2006年04月16日

男前豆腐店に潜入してきました ∠(`・ω・´)ビシッ

男前1
リアル男前豆腐店に潜入してきました。
京都府は南丹市八木町「男前豆腐店京都八木工場」
道路沿いの入り口で背中に哀愁を漂わせる渋いジョニーさん。
時折小雨も降るあいにくのお天気の中、お務めご苦労さんです。



男前2
いかにも工場然として一般人は入りづらい雰囲気。でも構わず突入。
大きな工場の横に事務所棟らしき一段屋根の低い建物が。
「いらっしゃいませ」も「入り口」の表記も無いが、実はこの中が小さな売店?となっている。


男前3
扉を開け中に入ると長身の「男前」がお出迎え。
男前豆腐店グッズでバッチリ決めて、甘いマスクでお客を迎える。
額には自作キットもダウンロード出来る「男前サングラス」。
まったくスキが無いぜ。


男前4
その奥には約4m四方の売店(といっても空の容器がショーケースに陳列してあるのとベンチがあるだけ)がある。
奥の壁では大きな『男』看板の横に佇むキュートなお嬢が熱い視線をこちらに送っている。
男性諸氏は悩殺されないように心の準備が必要である。
そしてその左右には事務所と工場内の一部がガラス越しに望む事が出来る。
社員が皆「男前」かは、是非ご自分の目で確かめてほしい。


男前7
食べた事の無いのをごっそり買ってきた。
関西ではまだ阪神百貨店でしか扱ってない斬新一派シリーズの「ジョニーブラウン」、「ジョニーグリーン」を始め、実録一派も勢揃い。
ただし、日によって作ってる豆腐、作ってない豆腐があるので、事前に電話して行くのも良いが、どんな豆腐に出会えるか出たとこ勝負の賭けでいきなり押し掛けるのが『男前』といえるだろう。
この日は「お嬢」は作ってなかった。

それから値段の表記はされていなかった。まぁ値段の事など気にしないのも『男前』の買い方だろう。
この写真のにジョニーブラウン、ジョニーグリーンをもう一個づつ足して1,950円だった。思ったよりも安い。実録一派の安さが光る。


男前5
帰り際にジョニーと記念撮影。
コートを持って行かなかったのが悔やまれる。
男前豆腐店に行ってみようという方は、コートとブーツカットのパンツで是非!


男前6
中で豆腐を買ってる間、前を通りかかった人たちが何人かジョニーと記念撮影していたが、中に入ってくる人はいなかった。やっぱり入りづらいのだろうか?
「一応中でも買えますよ」と報告しておく。
ただし注文したの奥の工場から持ってくるので買うのに時間がかかる。
中の人も大変そうだ。
あまり来られると迷惑なのかもしれないな(^_^;)




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/web1103/50792326
この記事へのコメント
男前豆腐店、すっすごいですね‥
なんか見てるだけで「ビシッ」と気が引き締まるような気がします

最近、近所のスーパーにも並ぶようになって
遅ればせながら「ジョニー」を食べてみたんですが
まったりとろりんで絶妙でした♪
それにしてもこんなに種類があるなんてびっくりです

HPも斬新でかっこいいですねぇ
男前豆腐の人気はしばらく続くでしょうね
Posted by m-t-daidai at 2006年04月18日 01:29
私も男前豆腐のサイトを初めて見たときはビックリと同時に笑い転げてしまいました。
何じゃこりゃ〜って。

昔は茨城(だったかな?)の工場だったので関西ではほとんどお目にかかれなかったのが、いきなり地元に京都工場が出来てビックリでした。
実家から車で10分くらいのところなんですけど、周りには(見事なほどに)何も無い田園地帯です。お豆腐つくるには良い環境ですね。

この日は日曜でしたが、Blogなんかでもかなり話題になってる通り大人気のようで工場はフル稼働みたいでした。
トラックが何台も出入りし、各地に「男前」を運んで行ってましたよ。

京都は老舗の豆腐屋が多いんですけど、全く京都らしからぬ豆腐屋がやって来た訳ですが排他的な京都にしては結構受け入れられてるのかな?スーパーでも売り切れになってること多いし。
まぁ実際美味しいですからね。

次はどんなことをしてくれるのか楽しみな豆腐屋さんです。
Posted by 1103(ノミ太蔵) at 2006年04月18日 20:30