月と風とキヨタblogと

尼崎の重症心身しょうがい者の地域生活(入浴・外出)を支え、アートを通じて地域と本人さんを繋げる『NPO法人月と風と』代表キヨタによるブログ。

April 2006

ピュアピュア

ちょっと前のヤフーニュースで

「マイケルジャンクソンさん、ネバーランド一時閉鎖」

と丁寧に表記してあって、ちょっと驚く。
さんざ呼び捨てにしておいて、なぜ今さら

「マイケルジャクソンさん」

なのか? 
でも考えてみたら

「ジェンキンスさん」はなんかもう絶対的に
「ジェンキンスさん」だったような気がする・・・


キヨタヒトユキ31歳厄年




実は昨日から徹夜で助成金申請書と格闘。

お昼ごろようやくメドがたつ。
よかった〜

終わってしまえば
「もう助成金はいただいた!」と豪語。





その後15時から
JR立花駅ちかくのホールで

もっこす元気な愛

という映画を見た。

主催は僕が大変影響を受けた、
尼崎のてれれ作業所。

舞台がぼくの地元熊本だった!

親近感ある〜
なつかし〜

とてもとてもピュアで強いラブストーリー。

正直アカデミー賞をとった
ブロークバックマウンテンより感動した!!





その後18〜20時で介助。

介助終わりで
甲子園ちかくの郵便局で
助成金申請書を投函!

「4月末日消印有効」

だったので滑り込み!!
あぶねあぶね。

介助者研修

中村屋!

ほんまに
何回見てもおもろい!

キヨタヒトユキ31歳厄年


今日は10〜11時でおふろ介助。
新しい介助者さんが研修に来ていた。

しかし一回目ということで
今回は見学のみ。

ウチは研修に関して本当に丁寧だ。
いつもそう思う。

今回のように
『本人さんへの介助についての研修』
については国からお金が出ない。

ウチの持ち出しでやっている。
「たんすの何段目にある赤い服を右腕から着せてくれ」
なんて言うのが難しい本人さんに対して



『本人さんの人となり』



を理解してもらった上で1対1の介助に入ってもらう。
これを基本としている。

だから1対1の介助になるまで、
半年とかかかる本人さんもいる。

「たとえお金がかかろうとも
 本人さんには必要だから」

という理由だ。
国から福祉にまわってくるお金が
どんだけ激減しても

この費用をかめが持ちだしての
介助者育成研修だけはなくならないだろう。
なくしてはいけない。

ついに

ついにきました・・・

眞鍋かをりも顔面蒼白

乙部さんも履いてたヒールを手で持って逃げ出し

しょこたんもヒザから崩れ落ちる

ブログ内ブログ

キヨタ母の
はなのいろは うつりにけりな いたづらに


が掲載!

はなのいろは うつりにけりな いたづらに

地球のみなさんはじめまして

いつも息子がお世話になっております。
ヒトユキの母60歳還暦でございます。

突然日記を書けと言われまして、
ほとほと困っております。
昨日はシャケを焼いて食べました。
とても塩からかったです。

それじゃあね、バイバーイ

・・・

これマズイって。

いきなり『地球のみなさん』だもんなあ。
ワールドワイドこえちゃったよ。

自分を地球外生物の側においちゃったもんなあ・・・

しかも

『それじゃあねバイバーイ』

なんて

息子との電話を切るとき感覚でシメる

という暴挙



予想以上のものが来ました。



そして・・・






内容薄っ!!







※『60歳還暦』は僕のブログ内ということで
  お願いして入れてもらいました。
  これは作為的ですねん。

冥利につきる

ホントにあるんですね。この現代に・・・
武器屋

キヨタヒトユキ31歳厄年
オリハルコンは拾ってください。



今日は10時から
西宮市民交流センターでチラシ印刷。

大学の授業内でのヘルパー募集に使うのだ。

今年は三宅代表が担当。

どうやらサティ(旧さっこさん)が同行し、
一人ヘルパー既望の1回生をゲットした模様!





