月と風とキヨタblogと

尼崎の重症心身しょうがい者の地域生活(入浴・外出)を支え、アートを通じて地域と本人さんを繋げる『NPO法人月と風と』代表キヨタによるブログ。

January 2007

お見舞いにいってきた

キヨタヒトユキ32才後厄。
今日はお見舞いに行きました。



去年の11月にぼくがやたらと
夜勤介助に入っていたのを
覚えておらえれるでしょうか?

その数、実に13日夜勤。
全て同じ本人さんに入っていたのです。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)
という進行性難病にかかってはった
一人ぐらししてはる本人さん。

そのときは本能的に

「誰かが夜にいないと
 この本人さんの 
 地域での生活は
 終わってしまうのじゃないのか?」

と思っていたのです。



しかし

ぼくらが思っていたよりも
はるかに進行は早く
入院となりました。


落語が好きで
友人思いで

「オレはキヨのこと好きやからな
 新しい仕事がんばれよ。応援してるで」

と言ってくれてた本人さんは今、


ほほがこけて
手がむくんで
歯が抜けていて

声かけに対する明確な反応はなくて・・・

でも
口がね、動いた気がした。
目がね、ぼくを追った気がした。

でもまぶたの筋肉が弱くなってるから
目が閉じないのです。
ずっと薄目あけてはる。



泣くのは違うと思い、
グッとこらえた。

かわいそうな対象じゃないと思い、
グッとこらえた。

どんな状況でも、
生きてる限り、
そばにいたいと思った。

ぼくがやりたいことは単純なことだ。だから



誰だって

生きる価値があって
生きる権利があって
生きる喜びがあって
生きる仲間がいる

そう思ってるから福祉をやっている。
そう思ってもらえるように福祉をやっていく。

硫黄島からの手紙

キヨタヒトユキ32歳後厄。
気づけばもう夜中1時・・・。




今日は12時半〜19時で介助。
三宮で映画を見ました。


硫黄島からの手紙




死んでも戦地を守れ。
祖国のために。

退却するなどという
そんな恥さらしなことを
するくらいなら自決しろ

と中村獅童が言う。



生きること=恥



と言われたら

ぼくが福祉というものを通じて
一番価値をおいてるものはどうなるのか??

男たちの生き様
なんてものを描きたかったのだろうが
ぜんぜんかっこよくない。

進行性の難病を患いながらも
地域でぼくらと生きている本人さんの方が
何億倍も感動する。

弱音を全く吐くことなく

恐怖や
葛藤や
やるせなさや
運命

と戦い続けていた本人さんの方が絶対に強い。




個人の正義と国家の正義


どちらが大事かは
いわずもがなだ。

知的しょうがいお持ちの本人さんは
自分の正義で動いている。
だから輝いてる。
だからたまに他人に・自分に迷惑かける。
それでもなお一緒にいて楽しい。

それが宇宙の真理だとすら思う。

ぼくらの活動は
個人の存在に対する無条件の肯定だ。

それは国家の正義を押し付けるという
「戦争」に反対することと容易にむすびつく。


迫力はあった。
渡辺謙はいい芝居する。
しかしつまらなかった。


ぼくが知ってる本人さんの放つ
迫力には遠く及ばない。




そして今日はこの本人さんの
介助に入るのはおそらく最後。

3年以上おせわになりました。

もの静かな本人さん。

でも確実に話は聞いていて
心の中では感情がうずまいている。

それは音楽療法を通じて知った



「聞いてもらってる」

という確証があるだけに
心おきなく感謝と
これからの活動に関する決意を
聞き上手な本人さんに伝えた。

ぜったい伝わってます。
あの本人さんには。

1.17

d88c0e59.jpg


今日は震災の日です。

5:46に三宮東遊園で黙祷してきました。

お祈りにくる人も2年前の半分だとか。
こうやって忘れていくんやなあと痛感。


2005年1月17日の日記


このときはぼくはNPO法人かめのすけで
スタッフやってました。

このとき募金を手伝ったCS神戸さんには
月と風との立ち上げに
多大な協力をいただきました。

12年あれば建物や道路なんかは
元通りになるもんですね。
人間すげえなあ。

でもそこから生まれた
感情や気持ちや風景は
忘れないですよねえ。

市民レベルの助け合い、
地域とのつながりの重要性は存続させたい。

そのためにも
月と風との果たすべき役割や存在意義は
大きいなあと思った。


あの日からボランティア精神が生まれた。
NPOが法律になった。
そしてぼくがここにいる。




情けは人のためならず



この気持ちを忘れずいきたいものです。

写真がヨコですいません。

ぼくらの音楽

ダメモトで
ケータイのメモリ全員に
月と風とを応援してもらえないかメールしてみた。

法人でやりたいことを
明記した書類を添付して。



すると・・



正直にお願いしてみたのがよかったのか、
意外なほどたくさんの方が
賛同・協力していただけることになり
感謝しております!

