Yahoo!ランキング オフロードヘルメット部門

2012年09月24日

CRF250L vs WR250R 比較インプレ

IMG_0912eCRF250L と WR250R
どっちがいいの?

って、聞きたくなりますよね~

ということで、
この2台を同時にインプレする機会があったので 
私なりのインプレを報告します。 

どっちて、そりゃ~WR250Rが良いに決まってます。
40万円と70万円の値段の違いですから、言うまでもありませんね。 

ただ、CRF250Lが40万円だからと言って、侮ってはいけません。
カワサキみたいに安かろう悪かろうじゃないのが、さすがのホンダ。

頑張って出来のいいバイクを作り、頑張るなかに値段を安くするのも含めた感じ。

 さてさて、比較インプレの話に入りましょう。

走破性能 はWR250Rの勝ち
IMG_1117eサスペンションもコントロール性も断然にWR250Rの方が良い。
ただ、WR250Rの走行性能の良さはある程度ライディングのテクニックのある人でないと体感できないし活かせないかもしれない。ダートでのハンドリングやコントロールのしやすさは、CRF250Lとは比較にならない。
サスペンションもよく軽快な足回りの動きでバイクの切り返しも軽い、低回転でのトルクもありリアをスライドさせてコントロースするのも簡単だ。


足つき性が良く、ライダーに優しいのはCRF250L
しかし、初級・中級レベルのオフロードライダーが、ダート走行においてリアをスライドさせたりクイックな切り返しを必要とすることはあまりないと思う。逆に初級・中級ライダーにとっては、WR250Rの軽快なハンドリングは不安を覚えるし、微妙なアクセルワークが苦手な初心者には、低回転のトルクが太いのは ダート走行時を難しくしてしまう。そして、何よりもコントロール性を良くするためにシート功を高くしたWR250Rは足つきが悪いのは立ちごけに繋がるマイナス要素。
一方、CRF250Lに関しては、足つきはセロー並みに良く、信号待ちはもちろん、狭い林道のUターンも安心して出来る。WR250Rに比べて、CRF250Lは低回転のトルクが控えめなので、ダート走行で多少アクセル操作がラフになっても安定して走れる。CRF250Lのサスペンションは軽快さよりも安心を重視した設置感のある動きをする。

ガンガン走るなら WR250R
ジャンプやコーナー、ガレた林道など、ハードなダート走行で、断然WR250Rの方が走りやすく攻めて走りたくなるのは、WR250Rの走行性能の高さだろう。カチッとしたサスペンション、体重移動しやすいスリムなハイシート、軽快なボディー。同じシチュエーションでCRF250Lで走ると、不安や不自由こそないが、アグレッシブに攻めるにはちょっと物足りない感じがある。

乗り心地の良いのはCRF250L
かといって、一般のオフロードライダーが、オフロードコースを走ったり激しい林道を走る機会はめったに無いのが実情だろう。2泊3日の林道ツーリングに行ったとしても、ガレた林道なんてほんの一瞬だし、ましてやダートでのジャンプやコーナリングなんて 機会はないはず。
と考えた時に、CRF250L の乗り心地の良さが際立つ。ゆったりしたシートの座り心地、ベッタリ足が付く足つき性の良さ、マイルドなエンジン特性からはじまり、ヘッドライトの明るさやメータの見易さなど乗り心地をよくする要素に関しては、CRF250LはWR250Rよりも格段に優れている。

荷物の積み易さやメーター・灯火の見易さはCRF
ツーリングや街乗りを考えた時、荷物の積み易さやメータやライトの見易さはとても重要な要素。
まず、荷物の積み易さでいうと、WR250Rはまったく考えられていない感じ、リアフェンダーがある程度フラットになってはいるが荷掛ロープを引っかけるフックは皆無、一方、CRF250Lはシートを固定するボルトを荷掛フックと兼用になったりで荷物の積み易さではダントツに優れている。
また、ヘッドライトに関しては、昔ながらの小型なヘッドライトのWR250Rに対して、大型リフレクターを備えたCRF250Lは格段に明るく広い範囲を照らし出してくれる。
メーター類に関しては、オフロード走行に邪魔にならないよう最小限にしているWR250Rはオマケ程度のものだが、見易さを重視しているCRF250Lはスピード表示が大きかったりウィンカー消し忘れを防ぐため警告灯を上に持って来たりと良く丸考えられているのが判る。


とうことで、CRF250LとWR250R、どちらがよいかという答えは、

・オフロード走行と加速性能を重視するならWR250R

・ツーリングの快適さと安全性を重視するならCRF250L

 ですね。


さてさて、どちらを買うか決めたら、その前でいいけど、
どこで購入するか?ですね。

近頃は、ショップにより、大きく値段がちがうので、
あらかじめ ネットで近郊ショップの最安値チェック した方がよいです。
CRF250Lの最安値チェック
 ⇒ CRF250L 新車・中古車の販売価格
WR250Rの最安値チェック
 ⇒ WR250R 新車・中古車の販売価格リスト

なかなか便利なサービスです。



バイク保険



we_love_adventure at 15:54日本のバイクメーカー  
PR:


最新記事
QRコード
QRコード
記事検索
- 雑談 -
下取りに出すなら?
1.購入バイクショップ
2.買取業者(バイク王)
3.レッドバロン

あるレッドバロン店長の話し、
バイク王が大嫌いなレッドバロンは、バイク王の見積よりも3万円高く買取るというキャンペーンを初めたらしい。
つまり、この流れで下取りに出すのが一番お得みたい。
GoogleAnalytics
  • ライブドアブログ