健康増進法ブログ

健康や病気、医学、美容やダイエットなどの情報を発信するブログです。

正露丸に即効性のカプセルタイプ新登場。6分で溶けて下痢に早い効果

ラッパのマークでお馴染みの、よく効く下痢止め薬の『正露丸』(大幸薬品)に、新たに液体カプセルの新製品(「正露丸クイックC」)が加わり、4月から発売されることになりました。臭いもなくって飲みやすくなったので、若い世代にもアピールしていくらしいです。


●新タイプは液体カプセルで下痢に即効性

正露丸の新製品は「正露丸クイックC」という名称で、4月3日に発売されます。
16カプセル入りで希望小売価格は1000円。1回に2カプセル服用(大人の場合)なので、8回分となり、やっぱりやや割高ですね。

ヘビーユーザーの私としては、糖衣錠でも高いと感じているので、「クイックC」の場合は、丸薬と使い分けるのが経済的でしょうね。


「正露丸クイックC」の特徴として、丸剤に比べて匂いがなく、苦みを感じることなく飲みやすいという点があげられます。さらに、胃の中で素早く溶け(6分で全て溶ける)、主成分「木クレオソート」を液体のままで血中に吸収できるため、即効性が高いという点もあります。

急な下痢に素早く効果を発揮できるようになったわけです(丸薬でも効果は遅くはないと思いますが)。本当に直ぐに下痢を止めたいという緊急の場合は助かりますね。

大幸薬品としては、飲みやすさと即効性をアピールすることで、若い世代にも使ってもらい、伸び悩んでいる販売数を伸ばしたい考えのようです。


●正露丸は毒薬で危険だという説

ところで、正露丸にカプセルタイプが新しく加わったことで、ネット検索で口コミ効果など調べようとしたら、「正露丸は飲むな」「正露丸は毒薬だ」などという医療関係者の注意喚起のページが結構あるので、驚きました。

正露丸の主成分の「木(モク)クレオソート」は、消毒薬そのもので、内服は危険だというのが、共通する主張のようです。

正露丸を服用すると、神経毒の作用で、最悪の場合は腸の壊死、麻痺性腸閉塞などを引き起こすと警告しています。

確かに正露丸の誕生のキッカケを調べてみると、当初は腸内の消毒を目的に作られたようですが、近年の研究では、下痢をしている時の腸内の水分分泌の抑制と腸の過剰な運動の沈静化が、下痢止めの作用メカニズム(クレオソートの作用)のようです。

どうも、正露丸危険論者が唱える、”腸の神経をクレオソートの毒性で麻痺させて動きを封じ、痛みと下痢を止めている。その反動で、却って痛みが激しくなる恐れもある”という説は、正しいとは言えない気もしますね。

また、急性の下痢を無理やり止めるのは、有害物質を外に出そうとする体の自然の作用を邪魔することで、病状を長引かせることになり良くないとも言います。

しかし、食中毒やウィルス性の異変の場合は、そもそも症状の重さが違うので、市販薬を使わず医療機関を受診するでしょうから、正露丸を使うのは、日常的な胃腸の不調による下痢(それこそ、食べすぎ飲みすぎ、体調不良による胃腸機能低下、ちょっと悪いものを食べたなど)で、危険は小さいと思います。

それに他の下痢止めの薬でも、半ば無理やり止めるのは理屈は同じです。


クレオソートが劇薬的な性質の成分であることは事実でしょうが、他にもアセンヤク末、オウバク末、カンゾウ末、陳皮(ちんぴ)末などの生薬成分も入っているので、それらが、クレオソートの毒性を緩和しているとも考えられます。

クレオソートだけを取り上げて、それのみを持ってヤバイ薬と断定はできないでしょう。


●ヘビーユーザーの私には害なしだが

実は、私は正露丸を常備薬としているヘビーユーザで、丸薬の普通サイズ(50粒?)を1年に2瓶くらいは使っているでしょうね。

かれこれ、30年近くは使っていると思います。

それでも、特に体に異変はなく、正露丸を飲んだために腹痛が酷くなったとかの経験もありません。


最近は、下痢でも「軽く済みそうだな」とか、下痢までいかずただの軟便で、何となく腹が頼りない感じの時は3錠を2錠に減らしたりすることもあります。
それでも、調子は整うので、私にとっては都合のよい薬です。
(量を増やすのは無茶なので、止めましょうね)


今度、液体カプセルで即効性のある新製品が出たので、丸薬と使い分けで利用していこうと思っています。



世界一受けたい授業、新なべ料理2017

世界一受けたい授業」(2017年2月4日放送)の家庭科授業で、”ひと工夫で栄養アップ、新なべ料理2017”という特集がありました。

まずは、 
・冷え性に効果がある『みかん鍋』。
 
みかんを皮ごと入れてしまう鍋料理です。みかんに含まれる成分が血流をよくし、冷え性改善に効果があります。みかんは皮の薄い、低農薬のものを使います。

次に、
 ・免疫力を高める『ヨーグルト入り坦々鍋』。
 
坦々スープにヨーグルトを加えます。ヨーグルトの成分が免疫力を高めてくれます。


【気になる症状別おすすめ鍋】

1、ミルフィーユ鍋 ・・・・ 風邪予防におすすめ
 
白菜と豚肉、ベーコンを重ねて、断面が見えるように丸く鍋に入れて作ります。

これに一工夫として、「カマンベールチーズ」を中央部にひとかたまり入れます。
チーズが溶けてきたら、食べごろ。
チーズに含まれるペプチドなどの成分が免疫活性を高めます。