18〜20時で介助。

晩御飯の食事介助。

「阪神買ってるで」

とか本人さんが言わはるもんだから
しぶしぶテレビをガン見。(笑)





20時半くらいから

トリコロールの集まり。
久々にみんなに会った。

今日は当日のビデオと
ケーブルテレビのニュースになったので
それをみんなで鑑賞。



それぞれのシーンで

「この時、実はウラが大変だった」とか
「この人この服似合ってるよなあ」とか

話しながら。



そして!
結婚するメンバーに対して
ちょい不良グッズ『バスローブ』をプレゼント!
お得意のサプライズ攻撃。

引くぐらい「バスの野郎」が似合ってた〜
あーびっくり。

しかもそのメンバーをイメージした
ポストカードを一人一人プレゼント。
ウラには直筆でメッセージ入れて。

そしてマカレナを踊ったメンバーに対しては
全員から色紙に一言入れて(モデルさん含む)プレゼント!

まんまとちょい泣きするメンバー!

それをビデオで撮影!




自分でも驚くぐらい楽しかった。

年配の方から言わせると

「学生ノリ」

かもしれないなあ。

と思うも、


三十路をすぎてノリだけでも学生になれるなんて最高!
と勝手に開き直る。



家に帰るとメンバー二人から

「トリコロールに誘ってくれてありがとう」

的なメールがきてた。

呼びかけ人冥利につきるねえ。
楽しかった〜

横結び

『男子の白シャツにジーンズ
 というシンプルな組み合わせは、
 実は女子にとってグッとくる』

ということを聞いた。

…ならば言わせていただこう!

女子のみなさん!
女子の長い髪の『ヨコ結び』は
女子の予想以上に
男子に効果アリなんですよーーっ!!
男子は全員好きです。ヨコ結び(主観)

キヨタヒトユキ31才厄年
三十路をすぎて女子だ男子だと連呼してまいました。




今日は10〜15時で会議。
16〜19時で短めの外出介助。
知的の本人さんとアクタ西宮にいく。
二階の通路で路上詩人がいたので、
詩を書いてあるポストカードを購入。

『あなたがいてくれるだけで』
『いつもありがとう』

などのユルめの詩が並ぶ中、本人さんが選んだのは…



『男と女は、みたし合うためにある』


という

ゲイの人権完全無視

の一編。

…あんたのチョイス…ふけぇ…ふけぇよ〜!!
 

4月25日

初めて事故現場にいった。

お花をあげてきた。

一年経っても現場は生々しい状況だった。

まだまだ悲しみが癒えてない
何よりの証拠だろう。



あらためて
尼崎脱線事故で亡くなられた方の
ご冥福をお祈りします。

新名

四月からかめに入った
新人女性スタッフのあだ名を

『さっこさん』

にしていたが、
姑臭(しゅうとめしゅう)がヒドイ!
というクレームがきたので、
訂正することになった。

黒木ビューティ富士子と考えることに。
もちろん仕事の手を止めて(失礼っ!)



○は〜い!さっこです

○お〜い!さっこさん

○サキちゃん

○三代目麻宮(少女忍法帖伝説)

○サッサ

○サキティ

○サティ

○ニチイ

○サティとミドリ電化しかなかったのに、
 西北もキレなったなあ



の中から、

『トリノイヤーでありながら、
 西宮という地元色もかね備えている』

という理由で

『サティ(旧ニチイ)』

になりました!
本人の許可はとってませんが、今後ともよろしく!

唐組『紙芝居の絵の町で』

今日は「唐組」
という劇団の『紙芝居の絵の町で』を見てきました!

古くは佐野史郎が在籍したというこの劇団。

大鶴ぎたん(漢字わからん)を息子に持つ

芥川賞作家『唐十郎』
という人が主催者です。

マーちゃんごめん。

唐十郎は僕の父親ですら知ってる昔からの有名人。



ここの芝居は常に
「社会的な底辺にいる人の視点」
で書かれていて、物語がすすんでいきます。

場所は精華小学校、
なんば駅の商店街を少し行ったところにあり、
駅からすぐの不思議な空間でした。 
唐組で使うのは久しぶりとのことです。

唐組は自分たちで劇場を作ります。

「サーカスのテントのめっちゃミニチュア版」

みたいなんを突如として作り上げ
魂ゆさぶるすばらしい
日常とつながった非日常
が芝居の中で繰り返され、
公演が終われば
あっという間に撤収していきます。

そこにはお祭りのあとのような
高揚感があったがゆえの寂しさが漂うのです。

今回もそうでした!

セリフ何言ってるかわからん!
でもおもしろい!
結局、話の流れは細部まではわからんかった!
でもおもろい!!

「人間が生きてる」

という強力なものが痛烈に迫ってきます!

感動とかじゃなく『生命力』をもらう感じ。



すばらしい芸術作品というものは、生きる力をもらうもの。



という言葉を再確認!!