月と風とキヨタblogと

尼崎の重症心身しょうがい者の地域生活(入浴・外出)を支え、アートを通じて地域と本人さんを繋げる『NPO法人月と風と』代表キヨタによるブログ。

研修・勉強会

コミュニティ・ビジネス・フォーラム

キヨタヒトユキ32才後厄。

iPodを落としました・・・
かなーりショック・・・。




今日はお昼からから


コミュニティビジネスフォーラム
新しい働き方を考える



という講演会&グループディスカッションに行きました。

いわゆる団塊の世代という人はたくさんいるのだそうな。
そして退職後の生き方を模索している人がいるならば、
NPOなどでボランティアしたり、地域貢献してみませんか?

的な集まりだった。

つまりは事業主や運営側からすれば、
どうすればそんな知識や人生経験豊富な方と出会えるのか?
どう協力してもらえばいいのか?
を考えるいい機会になった。

目的ややってほしいことをできるだけ単純明解に
「文書化」するのも大事だなと。

いろんな世代・地位の方と
一緒に作っていくのは
とても大事だものなあ。




そこで発達しょうがい児たちに
アート表現教室を開いている
NPOの方と知り合いになりました。

こういったいい出会いは
やっぱり顔をあわせて話ができる
こういう場でないと生まれないのですねえ。

近いうちに見学に行きたいと思います。



ぼくは理念や理想をコトバで説明するのがヘタだ。
イキオイで聞いてくれる好意的な人には
ガンガン伝えることができるが、
それでも雑だと自覚している。

こういう場でも
全部を伝えきれない自分がいたのです。

うむむ。


落としたイキオイで
新型iPodシャッフル購入!!



<今日の名言>

数学ができるようになるか

論理的思考ができるようになるかどうかは

あたりまえのことを

バカにせずに、省略せずに

順番に書く練習ができてるかどうか

にかかっています。

+α

髪を切りにいく時間がない・・・。
どうしたものか後ろ髪がグングン伸びている。

おそらく人生史上最大の長さだ。

ぼうしをとると正直コワイ。
つか気持ち悪い・・・!

「チョイ不良理事長を目指してほしい」

と友人に言われたが、うっとおしいのです。

短い方が似合う

という人が圧倒的だし・・・。



どーしましょ??

キヨタヒトユキ32才後厄。



今日は甲南女子大で

『次世代福祉NPO実践論』

の講義。今回が最終回です。

しかし・・・

ホントに出席率が悪くてとても残念。

映像を使ったりと講義内容には自信ありだったので
もっとたくさんの人に聞いてほしかったですね〜

今日でウエクサ気取り(通称パンチラ)は終わりです!
明日からはフツーのイチヘルパーに戻ります!



17:30〜18:30でお風呂介助。

あったかいフロに本人さん大喜び!
腰が痛かったぼくも暖められ癒される!

ふたりで湯船で大騒ぎ!
ほっこりほっこり




その後『NPO法人月と風と』に
これから関わってくれそうな人と会う。

月と風とのコンセプトは

ヘルパー+α

なのです。



ヘルパー+音楽家

とか

ヘルパー+ソフトウェア開発

とか

ヘルパー+役者

などの他人にはない
おもしろい価値や考えをもった人が
本人さんに関わったら

もっともっと世界が広がると思うからです。


あとプラスアルファのスキルがあれば
福祉に頼らなくても
本人さんと一緒に生きていける


というのも大きいです。

一緒に生きる仲間としては
お金がでるから、制度があるから
は関係ないですからねえ。



今日会った人は
そんなプラスアルファを感じさせてくれる
すばらしい人でした。

うえくさ

キヨタヒトユキ32才後厄。
今日は甲南女子大学へ講師してきました〜




と、

その前に8時半〜9時半で身支度介助。
お母さん腰も手も痛いらしい。

それでも気丈だ。
浣腸や着替えやらをする。

やや今日は顔色がよく
しかし寒いので体温があっという間に下がる。

35.1℃とかになっちゃう。

手早く、しかし正確に。

たとえば着替えた服にしわがあると
そこが何時間も体に当たったままになるので
いたあてしゃーない。

注意を払いつつ・・・


そして10時からかめのすけ事務所へ。
ひさしぶりにスタッフの『さっこさん』←懐かしい!!
と話す。基本くだらない話(笑)

彼女も夜勤あけだった。

慢性的な人手不足なのに
生活していけない福祉の給与保障。
そしてついには本人さんのことは好きなのに
福祉業界を去っていってしまう人材・・・

単純に本人さんからしてみれば

『知り合いがいなくなった』

のと同じですからねえ。
サミシイですよねえ。



やはり地域福祉にこそもっともっと、
行政からお金をいただかないと。







そして13時から


次世代福祉NPO実践論


という授業です。
僕が友だちに

『インパクトのある授業名を考えて!』

と依頼したら帰ってきた悪フザケ度満載のタイトル。
春学期にもやったやつです。



映像を交えながら
福祉と
NPOと
そして何より次世代について話す!?



