真麻には誰にも言えない秘密があった。それは学校の教師達と肉体関係にあることだ。自ら望んでそうなったわけではなかったが、特にイヤというほどではなかった。オトナ達が褒めてくれる、そして必要とされていることが嬉しかった。「お前、また胸が大きくなったな」「先生が見ててやるから自分で触ってみなさい」…そして今日もまた真麻はいつものようにクラスメイトがいなくなった夕暮れの学校へと歩いていく…。

松嶋真麻

【★松嶋真麻★私…ずっと先生に中出しされていました。純粋JKの秘密の個人授業SEX!】の続きを読む