月と風とキヨタblogと

尼崎の重症心身しょうがい者の地域生活(入浴・外出)を支え、アートを通じて地域と本人さんを繋げる『NPO法人月と風と』代表キヨタによるブログ。

September 2004

かわいい〜☆

040929-1944.jpg元かめスタッフ同士で、今年結婚した2人の赤ちゃんです!生後3日の男の子!

祈るように泣く

キヨタです!以下同文で!!


今日は昨日見た「爆笑問題のススメ」という番組からの名言。
この番組は小説家や作家が出て、
色んなことに対する自分の考えを述べるというもの。
名前は忘れましたが、「大人読者の涙のススメ」として、女性作家がこう言ってました。


「自分の恋愛とか幸せとかに対して泣くのも大事だし、素敵とは思うが、
 大人が本を読んで泣く時は人間というものが健気に、しかし強く生きようとする様を見て、
 祈るように泣く時なのです」


いいこと言うと思いません??
僕はすごい心に染み入ったのですよ。




さて昨日は月に1回病院への付き添いを依頼される方といきました。
本人さんのお母さんと一緒に行くのです。

そのお母さんの介護技術はすごいものがあります。
完璧で、早くて、効率的なのです。
そのお宅にいくとホントに勉強になります。

そしてそのお宅も医療ケアが必要なのです。

その方も、たんやつばなどを飲み込む、吐き出すことが困難な方です。
たまっていったらそれが気管等に行き、肺炎などの症状を引き起こします。
その為にたん・つばを吸引するのですが、
みなさんコレって寝てたら無意識に「エヘン!」とかって出したり飲み込んだりしてるのです。

ということは夜中でもたん・つばはたまるのですね。
それを吸引する介護の人は・・・

そうなのです。そのお母さんはここ20年ほど、マトモに眠っていません。
いつも朝4時に30分〜1時間ほど寝て、あとはうたた寝程度だとか。
昼は昼で掃除、料理、洗濯、お父さんの服まで買いに行くそうです。


この仕事をしてると、ものすごい生活をものすごい年月続けてる人に会います。
自分ができることは?と自問自答し、
祈るように泣くこともしばしばです。

この方がもし地域で一人暮らしを始めたら、このお母さんと同じ質の介護がきるのだろうか・・・とも思います。
自分の介助技術不足を痛感するのです。
まだまだ勉強せねば・・・


そして夜はFAT BOY SLIMのライブで心斎橋へ。
19時に始まり、25時に終わるという「勝手にしやがれ」スケジュ−ルだったので、
原付で1時間半かけて行きました。
なんだか若者にまじってもみくちゃ!叫ぶ!飛ぶ!ナゼか笑顔!
三十路間近がんばりました!!2列目まで行ったよ〜

終わると外はじゃじゃぶり。
カッパ着て帰りました。濡れたな〜でもテンション高めだったのです。


NPOだから・・・

どもども!愛知県から無事帰還しましたWEBスタッフキヨタその人であります!


愛知県のNPOふわりの新しい授産施設はすごかったすよ〜
本当に本当に障害者の施設とは思えません!

『段差がなく、トイレが広く、ギャラリーがあり、
 食事ができてアジア雑貨や家具が置いてある建物』に
 障害お持ちの本人さんが働いたり、食事したり、絵描いたり、陶芸してたりする』
そういう印象です。

確かに福祉施設というと、いわゆる幼稚的なもの、内装が多いです。
でも僕もそれを当然と思っていたのですが、
本人さんのニーズは


当たり前におしゃれで
当たり前に人が集まる魅力的なものが置いてある場所で
当たり前に働き
当たり前に楽しい


ここにあるのかなあ、と痛感しました。
いつの間にか「福祉の常識」みたいなのんに
凝り固まってる自分に気づいてしまいました。

おそるべし・・・





さて、かめのすけ介助者さんは経験した人も多いと思いますが、
その昔「養成泊」というのがありました。

「養成泊」とは、障害お持ちの本人さんと新人介助者さんが、
西宮福祉センター内にある重症心身障害者の施設「青葉園」
で一緒に泊まるというものです。

僕も経験しましたが、正直ショッキングで勉強になりました。

「この人ナイター見て笑ってる」
「ごはん食べてる」
「寝てる」
「朝になったら起きた」

あったり前のことなんですが、
もう全てが衝撃、発見と感じてる自分に
障害お持ちの本人さんに対して、頭ではわかってたけど偏見があることに気付きました。

これ介助者さんのレベルアップにはもってこいなのですよ。

かめのすけのヘルパーさんはほとんどが学生さんです。
どれだけがんばってもらっても4年間という時間がきまっています。
つまり早く慣れて、いい介助してもらえば、
より多くの時間、人数の本人さんの地域生活を支えることができるわけです。

