。周りはまだ夏草に覆われています。
170903  下池周辺の様子 800600HH IMG_2673

残念ながら、対岸のヨシ原はアレチウリが大繁殖しています。
これからの保全活動では、このアレチウリ対策を考えていきます。
170903  湿地エリアのアレチウリ 800600HH IMG_2672
10月3日撮影

作業中、こんな鳥やチョウに出会いました。
171001 ノスリf 羽村 800600HH IMG_7155
ノスリ

171001 ウラナミシジミ 羽村 800600HH IMG_7120
ウラナミシジミ
チョウの止まっていたコセンダングサは
この後、刈り取られました

たくさんの方の保全活動への参加をお待ちしています。
活動予定は支部HPにあるカレンダーをご覧ください。





















 

2017年7月2日(日) 曇            

夏の保全活動休止前、最後の保全活動を行いました。
5月中は保全エリアに入らず
姿を見せなかったオオヨシキリも
保全エリアでさえずっています。
 ただこれは、営巣地であった多摩川川岸の草刈りによって
追い出され、移動して来たものと思われます。

170618 保全エリア ヨシ原 日付入り IMG_2734
ツルヨシ茂ったの保全エリアでの様子です。(6月18日撮影)



170521 作業オオブタクサ幼菜抜き取り 800600HH IMG_8877
背丈を超えるツルヨシ原に入って
カナムグラやヤブガラシを抜き取りました。


20170702_2
湿った草原に毛の生えたカタツムリがいました。
オオケマイマイです。
この姿にはびっくりと感激です。


7月後半と8月は保全活動はお休みです。
次回は9月3日(日)です。
まだ暑さが残っていると思いますが、ぜひご参加ください。
オオヨシキリの巣立ちびなが待っていると思います。

↑このページのトップヘ