みました。

テアトル梅田のレイトショーで。
ピュ〜ぴるとはゲイで現代アート作家の名前です。
ぼく知りませんでしたが。

バイトをして作品の材料代を稼ぎ
ひたすら作品を創作。
部屋も変な作品だらけ。おもろい。

自分の存在に悩み
整形や手術をくりかえし
女性ホルモンを投与し
ホルモンバランスが変わることによる躁鬱に苦しみ
親と対立し
彼氏と別れ

それでもひたすら作りつづける。あまりに純粋で圧巻。
そして横浜トリエンナーレに呼ばれ
両親の前で、自分の作品の中でパフォーマンス。

感動しました。
撮り方、切り口はドキュメンタリーとしては普通だが
被写体が魅力的すぎました。
ブラックスワンの時も思いましたが、

ギリギリの状態の人が表現した
一瞬のきらめき。これはすばらしい。

◇◆◇◆

ぼくが代表をつとめる
NPO法人 月と風とのHP
http://tsukikaze.mond.jp/
も更新中してます。
よろしければっ