Web247

247のちからこぶ

20th RIVER RAID 2017 その4

20th RIVER RAID 2017 その1

20th RIVER RAID 2017 その2

20th RIVER RAID 2017 その3


リバーレイド2日目の朝!

0575_0186

すがすがしい青空が広がっています。

今まで、リバーレイドといえば雨と言われるほど、雨天が多かったとのことですが、

スカッと晴れて気持ちいい〜〜


各キャンプサイトは朝ごはんの準備で賑わっています。


0574_0185

0576_0187


0577_0188

リバーレイドは四駆イベントと違って車種が限られていないのが面白いですよね。

こうしてキャンプサイトに並んでいる車も様々です。




ワタシの朝ごはんはT並さん特製のホットサンド。

今までいろんなホットサンドを食べて来ましたが、これはかなり美味しかったです!

0584_0195

あー、コレかいてたらまた食べたくなってきた〜


こちら、リバーレイドの見学に日曜日の朝早くに駆けつけてくれた方が持ってたヘルメット。

0596_0207

たぶんですが、正々堂々とコレをかぶって公道を走れるはず!

0597_0208

インナーもちゃんとしていて、出来が良くてビックリ。

これはもう芸術作品ですねぇ。


でも、正面からこのメットを被ったライダーがきたらビックリするよね〜〜




さぁさぁさぁ、リバーレイド二日目のミーティングが始まりましたよ!



0607_0218


本部に並べられたこの石!

あやしい・・

この石をよーく覚えておくように、とのアナウンスがありましたが、果たして?

0610_0221



二日目の朝、皆さん意気投合してリラックスした雰囲気もあり、

はたまた上位に食い込めそうなチームは真剣だったり。



0604_0215

ここまでのリザルトです。




0614_0225




昨日同様、カヌーを積んでキャンプ場をスタートします。



0627_0238


0631_0242


0632_0243

みなさん、カメラマンへのサービスも忘れません!


0634_0245

こちらはチームジャオスですね。


カヌーを下ろす河川敷まで皆で向かいます。

0635_0246

いいですねぇ〜。

これぞリバーレイドって雰囲気です。



河川敷に到着。カヌーを下ろします。

0640_0251


ここのところ、雨が少なく毎日数十センチの単位で川の水量が減っているとのこと。


0641_0252

水量の少なさがカヌーチームにとって吉と出るのか凶と出るのか!?




0642_0253

ここからカヌーチームの川くだりがスタートです!


この先はカメラを持たずに参加したので、スマホで撮影した写真がわずかにあるだけ。

悪しからず〜〜

DSC_0070_2


DSC_0072_2


DSC_0073_5


昨日までのダム湖でのカヌー競技で完全にカヌーを舐めきってました!

ところどころ急流もあり、かなりの技術がないと無事に川を下ることはできそうにありません。

きゃーどうしよう!


これはかなりの難易度です。


ある程度川を下ったところでスラロームのタイムアタックです。

DSC_0076_5

カヌーでスラロームって???




それは、自然に出来た川の蛇行を利用してのスラローム。

DSC_0079_6

川の流れを読んでうまいこと下りる場所を選ばないとえらいこっちゃに。





前のチームが沈して焦りましたが、私たちのチームは無事クリア!


しかしここまで、カヌーの本当の恐ろしさをまだ知らなかったです。

カヌーで怖いのは沈じゃない!

いや逆に、素直に沈してしまった方が立て直すのも楽なこともある!

気づくのが遅かった。。。



この後、そんな大変な思いをするとはつゆ知らず

観光気分でカヌーで下っていきます。

大井川独占!

DSC_0081_7

ところどころにオフィシャルが待機してくれているので、

安心して川を下ることができます。

ってか、オフィシャルがいるところは危険なところ!

気を引き締めてパドルを捌く必要があります。






いままで、何度かレンタルカヤックを楽しんで来ましたが、

すでにここまででその10倍は楽しんでいます!


DSC_0085_3


他のチームにだいぶ送れて、中間チェックポイント?に到着。

車チームはここでジムカーナをやったようです。



また、朝本部においてあった石ですが

アレと同じ種類の石を河川敷から探してくるってゲームがあったようです。

地学が好きな人が考えたゲームでしょうか!?



とりあえず、ひと休み〜〜

DSC_0086_2


そしてここから先もまた、タイムアタック!


オフィシャルの人はすぐの距離だって言ってたけど、

実際下り始めたら本当に大変なことに何度も合いましたよ!!!

DSC_0097_3

座礁するわ、身動きできなくなるわ、カヌーが逆を向くわ。

逆向きになる前の、カヌーが流れに対してヨコを向いたときの怖さと言ったら!!

一番の恐怖はカヌーが折れそうになったとき!

