お天気お姉さんのプチ日記 | livedoor 天気情報

安西浩子さん

愛する人たちへ

2003年11月30日

好物の鰹節いつも帰ると、家の近くで黒猫が待っている。よその家の猫だけど・・・。
ちょっと小ぶりの黒猫。控えめな性格。

いつも家の近所で見かけるブルーの首輪をした黒猫。なんとなくお互い顔見知りで半年くらい過ぎた頃。『おいでよぉ〜』と言って家のドアをあけたら入って来た。鰹節をあげると私たちとても仲良しに・・・かわいいなぁ〜とのぼせていたのも束の間。あるとき隣のアパートから出てきた(黒ちゃん)を偶然見つけた。『私だけじゃなかったんだ・・・』ちょっぴりショック。その後も、あちこちのアパートから出てくるのを見かけた。
黒ちゃんは、私の他にも、どうやら3件くらい渡り歩いているようだった。

今日も黒ちゃんが鈴を鳴らしてやってきた。実はずうずうしい八方美人の黒ちゃんだけど、今日も鰹節をやってしまった。

銀杏の落ち葉のジュウタンが広がり、秋の終わりを告げる。
私もそろそろ失礼しないと・・・。

やりたい放題やらせていただきとても楽しかったです。

鹿目さんと伊藤さんこうして振り返ると私は、改めて素晴らしい人たちに囲まれて幸せだと気付きました。励ましてくれた方、日記に出演してくれた方、そして何よりもこの日記を読んでくださった方、多くの方の協力があったので頑張れました。本当にありがとうございました。

これからも皆さんに幸多いこと祈って、最後のご挨拶とさせていただきます。

それでは、来月担当の鹿目(かのめ)さんにバトン・タ〜ッチ!!
weather11 at 23:44|この記事のURL

アロエベラと杉澤さん

2003年11月27日

給料が入って私が最初に買うものは、FLP社のアロエベラ・ジュース。元気に働けるように愛用しているもので、あのNYヤンキースの松井選手も飲んでいる物だ。今日は、FLPジャパンリミテッド豊島営業所の杉澤廣行さんにお会いしました。

実は杉澤さんは、日本でアロエベラを食品として口に出来るように旧厚生省などに働きかけてくれた方なのです。コンビニ等でアロエベラ入りヨーグルトなど見かけた方も多いことでしょう。

そんな杉澤さんの目標は、『社会福祉のためにつくしたい』ということでした。

杉澤さんと私マザーテレサ・ペンダントヘッド豊島営業所の皆さん

インドの子供の里親やインドに学校を設立。
また、戦後韓国に渡った『日本人妻』(身寄りのない女性達)のための老人ホーム『ナザレの園』の寄付・応援等々。
これまで杉澤さんが行ってきたという福祉活動の多さには驚かされました。

杉澤さんはお子さんが5人もいらっしゃるが、生活を切り詰めてまで福祉活動を行って来たようです。
歴代の総理大臣からの表彰や日本赤十字からの表彰を数え切れないほど受け、マザー・テレサからも『愛の印のペンダント・ヘッド』が送られている。

杉澤さんの新たな目標は、日本の社会福祉事業の先駆者といわれる石井十次の映画製作の資金の一部を寄付すること。
一般の人からも応援を募っている様なので詳しくは、
『現代ぷろだくしょん』 TEL 03-3371-3925  FAX 03-3364-3218 または、
FLPジャパン豊島営業所 杉澤宛 TEL 03-3950-9491 にお問い合わせください。

weather11 at 23:52|この記事のURL

オーロラに出会いたい

2003年11月25日

私も・・・オーロラにいつか出会いたい!!
そう思ったのは、新田先生のイエローナイフ(カナダ)のお話を聞いてからです。

太陽から飛んでくる電気を帯びた粒子(プラズマ)が、太陽風となって宇宙空間に広がったものが地球にも降りそそぎ、その結果、地球の大気と衝突し発光するのがオーロラです。