次世代とは
自分が楽しいと思えることを
一個一個が大きくなるのではなく
小さいながらも繋がって
実現していくこと。

昨今のグローバリゼーション世界とは
まったくのま逆ですが。

でも本当にそう思うんですよね〜
月と風とが小規模にこだわるのはそこなので。



となりの子とヒソヒソ話すのは止めましょう!
しかもサンミー食べながら!!
うまいけど!(一旦は共感)

と教育現場と神戸屋をうれいてみたり。

教員控え室で一緒になった
女性の方も講師だったらしく、

授業後一緒に駅に向かう。

専門学校時代の友だちの職場の人だった!
世間はせめえ。

授業タイトルは

『ファミリーバイオレンスと女性の人権』

DVではなく、ファミリーバイオレンスてのがあるそうな。
DVは5人に1人が受けてるらしいが、

「この甲斐性なし!」

という女性からの言葉の暴力。
これも実は9人に1人が受けてるとか。





夜は22時から夜勤。
本人さんルミナリエハートフルデーにいったらしく
そこでもらった缶コーヒーを

『まあ飲めや』

と先輩ヅラでくれた!ありがたや〜

神戸市議会議員がヤッテキタ

9:00に介助終了。
夜勤あけでやや眠い…。

しかしこの日は

神戸市議会議員の井坂さん(いさかっち)と
熊本で福祉をしつつ、
市議会議員への立候補を計画中の女の子(何と25才!)が

地域福祉のすすんでるところを見たい

とのリクエストに応えて


○尼崎てれれ作業所

○伊丹ヘルパー派遣事業所しぇあーど

○かめのすけの利用者さんで
自立生活してはる方の、NHK特集ビデオ

○僕が代表をつとめるトリコロールの
ヘアカット&ファッションショーイベント
『トリコレ』のビデオ


を駆け足で案内。

話を聞くとわが故郷熊本は
かなり福祉がダサいみたいなので、
新鮮な刺激にはなったかな?



神戸市議のいさかっちも
しぇあーどさんを見たあと

『ヘルパー派遣事業所で
本人さんが入浴・寝泊まり・たまり場
 として利用するなんて初めて見た。
 あそこは国の制度上は何になるの?』

と言ってた。

『ヘルパー派遣事業所』と答えたら、
『へー』だって。

ぼくらのやってること、やろうとしてることは、
まだまだ知る人ぞ知る存在なのだなあ。

もっともっと
外にアピールしてかないとなあ、と思った。

観劇ではない。参劇である。

251ee644.jpgウレシさのあまり初の顔出し



今日大川興業の芝居を見に行った。

そして!そしてそして!!


帰りの新開地駅の阪急電車で
大川総裁と遭遇!!



日本に3人しかいない総裁の1人に会えて・・・

『芝居見ました。握手してください』

というと


『おーありがとうありがとう。どっから来たの?』


ととても親切に接してくれましたですよ!
いい人だ〜みんなで応援しよう!!(単純)


ちなみに日本にいる
あと2人の総裁は・・・


『自民党』と

『日銀』!

キヨタヒトユキ31才厄年。



今日は夜勤が8:30で終了。
そのまま明けで9:00から入浴介助。

体の大きい本人さんなので、
ヘルパー二人で抱えて自宅のお風呂に入るのだが、

相方がこないっ!

こんなときワタワタすると、
本人さんお母さんをより不安にさせるだけなので、
つとめて冷静に。

しかし…内心焦る。

結局スタッフさんの連絡ミスだったらしく、
15分遅刻できはりました。




その後・・・



聖地甲子園へっ!



とあるメシヤ(ユリア似)のはからいで、

何と





ぐ、グランドに入れることになったのですっっっっ!!!!





小学校野球部時代
熊本県大会優勝2回、準優勝1回の
華々しい成績をおさめたチームのレギュラーだったとき
正直めざしました、甲子園。

中学になったら伸び悩み、補欠になったので
(理由コンプレックスのカタマリで
 オールナイトニッポンばかりを聞いていた)
あっさりあきらめましたが。

他のチームメイトは思いっきり目指してたし
それだけの実力はあったと思う。

しかし誰もいけなかった甲子園・・・




ああ…一言で言うとホントに綺麗な球場!
グランドレベルでなら、
見える風景はバックネット最前列と変わらないが、

決定的に違うのは




『自分が主役感』




最高でした!

ここで肉体を躍動させて、

仲間たちとおもいっきり野球をしたいっ!

と思わせる素晴らしい場所でした。




星野がなぐった
ベンチ奥の扇風機をみて興奮するキヨタ!