カヌーが折れるってどういうこと!?って思うでしょ?

ワタシも今でもそう思っています。

しかし、実際にその様子を目にすると・・・

いやまさか!って感じでしたがあれは本当に焦りました。

そうなるくらいだったらおとなしく沈してしまえばよかった〜〜〜


あまりにおぼつかない私たちのカヌーを見て、

心配してすぐ後ろをついてきてくれていたチームに何度お世話になったことか。

あの方々がいなければ、どうなっていたことか。。。


今思い出してもあれは本当に





やばかった!







まさかリバーレイドでこんなハードな川下りを楽しめるとは!

(誤解の無いように補足しますが、私が余りにも使えなかったから

本当にやばかっただけで、他のチームは楽しんでいたようですよ!)




ヘロヘロになりながら、半ば放心状態でゴールへ到着。


なので、本当にやばかったときの写真はありません。


撮っておけば良かったのに、って気持ちがある一方で

撮らなくて良かった〜〜って思うくらいです。





車チームと合流したら、カヌーを乗せてベースキャンプである八木キャンプ場へと戻って来ました。

0652_0263


まもなく表彰式、閉会式です。







さて気になる結果発表!!!!



3位!チームキャナス!!

0699_0310

料理コンテストで1位になったチームは表彰台にあがる!という前例どおり、見事3位!!

カヌーのタイムアタックでも2チームぐらい抜いてのゴールだったとのこと。

ワタシのように、無事にゴール出来てよかった、ってレベルとは違うのです。



2位!チームジャオスさん!


0703_0314

ジャオスの名前を背負っての参加。表彰台はさすがです!



そして第1位!!






0710_0321

スプリングフィールドアウトドアさん!



コチラも納得の1位!商品はコチラのルーフボックス!いいなぁ〜〜




最後にはオフィシャルさんの紹介も。

こちらはACPの方々。


0711_0322

あきんど号の辻さん、ノリさんもコチラの所属です。






デリカクラブの皆さん!

0716_0327

遠くは富山から!本当に有難うございます。





そして川根本町の方々!

0720_0331

地元の方の協力があってのこのイベントですから!





こうやってイベントを作り上げるまで、延べどれくらいの人たちがどれくらいの時間をかけて

どれくらいめんどくさい会議や打ち合わせや決め事があって出来たんだろう。。。

想像しただけで、クラクラしていまします。


そうやって骨を折ってくださったオフィシャルさんみなさんのお陰でリバーレイドを楽しむことが出来ました!

本当に有難うございます〜〜!!!


そして来年もよろしくお願いします〜〜〜





閉会式終了後、発表結果に群がる参加者!


0726_0337

みんな良いかおしてますねぇ〜〜



今回の景品の1つ、スポンサーであるGOSHIのロゴ入り絆創膏。

今、サイトを見に行ったらよく見たことのある人がトップページに!!

そしてとっても楽しそうな会社ってことが伝わってきました。ステキです。



絆創膏にロゴ入れるって発想はありませんでした。これはカッコいい!



0734_0345

張る場所は人それぞれですが〜〜









イベント終了後もオフィシャルさんたちは、帰っていく車たち1台1台に旗を振って別れを告げるのでした。



0748_0359

本当に、なんてステキなイベントなんでしょうか!

オフィシャルさんのあったかい気持ちが心地イイのです。

こんな風に思えるイベントって他にはあまり無いんじゃないかな〜〜







0761_0372

本当に有難うございました!












20th RIVER RAID 2017 その3

 20th RIVER RAID 2017 その1

20th RIVER RAID 2017 その2


カヌーによる湖上綱引きが終わったころ、車チームが帰って来ました!

車チームの方は、景色が良い林道をアベレージ走行したとのこと。

それもいいですよね〜〜


カヌーを車に乗せて、ベースキャンプとなる八木キャンプ場へと戻ります。



夕食を準備するまでのちょっとしたひと時、

温泉に行ったり夕食の仕込をしたりと、みなさん思い思いに時間をすごしています。

ワタシはと言えば。。。



0462_0073

せっかく自分の車でここに来たら、やっぱり撮りたいでしょ!

同じタイミングで赤いバイクの方もスタートゲートに並んでくれたので、

さらにラリーのスタート感が出ています。


こうなると、ダミーでいいからゼッケンのステッカーが欲しいところ!

撮影用にマグシートで用意してくれないかなぁ〜〜。


さらにはキャンプ場わきの大井川でシャワーをかねた川遊びに興じたりして楽しみました!

DSC_0034_7






(ちなみにワタシはこの後温泉に行きましたヨ)






さて、日もかげり始めたころ、次なるイベントが始まりました。


それは・・・

火起こしゲーム!

