お天気お姉さんのプチ日記 | livedoor 天気情報

寺田あかりさん

2月29日

2004年02月29日

2月29日は、朝のうちに前線が通過。ただし東京は、それほど大きな天気の崩れになりませんでした。これは、関東平野の北と西を山が囲い、雨雲が山に遮られたからです。先月半ばに訪れたフランスのニースも、東京と同じく、北と西に高い山があり、雨雲はなかなかニースにたどり着けません。滞在中、天気予報では、フランス全土を低気圧や前線が通過するはずでした。でも、ニースは、朝のうちにちょっと雲が出た程度、日中はきれいな青空を見せてくれました。

ニースのビーチニース丘の上





2月29日は閏日(うるうび)、英語では“Leap day”、閏年のことは“Leap year”といいます。ちなみに“Leap year proposal”とは、女性から男性へのプロポーズのこと。かつてイギリスでは、2月29日だけは女性から男性にプロポーズすることが公認され、男性は断ることができなかったそうです。そこから転じて、「閏年に女性から男性にプロポーズすると、幸せになれる」と今に伝わっています。日本でも、今年は男性より女性のほうが積極的になるかも!?




2月29日は、大学のクラスメイト、まいこ&みやこと久しぶりに会いました。2人とも生粋の関西人、私に関西弁をおしえてくれたのは、間違いなくこの2人です。3人のおしゃべりはとどまる事を知らず、今日もいっぱいしゃべったね♪
3人で

みんなケーキ好き






2月29日は、私の日記、最終日です。
今まで見て下さったみなさん、協力して下さったみなさん、本当に本当にありがとうございました。

日記を担当したことにより、一日一日をじっくりかみしめることができました。気象予報士という仕事から、プライベートのことまで、自分自身を見つめなおす良い機会だったと思います。


気象予報士の仕事は、「災害から人の命を守ること」、そして「難しい天気図や専門用語をわかりやすい言葉に通訳すること」

これからも、この気持ちを忘れずに頑張って行こうと思います。

明日から3月です!3月の担当、小山内真紀さんにバトンタッチ!頑張って下さいね♪


weather11 at 23:33|この記事のURL

かわいいね♪

2004年02月28日

もうすぐひな祭りですね。
「あかりをつけましょ、ぼんぼりに〜♪」自分の名前が入っているこの歌で、小さい頃はよくからかわれたっけ。

えっちゃんと葵ちゃん


大学のクラスメイト&チアのチームメイト、えっちゃんが写真を送ってくれました。みんなの憧れえっちゃんもママになったんだよね〜♪名前は「葵(あおい)ちゃん」ぱっちりおめめのかわいい葵ちゃん、きっとママに似て美人になるよ〜♪後ろにはひな人形が飾られています。






ところで、私は小さい頃から、かわいい「いちご」が大好きです。今日もスーパーにずらり並んだ真っ赤ないちごを買ってきました。
いちごの旬はもともと初夏、それが暖かいビニールハウスで、人工的に「初夏」をつくることにより、寒い冬でもいちごを食べることができるように。もしそうでなかったら、いちごがのった定番のクリスマスケーキも、また様相が違ったかもしれない。

いちごは、見た目のかわいさと甘さに加えて、
5,6粒で一日に必要なビタミンCの必要量がとることができる優れもの。

みなさんは、どんな食べ方が好きですか?
いちごをそのままほおばるのもおいしいですよね。南房総でいちご狩りを初体験したとき、そのおいしさに驚きました。いちご園にも置かれている練乳ミルク、それをたっぷりかけるのもまた格別!
そのままでも。練乳たっぷり

甘くておいしい!いちご牛乳
でもやっぱり私は、いちごをつぶし、砂糖と牛乳をかけ、いちご牛乳にして飲む。これが一番好きです。


weather11 at 23:56|この記事のURL

あなたは何色?

