俺にズバリどストライク!な雑誌 『昭和40年男』

P1260506a
 「なんじゃあ、こりゃ!」
 ブックオフの店頭でこの雑誌を見つけた時に思わず叫んでしまったね。
 『昭和40年男』(クレタパブリッシング発行)。そのものズバリ昭和40年生まれの私にどストライクの雑誌ではないか。
 こんな雑誌があろうとは。しかも創刊2~3号で休刊になったんだろうと思っていたら2009年創刊以来、今日までしっかり出続けているんじゃあないの。今までこの雑誌の存在に気付かなかったとはずいぶんと乗り遅れたなあ~
 中身はというと、『【特集】俺たちの死生学』は表紙にブラックジャックが使われていることから分かるようにブラックジャックに託した手塚治虫の死生観。それに、「太陽にほえろ!」若手刑事殉職。まさに「なんじゃあ、こりゃ!」の昭和40年男共通の名台詞名場面だよ。『明日のジョー』の力石の死、1999年に人類絶滅の『ノストラダムスの大予言』。人類の滅びた未来で我々に衝撃を与えた『猿の惑星』。ライダーマンの散り際。悲劇のF1レーサー、アイルトン・セナ。永遠の女優、夏目雅子などなど、これでもかってくらい連発花火のごとく昭和40年男のコアを突く記事が続く。
 それが単なるレトロネタではなく、昭和40年に生まれ今を生きる我々おじさん達の現在の死生観に結び付け、「今から考えよう 最後の過ごし方」「葬儀と埋葬の動向と実際」「自殺を防ぐ最後の一手」と今そこに迫るテーマへと繋げている。
 特集記事以外でも、ウルトラマン、カウンタック、梶原一騎、ライオン丸にサスケ、ホンダシビック、ニッペンの美子ちゃん、ガッチャマン、プロレス、プロ野球。これでもかこれでもかとどのページを開いてもニッチからメジャーまで昭和40年代がどんどん飛び出してくる。これには参った~!
 この1冊に昭和40年生まれの文化史をぎゅうぎゅうに詰めた内容なのだが、これを8年間もネタ切れ無く続けてきたというのだから恐れ入る。
 もう定期購読しちゃおうかな。
 いや、それよりも奥付でライター・エディターを募集しているぞ。ここんところ出版系の仕事日照りで暇だしイッチョー応募してみるか~! 俺を雇ってくれ~!!

