月と風とキヨタblogと

尼崎の重症心身しょうがい者の地域生活(入浴・外出)を支え、アートを通じて地域と本人さんを繋げる『NPO法人月と風と』代表キヨタによるブログ。

自己紹介

月と風と 基本情報

特定非営利活動法人 月と風と

661ー0935
尼崎市東園田町8丁目100−26
エクセルハイツ東園田103号

→住所をクリックすると地図がでます

Tel/Fax 06−6493−6965

代表 清田仁之

ありがとうございました。

本日がかめのすけスタッフとしての最後の日です。

ぼくとかめのすけの出会いは・・・



社会福祉学科を卒業したものの
社会福祉士を受験するには2単位たりず

もう一度、夜間の福祉専門学校に行きなおしました。

そのときは「バイトはせず勉強だけをしよう」
と心に誓い、昼間は勉強を。

関学の近くに住んでいたので
社会福祉の授業にもぐりこんでました。

そのとき本人さんと三宅代表がヘルパー募集に
授業にアピールに来てはりました。

ボランティアでもいいと思っていたのに
有償で、しかも勉強になりそう!

と思って後日かめのすけに登録したのです。




「青葉園に本人さんと泊まる」というのが
最初の本人さんとの出会いでした。

よだれをたらしている本人さんを見て
平気なフリしながら正直気持ち悪く
夕飯の弁当を残したことを覚えています。

「オレ福祉の仕事むいてないかな?」

とヘコみました。
みんな平等だとアタマでは言いながら
生理的に拒否反応を示している自分が
差別者のように思えて。

ぼくは専門の友だちと一緒に研修を受けて泊まってました。

もうひとりの本人さんは巨人ファン。
ぼくが研修させてもらってる本人さんは阪神ファン。

そしてテレビでは阪神×巨人戦が・・・

お互い盛り上がる二人!
当然盛り上がるキヨタ!!

「あーフツウに盛り上がるんだ〜
 野球すきなんだ〜
 オレらと一緒なんだ〜」

というのがぼくがしょうがいお持ちの本人さんと
初めて関わった感想です。



本人さんと泊まる、日常生活を垣間見る

というのはとてもとても貴重な体験でした。





そしてぼくは神戸の入所施設で働きだしました。

最初の印象は
「かめのすけの本人さんと比べて目の輝きが違う。にごっている。
 これからに何も期待していないし、起こる気配がない」

というものでした。ガッカリしました。
青葉園およびかめのすけが、いかに特殊だったかを痛感しました。

ぼくは入所施設で働きながら
かめのすけでボランティアで活動を続けました。




そして

ぼくがお風呂介助に行ってた
かめのすけの本人さんが亡くなりました。

そのお葬式に出席した方は
ぼくを含め、福祉関係や地域の方などが
本人さんのご親族より多かったのです。

本当にびっくりしました。

こんな光景を目の当たりにするなんて。




施設を壊したいと思いながら働いていたぼくは

「脱施設」

よりも

「築地域」

だ!

と心に誓い、入所施設をやめ、かめのすけに入りました。




それから3年

ぼくの頭には常に「地域」という言葉がありました
自分なりに全力で

「本人さんと地域をつなげる」

活動をやってきたつもりです。

そしてその中で数々の問題点
乗り越えなければいけないものが
見えてきました。

「自分で組織を作って、運営したら
 見えるものがあるはず」

と思うようになりました

「文句言うなら自分でやってみろ」

とも思うようになりました



色々な人の協力があって
かめのすけの存在があって

ぼくは今日でかめのすけを退職します。







本当に本当にお世話になりました。


三宅代表
木田キューティ直美
黒木ビューティ富士子
前田なつきはん
前田たかこはん
吉浪マチマチ
さっこさん
イシバシステム
ヤマシータ君
トミーター


本当に本当にかめのすけに、
スタッフのみなさんに出会えてよかったです。



本当に本当にありがとうございました。

お引越し

今日は私事でお休みいただき、
尼崎への引越し作業しました。

ようやく新生活の実感がわいてきました。

4月からやるぜ!

更新しました!

何と15年ぶりに完全なるカゼひきました。
辛かった〜
今まで『熱っぽい』や『頭がボーっとする』
ことはあってもあんなにしんどいのは久し振りでした。

実家にいた時だったので
何と家族4人集団感染・・・
おそらく兄貴発信。

てことでお仕事もお休みしてました。
スタッフのみなさんご迷惑おかけしました。
久し振りの更新でございます。

も少し地元の話をさせてもらうと
小中学校の友達とは全くつながりがない僕は
夜あまりにもすることないので散歩したのです。

思い出の地をめぐる、
的な。

しかしもう景色が変わってしまっていて
その変わった景色もちょっと古びてたりして
悲しいというより諦めましたよ。

だって中学卒業して15年たってるし。
そりゃ変わるっつの

ふと気づくと僕が西宮に来て12年です。
小中学校あわせても9年ですもん。

愛着がうすまってるのを確実に感じてしまいましたね。



しかし僕が20才の時着てたベンチコートを
ガッチリ現役で着てた兄貴・・・

僕に米・ゼリー・アリエール・ユニクロフリース
はては「あんたは持ってないだろうから」と
ハンガーまで持たせてくれようとした母親・・・

ビバ実家でした。
長くなりました、キヨタです・・・





今日は夕方から
本人・親御さん・青葉園・メインストリーム・
のまネット(相談窓口)・かめ

の支援の輪でこれからの支援方向を探る
個人支援会議でした。



それだけ!?