しかしながら養成泊はまだかめのすけが任意団体だったころの話で、
今は社会福祉協議会を母体とする青葉園には泊まれなくなってしまいました。
その理由のひとつに

「民間団体(NPO)であるかめのすけに貸すと、他の団体にも貸さなければならない」

というのがあります。

確かに「特例」というものが公益的、行政的なものにあってはなりません。
均一、均等、平等が基本ですから。

以前の「養成泊」は青葉園内の「任意団体かめのすけ」が主催だったわけで、
いうなれば「好きものの集まり、ボランティア」だったわけです。


それならいいが、NPO法人ならムリ!というわけです。


しかしながら、ヨコになって生活できたり、
車イスが2、3台入るスペースがあれば養成泊ができるわけで。
その結果僕が考えた選択肢。


1・公民館に泊まれはしないか?
2・自治会館、団地住民の集会場に泊まれはしないか?
3・こども会みたいに、お寺はどうだ?
4・土日の幼稚園はどうだ?
5・上記のことがムリならば、それを市民の声として届ける場所はどこだ??


これを検証すべく今日西宮市役所に行ってきました。

まず「1」ですが、そんな公民館はありません。(障害福祉課)
「2」自治会館は基本的に葬儀等をする場所です。
 ですがその使用規約はその会館ごとに決まってるので使うことはできるかも。
 でも宿泊となると・・・難しいのでは?
 特定の民間法人に使用を許可すると、他の民間法人にも貸さなければいけない。
 つまりは公共施設なので特例は許されない。とのことでした。
 これが全くのボランティア組織がやるのならば、
 許可してくれる自治会長さんもいるかも・・・(市民活動支援課)

というお話でした。


ムムム・・・


またでたよ、「任意団体、ボランティアなら・・・」

NPOのメリットっていったい何でしょうか?
ボランティア団体より目標、継続性がハッキリしてて、
社会的信用もあるハズなのに。
手前味噌ですが「かめのすけ」といえば西宮ではちょっこす有名なハズなのに。

それならNPO法人かめのすけの中に
「かめのスゲー!」なんて任意団体作っちゃうぞ!!

これって青葉園の中にかめのすけができた経緯と似てんな〜



どなたか安くて(できればタダ)広くて駅近で宿泊可能なトコご存知ないですか???

あ、3番以降の結果はまた明日!

お知らせ2

ふたたびキヨタです。

トップページにも載せましたが、
10月9日17時45分より、
福祉センター4Fにて
介助者研修会を開催します!

今回のテーマは「基本的な抱き」について。
みなさんちゃんと抱けてますか?
腰痛めるような抱き方じゃないですか?

経験豊富な人はそれを長くやってもらうためにも、
もう一度確認の意味もこめて。

まだ介助を始めたばかりの人は、
スキルアップのためにも。

ぜひ参加していただきたいと思っています!!


介助者を大事にするかめのすけ。
今回も時給800円が発生します!!


つまりお金をもらって勉強ができる!
この夢のような状況をよく理解してもらって、
ふるってご参加ください!!

お知らせ

WEBスタッフのキヨタです。
お得な情報をひとつ。
ヘルパー資格が5万円台てのは安いと思いますよ!



障害者ホームヘルパー2級課程
養成講座開催のご案内

 障害をお持ちの方々の地域生活は以前に比べ、支援費制度が2003年に始まったことで大きく変わりました。社会保障の全般においての新たな制度論議がされるこの時期だからこそ、地域生活に改めて根ざした講座を開催していきます。
 本講座は地域生活に視点を置いたカリキュラムによって、障害者(児)ホームヘルパー2級資格が可能な講座です。また、本資格は訪問介護員養成研修と同等の資格となります。

開催日 2004年11月7日(日)〜2005年3月27日(日)
講 義 通信添削 (58時間)
     日本医療企画テキスト使用
    実技講義 (42時間)
    対面講義 (6時間)
     西宮市総合福祉センターにて実施
    実習 (30時間)
     介護実習
       西宮市内、尼崎市内障害者施設などにおいて実施
      同行訪問
       西宮市内、尼崎市内居宅介護事業所などにおいて実施
      サービス提供現場見学
       西宮市内、尼崎市内障害者施設などにおいて実施
費 用 66,000円〜かめのすけ介助者は5万円!〜
    (受講料60,000円、テキスト代金6,000円、消費税込み)
定 員 20名
締 切 2004年10月30日
研修修了の認定 兵庫県知事指定研修修了書の交付
受講希望の方は、申込書に必要事項をご記入の上、下記まで郵送してください。
  (先着順としますので、定員に達しましたらお断りする場合もございますのでご了承ください。)

特定非営利活動法人かめのすけ
西宮市津門西口町10番12-103号室
TEL 0798-36-8140 FAX 0798-36-8146
お気軽にお問い合わせください。  三宅まで


驚愕

日本福祉大学でのシンポジウムを終え、年間1億円以上のお金を動かすお化けNPO『ふわり』が、
この度社会福祉法人『むそう』を立ち上げて作った通所授産施設『アートスクエア』で交流会がありました!

