いよいよ明日から7月、夏本番です。

今日も日中晴れましたが、さすがにこの時期は晴れると暑くなります。
暑いのは外だけでなく、室内も暑くなるので熱中症には注意。部屋の温度を下げる方法が知りたいところです。

ところで、今日の日テレ「世界一受けたい授業」の中で、節電に関連して室内の”熱だまり”という現象について特集がありました。夏は屋外の温度がさほどでもないのに、室内の温度が高くなることがあります。その原因が室内にできる”熱だまり”という現象だそうです。

それは多くは、窓辺や天井などにこもる熱のかたまりだということです。

この”熱だまり”をうまく解消できれば、室温を下げることができ、エアコンの使用も抑えられ快適に過ごすことができます。

特に窓などは日光の熱が溜まり、窓全体がかなり熱くなって部屋の温度を押し上げることになるようです。遮熱カーテンなども効果がありますが、時間が経つと熱がこもるので、窓の外に日光を反射するものを置くのがよいそうです。「よしず」などがベストで、室内への熱の侵入を大幅に減らすことができます。

また植物を窓の外に置くのもよく、緑のカーテンもお勧めだということです。

さらにエアコンの室外機も外壁にピッタリ設置されていると、壁の温度が上昇し、室内へ熱が侵入することになりますし、電力消費も多くなりますので、壁から少し離すとよいそうです。

天井の”熱だまり”には、屋根に遮熱塗料を塗る方法もあります。

また窓が一つしかないなど、室内に空気の流れを作れず熱がこもり勝ちの場合は、窓の近くに扇風機を置き、外に向けて風を送ると、上の方から外の涼しい空気が入って換気の効果があります。

夜の涼しい空気を取り入れたり、外出から戻って部屋の暑い空気を逃がすにはよい方法です。

エアコンだけでなく、緑や扇風機、自然の空気を利用して部屋の温度を下げる方法もありますので、熱中症を避け、快適な夏を過ごすようにしてください。