IMG_2919

 2009年の日食の時に購入したものの、当日の曇天により使われぬままお蔵入りしていた日食グラスをカメラに装着し、5月21日の朝を待つ。
 下の小僧は、学校で行われる金環日食観測会のために、いつもより早く登校した。

 日食が始まる時間だが、上空に立ちこめる雲のために太陽はぼんやりとしか見えない。
 太陽を隠していた雲がどいてくれた。
 カメラを太陽に向ける。
 蝕の進む様子が見られた。


P5217094b

 そして、ついに金環日食を目の当たりにする。


IMG_2894

 「ああ~ すごい! タッパーの蓋でも見える」と我が家の奥様。良い子はまねしないように。 

 その後、再び雲に隠れる太陽(と月)。


IMG_2902a

 しかし、そのお陰で雲が薄くなった時に、肉眼でも日食を見ることができた。
 私が金環日食を見るのはこれが最初で最後の可能性が高い。
 滅多に遭遇できない天体ショウを見ることができて良かった。
 
 皆既日食の記事はこちらにも→  http://green.ap.teacup.com/webkanoshi/720.html