オーロラは地上100キロ〜500キロの高さで光っています。飛行機の飛ぶ高さが地上10キロだから、その10倍の高さがオーロラの下端になります。スペースシャトルは地上200キロ〜500キロ上空を飛ぶので、オーロラの中を飛ぶことになります。そう考えると・・・とっても高い。そして、厚さは500メートル、東西の長さはなんと数千キロにもなるという。

オーロラの活動が活発になり、下端が波打つように動くと、大きなひだが出来て舞台のカーテンのように見える。真下から見上げると渦巻状に見えることもある。

オーロラの色は、宇宙から飛んでくるプラズマが、大気中のどんな粒子にぶつかるかによって変わる。もっとも多く見られる白っぽいグリーンと赤い色は酸素原子とぶつかった時で、窒素原子とぶつかると青やピンクの色になる。

オーロラ1オーロラ2オーロラ3
(写真:カナダ・イエローナイフにて 新田 尚氏 撮影)

オーロラ観測の季節は11月下旬〜4月中旬。北極周辺のオーロラベルトと呼ばれる地域でよく見ることが出来る。夕方6時〜朝2時位までの間で、1回の出現時間はわずか10分ほど。

なんでも最近は宇宙天気予報というものがあり、太陽活動や太陽風の強さを観測することで、いつオーロラが出現しやすいかおおよその見当がつくという。

先日の11月21〜22日にかけては、北海道の陸別で低緯度オーロラを観測したようです。2003年10月31日には八ヶ岳でも観測されたといわれていますが、日本のような低緯度だとオーロラベルトからかなり離れるため、オーロラのひだを見ることはできません。

オーロラを見たい方は、北欧やカナダ・アラスカにお出かけになることをお勧めします。



weather11 at 23:51|この記事のURL

2004世界気象カレンダー

2003年11月24日

待ちに待った『2004世界気象カレンダー』が完成した。
私はこのカレンダーの大ファンです。毎回、迫力のある写真に、気象ファンならきっと鳥肌もの。思わず目が釘付けになる。

黒崎さん2004世界気象カレンダー黒田さん

解説者のお二人にお話を聞いてみました。

『一般の人にも分かりやすく、また、予報士を目指す人にも役立つように、日本付近の特殊な現象についてイラスト図をつけて分かりやすく解説しています。』と黒田雄紀さん(写真右手)

3つの写真の解説を担当した黒崎明夫さんは(写真左手)、『世界に目を向けている内容なので、普段日本では目にすることがない現象も取り上げている。また、このカレンダーの作成に携わることで新たな発見があり、毎回興味を持って望んでいる。』と話してくれました。

迫力ある写真は、気象庁をはじめNASAや気象衛星センターなどから提供してもらったそうです。

気象の専門家にもファンが多いこのカレンダーは定価2500円だが、気象庁の売店なら大変お得なお値段で購入できるという。気象ファンなら是非手に入れたい一品ですね。

weather11 at 22:53|この記事のURL

笑顔は元気の源

2003年11月22日

私の家の近くにはお肉屋さん・お米屋さん・酒屋さん・床屋さんが並んでいる。以前は八百屋さんや豆腐屋さんもあった。

お肉屋さんお魚屋さん

豆腐屋さんは朝が早い。私は豆腐よりも出来立てのあったかい豆乳を買うのが好きだった。おじさんに『豆乳ください』というと、『はい100万円』と言って笑わせてくれた。残念ながらお店は閉店してしまったが、おじさんとおばさんには、今度豆腐の作り方を教えてもらう約束をしている。

お肉屋の山章さんは(写真左)、ご夫婦でお店を切り盛りしている。おじさんは一見愛想が悪そうだが、笑顔はとてもやさしい。ママはとても愛想が良くとても元気。ママのシュウマイは竹の子入りの家庭的な味でとても美味しい。『シュウマイ5個お願いしま〜す』といって家に帰り袋を開けると6個入っていたりする。ママ、いつもありがとう。