黒コショウを振ると、風味にアクセントが出ます。

最後のシメに、ご飯を入れてリゾット風にすると美味しいとか。


2、春菊と鶏肉の鍋 ・・・・・ 風邪予防に
 
味付けは昆布と酒だけでシンプルに。

春菊のβカロテン・食物繊維、鶏肉のたんぱく質・ビタミンAなどが、免疫力を高め、粘膜を保護して効果を上げてくれます。


3、塩レモン鍋 ・・・・ 肌の老化を遅らせて美容効果
鶏肉(鶏だんごもよい)主体の鍋に輪切りのレモンを多目に入れた鍋料理。

一工夫として中央に「パクチー」を入れます。パクチーにビタミンCが多く含まれ肌の老化を遅らせる効果があります。


4、アボカドとトマトのオリーブオイル鍋 ・・・・ 血液サラサラ効果+美味しくなるフルーツ入りの鍋

イタリアンの巨匠、落合務シェフ考案のトマト風味の鍋。

レシピは複雑で書き留め切れませんでしたが、

鍋にオリーブオイルを熱し、ニンニク微塵きり、刻んだ長ネギ、アンチョビなど入れて風味を出し、トマトジュース、水、塩などで味を調え、鶏むね肉、海老、マイタケ、エノキ、ズッキーニ、サニーレタスなど加えます。

最後にアボカド、トマトのスライスを加えて出来上がり。

大体、こんな感じのトマトジュースベースのお鍋でした(落合シェフは、よくトマトジュースを使いますからね)。

アボカドのオレイン酸とビタミンE、トマトが血液をサラサラにし、オリーブオイルが悪玉コレステロールを減らします。

美味しい食べ方は、具だけを小皿にとって、そこへエクストラバージンのオリーブオイルをかけて食べます。

シメは、折ったパスタを入れて茹でて食べると美味しいそうですよ。



「その原因、Xにあり!」(フジTV)、夜間頻尿の解決法

その原因、Xにあり!」(フジテレビ、1月20日放送)で、”882万人悩む夜間頻尿 ゴロ寝1週間で解決!?”という特集がありました。

 


夜間頻尿で夜中に何度もトイレに起きることで、不眠や寝不足になったり、最悪は冬の寒さで脳卒中を引き起こしたりと、悩んでいる方は日本中でたくさんいるようです。

今回の「その原因、Xにあり!」では、特に寒い冬の夜間頻尿の解決法について取り上げていました。


まず、冬に夜間頻尿が増えるのは、何故なのでしょうか?

寒さでトイレが近いというのも一つの理由かもしれませんが、番組で注目した理由は、冬はあったかい食事をする機会が多いということです。

それは、鍋料理やラーメン・うどん、シチューなど、いかにも体が温まりそうな食べ物ですね。

それらに潜む夜間頻尿の原因とは・・・、


それは、『塩分』でした。


どれも、比較的味が濃いために、含まれる塩分も多かったのです。

労働厚生省が推奨する1日の塩分摂取量は、8g(成年男子の場合)です。
しかし、ラーメン1杯で約11g、鍋物でも8g、とあったか料理1回で1日の目標摂取量をオーバーしてしまいます。


この冬場の塩分の取りすぎが、夜間頻尿の原因ということでした。


では、そもそもどうして塩分が体内に多いと頻尿になるのか?

それは、体は常に体内の塩分量を一定に保とうとする働きがあります。そこへ、塩分が多くなると、汗や尿で対外に排出しようとします。冬は汗はあまりかかないので、どうしても尿で塩分を排泄しようとするわけです。

温かい食べ物を食べる回数が多いと、日中だけの排尿では間に合わず、夜間もトイレに行きたくなり、夜間頻尿となるのです。

と、ここまでが夜間頻尿のしくみです。


では、「ゴロ寝1週間で解決」とは、どんな解消方法なのか?

それは、”仰向けで寝て、足を心臓より高くキープする”というゴロ寝法です。

足の下にクッションなどを入れて足を高くし、20分寝ころがります。

そうすると、足に溜まり易い水分が体の方に移動し、塩分を尿で排泄しやすくなるというわけです。夜間頻尿に効果を上げるには、夜寝る4時間以上前にこれをするようにします。

昼間やっても効果があります。

食事内容の制限などは、特にしなくでも大丈夫です。


番組のモニターさんのテストでは、1,2日で効果が出始め、1週間もすると、夜間頻尿は大幅に改善されました(というより、1回も起きなくなってました)。


かなり効果の高い方法なので、悩んでいる方はどうぞお試しを。


PS.
私の母(80代)が早速この方法を試したところ、2,3日で効果が出始めましたが、足を上げるのに「コタツ」を
利用したため、足を高く上げすぎ、後日太ももの裏側が攣ったような痛みが出てしまいました。

ですから、無理のない姿勢で実行するようにご注意ください。




この加湿器がスゴイ!




今年の加湿器はアロンジェがおすすめ!

お部屋の上から下まで、効率的に加湿。ヒーターを使わないので音も静か。寝室にもぴったりです。

アロマオイルを使った【アロマ加湿機】にもなっちゃうし、オブジェにもなってしまうデザイン家電なんです!




PR
livedoor プロフィール
忍解析、ブログ村

↓記事内容がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