健康増進法ブログ

健康や病気、医学、美容やダイエットなどの情報を発信するブログです。

夏の水分補給の注意点、飲みすぎは水中毒の危険あり!

7月14日のフジテレビ「その原因、Xにあり」で、夏の水分補給注意点についての特集がありました。

熱中症対策で水分補給は最も大切ですが、その危険な間違いについて注意喚起するコーナーでした。

その間違った水分補給とは、ズバリ、”水の飲みすぎ”です。その結果、「水中毒」という命にかかわる危険な状態に陥ってしまうことがあるということでした。

正しい水分摂取の方法も教えてくれています。


番組で取り上げたケースでは、

運送会社の中年社員で、夏の屋外での荷物運びなど汗をたくさんかく状況でした。

熱中症予防には水分補給が大事だと知っていて、それを守って仕事をしてきました。

そして、いつものように、汗をかいてはペットボトルの水を一気にがぶ飲みし、また
汗をかいては一気に飲むという風に水分補給をしていました。

すると、急に手足に力が入らなくなり、痙攣し始めました。おかしいと思いながらも
仕事を続けると、やがて痙攣は激しくなり、ついには意識を失って倒れてしまい、病院に
担ぎ込まれました。


病院で出た診断結果は、「水中毒」というものでした。


これは、手当てが遅れると、何と脳浮腫を起こし、死に至ることがある恐ろしい状態だということです。




夏に大汗をかいた時、水だけを大量に飲むと、汗と共に失われたナトリウム分が相対的にドンドン少なくなっていき、体内のナトリウム分が欠乏していまいます。

すると、筋肉の痙攣や意識障害といった危険な事態になるのです。


また、夏に大量に汗をかいたときは、スポーツドリンクを飲むとよいと言いますが、実際には、大汗をかいた場合は、スポーツドリンクに含まれるナトリウム分程度では足らないのだそうです。

だから、スポーツドリンクをガブ飲みしても、水中毒に陥る場合もあるそうです。



私も、夏場、大量の汗をかいても、スポーツドリンクを飲んでいれば大丈夫と思っていたので、とても意外でした。


では、夏に熱中症にならないための、正しい水分補給の方法とは、どんな飲み方なのでしょうか?


それは、

”1時間ごとにコップ1杯の水をこまめに飲む”

という飲み方だそうです。



また、塩あめや塩のタブレットなど、ナトリウムも適宜補給すると、ベストです。


水分を少しずつ摂っていれば、食事などで塩分も摂れますから、体内で急にナトリウムなどミネラル分が欠乏する事態とはならないのでしょう。



今年の夏は熱中症、水中毒にならないよう、正しい水分補給の方法を実行してください。



ガッテン、ひざ痛解消!関節を滑らかにする3分関節包ワザ

ガッテン」(NHK、7月12日放送)は、”ひざ痛解消!関節を滑らかにする3分ワザ”という特集でした。

変形性膝関節症など、日本人に多いひざ痛には、実は知られざる真犯人がいて、それがわかれば、とても簡単に痛みを解消できる方法があるという内容です。


その膝痛を解消する秘密のキーワードとは、『関節包』です。

そして、超簡単なひざの痛み解消法とは、「1日3分のひざ伸ばし」でした。
某大学病院のデータでは、関節包に働きかけるこの方法で、2ヶ月で約半数の膝痛が解消したという結果が出ています。


番組に登場した膝痛で悩んでいた女性2人とも、この方法でほとんど痛みがない状態まで回復していました。




1、まず、この膝痛の真犯人「関節包」を発見する経緯について

以前、新潟県十日町の松代地区というところで、住民1,000人を対象にした大規模な「松代膝検診」という調査が行われました。

38年間に渡って、変形膝関節症など膝の疾患を調査するものです。


この調査に携わっていた医師が、調査を進めている際に、予想外の事実に気づきました。


それは、”重度の骨変形があるのに、痛みのない人が53%もいた” ということです。

重度の変形だとレントゲンでは、軟骨が擦り減って、太ももの骨とすねの骨とが接するくらいに変形しています(重傷度グレード3,4に該当)。

そうなると、当然、膝はO脚になり、直立すると左右の膝の間には指が2本以上はいるくらいに開いてしまっています。見るからに膝が悪そうな外見となっています。

しかし、それでも本人は膝には痛みがなく、急斜面での草刈なども平気ですることができていました。


逆に、レントゲンで少し軟骨が薄くなった程度の初期(グレード2)でも、痛みが強く膝を曲げられない人もいました。


果たして、膝の痛みと骨や軟骨の磨耗・変形との関係はどうなっているのでしょうか?
膝痛の真犯人とは何なんでしょうか?