試合後、岡田がインタビュー受ける場所で
『そらそうよ顔』で写真にうつるキヨタ!

リンドバーグ(藤川球児の登場曲)を歌いながら
ベンチ奥から登場しようとするキヨタ!(虚偽)

ハロプロばりに
ピョンピョンとびはねるキヨタ!(若干意味不明)




高校では野球部には入らないと決めてたので
中学最後の試合がおわったあと
家でユニフォームをたたんでいたら泣けてきたっけ・・・

と思い返していたら
また泣けてきた。

やはり中学までしか野球やってないオレにとってさえ
あこがれの場所だったんだなあ。





13〜16でまたも介助。

6人の本人さんにそれぞれヘルパーがついて、
養護学校の先生や
接骨院の先生や
大学の先生などが指揮をとって、

『動作法』

という本人さんの体を和らげたり、
目標達成を促したり、
機能低下を防いだりする取り組みの訓練会がありました。
その介助。

久しぶりに会う本人さん、関係者の方。
ちょっと懐かしかったです。

かめのすけの理事の方とも久しぶりの再会。

→新しい法人はうまくいってる?
→前途多難ですよーえへへ。

といういつもの会話。



『何にせよ、前進しようという姿勢そのものが素晴らしい』



と激励の言葉をいただき、元気になる。





その後19:00から大川興業の芝居見に行った。

show the black

何と全編まっくら闇!!

セリフしか聞こえません!!


『ケータイ、音の出る時計、
 その他ちょっとした音でも公演の妨げになります』

『寝てもいいがイビキは困ります』

『不審な動きをする人は
 暗視カメラで客席をチェックしてるスタッフが注意します』

『トイレに行くときは
 小さなペンライトで足元だけをてらして出て行ってください
 しかし公演が始まったら外にでるのは極力さけてください』

『1時間半ほどまっくらです。平行感覚を失って気持ち悪くなった方は
 右手をあげておしらせください』


事前の注意の多いこと!!

そしてこええ・・・

客にここまで協力してらわないと
闇の芝居は成立しないんだなあ。

開演前なのに
ピリピリムードが漂う客席!

こんなの初めてだな。おもしれえ。

内容は・・・おもしろかった!!




ながいブログにお付き合いいただき
ありがとうござい。

community business marketing

39858258.jpg勉強勉強


13時半から
生きがい仕事サポートセンター神戸東であった

「事業発展のマーケティング」
「成功する事業の条件とは」

という二つの講座に参加してきた。

正直目新しいことはなかったが、
NPO法人を申請してから聞くこのテの話は
色があるというか
リアルというか
体に染み入るというか

とにかくストンストン心におちた。
今の自分がやるべきことや
その道筋を整理する必要を感じただけでも成果かも。

自分ひとりでは整理は難しいんだなあ。
一人じゃ何もできないんだなあ。

以下メモです続きを読む

トリコロール スタディツアー

行って来ました滋賀県に!
トリコロールのスタディツアーと称して
メンバーみんなで行って来ました!!

動機としては
いい年して
合宿的なものを実現させたいっ!
というのがあったのですが・・・

遅れましたが
行った先とその感想。



第二びわこ学園
(重心の本人さんの入所型施設。
 入所施設としては
おそらく日本でトップでしょう)
という

「安心・安全にすごせる場所」と



ボーダレスアートギャラリー NOーMA
という

「本人さんと誰かをつなげる役割としてのアート」
と2つを見学してきました。


とても両極端だけれども、
どちらもとても大事でした。

結局のところ本人さん、
および親御さんの
「福祉関係者に求めるニーズ」
というのが凝縮されていたなあと。



「びわこ学園みたいな入所施設は
 自分はいきたくないから
 もう必要ない。時代遅れだ」

というのは簡単で。
しかし地域にでたときに
あれだけの福祉・医療が
連権してる場所があるのか?

本人さんの小さな変化に
気づける感覚をもった人間がたくさん存在するのか?

と聞かれると答えに困ります。

「施設はいらない」と言う前に
「地域を選んでもらうよう努力する」
のが大事かなと思い燃えました。萌え〜


びわこ学園みたいに
1万坪の土地を県から
無償で提供してもらうのは
西宮や都心部では不可能です。

じゃあ大きい組織でないと
福祉をやってはダメなのか?

たくさんの利用者さんを抱えてないと
福祉をやってはダメなのか?



答えはNOです!



・・・と言いたいですっ!

現実の福祉制度では
大きくないと経営上
やっていけないように向かっています。
僕らは試されてるような気がしています。



本人さんを中心として
小さいところが繋がって、
助け合って、
悩み合って、
つまづき合って、
たまに間違って、
もちろん楽しみ合って、
ヨタヨタしながらも
支援していければいいと思っています。

その本人さんと
ヨタヨタしてる過程がおもしろいじゃあないですか。

いづれ本当にびわこ学園を
声高に否定できる日を願って!