もう一度読みたかったスッゲー漫画が手に入った!「プロレス悪役シリーズ」

P1260400

 スッゲー漫画が手に入った!「プロレス悪役シリーズ」(原作・真樹日佐夫 作画・一峰大二)。
 以前に古本屋で見かけた時は5巻セットで1万円位だったから入手は無理と諦めていた。絶版漫画の復刻で有名なマンガショップから「完全版 プロレス悪役シリーズ」として復刻していたのは知っていたが各巻1890円と結構なお値段なのでやはり手が出なかった。これを幸運にもブックオフで全4巻432円で入手。5歳頃に冒険王で読んで以来もう一度読みたいと思っていた作品と40数年ぶりの再会を果たすことができた。
 ウルトラマンとかスペクトルマンとか電人ザボーガーとかのコミカライズを描いていた一峰大二の画もとても懐かしい。
 この1話読み切りの漫画に出てくるプロレスラー達は実在の人物なものだから、子供の時はそこに描かれている事も真実だと思い込んでいた。
 ダラ・シンというインドのプロレスラーの日常のトレーニングは、剣山みたいに針を植えた板の上でヨガをやり太い鉄棒を曲げるなんてのは序の口。スパーリングパートナーは猛獣のヒョウ、さらには重油のプールの中で巨大ワニと戦う。これを事実と受け止める方がどうかしているけど、なにしろ当時5歳だから仕方ないねえ。
 数ある悪役レスラー列伝の中でもお気に入りの話は、キラー・オースチンの登場する「呪われた金髪鬼」。原作者で空手の高段者でもある真樹日佐夫が、実兄で超有名漫画原作者の梶原一騎と共に、酔って暴れている悪役レスラーのキラー・オースチンと路上で乱闘ってところから始まる。
 オースチンには悩みがあった。リングで対戦相手を2人も殺しており、その呪いのせいで2人いた愛息が次々亡くなってしまったという。真樹日佐夫は霊媒師の元にオースチンを連れて行き、殺した対戦相手の霊を呼び出してもらうって内容。
 原作者兄弟とオースチンの乱闘というのは一部事実らしい。第三者の証言こそ残っていないものの真樹日佐夫、梶原一騎共に細部は少しずつ異なりながらもいくつもの著作の中で何度もこの出来事について記している。一部の事実からフィクションへと繋いでいくところが上手いんだね。
 当時のプロレス自体が、虚実入り混じりながら数々の驚愕のパフォーマンスで我々を楽しませてくれていた。
 例えばこの作品にも出てくるグレートアントニオってレスラーは、バス5台(3台かも)を引っ張るパフォーマンスを日本で見せている。私の故郷の北海道室蘭市に来た時もバス1台を引っ張るパフォーマンスを見せており、親戚のおじさんが実際に見に行ったそう。その時、バスの運転手がアクセルをそっと踏んでいたからインチキかもって思ったそうだが、それはアクセルではなくクラッチだったのでは(って言うか、運転手の足元が見えてたってことはそのバスに乗っていたのかよおじさん)。なぜならグレートアントニオは433トンの列車を19.8メートル引っ張ってギネスブックにも載っているらしいので、たかがバス1台を引っ張るためにインチキする必要がない(ギネスブックに本当に載っているかこの目で確かめていないけど)。
 こんな度肝を抜くパフォーマンスで聴衆を引き付けていたプロレスラーたちのことだから、作品上での常識外れの出来事も子供だましながら真実味を帯びてくるわけよ。
 大人になってから読んでも大層楽しめた!

「刃牙道」烈海王が宮本武蔵に敗れて死亡! その後の展開

baki2a


板垣恵介 秋田書店

 「刃牙道」。1991年に「グラップラー刃牙」として連載開始、「バキ」、「範馬刃牙」、「刃牙道」と人気格闘漫画だ。 
 「グラップラー刃牙」時代には、現実の世界の格闘技とダブりながら現実の格闘技を超えた超人たちの戦いぶりにある意味リアルを超えたリアルを感じながら読んだものだった。
 しかし、次第にエスカレートし、その強さはSFの世界。作品の設定も、ティラノサウルスを素手で倒し食料としてた最強原始人が復活したり、剣豪・宮本武蔵がクローンとして再生と文字通りSFの世界となってしまった。
 しかし、常に下地にある程度の事実を描くことで、ぎりぎりリアルさがあると読むものを信じさせる上手さがある。
 本当は相当な無理があるんだけれども、科学的な解釈が差し込まれているために本当にできそうだとつい信じさせられてしまう、白戸三平の漫画に出てくる忍術にその源流があるような気がする。
 もう一つの面白さの秘密は、新しく出てくる対戦相手がそれまでの相手より強いために、過去の対戦相手が霞んでしまう強さのインフレ現象に陥らないように、過去の登場人物が実は過去に見せた対戦よりも強かったみたいな調整が時々行われることだ。
 過去の対戦では脇役に一蹴されていたのに、武器を取らせたらめちゃ強くて、最近では素手の戦いも作品中有数の強さを誇る烈海王と高レベルの戦いができることを見せた老柔術家の本部以蔵がその最たるもの。このおじさんは解説者としても有能だ。
 こうした手法により、主人公以外の脇を支える格闘家たちが過去のキャラクターとならずに長く常に新鮮に活躍しファンを得る。この手法は巧みだ。
 連載初期から登場し、伝説の武人のはずなのに負けてばっかりの愚地独歩なんか私の大好きなキャラクターだよ。すっかり引き立て役ぶりが板についてしまっており、本編ではもはや1勝もできそうにないのではと思われる独歩だが、「バキ外伝 拳刃」では主人公として縦横無尽の活躍ぶりというキャラの活かし方も上等。
 とにかく刃牙ワールドは、主人公以上にサブキャラクターが立っていたりする。またそこが面白い。
 
