最近どのホームページ制作会社のサイトでも目にするの機会が増えた『WEB標準』という言葉があります。

これも、SEO対策にとってなくてはならないものなのです。

WEB標準が具体的にどういうことかというと、ホームページの文章の構造(HTML)とデザイン(CSS)を別々に分離することによって文章の情報価値を最大限に高めることです。

数年前までホームページのデザインはテーブルを使用して行うのが主流でした。しかし、この方法ではHTMLのデータ量が多くサイト表示に非常に時間がかかり訪問客に取って使いずらいホームページになっていました。

このテーブルを使って行っていた部分をCSSを使うことによってデータ量を少なくし、よりデザイン性にすぐれたホームページを制作できるようになりました。

HTMLがシンプルになったことによって検索エンジンのロボット(クローラー)が好むサイト作りが可能になったのです。検索エンジンロボットが好むということは、上位表示が期待できるということです。

HTMLの文法チェックはこちら
CSSの文法チェックはこちら

ホームページを運営中の方は、上記リンクの文法チェックサイトでご自分のサイトをチェックしてみてはいかがでしょうか?