ボーダレスアートギャラリー NOーMAは
『マイルール』という特別展をやってました。

近江八幡地域の芸術家3人と
自閉傾向のある本人さん4人の作品を展示してありました。



「わけわかんない人が
 わけわかんないものを作っている
 でも何かちょっとおもしろい」



という視点で言えば
地域の芸術家も本人さんも並列で
そこではしょうがいの有無なんて関係なくて。

30年くらい1日1枚、
ポラロイドカメラで自分の写真を撮り続けている人
ほぼ同じ文面の日記を10年以上書き溜めている人
絵の具をめちゃめちゃ使って、
それをそろばんやスパナなどにぬりたくる人

しかし「全く同じもの」は
一つもないです。何十年やってても。
作品を見ていると
作った人の気持ちの変化や成長やうつりかわりが
すこーしずつですが見て取れます。

「全く同じもの作れないんや〜
 そりゃそうか、生きてるんだもんなあ」

と思いました。


こんな気持ちに見に来た人がなったら、
しょうがいの有無関係なく
「人間」として、「大切な存在」として
本人さんを見てくれるかなあ、と思ったり。


芸術の力はすげえなあ。


なーんていろいろ思った2日間でした!

当然ながらトリコロールブログ
http://blog.livedoor.jp/tricolo/
でも
中川翔子ばりの更新回数で
メンバーがしてくれております!
ぜひごらんアレ☆

次世代福祉NPO実践論

27fbea09.jpgこれは出席カード
&レポートがわりのものです。


キヨタヒトユキ31才厄年


甲南女子大学で非常勤講師してきました!
授業名はその名も


『次世代福祉NPO実践論』


何ともプレステ・サターン世代にはグッとする
鉄拳やバーチャファーター2好きにはたまらない
授業名じゃないですか!


ま、まさに

授業の10連コンボやーっ!
授業のダウン攻撃やーっ!!
授業のガードキャンセル技やーっ!!!
味の宝石箱やーっ!



ちなみにこれはライターの友だちにつけてもらった
完全なる悪ノリタイトルなのです。

31にもなって何が次世代ですか!
ゴジラ松井・千原Jr・今岡世代のくせに
何が次世代ですか!

という自虐的な気持ちで入った教室は




20人くらいしかいなかった・・・




あれれ??70人くらいいると聞いてたのに。

しかもかんなりおされなガール達ばかり。

さっそく自己紹介。

『今日の講師を務めますキヨタです。29歳です』
 



あっ!

言っちゃった!!(と口に手を)

異性を意識して確信犯でサバよんじゃった!!




そんなこんなの授業の船出。



キヨタは大学時代
教室のうしーろの席で友だちと

「ヒマー」
「おもんないー」
「コープランチ食いたい」
「伊藤園のナタデココジュース飲みたい」
「図書館の風車の羽って一枚100万するんやって」

などと
筆談していたぼくが講師ですよ!
話す側に立ちましたよ!!




とりあえずヘルパー講座で話してたたことを話す。
役に立った〜スラスラ言葉が出てくる。

生徒さんを絶対に寝せないようにと、
自立生活をしてはる本人さんに密着した
NHK教育のビデオと

トリコロールコレクションの映像を持っていきました。

やはりけっこ衝撃だったのか
みんな食い入るように見てました!してやったり!!

小さいところが   「つながって」
本人を中心として  「楽しく」
いろんな人と人を  「つなげる」
そうすることで自分も「楽しむ」

これが次の世代の福祉NPO関係者のあるべき姿かな?




レポートがわりの感想文には

「暗い・汚いというイメージが強かったヘルパーさんの
 見方が変わりました!楽しそう!」

「ヘアカットされてるしょうがい者の人が
 だんだんイキイキとして目が輝いくのがわかり
 それを見てる自分も楽しくなってきました」

「トリコレに私も参加したいです」

「先生ラヴ☆」

といった文面が踊りました。

・・・感想文の4つ目に
いきすぎた表現があったことをお詫びします。





ちなみに
各号館の「授業中忘れ物ショーケース」には


「アクセサリー・つけヅメ・手鏡」がいっぱいでした・・・

今日、この日、たった今から、これを読むすべてのあなたへ

グッとくる文章に出会いました。

『制度上自分たちで自分たちの生活を決めれない』

という現状がなんだかなあと思うわけです。続きを読む

とある本人さんの文字盤

1c8c5798.jpg『憲法』  『イラク』  『自衛隊』



『人』 『命』 『あなた』 『かかわる』

という言葉が
混在して並列になっている、
頻度の高い言葉となっている。



全ての問題はつながっている。

何だか感動したのでした。