 さて、作品を知らない人のための前置きはここまで。
 烈海王が宮本武蔵に頭を梨割りに切られて死んでしまった。この後の展開を私なりに占ってみようというのがこの記事の趣旨だ。もはや読感じゃなくなっているけど。(笑

①「ふむ、死なせるにはあまりに惜しいでな、ぎりぎりのところで生かしておいた。」と武蔵が告白、両断されたように見えるもぎりぎりセーフだった頭部の傷と同じく、胴を断ち割りながらも実は巧妙に内蔵・脊椎を避けていたために仮死状態でスーパードクター鎬になら蘇生可能だった。脊椎まで切られたと烈が感じたのは錯覚による。

②郭海皇ゆずりの死んだふりで、実は生きてる。

③真っ二つに切られたものの、あまりに鋭利な切断面だったため、手塚治虫の名作「ブラックジャック」の作品中で名人の鍛えたメスで切ったヒョウタンのようにくっついて元通りに生き返る。同じチャンピオン連載の漫画だけに。

④武蔵と同じようにクローン再生してババアがチューで魂を吹き込む、ピクル戦で失った足まで元通り。それを見ていた隻腕の愚地克巳が真マッハ拳で武蔵に挑み、残る腕と命も失うがクローンで五体満足な姿で復活。さらにそれを見ていた渋川剛気と愚地独歩が武蔵と戦い命を失うが、クローン技術で復活。両者ともに隻眼が治るというおまけつき。もはや武蔵戦=五体満足復活システム化する。さらにさらにそれを見ていた郭海皇が思うところあって武蔵に挑戦。やはり命を失うも徳川光成との密約により、20代の身体で復活。約150歳の経験値と20代の身体を持つ最強拳法家として武蔵と再戦、圧倒的な強さで武蔵を葬り去ったところで「刃牙道」は最終回となる。続編「刃牙伝」では、ヤング郭海皇が範馬勇次郎とのリベンジ戦、本当はやりたかったんだけど齢だからあきらめていたピクルとの戦いにも勝ち、烈海王の意趣返しとばかりにピクルの右足を食べてしまう。そして刃牙との決戦の日を迎える。

 私としては、やはり④を推すね。 そうそう、④の後にはさらに、⑤ツボを突くことで相手の肉体を破裂させる神の一字を流派名に戴く拳法家や、神話の時代から続く聖なる闘士と戦う「聖☆刃牙」の連載が始まるんだ。
 と勝手に予想妄想したものの、作者の板垣氏はそんな想像など軽々と越えた展開を考えているに違いない。刃牙ワールドのこれからが実に楽しみだね。
 

鬼平犯科帳 本所・桜屋敷

IMG_1358


池波正太郎原作/さいとうたかお画 リイド社

 池波正太郎の人気時代小説「鬼平犯科帳」の漫画版だ。
 この巻「本所・桜屋敷」は第一巻に当たるのだが、本にはその記載はない。俗にいうコンビニコミックなのでどの巻から読んでもいいようにあえて巻数を記載しなかったのかもしれない。
 この漫画版鬼平犯科帳は現在も刊行が続いていて90巻を超えた現在では流石に巻数不記載では不便と見えちゃんと巻数が付いている。
 「本所・桜屋敷」は、鬼平こと火付盗賊改方長官・長谷川平蔵鬼平のルーツをたどるエピソードの1つだ。
 本所には平蔵の青春があった。
 本所に生まれた平蔵が若かりし頃徒党を組んで悪さをして回っていたのも、剣の道に汗を流したものこの地だ。そして恋も。
 本所・桜屋敷の娘ふさは、平蔵と剣友の左馬之助の2人が想い思いを寄せる女性だった。その屋敷跡に立った平蔵は二十数年前を思い起こす。桜の季節に嫁入りしていくふさを悔しい思いで見送った平蔵と左馬之助。
 「いいさ、おふささんが幸せになるのなら。」
 しかし、大店に嫁入りして幸せになったはずのおふさは、子供ができなくなったことから離縁され、その後生活を持ち崩し悪党とつるむようにようになった。
 役目上、おふさを捕縛する平蔵。おふさは八丈島へ島送りとなった。
 平蔵は満開となった桜屋敷の山桜を見上げながら、やるせない想いを抱くのだった。
 鬼平犯科帳の魅力の一つは、江戸の文化が生き生きと語られていること。池波正太郎はまるでその目で見てきたかのように江戸の町を描写する。
 例えば本編にも桜屋敷が登場し、それを愛でる姿が描かれているが、他の巻も通して読んで行くと、飛鳥山の花見が江戸時代から人気であったことや、吉原の桜は花の季節が終わると引っこ抜かれてしまうなど当時の風俗を紹介している。
 飛鳥山の桜を見ながら、平蔵もこの桜を見たのだろうかと空想してみるのも悪くない。ソメイヨシノは寿命80年ほどらしいから平蔵が見たのと同じ桜は残っていないかもしれないけど。

