ご近所をぐるりとお花見

P3280277
 ご近所(埼玉・東京)は桜満開じゃないの~(3月28日時点)
 ちょいと自転車でご近所の桜の銘木を一回りしようじゃないのとカメラぶらさげ自転車に跨った。

P3280280
P3280282
 桜のひさしの下を潜り抜ける。

P3280285

P3280288
P3280286
 「ミョウオンサワハタザクラ」は2014年に発見された新種。先日、100年ぶりに新種の桜「クマノザクラ」が紀伊半島で発見されたとニュースになっていたが、するとこのミョウオンサワハタザクラの存在は無視されているのだろうか? まあ人間にどう思われようとお構いなしに咲き誇っているけれど。

P3280295
P3280296
P3280298
P3280302
P3280303
P3280306
P3280310
P3280313
P3280317
P3280322
P3280329
P3280332
 桜、さくら、サクラ、年に一度のこの季節に桜を見ることに日本人ってすごくたくさんのエネルギーと費用を割いているよなあ。

P3280335
 自衛隊のヘリコプターと桜。

P3280337
P3280352
P3280354
P3280367
P3280363

P3280379

P3280385a
 ヤギさんと桜。

P3280393
 観音様と桜。

P3280397
P3280401
sakura1801
sakura1802
 この日は桜を堪能したけど、満開になったと思ったらもう散り始めている。
 次はもっと北の地が桜の季節を迎えるね。

バカボンパパ腹巻はドラえもんプチ四次元ポケットなのだ

P2130023
 バカボンのパパ風腹巻を造った。元は古着屋さんで350円のところを半額で買ったニットのマフラーだ。下手くそな針仕事で腹巻の形に仕立てた。
 腹巻が膨らんでいるのは私の腹が出ているからではなくて(少しはそれもあるが)、ただの腹巻ではなく、腹巻型ウエストポーチだからだ。

P1270073
 なんと、上の写真の道具がみんな腹巻の中に納まっている。財布、宇宙戦艦ヤマトのハンカチ、ポケットティッシュ、キティーちゃんのお薬手帳入れ、ミラーレス一眼カメラ、筆箱、携帯電話、7インチタブレット、ICレコーダー、鍵束、飲料水、携行食&救急箱ポーチ。
 プチ四次元ポケットかってくらい道具が入る。ドラえもんの秘密道具が出てこないのが残念だ。
 これらはいつもショルダーバッグに入れて持ち歩いていた物なんだけど、これからは腹巻1つでお出かけ可能。これだけ腹巻に納めると重みでずり落ちるって弱点があったんだけど、腹巻にゴムベルトを仕込むことで解決済み。
 憧れのバカボンパパに一歩近づいた感のあるのが良いし、身体へのフィット性が高く荷物の重みを余り感じないのも良い。
 弱点は、パンツみたいに下から履かなきゃならないので着脱がちょっと面倒ってことと何年も使える耐久性はなさそうなこと。それから夏にこれをウエストに巻くのは暑いんじゃないかってこと。しかし、壊れるか暑くて我慢できなくなるまではバカボンパパ風ルックが楽しめるからこれでいいのだ!