木の棒をこすり合わせて摩擦で火を起こします。

誰が一番早くに炎を作ることが出来るのか??


ライターでかちゃっとやれば簡単に火がつくこのご時勢、

なにゆえ原始時代の火起こしをしなければならないのか?

それはリバーレイドだからです!


0482_0093

参加チームが木の棒と紐を使って摩擦熱で火をおこそうと頑張っています。


0487_0098

どのチームも真剣です。


でも、BGMが3曲ぐらい終わったところで、どのチームもまだ火はつきません!


0491_0102

惜しいところまで行ったチームはあったんですけどね〜〜


0497_0108

いっしゅん、火種が赤くなったのですが〜〜〜


残念ながら炎とはならず!

ざんねんでした。


もうちょっとだったんだけどな〜〜


夜の帳が下りてきたころになって、料理コンテストが始まりました。


今回のテーマはそば粉。

そば粉を使った料理を提供します。

今回、私たちのチームが考えたのはそば粉と川根本町の抹茶を入れたどら焼き!

0508_0119

盛り付けにもこだわっています。

器に使った皿もこの場で見つけた流木を利用。


他のチームではそば粉で作ったピザを、審査会場で仕上げるパフォーマンスがあったり

0517_0128



コース料理風に上品に仕上げたチームがあったりと

どのチームも趣向を凝らしています。

0512_0123


各チームから審査する人には投票用紙が配られましたが

審査する人だけが、この料理コンテストの料理を食べるだけでなく、

リバーレイドに参加した皆さんで美味しい料理をいただきましたよ。

0521_0132

そして見事!チームキャナスは料理コンテストで1位を獲得!

皆さんが料理系で勝負してきた中で、スウィーツ系で責めたのと

手軽につまんで食べられる、一口どら焼きの体が功を奏したと思われます!




料理コンテストの後は、各自のキャンプサイトで久々の再会を喜ぶ人たちや

はじめましての人たちとの交流で、キャンプサイトにはいつまでもにぎやかな笑い声が響いていました。

0539_0150

0548_0159


0559_0170

赤提灯もあるよ。

18814609_1439701819433746_1255258701534058841_o


空には満天の星が輝いていました。

明日も良い天気になりそうです。


つづく

20th RIVER RAID 2017 その2

20th RIVER RAID 2017 その1

のつづき

お昼の後は、いよいよ競技!・・・の前に集合写真です。


車を並べたり、

0432_0043

0433_0044



車の前にエントラントが集合したりで何パターンか撮影。


0434_0045


0435_0046



0439_0050


ちなみに撮影している方々はコチラ!

0437_0048


0446_0057


ステキな写真を有難うございます。





wall



リバーレイドの公式サイトの壁紙に使われているのもこのときの写真ですね!





集合写真撮影後、車チームのスタートを何台か見送った後で

午後のカヌーチームの競技説明が始まりました。

0423_0034

本日のカヌー競技は2つ。

1つはカヌー玉入れ的な競技です。

渡された2つのガチャガチャカプセルを湖畔の中央辺りで待ち構えている

カヌーに乗った、篭ならぬクリアケースに入れるというもの。


タイムを競うわけではないので、確実にカプセルを入れることが大事!

クリアケースは手の届かない高さにあるわけでもないので、

カヌーの上で立てれば、郵便ポストに郵便物を入れるより簡単なのです。


カヌーをこいで慎重に湖畔中央にあるカヌーに近づき、クリアケースにカプセルイン!

実はワタシこの手の2人で1台のカヌーに乗るのは初めて。

しかもなぜだか重要な役割を担うと言う、リアシートにいるのです!


クリアケースまでたどり着くだけでも右往左往で他のチームにだいぶ遅れをとってしまいました。

まぁ、そのお陰で他のチームと競合せずに、ゆっくりカプセルを入れられたから良いんですけどね〜


この辺りは競技に夢中だし、沈が怖くてカメラをカヌーに持ち込んでいないので

写真は無し!

IMG_8848

公式フォトアルバムの写真をお借りしてイメージをお伝えいたします。




そして2つ目の競技はリバーレイド名物「湖上綱引き」

参加カヌーを二手に分け、それぞれ紐でカヌーを結びます。


この後の3枚はスマホを専用の防水ケースに入れて撮影した写真なので、

ちょっと曇った感じですが悪しからず〜

DSC_0019_5


紐は短めに、カヌーとカヌーが重なるくらいの長さが良いと

長年この競技に参加しているチームからのアドバイスも!

DSC_0021_6


準備が出来たらよーいスタート!

DSC_0028_6




D3A_4453



いやこれ無理だって!どんどん引きづられていくから!

しかも向かい風だし!