そして、2年くらい前から魚屋さんが週に2回、築地の魚岸からトラックを飛ばし新鮮な魚を積んで来てくれる。スーパーのお魚とは味も大きさも格段に違うし、とても新鮮だ。おじさんの名前は、宇賀神金造さん(写真右)。金ちゃんはいつもニコニコしていて笑顔が最高にキュート。『いつもラジオ聞いてるよ〜』『今週は水曜日と木曜日に出てたねぇ〜』『最近は上手くなったヨ〜』と、栃木なまりでほめてくれる。おじさんとお話していると、とても楽しいし不思議と元気がでてくる。金ちゃんおじさん!またサービスしてね。

私は家の近くでお買い物をするたびに、皆から元気をもらっている。
元気の源は笑顔だ。笑顔は心を明るくしてくれる最高の贈り物。
私も皆に笑顔を振りまけるような人になりたい。

weather11 at 23:41|この記事のURL

フランスパン

2003年11月21日

新宿のメトロ食堂街には『墨絵』(すみのえ)という洋食屋さんがある。
お食事が美味しいので、その店はいつも行列。利用しているお客様の層は広く、30代〜60代くらいの上品な女性客が多い。また、宇田川店長は人気者で、いつも百万ボルトの笑顔で迎えてくれる。

私はここのフランスパンが大のお気に入りである。嬉しいことに店先ではパンが買えるのだ。

フランスパン宇田川店長

今から6年も前になりますがパリに行ったときの事です。ホテルの朝食に出てきたフランスパンがとても美味しくて感動したことがある。最初サービスされたものがパンとコーヒーだけだったので、『えっ・・これだけなの? ずいぶん寂しいなぁ・・』と思ったが、パンを口に入れた瞬間、体中の細胞が飛び上がって喜んだ。

皮がサクサクしてるけど中は程よい柔らかさで、ミルキーな甘い香りがフワァ〜っと口の中に広がった。『なんでこんなに甘い香りがするんだろう・・・? こんなフランスパン食べたことない・・・すごく美味しい。』明日もあのパンが食べられると思うとワクワクした。翌朝、パンのことが気になり早く目が覚めたので、少し早かったがレストランに行った。驚くことにキッチンを覗いたら、早朝からパンを焼いていたのである。

申し訳ないけど、これまで日本で食べてきたパンって、マズかったんだなぁ・・・とその時思った。パリを1週間観光したけれど、ベルサイユ宮殿を見た時よりも、エッフェル塔を見た時よりも、今も思い出すのはあの時のフランスパンが美味しかった事である。
また、あのフランスパンが食べたい・・・。

それから何年かして友達のツルちゃんに『美味しいパンが食べられるよ!』と誘われて来た所が、ここ『墨絵』である。パンを口にほおばった瞬間、あのフランスでの感動がよみがえった。体中の細胞が思い出したかのように鳥肌がたったのである。私の中ではここのフランスパンが日本一。時々ここでフランスパンを買うことが、私のささやかな楽しみなのだ。

weather11 at 23:52|この記事のURL

頭寒足熱

2003年11月20日

頭部を冷ややかにし、足部を暖かくすると安眠でき、健康にも良いらしい。

陽子と晶子お勉強するときや本を読むときも、『頭寒足熱』にすると集中できますよ。

私が4年前、気象予報士の試験を受けるために猛勉強していたときの時のことです。当時、『頭寒足熱』を知らなかった私は、部屋を暖めるのにヒーターを強くしていました。頭がボーとして眠くなる始末。お勉強はかどりませんでした。ある時、友達に『頭寒足熱』の話を聞いてそれを実行してみました。

暖かい空気は上に上がるので、小さめの扇風機で部屋の空気を攪拌し、電気カーペットで足元を暖めたところ、とても頭がさえて勉強がはかどりました。

これから、受験を控えている皆さん!!
『頭寒足熱』を実行してみてはいかがでしょうか。

weather11 at 23:55|この記事のURL

ワインの楽しみ方

2003年11月19日

私はワインが大好きです。特に、シャブリやカルフォルニアワインの白の辛口が好みだけど、明日のボジョレー・ヌーボー解禁日も楽しみです。

美味しいワインを作るには、気候が大きく関係します。
1. 四季がはっきりしていて、一日の気温差が大きい所。
2. 年平均温度:10度〜16度(東京:15.9度)
3. 日照時間:年間1250時間〜1500時間
4. 降水量:年間500ミリ〜800ミリ(東京:1467ミリ) など、気温・日照時間・雨量が関係しています。

