素晴らしい本に出会えた。

高橋源一郎先生が「ぼくたちはこの国をこんなふうに愛することに決めた」を書いたのはこの本の現代版?だったというようなことを書いておられたので興味があったのだが、タイミング良くある人が貸してくれたので読んだ。

経済のありかたを語り、英雄史観論を否定することで、観念に流されて行く戦前の状況に、子どもたちを救おうとした。吉野源三郎さん。

胸が震える。

その系譜は、高橋源一郎先生にも引き継がれている。

文学の凜とした姿に熱くなる。