頑張って漕いだものの、あえなく負けてしまいました・・・ザンネン。

できればコートチェンジならぬ漕ぎ場チェンジしてもう一戦やりたかった〜

つづく

20th RIVER RAID 2017 その1

0421_0032


5月27日(土)〜28日(日) 静岡県川根本町で開催されたリバーレイドに行ってきました。

リバーレイドといえば、何年かはお休みしていましたが、去年から復活した

川根本町の自然を舞台にカヌーや車でさまざまな競技やゲームを楽しむイベントです!


前回開催されたのは去年の秋。

そのときは日曜日だけ見学&車に同乗させてもらいました。

そのときのレポートはコチラ


このときから、次回はゼヒ土日で参加したい!できればエントラントとして!と願っていたところ

運よく声をかけていただき、カヌーチームとして参加することになりました〜〜〜!!!




私は土曜の朝に現地入りしましたが、金曜日の夜からって人も多かったようです。


ベースキャンプとなるのは川根本町の八木キャンプ場。


そこには屋根にカヌーを積んだ車が朝日に輝いているではありませんか!


0002_9612

0003_9613

ここは日本ですか!?


会場ではカヌーや車にステッカーを張り、競技の準備をする姿が。

0007_9617


0019_9629


ラリーが始まる前と一緒で、ワクワクしてきました!


0008_9618

こちらはチームジャオスですね。


ラリーの始まる前とちょっと違うのは、のんびりとした雰囲気の中でやっていること。

すでに皆さん、楽しそうです!



そうこうしているうちに、開会式の時間となりました。


0037_9647

TEAM ACPの横田紀一郎さん。

リバーレイドの発案者です。


0044_9654

こちらは川根本町の町長さんも挨拶に駆けつけてくれました。

再選おめでとうございます!



0053_9663

Mr.リバーレイド(私が勝手に名づけました)こと事務局長の西條さん。




0059_9669

みなさん、説明を聞き漏らすまいと必死です。



0048_9658



リバーレイドには4人1組1車1カヌーで参加するリバーレイドクラスと、

2人1組1車で参加するビジタークラスがあります。



0073_9683

今回の参加メンバーの集合写真がコレね。





私も前回は競技の半分しか参加していないので、今回初のフル参戦!





そして4人のうちの別の2人は車を駆って競技に参加。

コマ図に導かれて定められたルートを走ります。

0064_9674

アベレージ走行やジムカーナなどが予定されているとのこと。

車は車で楽しそう〜〜


ゼッケン1番からスタートです!

0074_9684




オフィシャルさんのお孫さんたちが、出発する車に手を振って見送ってくれましたよ。

0090_9700

こうやって世代を越えて繋がっていくイベントなんですね〜〜




私たちのチームにも手を振ってもらいましたよ!ありがとう〜

0112_9722




川根本町は自然が豊かなところです。

車窓から見える景色がすばらしいのです。


リバーレイドの軸となるのが、この大井川。

この川と自然と一体となって楽しむのがこの競技なのです!

0116_9726



コマ図に導かれてダム湖に到着。


0411_0022




ここで、今回のリバーレイドの最初の競技が開催。



0128_9738

その競技とは〜〜〜





スタートして30mほど走り、指定されたエリアでジャッキアップし、車のタイヤを1本外し、

車の周りをぐるっと一周回り、再び装着。

その後、30mほど移動して、屋根に積んだカヌーを下ろし、

ライジャケとヘルメットを装着し、カヌーに乗ってパドルを持ってポーズを決めるってもの。


競い合うのはタイムです!


って文章では良く分からないと思うので、写真で紹介します。



スタートの合図と共に2台並んだ車が走り出します!

0166_9776



指定されたエリアでタイヤを外して〜

0164_9774

参加者の中には今回初めてタイヤを外した!なんて方も珍しくありませんでしたよ。


外したタイヤを転がして車の周りを一周します。

0162_9772


こちらはファミリーで参加していたチーム。

息子さんが車止めをセットし、

お父さんがジャッキアップからタイヤを外すところまで一人で頑張っています!


お父さんが頑張れ〜〜

0292_9902


0296_9906





タイヤをつけたら再び30mほど前進して、次のエリアでカヌーを下ろします。


0188_9798


0262_9872

ここら辺は4人のチームワークがものを言いますね。

降りたカヌーにライジャケとヘルメットをつけた人が乗って、パドルを上げたらゴール!

0190_9800




ちなみにこちらの写真、左の車両は乗車できる人数が2人のため、

ドライバーとナビ以外、カヌーチームの二人はクラウチングスタートで走って参加!

0212_9822


このチームの方々はアジアンラリーに参戦しているだけあり、

スピィーディーで息のあったタイヤ交換劇を披露してくれましたよ!

