お天気お姉さんのプチ日記 | livedoor 天気情報

萩田麻由さん

2011年をふりかえって。

2011年12月31日

皆様、こんにちは。

今日をもって2011年が過ぎ去ろうとしています。
今年をふりかえって、皆様にとってどんな1年でしたか?
たぶん、ほとんどの方が、3月11日に起きた東日本大震災を思い起こすことと思います。

津波が町を襲った直後、「おかあさーん、おかあさーん」と泣き叫んでいた小学生の女の子や、大切にかわいがって育てていた牛たちを置いて避難し、牛たちの写真をみて泣いていた福島の酪農家のおじいさんや、他にもテレビを通して伝わったたくさんの人たちの悲痛な姿が忘れられません。
前の日記にも書きましたが、地震の起きたあの日が、自分の気象予報士としての出発の日でした。そのことをずっと忘れることなく、取得した予報士の資格を何かの役に立てていきたいと思います。

地震の被害にあった町の復興も原発の問題も、これからもまだまだ取り組んでいかなくてはなりません。

2012年は少しでも明るさが戻る年になりますよう祈りつつ、謹んで次の年の日記へとつなぎたいと思います。

1ヶ月間、日記を読んで下さった皆様、ありがとうございました。

年末年始のお天気

2011年12月30日

こんばんは☆

12月19日の日記では、雪がなくなってきている道の画像をのせましたが、先週のクリスマスの大雪があった頃からしっかりと雪が積もりました。

1230

年末年始頃には、きちんとこうなるんですね。

今日は冬型の気圧配置により、私の住んでいるところはそうでもなかったですが、荒れたお天気になったところもあったようです。明日は冬型の気圧配置が次第に緩み、雪がおさまってくるとのことで、穏やかな大晦日になりそうですね

気象庁は28日に年末年始の予報を発表していて、それによると、「初日の出は全国的に期待薄」だそうです
私は朝起きるのが苦手で、もともと初日の出はあまりみたことないですが、楽しみにしておられる方はちょっとでも見られるとよいですね

私は片づけものも今日で大体終わって、かなりスッキリした気分大晦日は家でのんびり穏やかに過ごす予定です

役に立つ天気予報の使い方☆

2011年12月29日

こんばんは☆

今日は朝からもさもさと雪が降っています。午後に晴れていた時間もありましたが、夜になってまたもさもさと降っています。発達中の低気圧が北海道を通過していることによる雪のようです。明日の朝の除雪が大変そうです

今日は、私が予報士試験の勉強をしていた時に学んだ、役に立つ天気予報の利用について書いてみます。

「降水短時間予報」と「降水ナウキャスト」いう予報があるのをご存知ですか?
私は、予報士試験の勉強をして、初めてこのような予報があることを知りました

気象庁の説明をお借りしますと、「降水短時間予報や降水ナウキャストは、過去の降水域の動きと現在の降水の分布を基に、 目先1〜6時間までの降水の分布を1km四方の細かさで予測するもの」です。

1km四方って、お天気の世界のスケールから考えると、とても細かいんですよより細かい範囲で精度の高い予報ができるようになるということは、いろいろな技術がそれだけ発達してすごくなったんだということなのです。

降水短時間予報は、6時間先までの1時間降水量を予報します。1時間降水量というのは、その時間までの直前の1時間に降る雨や雪の量、ということです。
たとえば、「今10時で14時から15時の間に外に出るんだけど、その時間にどのくらい雨が降るのかな?」ということも調べることができます。
また、降水短時間予報は、30分間隔で発表されますので、最新の降水の状況に基づいた新しい予報を常に手に入れることができます。通常の天気予報は1日3回の発表なので、予報をみる時間によってはあまり新しくないもの(といっても数時間前の予報ですが)をみることになってしまいます。その点、降水短時間予報は、見る時間によらず、いつでも新しい予報をみることができます。

