お天気お姉さんのプチ日記 | livedoor 天気情報

煙霧

六甲山からの眺望

2011年03月29日

自宅近くの六甲山に登って、神戸の景色を眺めに行きました。

六甲ケーブルに乗って山の上へ。

P1010164P1010190









約10分で六甲山上駅に到着します。

P1010177
六甲ケーブルは昭和7年に開業した歴史あるケーブルカー。

このケーブルカーに流れる車内アナウンスの声は私が二年前に収録させて頂いたもので、よく利用するようになりました。

六甲山上駅からは山上バスが出ていて、六甲牧場や植物園、アスレチック、オルゴール館など様々な施設を回遊することができます。

神戸旅行の際は是非、お立ち寄りくださいね


P1010185

六甲山上駅東側すぐにある展覧台から。
春らしい、かすんだ空と景色。
濃い煙霧(えんむ)が神戸市街を覆っていました。

煙霧とは、
風によって地面から巻き上げられた塵や砂ぼこり、海塩粒子などの乾いた微粒子によって視程が悪化する現象です。
一般的には、靄(もや)や霞(かすみ)とも呼ばれています。
春に多い現象です。

写真では見えにくいですが、瀬戸内海や六甲アイランド、ポートアイランド、神戸市街が一望できました。
夜は宝石を散りばめたような、百万ドルの夜景と言われる絶景になります


神戸の市街地を眺めながら、16年前の阪神淡路大震災からの復興を改めて感じました。
兵庫の人たちは、16年前に被災したノウハウを生かして、この度の東北関東大震災のために立ち上がっています。
神戸が復興したように、東北地方の被災地も必ず復興する日がやってきます。
それまで、みんな一人一人が協力し合って張りましょう!