キヨタヒサユキ31歳厄年
今日はお休みです。




今日は
『尼崎民族祭り』というのに参加してきました。
ベトナムのフォー(お米で作った麺)を売る屋台の手伝い。

友達の難民支援団体が出店してたのですが、
そこにベトナム人の女性の方も手伝っていただきました。

妹さんがベトナム難民として認められたのにも関わらず、
簀巻きで強制送還(!!)されてしまったのです。



ステージでその状況をアピールの意味を込めて再現。

僕は3人いる入国管理局(強制送還した人たち)職員の一人。

さるぐつわにロープで手を縛り、
3人がかりで舞台上で毛布とロープで体をぐるぐる巻きに。

叫び声が響き渡ります。

その後マイクを持った友達が少しアピール終了。




ふとベトナム人の方を見ると泣いていました。
「こんなことをお姉さんはされたのか・・・」
と思ったのでしょうか。



その時、「何か悪いなあ・・・」と思いました。



「オレが直接やったわけじゃないけど、
 強制送還の飛行機代やさるぐつわ代とかには、
 オレの税金が使われてるわけだし」


なんか、『入国管理局職員の役をやっただけ』
じゃあないなと。
実はそのひどい強制送還に加担しとるなと。確実に。
入国管理局職員のカッコウをするべくしてしとるなと。
このベトナム人女性を泣かしているのはオレでもあるなと。





「世界で起こる事象は自分とつながっている」

という感覚を再認識した日でした。