インフルエンザで地獄に堕ちかける

img005a
 インフルエンザ恐るべし。
 今にして思えば夜勤に入る前から疲労感があった。11時間の労働時間となったが、休憩時間に食事が喉を通らず水分も一夜に僅か1盃といつもとは異なる自分の身体の反応に違和感を感じてはいた。
 帰宅後に横になると悪寒がしてきた。どんどん体調が悪くなり高熱が出た。水分を取る必要を感じたが、冷蔵庫にはビールしかない。やむを得ずゴクンゴクン。
 これで一息付けたと思ったのが甘かった。ひとまず本日は飲み会で帰りが遅いことになっている奥さんに飲み物を買ってくるようメールで頼んでおいた。日付は変わり子供たちは自室で寝ている。奥さんはなかなか帰ってこない。
 私は完全に自分が脱水症状に陥っていることに気が付いた。高熱が出ているのに汗が出ない、不自然なほど長く尿意が無い。
 水道の水を飲もうと思ったが、どうしても布団から起き上がることができない。高熱のためか身体が動かないのだ。奥さんに、かなり不味い状況にあることを伝え早めの帰宅を促すメールを打つのがやっと。しかし飲み会に夢中の奥さんはメールに全く気付かず、その間、私は部屋の隅に立っている死神をそれ以上を寄せ付けぬよう心の中で念仏を唱え続けるくらいしかやれることがなかった。
 奥さんが飲み物を手に帰宅したのはやっと午前2時半。
 その時の私と言えば、熱と悪寒、痙攣と目眩に襲われていた。いつの間にやら死神は枕元に座り込んでいるし、掌には覚えのない六文銭が握りこまれていて、船頭さんが布団の横に渡し船を付けようとしているうえに、天には死兆星の輝くのが見えていた。
 水分を口にして暫くすると、死神や六文銭や渡し船や死兆星はす~っと消えていった。すんでのところで地獄に落ちずに済んだといったところだ。もう1時間遅かったら危なかったかもしれない。ナンマンダブナンマンダブ…
 翌日、病院に行って検査の結果インフルエンザと分かり治療を受ける。
 最近のインフルエンザ治療は便利になったものだ。Vロート目薬みたいな容器に入った「イナビル吸引粉末」って奴2本をストローで吸うみたいにして喉の奥まで吸い込むだけ。これ1回きりでインフルエンザ治療は完了だって。完了と言っても薬を吸ったとたんに元気になるわけじゃなくて、発病から1週間近い治療&外出禁止期間があり、その間は段々に良くなりながらも鼻水が出たり悪夢にうなされたりと色々あったわけで、インフルエンザは二度と御免だねって思ったよ。
 そうそう、インフルエンザの時に見た悪夢は夢と現実の狭間にあるような夢とも現実ともつかぬ世界に放り込まれた気分でね、これが窓から飛び降りたりする異常行動と因果関係があるような気がした。インフルエンザウィルスの攻撃を受けた脳がそのように反応してしまうらしい。大人なら悪夢ですむところを子供・若者は異常行動で死亡事故に繋がる例がたくさん出ているから気をつけなくてはいけない。
 今季は統計以来最もインフルエンザが流行しているそうだから、どうか皆さんもお気をつけください。

融雪作戦 ソーラレイシステム作動!

P1270050a
 昨日、20センチを超える積雪があった
 わが家の前の道路は日陰なのですぐには雪解けしない。そこでベランダに鏡を設置しお日様の光で雪を融かすことにした。鏡で日光を反射させたくらいで雪がとけるものかって? 大丈夫、ガンダムでは日光を集めたソーラーシステムで小惑星を焼き尽くしていたくらいだから。
 積雪をペカーっと照らして2時間後……

P1270053a
 何の変化も無いので、諦めて雪かきしました。(笑)

雪中散歩

P1220042
 埼玉・東京界隈には珍しい雪降り。暇人の私は、北海道の実家に帰る時にだけ間に合わせで使う防寒靴を履いてカメラ片手に散歩に出る。

P1220047
P1220046
P1220050
 あちこち真っ白。

P1220060a
 雪降りに傘をさすのは雪用の服が無いためだけではなくて、水分の多い雪だからということもある。服につくとすぐに溶けて濡れびっしょりと濡れてしまう。自転車に乗るのは危ないね。

P1220061a
 もっと危ないのは両足を付けて支えにしながら原付を運転すること。この手の蛇行運転バイクにぶつけられたことがある。無理をして事故るのは自業自得だが他人を巻き込まないでおくれ。

P1220066a
 雪かきに精を出すおじさん。たまの雪降りも大変だけど、これをしょっちゅうやらなければならない雪国の人はさらに大変だよね。

P1220063a
 子供たちは雪に喜び走り回る。子供はこうでなくちゃ。

P1220058
 ありゃ、靴底が剥がれた。安物はだめだね~ 歩きにくいので散歩はこれでお終い。

P1220057a
 雪はまだまだ積もりそうだ。

あけましておめでとうございます

img004
新年明けましておめでとうございます。
庶民の生活は苦しくなり、戦争の足音が近づいているような不安のあるまま新しい年を迎えることになりましたが、何とかこの一年を少しでも楽しく意義あるものとしたいと思います。
みなさま今年もどうかよろしくお願いいたします。

カノッチ

年末年始の火災に御注意!

PC130377b
 忘年会に出かけようと家を出ると、サイレンを鳴らしながら近所に消防車が集結しつつある。
 火事だった。
 師走から年始にかけて忙しく、つい火元への注意が疎かになりやすい。要注意だ。この火災でも犠牲になった方が出たようです。
 皆様もよくよくご用心ください。 

▼ポチットナしてくれる?
blogram投票ボタン
にほんブログ村 その他日記ブログ 暇人へ


記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

▼本日のブログゲスト






簡単でお手軽なアフィリエイト
  • ライブドアブログ