0227_9837





2人1組で参加のビジタークラスでは、

最後のカヌーを下ろすところはなくて、ドライバーとナビが車から降りて

ポーズをとるところでゴール!

0318_9928


まずは第20回の初めの競技は終了です。


次なる競技はカヌーです!



0332_9942


と言っても、今までだったらカヌーに乗るチャンスの無かった

車チームのドライバーとナビがカヌーに乗るのです。



0333_9943


これは、車チームの人たちもカヌーに乗りたい!というご要望にお答えしてとのこと。


カヌーに乗るつもりがあまり無かった人たちもいたようで、なかなかの緊張っぷりです。



今回の競技はカヌーをこいで、ブランクになっていたコマ図をゲットすると言うもの。

0336_9946


このボールの中に、欠けていたコマ図が入っています!

0344_9954

危うく沈!?(転覆すること)かと思わせる場面もありましたが、

どのカヌーも無事地図をゲットできたようですよ。




ここで午前の部は終了〜〜

お弁当を食べて午後の部のスタートを待ちます。


0402_0013

湖畔を眺めながらのお弁当。天気も良くて気持ちよかったです。





0400_0011


0413_0024


0431_0042


ながくなったのでつづく










桜島カーフェリーのうどんを食べてきた

桜島に行くカーフェリーに立ち食いうどんがあると聞いて食べて来ました!


詳しくはコチラ!いつものネタ元デイリーポータルZ


http://portal.nifty.com/2011/05/06/b/


カーフェリーについての詳しい情報も分かるよ!!




カーフェリーの利用の仕方ですが、とっても合理的で簡単に出来ています。


まず、乗るときはなんのチェックも無くスルーで船に乗り込みます。


DSC_0777



DSC_0778


もうね、次から次へとドンドコドンドコ車が収納されていくわけですよ。


するとまもなく船がでます。


この状態では無賃乗船ですが、お金を払う場所が無いんだからしょうがない!


お金を払うのは桜島がわなのです。

車に乗って船を下りるとETCのゲートのようなところがあって、



そこでお金を支払う仕組み。よく出来てる!


逆に、桜島側から乗るときは、このゲートをくぐってお金を払ってから船に乗り込むことになるんでしょうね。




桜島までの船旅は15分ほど。


で、たった15分しか乗船時間が無い船なのに、立ち食いうどんがあるわけですよ!

って、本当にあるのか!?




たまたまうどん屋さんがある大きなフェリーがあるだけで、この船には無いのかも?


と不安になりながら、船内を探してみると。。。



DSC_0780


あったー!

うどんのちょうちんがステキすぎる!

なんかこう、15分しか乗らない船なのに、うどん屋さんがある不思議さ!



DSC_0779

やぶ金さんです。



例えて言うなら山手線に食堂車があるような?


いや、うまいこと例えるつもりが余計分からなくなってしまった。



とにかく、私の中で整合性がつかないものが目の前に実際にあり、


その事実を受け入れるべく、経験とか常識とかそんなものを組み替えて


新たな自分として生まれ変われる感覚を楽しんでいると言うかなんと言うか。




とにかく、そこでつじつまを合わせるためには、食べるしかありません。


このうどんを!!


で、15分のフェリーのたびのなかでいかにうどんを食べるか。


出航前は、仕入れがあって閉まっていたので、やっていないのか心配しましたが


船が出ると同時に開店。


そして開店と同時にお店に入って注文しましたよ!月見うどんを!!


DSC_0781

まぁ、うどんですな。自販機のうどんのような、ソフト麺のような味。

凄く美味しいかと聞かれれば・・・ですが、15分の船旅で食べるうどんに価値があるのです!


美味しいとかそんなレベルの話じゃないんです!


5分でうどんを食べ終えて、残りの10分で迫りくる桜島の景色を堪能。



DSC_0784

あっというまに桜島に着きました!





DSC_0786

船が着岸する前から、ゲートが開き始めます。


そして桜島へと無事上陸となりました!



桜島に向かうカーフェリーで立ち食いうどんが食べられて満足です!






フェリーが着岸する直前の、レンタカーのカーナビの地図。

昔は不具合とかデータが古くて海の上を走ったりしたことがあったけど、


Googleナビを使うようになってからはめっきり見なくなった絵ですね。

DSC_0787

北郷温泉郷でふやける

先日、九州へ行ったときに、ひとりで北郷温泉に行ってきました。

宮崎市から南に1時間ほどの場所にある、マイナーな温泉です。

なぜこの温泉にしたのかは覚えていませんが、たぶん何となく、ってところでしょう。

で、ここで宿泊したのがサンチェリー北郷です。




この温泉がなかなか面白かったので紹介させてください!