2004年02月27日

デパートはもう春物一色ですね。(バーゲンの文字がすっかり消えてしまってさびしくもありますが・・・)

私の場合、冬は、どうせコートを着るからと、一層おしゃれにこだわりがなくなります。気が付いたら毎日同じような色合いの服。。。もうすぐ3月、春らしいセーターでも買いに行こうかな・・・

ところで、みなさん、好きな色の服ってありますか?
私は、赤色の服を見つけると、ついつい買ってしまいます。今では、クローゼットで赤い服の占める割合が相当高くなってきました。

ただ、同じような赤でも、何だか似合わない、なぜか変・・・と結局一度も着ていない服もあるんですよね。

最近その理由がわかりました。

写真は、フジテレビスーパーニュースに臨時出演したとき。「おしえて!テラダス」のコーナーで「カラーコーディネート」の取材をしました。

取材

先生に、カラーコーディネートについて教えてもらっています。先生は、めがねの色から髪の色まで、ばっちりコーディネート。とても若々しくてすてきな方でした。それに先生の肌が、きれいでピカピカしていたので、その理由をきいてみたら、「肌がきれいにみえるかどうかも、自分に合っている色を使っているかで決まるんですよ」・・・私も自分のベストカラーが知りた〜い!


取材

たくさん布をあててみて、自分にぴったりのカラーをみてもらっています。ちなみに、音声さんは、私をサーフィンに誘ってくれた、キュートで頼れる「いごちゃん」。カメラマンの「えりこさん」は、偶然にも私の大学、そしてクラブの先輩でした。真ん中の男性は、岩城滉一そっくりのイケメンディレクターさんです。


季節が4つに分けられるように、色も、春色、夏色、秋色、冬色の4つに分類されるそうです。それから、春色と秋色はウォーム色(暖色系)、夏色と冬色はクール色(寒色系)に区別されます。

私が好きな赤、一般的には、暖色系といわれていますが、実際には暖かい赤と、冷たい感じのする赤があり、私は暖色系の赤の方が似合うとおしえてもらいました。

そのあとで、暖色系である春色、秋色、それぞれ40種類の布を顔にあてたりして、私のベストカラーは、「秋色」とわかりました。


自分に似合う色を着れば、おでかけももっと楽しくなりそう。よし、今度の休みはショッピング三昧だ!でも買い過ぎで、お財布が寂しくならないように気をつけよう。


取材に協力して下さったお店「Bonito」のHPは、
http://www.bonito-kbs.com/

取材の詳しい模様は、
http://www.bonito-kbs.com/media/index.html




weather11 at 23:06|この記事のURL

悪役

2004年02月26日

ニュースで見たんですが、俳優の渡辺謙さんが、アメリカ映画「バットマン」の悪役に決まったんですよね。本当に素晴らしいなあと思います。

この時期、天気の悪役といえば、「低気圧」でしょう!
記憶に新しいのは、先日北海道を襲った爆弾低気圧です。大雪や吹雪などで、交通機関も大きなダメージを受けました。
日本海を低気圧が進めば、気温が上がって、雪崩の恐れがあります。
本州の南岸を低気圧が通り過ぎれば、関東で大雪になることがあります。
26日は今年初めて、西日本や南西諸島で「黄砂」を観測しました。これは中国大陸北部の「黄土地帯」で、低気圧により巻き上げられた砂が偏西風によって、運ばれてくるものです。黄砂は、時に洗濯物を汚したり、視程障害を引き起こす恐れがあります。
この時期、低気圧に伴う雨の翌日は、花粉が多く飛びます。

ただ、低気圧がなければ雨が降らず、空気は乾燥する一方、お肌もボロボロ、火事も頻発するでしょう。それに、農家の方も水が確保できません。

悪役は、映画の世界だけでなく、気象の世界でも重要な役割を果たしているわけです。


私にとって長年の悪役であったのは、「紫外線」です。
真っ黒
写真はアリゾナに留学していた頃です。紫外線に対してそれほど警戒していなかったので、たいへんな目に遭いました。帰国して以来、一生日焼けはしないと心に誓い、今まで生きてきたのですが・・・





昨年の夏、出会ってしまいました、それはサーフィンです。はじめたばっかりですが、絶対、絶対、うまくなりたい!今月初めにいった真冬のサーフィン合宿でも、帰るぎりぎりまで特訓してもらいました。メンバーの方々がみんなおもしろくて、熱心に指導して下さって、次の合宿が今から待ち遠しいです。

もちろん、紫外線との戦いは終わったわけではありません!日焼け止めクリームを塗っては海に入り、海からあがってはまた塗りたくる、この繰り返しです。もちろん、後のケアも忘れませんよ〜!

