みました。

地震や火山活動が少ない、フィンランドに建設中の
高レベル放射性廃棄物最終処分所。
それは安全な状態になるまで10万年間かかると言われている。
貯蔵するために地下500メートルまで固い岩盤を掘削した
まるで地下都市のような巨大な施設“オンカロ”
ここにカメラが潜入したドキュメンタリー作品。

フィンランドは情報公開がすすんでますねー。
こんなわかりやすい矛盾をはらんだ施設に
カメラ入れちゃうんだもん。

内容は端的に言うと反原発よりです。
『どうやって10万年も保存するの?』
という素朴な疑問に終始。

地球上で1万年以上残ってる建築物はないのに。
10万年前のことをどうやって伝えていくのか。
無色無臭の放射能の危険性を10万年後の人類は理解できるのか。

いちばん愕然としたのは

各方面の原発推進派専門家に
『未来の人類にひとことありますか?』

と聞くところ。
専門家の答えは『危険だから近づかないように』
『地下はほらないでください』

あげく

『地上ではいい世界を作ってくださいね』
『グッドラック』

だって。よーいうわ。

未来に向けてのメッセージで
こんなに後ろ向きなの初めてです。

なんともつらい気持ちになりました。
世界がこうなったのは
ぼくにも責任あるしなあと。

ということで本日!
反原発デモに参加してきます!
15時くらいから淀屋橋〜心斎橋と歩きます。
いい世界にしたいな〜