201112292130-05

降水短時間予報は、こんな感じで見ることができます(気象庁のホームページです)。

降水ナウキャストは、1時間先までの5分ごとの降水を予報します。「今から出かけるんだけど雨はどんな感じかな?」という今すぐの予報を知りたい時に便利ですね降水ナウキャストは、発表も5分間隔です。ちなみに、私が試験勉強をしていたときは、降水ナウキャストは10分ごとの予報でした。1年くらいの間にまた進化したんだなぁと思いました。

201112292230-06

降水ナウキャストはこんな感じで見ることができます。

日常生活で、数時間後や今すぐの降水の予測が知りたい時にも便利ですが、防災にも役立てることができます。気象庁の説明をお借りしますと「降水短時間予報を利用することにより、数時間の大雨の動向を把握して、避難行動や災害 対策に役立てることができます。さらに、数十分の強い雨で発生する都市型の洪水などでは、 降水ナウキャストが迅速な防災活動に役立ちます。降水短時間予報と降水ナウキャストを併 せて利用することで、防災活動に有効な情報を得ることができます」ということです。

通常の天気予報に加え、降水短時間予報や降水ナウキャストを、日常生活や悪天候時の防災に、ぜひ活用してみてくださいね

こちらからご覧になれます↓


降水短時間予報

降水ナウキャスト


仕事納め。

2011年12月28日

こんばんは☆

本日で学童は仕事納めです。
子どもたちともしばしのお別れ。みんな年末年始にそれぞれ楽しい予定があるようです子どもはお年玉もらえていいですよね。

仕事の後は、久々に北海道に帰省したお友達を囲んで集いました
年末年始は、何かと忙しいですが、その中でこういういろんな人との久々の再会があるのが、よいですね

このブログを読んでくださっている皆様も、一年間のお仕事や学業、おつかれさまでした!


雲海テラス。

2011年12月27日

こんばんは☆

11月の気象予報士会の例会で、「雲海テラス」や「雲の学校」という事業についての紹介があり、おもしろかったので、ご紹介します。これは北海道のトマムで、現地の特殊な自然環境を活かし、自然科学と観光を結び付けて行われている事業で、経営者と大学が共同で行っているものだそうです。そのプロジェクトに携わっておられる先生の講演を聴きました。

雲海テラスについては、こちらのリンクをご覧ください。写真ものっています。

雲海テラスについて

この滝のような雲海、すごいですよね
この写真のような景色がいつでもみられるわけではなく、この土地の特殊な地形とある気象条件がもたらす光景なので、気象条件によっては見られたり見られなかったりするようです。
運がよければ、このような滝のような雲海にであえるかもしれませんね。一度みてみたいものです
雲海についての説明はこちら。

雲海について

雲の学校、というのは、この雲海をみるだけではなく、科学的に体験できるプログラムで、親子で参加するツアーなどが実施されたそうです。
雲海テラスは冬期は行われていませんが、シーズンになったら、興味をもたれた方は、ぜひ訪れてみてくださいね☆私もいつか行ってみたいです

吹雪。

2011年12月26日

こんばんは

今日は久々の大雪になりました。
朝から吹雪いていて、猛吹雪の時間帯もあり、時々ちょっとおさまりかけたかな〜と思ったら、また吹雪く・・・といった感じの一日でした。朝は歩道の除雪もまだできていなくて、雪に埋まりながら仕事に出かけました子どもたちも、雪まみれになって学童にやってきました

11122612

今日の大雪をもたらした天気図(気象庁)はこちら。
北海道付近は等圧線がこんでいて、強い冬型の気圧配置になってますね。
こういう天気図のときって、やっぱりこういうお天気になるんだなぁと思いました。

気象庁の天気予報では、「ふぶきや吹きだまりによる交通障害、高波に注意、27日にかけてなだれに注意」とありました。気象予報士試験ではこうしたことも出題されて、注意する事柄として「交通障害」は頻出事項でした。今日のお天気では、吹雪や地ふぶき(風も強かったので)により、ほんとに見通しが悪く、試験勉強の時によく出てきた「交通障害に注意」は実感として納得でした。
明日の予報では、お天気はもうちょっと穏やかになりそうです