すばらしい人に囲まれてるな〜と再確認!

キヨタヒトユキ32才後厄。




今日は16時〜18時半で
音楽療法つきそい介助。

本人さんスゲーめずらしく
テンション低め。

しかし音楽療法の時間になると
ちょっとだけ表情がかわった・・・

それまでの何度となく
ぼくが声かけしたのに・・・

ホントにすきなんだな〜音楽。完敗。



その後20〜21時で入浴介助。

本人さんの弟さんが
高校受験だと聞いてビックリ!

ぼくが知り合ったころは
ポケモン大好きだったのに
今じゃあお年玉で服買ってるらしいっすよ。



CALAJAで・・・
(このヘンが中学生でひと安心)

コミュニティ・ビジネス・フォーラム

キヨタヒトユキ32才後厄。

iPodを落としました・・・
かなーりショック・・・。




今日はお昼からから


コミュニティビジネスフォーラム
新しい働き方を考える



という講演会&グループディスカッションに行きました。

いわゆる団塊の世代という人はたくさんいるのだそうな。
そして退職後の生き方を模索している人がいるならば、
NPOなどでボランティアしたり、地域貢献してみませんか?

的な集まりだった。

つまりは事業主や運営側からすれば、
どうすればそんな知識や人生経験豊富な方と出会えるのか?
どう協力してもらえばいいのか?
を考えるいい機会になった。

目的ややってほしいことをできるだけ単純明解に
「文書化」するのも大事だなと。

いろんな世代・地位の方と
一緒に作っていくのは
とても大事だものなあ。




そこで発達しょうがい児たちに
アート表現教室を開いている
NPOの方と知り合いになりました。

こういったいい出会いは
やっぱり顔をあわせて話ができる
こういう場でないと生まれないのですねえ。

近いうちに見学に行きたいと思います。



ぼくは理念や理想をコトバで説明するのがヘタだ。
イキオイで聞いてくれる好意的な人には
ガンガン伝えることができるが、
それでも雑だと自覚している。

こういう場でも
全部を伝えきれない自分がいたのです。

うむむ。


落としたイキオイで
新型iPodシャッフル購入!!



<今日の名言>

数学ができるようになるか

論理的思考ができるようになるかどうかは

あたりまえのことを

バカにせずに、省略せずに

順番に書く練習ができてるかどうか

にかかっています。

まなべ

のCMはどれもこれも
なーんかB級ですよねえ。

キヨタヒトユキ32才後厄。




今日は9〜15時で介助。

来月から『NPO法人月と風と』
は本格始動だ。

だからかめのすけでヘルパーすることは
もうほとんどない。

ということは

「介助にはいるのがこれで最後」

というかめのすけの本人さんが
たくさんいてはるということだ。



この本人さんもその一人。

「この駅でバスに乗り換えるのも最後か〜」
「このタクシーに乗るのも最後か〜」
「このみんなと会うのも最後か〜」

といちいち思うもんだから
さみしくて仕方ない。



周りの空気の変化に敏感な本人さんだったから
ぼくは「今日最後やねん」
と一言も言ってませんが
察したのかも。微妙なテンションの変化に。



本人さん最後はとびっきりの笑顔で
別れてくれました。
うれしかったなあ。




その後
のまねっとの方と話す。

ぼくの説明不足が功を奏して
月と風とのことについて
やはりたくさん突っ込まれる。

これまたいちいち反論していたが、

「これはぼくに対して個人的な批判ではなく
 期待してくれてるからこその叱咤激励なのだ」

とハタと気づいた。

ありがとうございました。
おかげでやりたいこと、
注意すべき点がよりハッキリしました。

ろうさいとこよう

どうやら納豆が品切れらしい。
ぼくはあるある大辞典で神無月が
3.5キロのダイエットに
成功するちょっと前から
納豆をよく食べていたので正直迷惑だ。

しかし神無月の新庄や武藤、
フレディマーキューリーから萩原流行へ
移行するモノマネは大好物だ。

キヨタヒトユキ32才後厄。




今日は午後に労災保険と雇用保険のことについて
労働基準監督署にいってきました。

ホント、事業主はいろいろと大変です。

しかし新しい知識を入れるのは実際楽しく。


しかしかし



「事業主は労災にも雇用保険にも入れない」



というウスウス感じていた現実を
まざまざと突きつけられてショック!!