みんなとロングボードコーチ
weather11 at 23:22|この記事のURL

習い事の話

2004年02月25日

中学生の時にやめてしまったピアノ、2年ほど前から再び習い始めました。でも全然指が動きません。続けておけばよかったなあと思います。

ピアノ好きいつでもピアノ

姪っこは、どうやらピアノ好きな様子。果たせなかった夢は彼女に託そう!目指せ未来のピアニスト!



また、小さい頃に習っておけばよかったなあと思うのが、クラシックバレエです。 中学に入ったら、なぜかバレーボール部に入ってしまいました。理由は単純で、当時全日本男子バレーに夢中だったから。今でも変わらず好きです。

りかさん

←左の写真は、福冨里香さんです。客室乗務員を経て、気象予報士に。現在はNHK千葉FMや水戸FMの気象情報を担当。とっても明るくておもしろい里香さん、いつも元気をもらっています。バレエを始めてから2年で、この華麗な姿、本当にすごいなあ〜!!





松本さん
同僚の松本さんは、学生時代から野球を始め、今でも休日は、風を予測しながら打球を追っているそうな。
松本さんが所属する野球チームの名前は、ずばり、「てんきず」メンバーはみんな気象予報士、ちなみに背番号は天気予報のプロット番号を使い、3桁の数字を使っているそうです。でも、よ〜く写真をみると、背番号は「13」・・・松本さんはまだ3桁の数字をもらっていないらしい。








ゆりこさん
そして、習い事をずっと続けているのは、関根ゆり子さん。私が気象予報士になって初めて仕事を教わった方です。とても優しくて頼れる先輩、みんなから慕われています。

ゆり子さんは、日本舞踊を習い続けて20年、直派若柳流の名取りで、若柳由り英(ワカヤギ・ユリエ)。
写真は、昨春「俄獅子(ニワカジシ)」を踊った時のものだそうです。格好良いですよね!でも当の本人は「決まってるように見えても、ボロボロ。師匠やお仲間には不評で、反省のショットなの」と・・・そんなことないですよ!


weather11 at 23:01|この記事のURL

趣味の話

2004年02月24日

堀口さんちの冷蔵庫

職場の先輩、堀口さんの趣味は、ずばりお酒!
←堀口さん宅の酒用冷蔵庫の写真です。
今まで飲んだ酒瓶のラベル、もう張るスペースがないそうです。
堀口さん夫妻には、たまにカラオケに連れて行ってもらいます。二人の奏でるハーモニーは最高です!








プロフィールの趣味欄にもかきましたが、カラオケが好きです。

カラオケ
←ストレス発散にはカラオケが一番!

ハニートースト
←最近は、あるカラオケ店で食べられる大きなハニートーストにも、はまっています。






その他の趣味は、映画のロケ地を訪れること。きっかけは、オードリー・ヘップバーン。「ローマの休日」を観て、大好きになりました。数年前、映画の舞台やオードリーゆかりの地を巡って以来、旅先では好きな映画で使われたロケ地を訪れています。


ローマの休日
←私のスケッチ。アン王女がジェラートを食べていたところ。私が行った時は、すでにジェラートを含め飲食禁止に。真似が出来ず残念。
真実の口


オードリーの家
←オードリーが晩年暮らした家、スイスの小さな村にあります。

パビリオン
←パビリオンの前で。

weather11 at 23:49|この記事のURL

服選びのコツ

2004年02月23日

23日の最高気温は、夜中に観測した所が多く、日中の気温は下がる一方でした。
長野の午後2時の気温は1度、前日と同じ時間に比べると17度7分も低くなりました。
金沢では、午後2時が5度3分、前日の同時刻との差が16度1分でした。
身体が対応できる毎日の温度差は5度くらいといわれていますから、この差はかなり体にこたえますね。

季節の変わり目は、気温の変動が激しく、体調を崩しやすくなります。着て行く服を選ぶ時は、「気温差5度」につき「服一枚分」を目安に考えてみると良いですよ。


出発進行!
←私の祖父です。服装や暖房器具など、気温調節はこまめにするので、いくつになっても元気です。この日も、首元にはスカーフ、手袋も忘れません。ちなみに、出発進行のポーズは、国鉄勤務時代に培ったもの。おじいちゃんの家は、鉄道関係のお宝いっばい、ミニ博物館になっています。

