ただいま熱戦中!ジュニアバドミントン スポ少関東予選

image

今日は東京都スポーツ少年団の関東ブロック予選会。
我らのジュニアバドミントンクラブからは5名が出場。
勝ち上がれば関東大会への出場権が得られるのだが、まずは目の前の1勝に集中して熱戦を繰り広げるジュニアたち。
みんな頑張れ!

ジュニアプレーヤーたち、ジャンボするめをゲット!

P7010151a
 月に2回、我らのジュニア・バドミントンクラブにコーチ・監督3人が揃う日があるので、その日をチャレンジデーに定めて、全員がコーチ・監督とシングルスマッチを行うことにしている。 
 コーチ監督に勝った子には、写真のジャンボするめジャーキーをプレゼント。負けた子も1点取るごとにお菓子を1個貰えるのが決まり。 
 そう、おやつで子供たちを釣ろうという作戦なのだ。本当は心の底から勝ちたい気持ち、1点でも多くもぎ取りたい気持ちでもって我々にチャレンジして欲しいのだが、まだまだそこまで行かない子供たちに1勝、1点、1打へ執着心を持たせたくて始めた邪道の策だ。
 ちなみに、なぜかするめ好きの子が多く、1点取るごとの商品もミニするめが良く選ばれる。次点がミニカルパス。そう、酒のつまみ系の人気が、飴、グミ、煎餅などより高い。そう言えば、私も子供の頃から酒のつまみ系が好きだったなあ。この子らも将来飲兵衛になるのかも…
 商品の財源は乏しき私のポケットマネーなので、コーチ達は私の財政を気遣って子供たちに3点くらいしか与えない。ジャンボするめは子供たちにとって遠い夢だった。
 だが先日、クラブ卒業生ら中学生が5人揃ったので、「今日は中学生に勝ってもジャンボするめゲットできることにするぞ!」と宣言したら、「それなら勝てるかも!」と俄然張り切る子供たち。
 そうは言っても、そう簡単に中学生には勝てないだろうと高を括っていたら、なんと13人中2人が中学生から勝利を、そして私の手からジャンボするめをもぎ取った。それだけじゃないよ、みんなが大量得点・大量菓子ゲットで、大袋に用意してあった菓子が空っぽに。私の損害額は2000円を超えた! 中学生、弱すぎるだろ~!
 まあね、中学1年生あたりだと学校のバドミントンクラブではまだラケット握らせてくれなかったり、初心者と十把一絡げにされているから小学校の時より格段に羽を打つ回数・ゲームをする回数が減っていて小学生の時より腕が落ちていることすらあるからね。
 ジャンボするめジャーキーはご近所では手に入らないため、上野アメ横まで電車賃をかけて早速買い増しに行った。
 子供たちに賞品無しでも勝利への強いモチベーションを持たせるように教化していかないと、私の財政が持たないぜ~(笑)

東京都23区ジュニアバドミントン大会出場!

image

「東京都23区部ジュニアバドミントン小学生・シングルス大会」に我らがジュニアバドミントンクラブから11人が出場した。
初めて半年以内、試合は初陣という子も多いので、試合を体感するための試合という位置付けで臨んだ。そうは言っても決してレベルの高い大会では無いので、心の中では1回戦位は皆に勝つチャンスがあるのではとの甘い期待もあった。
見事に甘かった。
11人中、2回戦に勝ち進んだのは2人だけ。その2人も3回戦進出ならず。厳しいの~!
一方で成果もあった。みんなが一心になって応援したり、率先して得点ボード係りになっていた。クラブの子供たちが1つにまとまってきたのだと思う。それから、コートに入るとき出るとき一礼するマナーが身に付いていた。コーチの指導でマナー向上に取り組んでいたからね。
次はマナー良く、試合にも強くが目標。
子供の1人の感想は、「今日の試合は相手にとても動かされ、すごい疲れました。ですが、次の試合は絶対に優勝したいと思います。」だった。ブログに載せろと言うので記録しとく。








リンク
Webカノ誌 【Webカノ誌】
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