ブログネタ
最近の話題 に参加中!
レフェリーが選手に「死ね」と暴言を吐く事態が起きたてしまったそうだ。
F東京−大分戦で西村雄一主審(36)が、試合中に抗議した大分の選手に向かって言ったものだ。トップレフェリーの信じられない言動は波紋を呼びそうだという。

信じられない言葉が耳に飛び込んできたのは、試合の後半37分すぎのことだ。
空中戦でF東京FW赤嶺のひじが大分DF深谷の顔に入ってしまった。
数分前にも同じようなプレーがあったため、「2度目だ(から警告しろ)」と大分DF上本大海(25)が西村主審に猛抗議したのがはじまり。
同選手によれば、その際に西村主審は「お前は黙ってプレーしていればいいんだ」と注意したが、最後に「死ね!」と言ったというのだ。
そばにいたDF森重やF東京の選手もその言葉を聞いたという。

これに上本は激怒。試合後に引き揚げていく主審に対して「サッカー協会に言いますよ」と言うと、「また、お前か。うるさい! 引っ込んでいろ」と返されたという。大分は原靖強化部長が上本、森重を呼んで事情聴取。後日改めて日本サッカー協会審判委員会(松崎康弘委員長)に抗議文を送る意向を固めた。

まあ、なんともレフリーも人の子だから、ついカットしてしまったんだろうけど、
「死ね」というのはちょっと言いすぎだな。

厳重注意と言うところかな。

花粉症予防ガイド
フラワーレメディ・ガイド
子育て支援ガイド