クリスマス祭り☆

2011年12月25日

こんばんは

今日は12月25日。25日の朝というと、子どもの頃は、朝起きてサンタさんからプレゼントがきているかわくわくしたものでした

大人になっても、別の意味でなんとなく心が軽くなる日です。冬至のあとの一年のはじまりがちょうどクリスマス。これからどんどん日が長くなって明るくなっていくので、気持ちも明るくなって、なんとなくお祝いしたい気分です

北海道の冬は暗くて冷たいので、冬至に向かう時期が一番自分にとって憂鬱〜になりますその冬至が過ぎたタイミングに、ちょうどクリスマスがあることで、なんだか救われ ますこの一番暗い時期に、街が一番キラキラするのも、うれしいし、わくわくします
大人になってからは大人ならではの、クリスマスのうれしい心があるなぁと思います。

今日は家族でケーキ

1225


聖夜

2011年12月24日

今年のクリスマスは休日ですね。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

学童の子どもたちの家にはサンタさんが来ているころでしょう
クリスマス前に、アイロンビーズで、「サンタさんにあげるの」と言って作品を作っている子たちもいました。かわいいですね

私は、友人宅のクリスマス会におよばれです

12241

12242

みんなで楽しくいただきましたごちそうさまでした

クリスマスなどの節目の祝い事の日は、親しい人たちが集まる機会になってよいですね
皆様、明日のクリスマスもよき一日となりますように

雪が積もりました。

2011年12月23日

こんにちは。
発達中の低気圧の影響で、私の住んでいる地域でも、昨日の夜から、久々に除雪が必要なくらいの雪が降りました
今回の雪が降るまで、道路がみえていましたが、道もこのような感じになりました。

1223

青いですけど、雪の写真です。日没後に撮ったのでこのような色なのです

11122312

気象庁の天気図です。
北海道付近を低気圧がゆっくり進んでいます。この低気圧が、24日にかけて、北海道付近を通過し、日本付近は26日頃にかけて、強い冬型の気圧配置が続くとのことです。低気圧が通過して東方へ去っていっても、西高東低の冬型の気圧配置になるので、油断はできないんですね。
今年のクリスマスイブは土曜、クリスマスは日曜になっていて、おでかけの予定の方も多いかと思いますが、クリスマスが終わるまで、引き続きお天気の変化に注意してくださいね

冬至

2011年12月22日

みなさま、こんにちは。
本日、12月22日は二十四節気の冬至です。
一年のうちでもっとも昼が短く、もっとも夜が長い日です。
昔から、冬至の日にかぼちゃを食べるという風習があります。

北国に住んでいる自分としては、冬至はとてもうれしい日です。

まず、これからだんだん明るくなるというのがうれしいですね
昨日の札幌の日の出は7時3分、日の入りは16時3分でした。
ほんと、夕方3時ころから薄暗くなってきて、4時になるともう真っ暗ですからねぇ・・・。
ちなみに、東京の日の出は6時46分、日の入りは16時31分。
北海道は太陽が出ている時間が短いんですねぇ。
私が、冬の一番いやだなと思っているところは、暗いところです。
(寒いのもいやですけど

ということで、今日は自分にとっては、冬至祭りです

個人的には、逆に夏至(6月22日頃)は、ちょっとさみしくなります
北海道は、これから夏本番!という日なのに、なんか残念な感じがするんです。

あと、お盆を過ぎる頃にも、夏の終わりの、何とも言えない、独特のさみしい気持ちになります。
以前の職場でお世話になった東北地方出身の方も、同じようなことを言っておられました。
こういう、季節の節目節目に、わきおこってくる感情には、育った地域や住んでいる地域によって、違いがあるような気がしますが、いかがでしょうか

さて、昨日の日記にも書きましたが、これから週末にかけて日本海で急発達する低気圧の影響による荒天の予報が出ています。
「天気予報はなまもの」って言われていて、常に最新の情報に注意することが大切ですので、まめに、天気予報や気象情報をチェックして、これからのお天気に注意してくださいね。