それが、上に書いた『関節包』という組織なのです。


関節包は膝の関節を被っている袋のような組織で、その中は滑液(かつえき)という液体で満たされています。この関節包は膝関節が滑らかに動くようにする働きを持っています。

そして、この関節包は正常なら軟らかいのですが、加齢や軟骨が擦り減って炎症などがおこると硬くなっていき、痛覚神経も多いために痛みを引き起こすと考えられています。

要するに、膝痛の人のかなりの割合の人が、関節包が硬くなっているのが原因で起こっているということです。


2、硬くなった膝の関節包をストレッチして軟らかくする方法


では、関節包を軟らかくするにはどうしたらいいのでしょうか?

それは、最初に書いた「1日3分の膝伸ばし」です。


膝を伸ばした状態で、太ももの筋肉(とくに前面)にギュッと力を入れると、膝のお皿と周囲の組織が上(太ももの方向)へ引っ張られ、関節包を伸ばしてストレッチ効果があるのです。


【膝のばしのやり方】

①床に足を投げ出した状態で座り、痛む方の太ももにギュっと5秒間力を入れる。
この時、お皿が上の方に引っ張られるのがわかる。

②次に力を抜く。

この①と②を10回繰り返し、それを1セットとして、1日に2~3セット行う。


膝の下にタオルを入れて、それを膝で抑える感じでやってもよい。

さらに、膝の下ではなく、足首の下にタオルを入れてすると、膝の裏側も伸ばされる効果がある。


椅子に腰掛けてやってもよい。この場合は踵が床に付くようにしてする。


注意事項として、

・膝に外傷がある
・膝に熱がある
・リウマチ、通風による症状がある

などの場合は、やめておきましょう。


おまけの膝ストレッチ法として、

①風呂正座
湯船の中で、膝を付いて立ち、そのまま膝のつっぱりが感じられるところまで正座姿勢をとる。5~10秒間停止する。この方法で1~2分正座ができるのを目標にする。

②膝のお皿のストレッチ
膝を伸ばして座り、膝のお皿が動くのを確認する。そしてお皿を8方向に手で押して動かす。動きが悪い方向へは入念にする。これは結構効果があるようでした。


そして、膝の痛みがなくなったら、再発予防として、ウォーキングやスクワットを無理のない範囲でするようにします。




くさい足の臭いを消す足の洗い方

高温多湿の夏は、足の臭いの気になる季節です。

特に皮靴を履く機会の多い、ビジネスマンやビジネスウーマンの方は、結構悩まれている方も多いのではないでしょうか?

足の臭いが酷くなる不潔な足先の環境を放っておけば、今度は水虫にもなりかねませんからね。


そこで、足の臭いを効果的に消す方法など、書いてみます。

足の臭いが強ければ、まずは、石鹸なりボディシャンプーなりで洗いますね。中にはブラシなどでゴシゴシとやる人もいるかもしれません。

しかし、容易に想像できるように、足には細菌がウヨウヨします。その中には、悪い菌ばかりではなく、よい作用もする常在菌もいます。

足をゴシゴシと強く洗うと、悪い菌(黄色ブドウ球菌など)だけでなく、常在菌も一緒に洗い流してしまいます。

結果、細菌のバランスが崩れ、悪い菌が生き残って、足の臭いが返って強くなったりします。

ですから、足の臭い対策として、足を洗う場合は、適度に行うことが大切だということになります。

どうぞ、お気をつけください。


・参考




就寝中のこむら返り対策




↑↑
明け方に「こむら返り」を起こしやすい人は、ふくらはぎの血行が悪くなっています!




PR
livedoor プロフィール
忍解析、ブログ村

↓記事内容がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