DSC_0862

コチラが外観。

まぁ、古いけど特に変わったことは無く。

向かい公共の設備でもあったような?情報をどこかで見かけましたよ。


さて!いきなりですが部屋の紹介デス。

DSC_0835

到着したときにはすでにお布団がひいてありましたよ。

食事に行っている間に係りの人が部屋には入ってこないってことですね。

それはそれで気を使わなくていいので、私としては悪くないです。


で、問題はベランダの先にあります。


DSC_0836

ベランダに螺旋階段がついてる!






DSC_0837

クロックス的なサンダルが用意されているので、それをはいて階段を上っていくと〜〜〜





DSC_0838





なんと屋上に浴室が!



DSC_0839


源泉賭け流しの温泉です!

水道からは温泉が流れ続けていて、ザブザブいっています。


DSC_0840


お風呂の奥がわから外側を見るとこんな感じ。

着替えを入れる棚と鏡、シャワー、お風呂用の椅子がありますね。

DSC_0841


明るいうちだとコケとかみえるけど、夜になればそんなの見えませんから!

1部屋に1つずつ、屋上に露天風呂つきの宿でした!


部屋にいると普通だし、ザブザブいうおとがうるさいわけでもないです。

九州の温泉は湯量が豊富だから、どこの観光地に行っても足湯があるし

お風呂のお湯は基本賭け流しでしたね〜〜〜。うらやましい。


屋上に自分専用の露天風呂があるのが楽しくて、

食事前に1回、食事後に3回、朝1回お風呂に入りましたヨ〜〜

ちなみに大浴場もあるので、食事前にそっちもリサーチしてきたので

食事前には2回お風呂に入りましたヨ。

こりゃふやけるわな。

ベランダから見える景色はこんな感じ。一面の水田です。

日本の原風景って感じがして、ステキ!

外国人旅行者なんかにも人気が出そうだと思うのですが〜〜

あまりにマイナーすぎなのか、中国人はおろか、私のほかに宿泊客は数名しかいませんでしたよ!

DSC_0856

夜はカエルの大合唱でした!



さて、気になるお値段ですが、平日1泊2食付露天風呂つきのお一人様で〜〜〜






なななんと10,000えん!

安い!


九州は物価が安いですよね。


ちなみに夕食なしは8,500えん!

ってことは夕食代1,500えん!

1,500円で提供される夕食ってどんなだろう!?

ちょっと恐々。。。






ってことで気になる1,500円のお食事は〜〜〜




コチラ!

DSC_0844

あわび尽くし膳!




いや、ホントどれも美味しかったから!

チェーンの和食レストランでも1,500でこんなの食べられないでしょ〜〜〜



DSC_0846

あわびのステーキとか!!

これ、1,500円プラスで食べちゃって良いんですか!?って感じですよ。


これでも先に何皿か食べた後の写真なので、ボリュームもばっちり。

あーでも大食漢の男の人には物足りないかも?



でもまぁ、そもそも社員旅行で行くような温泉旅館が出す、

味はともかく食べきれないほどの量が出る旅館の料理はいりませんから!



コーヒーとデザートもついてるしね!

DSC_0848



ちなみに朝ごはんはこんな感じ!


ここら辺の名物なのかな?籠膳と湯豆腐!

DSC_0859



籠の中に、地元の食材を使った小鉢が彩りよく並べられていますね。

DSC_0860


九州のお豆腐は、関東のお豆腐と違って硬いんですよね。

沖縄の島豆腐っぽいっていうか。

わら縄で縛って持って帰れそうな感じって言えば分かりやすいですかね。
(かえって分かりづらい?)

DSC_0861

いやーこの料理と露天がついて10,000円とか、どれだけ九州は恵まれてるの!

ちなみに屋上の露天が壊れている部屋は1,000円引き。

え、あの露天風呂の価値ってそれしかないの!?

宿の人、分かってない!!!って感じですよ!!!



ちなみにお部屋にあったJR九州鉄聞面白かったです!

DSC_0855

DSC_0854

DSC_0853

手書きと写真がいいよね。

素人っぽくまとめているけど、実はそれなりにデザインの勉強をしている人がまとめていると見た!

レイアウトもバランスよいしね。





古い施設だけに、こんな感じの大宴会場もありますけどね!

DSC_0849




九州に行く機会があったら北郷温泉おススメですよ〜〜!

ってか九州は温泉天国ですよね!九州の温泉サイコー!!






管理ページが重い!助けて〜〜

ここのところ、ライブドアブログの管理ページが重くて、 思うようにページの更新が出来ません。 ここを開くのもやっとです。 更新したい内容は沢山あるのに! どうしたものか。。。

第2回小川のワイン祭に行って来ました!