 今回の記事は「みんなでお花見2015 -ブロ友交友録-」とのタイアップです。こっちの記事も読んで、そして参加してくれるとうれしいな。 
  

平成よっぱらい研究所

IMG_0341


二ノ宮知子 著 祥伝社
 酔っ払いとしては、平均的な世の人より経験を積んでいるし、カノ誌にも書いてあるように、カンチョー大会したり、道端で七面鳥の丸焼きを広げて酒盛りしたり、格闘ごっこして、友達をぶん投げたり、ぶん殴られたり、夜中に大騒ぎして隣家の叔父さんに怒られたりしている私ですが、同マンガの作者である、自称「飲みながら仕事するまんが家兼よっぱらい研究所・所長」の二ノ宮氏には到底かなうところではない。 

 このマンガは、作者のノンフィクションな飲酒生活を綴ったエッセイ・マンガだ。 
 友達と3人でバーで野球拳を始めて、それが周りの客や店員まで巻き込み、店内に素っ裸な酔っ払いが闊歩しちゃう状況になって、翌日、それを思い出して頭を抱える。あるいは酔っ払って公園のカップル合計12組を爆竹や花火で蹴散らし、調子に乗って夜中の都庁でも花火を打ち上げてパトカーに追いかけられたりなんてことを、20代も半ば過ぎている女性が繰り返しているという恥ずかしい日常を披露している。 
 研究成果はおおむね、酔っぱらいは頭が悪いということだ。
 そして最後は、「でも・・・まあいっか、だってよっぱらいだもん きのうのわたしはよっぱらいであってわたしじゃないのよ」で済ませてしまう。こんな話で単稿本1冊を埋めている、そういうマンガだ。 
 作者は、秩父の酒豪一族の生まれで、小学生のうちから隣の親戚に呼ばれてお酌をして、ついでにコップ酒を5~6杯あおって、翌日二日酔いになったり、高校時代に酒屋の息子にビールを持って来させ、部活の後輩と宴会をして、翌日全員を遅刻させたりという激しい鍛え方をしてきた、酔っぱらい界の血統書付きサラブレッドなのだ。 
 よく、こんな生活を少女時代から繰り返して、体がなんともないなと思って読んでいたら、後半で血を吐いていたぞ。ハハハ、やっぱり。 
 旭川に住む友人の大西氏の座右の書ということだったので、紹介してみたけど、買ってまで読むマンガじゃないと思う。立ち読みか、我が家をお訪ねの際にでもパラパラとめくっておくれ(自分は結局買ってる)。  

※この記事は1998.2.14に書いたものを訳あって今ごろになって再掲載したものです。
 まさか、この記事を書いたときには、よもや「のだめカンタービレ」等のベストセラーを排出する大人気漫画家になるとは思っても見ませんでした。大変お見それいたしました。人間いつ化けるか分からないものですね、あきらめず前向きに生きましょう。

▼ぽちり~ん としてくれる?
blogram投票ボタン

にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ


▼ツイッターでも絶賛つぶやきちゅう
アフィリエイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク





  • ライブドアブログ