みました。

ユリイカ
サッドヴァケイション

青山真治監督です。
やや好物の監督です。

しかし今回は毛色が違う作品。
将来に不安を感じるカメラ好きの大学生が
周囲の影響を受けながら成長していく物語。
おお…とてもオーソドックス。

しかしオーソドックスなテーマをいかに深遠で普遍的なものにするか
これこそ監督のデーウーのみせドーコーローなのです!

会話のシーンがとても自然で役者がいい表情!
榮倉奈々があんなにかわいいとは。
小西真奈実があんなに艶っぽくせつない顔するとは。
でてくる女優さんの顔!
これだけでも見る価値あります。

個人的には小西真奈実のエピソードが泣けました…。
腹違いの弟を好きになってまう役なんですが
言うてはいかんいかんと思いつつ
泣きながら告白します。

その顔!
せつねー。。。

会話のシーンで急にワンショット顔だけ正面から撮ったり
二人を真横から撮ったり
会話の内容、芝居も含めおさまりがよくて
見てておもしろかったなあ。

青山真治の底力みたりっ