アジア雑貨とアジアカフェがテーマのこの施設…

こんな福祉施設見たことない!普通にお店やん!オシャレ過ぎ!ありえな〜い!にゃにゃにゃにゃ〜い!!

施設内に『ティニーズコレクション』てアジア雑貨屋の支店がある!
バンド、陶芸、絵画など芸術活動を授産商品として売る!
一流シェフ監修の元、障害お持ちの本人さん達がラーメンや飲み物を作って出す!
つまり雇用されている!


全てが今までの福祉とは一線を画したものばかり。
ただただおでれく(驚く)ばかり…

宿を予約せず全くノープランできた僕と代表は、今夜この施設で泊ります〜

知的障害者通所授産施設アートスクエア

040925-2150.jpgエントランスです。ホントにこじゃれてますよ〜でも段差ナシ!

知的障害者通所授産施設『アートスクエア』

040925-2147~00.jpgバリのちょうちん?あんどん?この下にはバーコードがついてるので、レジ打ちや商品管理を重症心身障害者の方ができるのです。

小旅行

この土日はお休みいただいて、先日講演会をしていただいた愛知県半田市での『福祉のまちづくりフォーラムinちた』に参加しています。

会場の日本福祉大学は名古屋から1時間…遠い〜!

西宮からなら姫路や和歌山みたいな感覚でしょか?

乗り換え時に名古屋名物喫茶店のモーニングを食べようと、わざわざしょっぱめの地下街の『喫茶北山』に入店!

しかし11時だったのでモーニングは終わっておりガッカリ。

仕方なくアイスコーヒーを頼むと小鉢に入った大根サラダがそっとついてきました…


そう名古屋の喫茶店はおまけが多いのです!
以前TVで見たのはトースト、玉子、サラダ、赤だし、やきそば、きんぴらごぼう、白ごはんがついて400円でした…

定食やん!


このシンポジウム及びその後の交流会の様子はまたアップします!

なんだかな〜

webスタ'04キヨタです!

何かファミスタみたいじゃねえ?

今日は初めて会う障害お持ちの本人さんと、お母さんと、
本人さんの弟さんと僕の4人で近くの中学校の運動会に行くという介助でした。
本人さんのお姉さんが中3なのです。

今日の運動会も含め、この仕事してなかったら「自分一人では絶対行かないなー」
てとこに連れて行ってもらうので面白いのです。

パチンコ屋、オートバックス、プラネタリウム、大阪科学博物館、交通博物館・・・など。

運動会は、二人三脚、リレー、ダサいジャージの先生、先輩ヅラしたヤンキー(おそらく高校生)

いつの時代もかわらんな〜としみじみ。

なぜ4人もの大所帯で行ったかというと、その本人さんは気管切開をしてはります。
その介助というのは「医行為、医療的ケア」とされていて、
ドクターかナースもしくは家族でないとできないのです。
すると必然的にお母さんも同行でないと外出できません。
でも弟さんも小さく、チョロチョロ盛りなので目が離せない。

となると僕みたいな車イス押し役の介助者をつけて運動会を見に行く、となるわけです。


なんだかな〜


と思います。
ナースやドクター雇うにはスゲー人件費がかかるのです。
なかなかNPOの財力では雇えません。
ということは医療ケアが必要な人は一人暮らしが困難になるのです。
24時間365日絶えずナースかドクターがつくというのは現実的に難しいです。
お母さんに聞くと、医療ケアの方法は気管切開した後に
ドクターから2回ほど聞いただけで、今やっているとのこと・・・

むむむ・・・

そしてその本人さんは養護学校に通っているのですが、
入る前にはできていたひらがなの読み書きが、
養護学校でのこの2年間であやふやになってきたとのこと。


これまたなんだかな〜


百歩譲って学校行かずに読み書きがあやふやならわからんでもないけど、
学校行ってるのに識字能力が低下するて・・・


今日の2つのなんだかな〜はいろいろ理由があるにせよ、
結果的に社会参加や生活の質の向上を遠ざけてるよなーと思ったのでした。