地図や地球儀でワインの取れる産地をチェックしてみると、温帯地方に集中します。緯度にすると北緯30度〜55度の間になり、ヨーロッパの他、山梨県やアメリカのカルフォルニアが有名です。南半球だと南緯25度〜50度の間になり、オーストラリア・ニュージーランド・チリ・アルゼンチンが産地となります。

また、フランスの中でも、南の地域は温かく日照時間が多いので、ブドウは熟し・糖度が高く・アルコール度が強く・香り高い濃厚なワインができる。
それに対して北の地域は、涼しく・日照時間が少ないので、酸味のあるフレッシュなワインができるようです。

とすると、まだ飲んだことのない地方のワインでも、地図を見ることでだいたいの味がイメージ出来ますね。今度ワインを買いに行く時は、フランスの地図を持って行ってみようかしら。
お洒落なワイン通になれるかも!!

weather11 at 23:49|この記事のURL

羽ばたけ!! イケメン予報士

2003年11月16日

梶原君同じ職場で働いていた気象予報士の梶原君は、今日が最後。
突然のことでビックリしました。
彼は身長が189センチ、勝浦の海が大好きなサーファーである。お決まりの茶髪ロン毛ではありますが、その外見とは違い、性格も明るく人柄もよく、驚くほど仕事への取り組む姿勢が真面目なため、周囲の人々の信頼を集めていました。

話を聞いてみると、アメリカのサンタバーバラに行くらしい・・・なんで また・・・?

サーファーなら誰もが知っている世界チャンピオンのトム・カレンに憧れ、4年前から彼がいるサンタバーバラに永住したいと思い始めたという。
そこで思いついたのが、サンタバーバラに支社のある会社を探そうと・・・。

たまたま見つけた求人の募集に意を決して望んだが、スキルが足りないという理由であっさりと断られたそうです。その時、彼は、『技術をつけてまた受けに来ます』と言って会社を後にした。その後、いろんな本を読みあさり、独学でコンピューターの技術を身につけることに余念がなかったそうです。

それから3年がたち、最近になって、その時の人事から(その後どうしてるのかと?)電話が入ったそうです。面接に落ちた後、一生懸命勉強を続けた事や、現在の状況を伝えたところ、彼を正社員として迎えてくれる事になったそうです。

彼はこれから直ぐに研修に入り、早ければ来年の春には夢に描いていたサンタバーバラに行けるかもしれないのです。

夢を実現するための秘訣を聞くと、『絶対に行くぞ!と決めていた。あきらめないで思い続けたことが良かったんじゃないかな』と話してくれた。
彼の話を聞いていたらなんだか嬉しくなり、彼が輝いて見えた。

さよなら・・・と手を振る梶原くんの大きな背中にエールを送った。
がんばれー梶原君!! サンタバーバラに行っても元気でね。

weather11 at 22:45|この記事のURL

普通に幸せな一日

2003年11月15日

普通の一日今日はお休み。
午前中、洗濯しながら合間にのんびりとオーロラの本を読んだ。
最近オーロラに興味があるからだ。
お昼はバジリコソースときのこでパスタを作った。
初挑戦のわりには、まーまー美味しかったかな。

夕方、英会話のノバで2レッスン受けた。
帰り際、新宿高島屋に行ったら、クリスマスのイルミネーションがキレイでびっくりした。
思わず写真を撮ちゃった! もうクリスマスが近いんだな。
今年のクリスマスは何か良い事あるかしらん?

家に帰って友達と電話で盛り上がった。気が付いたらもう10時だ!お風呂に入らなきゃー!!
ラベンダーオイルを入れると体の疲れが取れてリラックスが出来る。
体が温かいうちに最近買った羽毛布団にもぐり込む。フワフワでとっても気持ちがいい。
このまま深い眠りにつけるかしら?

なんだか普通だけど、幸せな一日。

weather11 at 23:51|この記事のURL