18010068_1340722662686761_3157687087447553067_n

18011180_1340722699353424_1698916895805900854_n




私の知り合いが代表を務める武蔵ワイナリーが主催の、第2回小川のワイン祭に行ってきました!

知り合いと言っても私の兄の元同僚ということで、知り合いと言うには遠い人なのですが〜〜



会場は小川町の道の駅と併設された伝統工芸会館!

会場まではもちろん電車・バスで向かいますよ!



小川町の駅から会場まではバスで。

DSC_0068

バス停にはこのような案内が。会場まではバスで10分ぐらいです。

会場はすでに楽しげな雰囲気!

DSC_0072


コチラがワインの試飲コーナー。


DSC_0083

マイグラスを持参するか、現地で500円で借りて返すときに400円バックのグラスをかりるか。

もちろん、500円のグラスは記念に持ち帰ってもOK。


ってことで早速グラスを借りてワインの試飲!


DSC_0088

1杯200円〜400円。ほとんどが200円〜250円でした。

日本酒の試飲は1杯100円〜250円!

今回はワインばかり飲んでいましたが、日本酒も飲みたかったな〜〜(日本酒好き)


ちゃんとハカリで重さを量って注いでくれるので

グラスによって多い少ないとかはありませんのでご安心を〜

グラスをすすぐ用の水も用意されているので、味が混ざることも無いですよ。



会場をぐるっと取り囲むようにフードのお店も充実しています。


DSC_0074

なんとこちらは石釜のピザ屋さん!

写真ではちょっと分かりづらいですが、軽トラの荷台にピザ釜があって

本格的な焼きたてピザが食べられますよ!


DSC_0096

ピザうまーい!


DSC_0101

ワインだけではなく、地元小川の地ビールもあります。

マイクロブルワリーさんのビール、美味しかったですよ〜

小川町駅前には店舗のあるので、そちらでいつでも飲めるようです。




DSC_0077

こちらは無農薬野菜の販売!


DSC_0084

生ハム!


DSC_0086

ピタサンド!




ふと気づくと、いつの間にやら会場は人でいっぱいになっていました。


DSC_0090


ちなみに本日のスケジュールはこんな感じです。

DSC_0080



こちらはとうふ工房わたなべ のおつまみセット!

DSC_0097

ここのお豆腐は、そのまま食べても美味しいから、

おつまみセットもいいけど、普通に冷奴とかも出して欲しかったな〜


アヒージョ!

DSC_0098


竹の子のなにか

DSC_0105


厚焼き玉子!

DSC_0109



ベリーダンスショー!

DSC_0115



ワインは試飲で間に合わず、とうとうボトルで購入!

DSC_0103

ラベルのデザインもステキですね。よく見ると小川って書いてある!

全てのワインを試飲した同行者によると、武蔵ワイナリーのワインが一番体が喜ぶ味がした、とのこと。

それもそのはず、武蔵ワイナリーさんでは完全無農薬、無添加のワインを造っているのです。


DSC_0124


DSC_0122

DSC_0125

無農薬、無添加でワインを造るのって、そうとう大変そう。。。


ちなみに代表の方は、銀行を辞め出身地でもない小川に移り住んでワインを作っているとこのと。


DSC_0119

相当な覚悟が無ければこんなことは出ないですよね。すごいな〜〜

それだけワイン作りに魅せられたってことなんでしょうね。




DSC_0092

ちびちび飲み続けて、結局イベント終了までいましたが、

途中、相当酔っ払っていろいろダメ人間になっていた気が。

ご迷惑をおかけした方がいましたらこの場でお詫びします・・・






そしてイベント終了後は、東松山のやきとりを食べて1日が終了。

結局10時間ぐらい飲み続けてしまいました。

DSC_0127


気持ちのいい青空の下、美味しいワインが飲める楽しいイベントでした!

このイベントは来年もやるようです。

気になる人はぜひ行ってみてくださいね〜!本当に楽しいイベントだから!



食べ物も飲み物も現地調達できるアウトドア飲み会ですな!楽しくないわけが無い!















宮崎名物!チキン南蛮を本場で食べる!

宮崎の有名な食べ物と言えば、チキン南蛮!


揚げた鶏肉に甘酢に漬け、さらにタルタルソースをかけた食べ物です!


いまや全国どこでも何でも食べられる時代。

わざわざ地方にまで行かなくてもチキン南蛮は食べられます。


でも!だからこそ!!

その場で、その地の人たちと、その地の空気を吸いながら食べることに意味があるのです!


と言うわけで、宮崎はおぐらのチキン南蛮!


17-04-28-00-04-01-526_deco


周りを見渡すと、観光客よりも地元の人が、しかもガテン系の人たちが多いようです。

それもそのはず、このお店の一皿のボリューム満点なのです!

