baki2a


板垣恵介 秋田書店

 「刃牙道」。1991年に「グラップラー刃牙」として連載開始、「バキ」、「範馬刃牙」、「刃牙道」と人気格闘漫画だ。 
 「グラップラー刃牙」時代には、現実の世界の格闘技とダブりながら現実の格闘技を超えた超人たちの戦いぶりにある意味リアルを超えたリアルを感じながら読んだものだった。
 しかし、次第にエスカレートし、その強さはSFの世界。作品の設定も、ティラノサウルスを素手で倒し食料としてた最強原始人が復活したり、剣豪・宮本武蔵がクローンとして再生と文字通りSFの世界となってしまった。
 しかし、常に下地にある程度の事実を描くことで、ぎりぎりリアルさがあると読むものを信じさせる上手さがある。
 本当は相当な無理があるんだけれども、科学的な解釈が差し込まれているために本当にできそうだとつい信じさせられてしまう、白戸三平の漫画に出てくる忍術にその源流があるような気がする。
 もう一つの面白さの秘密は、新しく出てくる対戦相手がそれまでの相手より強いために、過去の対戦相手が霞んでしまう強さのインフレ現象に陥らないように、過去の登場人物が実は過去に見せた対戦よりも強かったみたいな調整が時々行われることだ。
 過去の対戦では脇役に一蹴されていたのに、武器を取らせたらめちゃ強くて、最近では素手の戦いも作品中有数の強さを誇る烈海王と高レベルの戦いができることを見せた老柔術家の本部以蔵がその最たるもの。このおじさんは解説者としても有能だ。
 こうした手法により、主人公以外の脇を支える格闘家たちが過去のキャラクターとならずに長く常に新鮮に活躍しファンを得る。この手法は巧みだ。
 連載初期から登場し、伝説の武人のはずなのに負けてばっかりの愚地独歩なんか私の大好きなキャラクターだよ。すっかり引き立て役ぶりが板についてしまっており、本編ではもはや1勝もできそうにないのではと思われる独歩だが、「バキ外伝 拳刃」では主人公として縦横無尽の活躍ぶりというキャラの活かし方も上等。
 とにかく刃牙ワールドは、主人公以上にサブキャラクターが立っていたりする。またそこが面白い。
 
 さて、作品を知らない人のための前置きはここまで。
 烈海王が宮本武蔵に頭を梨割りに切られて死んでしまった。この後の展開を私なりに占ってみようというのがこの記事の趣旨だ。もはや読感じゃなくなっているけど。(笑

①「ふむ、死なせるにはあまりに惜しいでな、ぎりぎりのところで生かしておいた。」と武蔵が告白、両断されたように見えるもぎりぎりセーフだった頭部の傷と同じく、胴を断ち割りながらも実は巧妙に内蔵・脊椎を避けていたために仮死状態でスーパードクター鎬になら蘇生可能だった。脊椎まで切られたと烈が感じたのは錯覚による。

②郭海皇ゆずりの死んだふりで、実は生きてる。

③真っ二つに切られたものの、あまりに鋭利な切断面だったため、手塚治虫の名作「ブラックジャック」の作品中で名人の鍛えたメスで切ったヒョウタンのようにくっついて元通りに生き返る。同じチャンピオン連載の漫画だけに。

④武蔵と同じようにクローン再生してババアがチューで魂を吹き込む、ピクル戦で失った足まで元通り。それを見ていた隻腕の愚地克巳が真マッハ拳で武蔵に挑み、残る腕と命も失うがクローンで五体満足な姿で復活。さらにそれを見ていた渋川剛気と愚地独歩が武蔵と戦い命を失うが、クローン技術で復活。両者ともに隻眼が治るというおまけつき。もはや武蔵戦=五体満足復活システム化する。さらにさらにそれを見ていた郭海皇が思うところあって武蔵に挑戦。やはり命を失うも徳川光成との密約により、20代の身体で復活。約150歳の経験値と20代の身体を持つ最強拳法家として武蔵と再戦、圧倒的な強さで武蔵を葬り去ったところで「刃牙道」は最終回となる。続編「刃牙伝」では、ヤング郭海皇が範馬勇次郎とのリベンジ戦、本当はやりたかったんだけど齢だからあきらめていたピクルとの戦いにも勝ち、烈海王の意趣返しとばかりにピクルの右足を食べてしまう。そして刃牙との決戦の日を迎える。

 私としては、やはり④を推すね。 そうそう、④の後にはさらに、⑤ツボを突くことで相手の肉体を破裂させる神の一字を流派名に戴く拳法家や、神話の時代から続く聖なる闘士と戦う「聖☆刃牙」の連載が始まるんだ。
 と勝手に予想妄想したものの、作者の板垣氏はそんな想像など軽々と越えた展開を考えているに違いない。刃牙ワールドのこれからが実に楽しみだね。