広島空港
←夜の広島空港、私にとってもマフラーは必需品。

寒さ対策には、三つの首、襟首・手首・足首をガードするのがポイント。
weather11 at 23:08|この記事のURL

合格発表の思い出

2004年02月22日

気象予報士試験の合格発表まで二週間をきりましたね。受験者の方も、受験を応援した周囲の人たちも、みんなソワソワ、ドキドキしてくる時期かもしれません。

私は、何度も受けてやっと合格したので、合格発表にはいくつかの思い出があります。

「思い出 

スウェーデンのイバーソン夫妻のおうちに滞在していた時、ちょうど合格発表があった。夫妻は通訳をしていた母のクライアント、その日は母からの電話連絡を3人で待っていた。そして、おくさんが母からの電話をとった。声を聞いた瞬間、表情が一気に暗くなった。その時は見事に撃沈、それはもう悲しみのどん底。すでに前の会社は辞めており、発表までの間は海外でのんびり、帰ったら、早速就職活動。。。なんて、のん気な考えだったから。人生は計画通りにいかないもんだと痛感した。

まだ笑顔
←発表の前日はこんなに元気・・・









涙のストックホルム
←結果が出た日。ローランドの優しい言葉にまた号泣。








「思い出◆

前夜に電話で話し、その日が合格発表の日だと、母は知っていたはず。それなのに。。。

私「お母さん!あったよ(番号が)!」
母「え!キンキキッズにあ(会)ったの?すごーい!剛くん?光一くん?」
私・・・なんでキンキキッズなん。そりゃあファンだけど・・・「そうじゃなくて、試験に受かったんよ!(→広島弁)」
母「あ、そう、*学科に合格したの。良かったね」
私「そうでもなくて、*実技も一緒に試験に合格したの!!」
母「うっそー!!!ぎゃー!!!!(悲鳴に変わった)」
*気象予報士試験は学科と実技試験があり、学科が受かれば、1年間は学科の受験が免除されます。

まさかこの私が本当に合格するなんて、信じられなかったのだと思う。それに、理科の教師である父には、中学時代に「低気圧性循環」さえもわかっていないと、叱られたことがある。そんな私が受かるとは、相当驚いたに違いない。

お母さん←またまた登場の母です。
weather11 at 13:52|この記事のURL

そりゃそうだ!

2004年02月21日

2月21日、用があって故郷の広島に戻ってきた。
昼間はコート要らず、少し動けば汗ばむくらいの暖かさ。広島の春の訪れ、こんなに早かったっけ?・・・そんなはずはなかった。
2月21日の広島市(中区)の最高気温は、20度2分、1935年の統計開始以来、2月としては最も高い気温だった。(今までの一位は、1962年2月11日の19度9分)
この時期の最高気温は、平年で10度そこそこ。そりゃそうだ、今日のように暖かいなら、広島カープのキャンプも、沖縄まで行く必要はないよね。

はい!

久しぶりに姪のこころに会った。なんとか間に合った手作りジャケット。でも悲しい事に、年齢通りのサイズでは小さかった。成長があまりにも早すぎて、ジャケットなのに七分袖になっている(私が編み間違えたのかな!?)


母と娘








弟のおくさん、奈々ちゃんがお昼ご飯を作ってくれた。
「鶏の唐揚げ」とてもおいしかった。それにどこか懐かしい味・・・そりゃそうだ、昔はよく「鶏の唐揚げ」の取り合いをしていた弟のおくさんだもんね。弟の好みに合わせた味は、私が好きで当然だ。

大げさではなく、私が「鶏の唐揚げ」を食べない日はない。

weather11 at 22:30|この記事のURL

暖かさと引替えに・・・

2004年02月20日

今週は、季節が急ピッチで進んだ気がします。
日増しに暖かくなるのはうれしいのですが、同時に失われるものが・・・それは「見晴らし」です。

気圧配置が「冬型」から「春型」に変わり、
季節風が弱まると、職場から見る景色はこんな風に変わってしまいます。
遠くに見えるは富士山、その雄大な姿も、見える日が少なくなるのです。

(左:11月の眺めと天気図、右:2月の眺めと天気図)

11月の場合2月の場合

天気図1117天気図0213


weather11 at 23:15|この記事のURL