家族連れも多く、地元の人に愛されているお店のようです。


DSC_0806



やや迷走しているメルヘンも良い味です。


こうして現地の空気を吸いながら現地の人たちと食べる名物っておもしろいなー。

東京五社めぐりで運気を上げてきた!

パワースポットめぐりや伝統的なスタンプラリーである御朱印帳への記帳などで

神社を訪れる若い女子が増えているとのこと。


若い女子でも神頼みをするつもりもありませんが、行ってきました!


東京五社めぐり!


東京都内にある5つの神社をめぐる、この5社めぐり、

5社のチョイスにはさまざまないわれやチョイスがあるようです。


最近流行の各地域で行われている七福神めぐりみたいなもんだ。

私の地元でも7つの神社をチョイスして七福神めぐりっていうのもやってるしね。


という訳で、今回は大国魂神社→明治神宮→日枝神社→靖国神社→東京大神宮に行ってきましたよ!


この赤いピンが経っているところがそのポイントね。

途中で皇居の東御苑によったからその分もピンが立ってます。

東京5社めぐり


グーグルの機能でこんな風に紹介も出来るんですねぇ。

https://drive.google.com/open?id=1Loa4y0Txq8zkcPhVTgfxazZI0Ak&usp=sharing


この5つの神社の中で1つ、西の端にあるのが大国魂神社。

今回の5社めぐりはここからスタートですよ!



DSC_0898


ここでは人形流し(ひとがたながし)っていうのをやってみましたよ。


紙の人形に穢れを移して水に流すのです。


DSC_0899


この紙に名前を書いて、神社の横手のせせらぎに流すわけです。

あまりにも私の穢れが多すぎて、とけずにしぶとく残ったらどうしようかと思いましたが、

無事きれいに流れてチリヂリになってくれました。

そりゃーもう、トイレットペーパー並みのとけっぷりです!


一番西の大国魂神社を制覇したら、残りの4社は楽勝です。


次の明治神宮までは電車で。

原宿駅は大勢の外国人観光客で賑わっていましたが、

肝心の明治神宮は改装中!ザンネン!

単なる工事現場前にお賽銭箱があるようにしか見えませんが、

明治神宮です!


DSC_0902

原宿駅に戻り、地下鉄で移動し日枝神社へ。

高層ビルに囲まれた神社です。

DSC_0904

明治神宮は外国人観光客が多かったですが、こちらは静かな雰囲気。

DSC_0905

境内には狛犬ならぬ、狛猿が!

この神社では猿が守り神として祀られているとのことですよ。

ここからは徒歩で桜を愛でに皇居東御苑へ。


途中、紛糾している国会議事堂の脇を通ったりしながら江戸城へ!

DSC_0909


最近、あちこちの城に出向くことが多いのですが、やっぱり江戸城は大きいなぁ。


DSC_0916


17-04-09-17-30-40-639_deco

そしてこちらが東御苑の桜。満開でしたよ!






引き続き、歩いて次の靖国神社へ。

皇居の周りだけでも軽く3/4は歩いた感じですね。


DSC_0927

これは靖国神社へ向かう途中で見た皇居のお堀の周りの桜です。

ここって良くお天気キャスターが中継してる場所ですよね!!!


そしてコチラが靖国神社!

DSC_0930

アレだけ話題になっている靖国神社ですが、実は参拝するのは初めて。

ここもまたビルに囲まれた広い敷地にある神社です。


靖国まできたら最後の東京大神宮まではすぐ。


東京大神宮は繁華街にあるこじんまりとした神社って雰囲気でした。


DSC_0931


これで東京5社めぐり完了!

計画段階では、1日で5社を巡ることは無理かと思っていましたが、

途中、路を間違えたり、ラーメン食べたりしながらも

神社に滞在するのも意外とあっさりなので、夕方までに全ての神社を回ることが出来ました!


ちなみに、今回の5社巡りのテーマは縁結び!

同行した仲間が御朱印帳に記帳してもらいながら、縁結びの願掛けをし、

最後の東京大神宮で恋みくじを引く、というのが目的だったのです。

まぁ、それに付き合わされた?って言えばそうかもしれませんが、

名前は知っていても行ったことの無い場所に行けたのも楽しかったです!

それなりに達成感もあるしね。

ちなみに同行者が計測していた歩数計では3万歩、18km歩いたとのことでした。



こんな機会が無ければ行くこともなかった神社に行ったのも楽しかったし

御朱印集めも楽しそうでした。

機会があったらみんなもやってみるといいよ!




DSC_0933

そして最後はもんじゃ焼きを食べながらビールで締めたのでした!

Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