突き動かすもの

キヨタだす・・・
年末だすね〜
ちょっと今日は振り返ってみだす。
そして明日から帰省させていただきます!
スタッフのみなさんすんません!!




よく「この仕事を選んだ動機は?」
と聞かれるのですが、
僕が福祉に関わった流れとして


阪神好きな僕はとにかく甲子園に近い大学に行きたかった

全学部受けて結局、社会学部社会福祉学科しか引っかからなかった

何にも考えず入社したところで3年働いて

つまんね〜でも大した目標もねえ

でもツライから仕事辞めちゃお〜

そういえば社会福祉学科だった

福祉なら食いっぱぐれないだろう

これからニーズも高いだろう

じゃあもう一回一年間福祉専門学校へ行ってしまえ

何か周りの人も喜んでくれたし。

社会福祉士の実習先が知的障害者の施設だった

障害者関係の仕事にしようかな〜


という流れでぼんやりと何となく考えていたのです。




しかし専門学校在学中の11月
ハンセン病訴訟が決着しました。

国が公然と認めていた隔離政策
人権無視の制度・施設
福祉の勉強をしていながら
そんな訴訟が行われていたことすら全く知らなかった僕
無知は罪だと痛感しました

そんなに苦しんでいる人が現実にたくさんいる
信頼はしてなかったけど何となく
国というものは最低限のモラル・人権意識は
当然もっているものだと思っていた自分の甘さ
「全ては自分が現場で体験して感じること」
が重要だと思いました。


だからこそ僕は現場でやりたかったのです
自分の目で見て、感じて、考えて、怒りたかった
そしてそれをよりよく変えたかったのです。



しかし身体障害者の入所施設職員として挫折し

(これは僕が未熟でした、完全に。
 『脱施設』『本人中心主義』という
 どう考えても僕の考え方が正しかったのですが
 それに賛同する仲間が作れなかった)

結局『脱施設』=『築地域』だっ!
と都合よく考えて
専門学生時代お世話になってた
地域福祉でしかもNPOという
魅力満載のかめのすけへ。

というのが動機でしょうか。


僕がハンセン病訴訟で感じた『根幹』となるもの
それに恥じぬよう来年も頑張っていきたいものです。


あとスマトラ島沖地震支援の寄付しました
『ピースウインズジャパン』












30モンキーズ

あー!今日は書いても書いても書ききれないっ!!
私事ですが、今日でキヨタは
ついに30才になりました。


・・・しかしかめのすけのスタッフは
誰一人気づいてないみたいだから
黙っておいて当分の間

『20代の若い力』

みたいなフリし〜ちゃお!



と思っていたのですが、
今日夜友達がパーティ開いてくれました。
そしてそこには思わぬサプライズが・・・

僕を取り巻く色んな人が実は
『三十路おめでとうビデオコメント』
を寄せていてくれたのです!


・・・もちろんかめスタッフも・・・


ふわ〜あぶなかった〜
みんな知ってたんじゃ〜ん!
スゲーかっこ悪いことになるとこだった。

そのコメントには熊本の両親と兄キも登場。
しまいにゃNPO法人ふわりの戸枝代表も!!


僕は幸せモンだなあ、
とつくづく思ったのでした。

ビデオコメントしてくれた方、
ビデオ撮影してくれた方、
ビデオ編集してくれた方、
会場準備してくれた方、
料理を準備してくれた方、
その他僕のために時間を使ってくれた方、
そして僕の30年の人生を支えてくれた方。

基本的にテレやなので
なかなか伝わってないかもしれませんが、
本当に本当に感謝しております!
ありがとうございました〜

期待にそえるよう、スピードアップで行きます!!

ブログはじめました。

ども。かめのすけwebスタッフのキヨタです。
「ブログやってるNPOってかっこよくない!?」
との思いつきから本日よりブログ開始!

よろしく〜

自己紹介

はじめまして。
コチラは兵庫県尼崎市で
主に重症心身障害者の方への
外出・入浴・一人暮らしをお手伝いし
アートを通じてしょうがいお持ちの本人さんと
地域の方をつなげていこうとしている

『NPO法人月と風と』

というところです。

そして僕はwebスタッフのキヨタです・・・

ここ尼崎では
福祉の教科書でしか
聞いたこと無いものを実践しています!
自分で言うのもなんですが
日本の地域福祉としては
けっこ進んでる方だと思っています。

・・・が!それでもまだまだ不十分です!

より多くの人に
私たちの活動を知ってもらいたい!
障害お持ちの本人さん(障害当事者の方)
のことをもっともっと知ってほしい!!

そしてこんな悩みがあるんだということを
全国の福祉関係者の方々にも知っていただきたい!
自分の職場と比べて新しい発見をしていただきたい!
もしくはコチラがお叱りやアドバイスをいただきたい!!
見たい!聞きたい!歌いたい!!

という思いのもとこのブログは始まりました。

よろしくお願いしたします!
毎日見に来てくださいね〜