快心のデキバエ

おもしろそうな映画情報を見つけたので。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

『ハダカの城 〜西宮冷蔵・水谷洋一〜』特別有料試写会

2002年1月23日。
朝日、毎日新聞が第1面トップで、ある記事を掲載した。
「雪印食品・詰め替え」
「輸入牛肉、国産と偽装」
「狂牛病の制度使い 買い取り申請」

あの『雪印食品・牛肉偽装詐欺事件』である。

その記事で、雪印の詐欺行為を告発したのが、
西宮市にある倉庫会社、
「西宮冷蔵」社長・水谷洋一氏だった。

その告発から3ヶ月後、「雪印食品」は解体。
しかしその後、西宮冷蔵も
偽装詰め替え作業時に
「在庫証明書が改ざんされていた」と、
国土交通省より営業停止処分をうける。
続けて、相次ぐ取引先の撤退。
2003年5月25日には、
電気代滞納により倉庫送電が停止された。

2003年10月。
大阪、梅田 曾根崎陸橋。
寒風に揺れる『まけへんで!! 西宮冷蔵』の幟。
水谷社長は、「西宮冷蔵」再建を目指し、
告発の経緯を記した書籍販売の露店を開いていた。
わずかな生活費を稼ぐのと、
再建支援のカンパを募ってだが、
自らの信念の火が
消えていないことを証明するためだった。

そんな光景に、僕は出会った。

この作品は、
その陸橋での活動から再建、
営業再開から1年目までの記録である。

◇日時:2007.2.18(日)
 開場12:30 上映 13:00〜15:10 
       上映◆15:30〜17:40 
◇料金:一般 1,000円※上映協力金として
◇場所:ビジュアルアーツ専門学校・大阪
    新館3F「アーツホール」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

キヨタヒトユキ32才後厄。
できたら見に行きたいなあ・・・




今日は伊丹のヘルパー派遣事業所

しぇあーどさん

に相談や書類をいただきに行きました。
しぇあーどさんは大変活気があって、
居心地のよさはあいかわらずっ!

会計士さんや社労士さんにも話を聞けて、
とても有意義な時間になりました。




その後コミュニティサポートセンター神戸にて
理事さんによる助成金申請者への口頭プレゼンテーション。



き、緊張〜



プレゼンは快心のデキバエ!!!!!


今まで考えてたこと、設立への思い、
入所施設での苦悩、月と風とで目指すもの…

全てをうまく人に伝えられた気がしたのが
何よりうれしいっ!うれしいっ!!


「ロマンなくしてNPOと言うなかれ」

「手が動かないから、楽器が弾けないから
 音楽ができないと思うなよ」


という『お前が言うな』的な
身の程しらず発言連発!!

でもどーやらハッタリで何とかなったようです。



そして助成金をいただけることになりました!
うれし〜。


ちょっとノッてきてます!
ぼくはノッてきてますよみなさーん!!

体調管理=本人さん支援

去年の話になるが、
朝の身支度介助にマスクをしていった。

ちょっとだけ熱っぽかったのだが
介助を休むほどではないと判断し、
大事をとってマスクをしていった。

その後

そこの事業所の代表の方から
おしかりのメールをいただいた。

内容は

「マスクをしていけば
 本人さん親御さんが

 こんな体調悪い人に
 介助してもらって大丈夫かしら?
 うつらないかしら?

 と不安になる。
 それなら遠慮なく介助を休んでほしい」

というもの。確かにその通りでした。
前の職場ではマスクをして介助行ったことも
多々あったので、ついよかれと思ってやってしまった。




月と風とは
現在超少人数のヘルパーで
やっていこうとしてる。

もしカゼをひいてしまったら
どうしたらいいのだろう?

とそのメールをくれた代表の方に聞いてみた。

すると



『体調管理をしっかりして
 カゼをひかないこと』



という返事がきた。
おっしゃるとおりです・・・。

というわけで
体にいいもんを食べ、
運動をし、
ダイエットし、
筋肉をつける。

という自己管理意識が高まったのでした。

これからは体が資本です。
というか体調管理も本人さんの支援のひとつです。

本当に。




代表の方ありがとうございました。

どっちも大事

キヨタヒトユキ32才後厄。



今日は月と風との事務所に
「NPO会計支援センター」の方にきていただきました。

月と風との会計処理に
「ee会計」というソフトを使おうと思っているので
その相談に。

会計処理はやはりためずにめんどくさがらずに
毎日コツコツやるのが大事みたいですねえ。

あとどうしても後回しになりがちな作業なので、
担当を役割分担しておく必要がありますわ。

会計責任者だけでなく
みんながお金の流れに意識していかないと。





月と風とは少人数でやっていくので、

スペシャリスト(その人に聞かなければわからないことが多い)

よりは

ジェネラリスト(スタッフ全員が均等に作業できる)

を目指していきたいと思っています。

といいつつ代表理事だけが
何のスペシャルな特技をもっていないという事実・・・





夜は久しぶりに会う本人さんとお風呂介助!

福山雅治のモノマネをすると
『似てる〜!!!』
と大興奮の本人さん。

そ、そうか・・・?
似せる気はまったくないのだが・・・



や、やっぱり会計より介助のほうが楽しい〜!!



しかしどちらも大事なのだった。