健康増進法ブログ

健康や病気、医学、美容やダイエットなどの情報を発信するブログです。

2012年04月

NHKスペシャル「職場を襲う新型うつ病」

ブログネタ
うつ病 症状 に参加中!

4月29日のNHKスペシャルは「職場を襲う新型うつ病」という特集でした。

ここ2,3年、うつ病の新種ともいえる「新型うつ病」という病名を耳にすることが多くなりました。自営業で会社員の経験のない私は、別世界のことのようなイメージで捉えていましたが、今回のNHKの番組で、上場企業2,000社へのアンケートで65%に新型うつ病の社員がいるという回答に驚きました。

新型うつ病とは、会社での仕事中には強い抑うつ症状が出るので、「うつ病」と診断されるが、仕事以外では活動的なので、”なまけ”と見られがちな人の場合をいいます。
精神科医によれば、新型うつ病の人は、その人の生き方と病気の症状の区別があいまいなのが特徴で、従来のうつ病は勤勉で真面目な人がなるものだが、新型はチャラチャラした人が患うことも多く、原因が本人の考え方や性格にあるため、治療は難しいということです。
つまり、その人の置かれた環境に関わらず(客観的には厳しい状況でもないのに)、本人にとっては深刻な問題に思え、抑うつ状態に陥ってしまうということのようです。

その実態とは、
・20~30代に多く、原因不明で突然に会社を休むケースがおおい。
・会社には行けないが、友人と飲み会には行けるし、海外旅行もする。休職中にはブログに毎日自分で作った料理をアップしたり、マラソン大会に出場したりといった趣味には意欲がある。
・会社の人間(上司など)が連絡を取ると、本人ではなく、母親など家族が対応に出てくる。

というもののようでした。
これに対し企業側も、「新型うつ」は若手社員の心の弱さに原因があると、自衛隊に体験入隊させて鍛えたり、私生活にまで立ち入って指導しようと、休職中の社員を家庭訪問して生活指導したりと、いろいろに対処法を模索しているようです。

番組では、評論家の江川紹子さんや、教育評論家の尾木直樹さん、精神科医、社会学者、一般視聴者などで討論形式で、この問題について意見交換を行いました。

そこで、尾木直樹さんは、新型うつの根本原因が、『教育改革による若者の考え方や行動の変化』にあると指摘していました。
どういうことかというと、90年代に始まった文科省の”新学力観”がきっかけだと言います。
得点よりも関心や意欲を重視する教育観で、単純に100点を取った者より80点でもより積極性を表現する者の方がよい評価を得るというものです。
その結果、生徒たちは他者を異様に気にするようになり、他者との比較ばかり考えるので、”自己肯定感”=自分への自信が育たなくなってしまった。
その年代に子供時代を過ごした今の若者は、自分のチカラで何かをやり遂げた経験が乏しいので、些細なことでつまづいてしまう、ということです。

さらには家庭での親子関係も背景にあるという指摘もありました。

24歳のある女性は、就職先の職場で上司にあいさつの仕方が悪いと注意されて「新型うつ病」を発症、会社を辞めました。
この女性は、子供の頃から何でも母親が先回りをして決め、母親の言うがままにするのが”いい子”だと思い込み、自分で何かを達成した経験がありませんでした。その結果、自分に自信がなく、上司に叱責されると、その相手を攻撃することで自分を守るしかありませんでした。
母親の言うとおりに生きてきたので、社会に出て、様々な価値観の人と折り合いをつけることができなかったのです。

討論に参加の精神科医は、「子供の頃は手のかからない、いい子でした」というのは大体ヤバイと言っていました。

つまり、学校では周りの目を気にし、家庭では親の言うがままにし、自分の価値観を持てないで育ったのに、就職して社会に出たら、コミュニケーション能力をかつてないほどに要求される時代だという、大きなギャップがあるのです。

では、 「新型うつ」にどう対処すればいいのか?

もちろん短い時間の番組で結論は出ませんでしたが、企業の中には、うつ病を患った若者もその人の適性のあるポジションで採用しようとするところが現れ始めました。
番組では、そういうIT企業を紹介していました。

うつ病を生まない社会を作るには、自己肯定感が職場から得られるようにすれば、仕事自体がうつ病の薬になるという点を指摘していました。さらに、横一線で出世を目指す競争原理の会社組織ではなく、自分に合った仕事を続けられるような職場の仕組み作りも必要だと、締めくくっていました。

もう大分前から”価値観の多様化”ということが言われて来ましたが、今の若者はその多様化に対応できないような環境の中で育てられてきて、社会に出て戸惑いを覚えている現状があるように思えました。


歩行・運動時の足の痛みに、踵のサポーター

ブログネタ
手、足、肩、腰のつらい症状 に参加中!

陽気がよくなって、運動しやすい季節になりました。

ウォーキング、ランニング、マラソン、ゴルフ、など様々なスポーツを楽しむのはいいですが、踵や足首、アキレス腱など足の痛みに悩んでいる人が結構多いらしいですね。

そうしたスポーツ時の足の痛みの原因はいろいろでしょうが、腰から踵までの骨格のラインがゆがんでいる場合もあるようです。

歩いたり走ったりでは、踵から着地しますので、踵が傾いていたりすると、着地時の衝撃が膝や腰に悪い形でダメージを与える可能性があります。

やがては、身体全体に悪影響を及ぼしかねません。

同様のことは、運動時だけでなく日常の歩行の際にも言えるでしょう。

普段歩くときに足の痛みがある人、疲れやすい人は、足首周りのゆがみやズレがあるかもしれません。

私も軽い腰痛があり、足首やアキレス腱あたりを揉んでみると、痛い場所が結構ありますので、たぶん踵から腰へかけて歪みがあると思っています。


そうした足の痛みがある人によいサポーターを見つけました。

「マウントシェル」というフットサポーターで、踵部分をすっぽり覆うように装着します。
足のくるぶしから腰までの身体の支軸が自然に形成され、自然に正常な歩行が可能になるそうです。

オリンピック選手も足首の障害の予防にこのサポーターを使っています。

価格は約4,000円と高めですが、身体のバランスを整え、能力を向上させられるのなら、高くはない投資かもしれませんね。

ネット通販でも購入できますので、「マウントシェル」で検索してみてはどうでしょう。


テレビ東京「WBS」、患者にやさしい腰痛治療

ブログネタ
腰痛 ひざ痛 肩こり 関節痛 に参加中!

4月27日のテレビ東京の深夜の経済ニュース番組「WBS」の中で、”患者にやさしい腰痛治療”という特集コーナーがありました。

整形外科での腰痛治療は、医療技術の進歩で、手術が必要な重度の腰痛でも、より身体的侵襲の少ない方法が次々に登場してきているようです。

椎間板ヘルニア(埼玉県・三芳町、三芳野病院)
最新の内視鏡での椎間板の摘出手術
が紹介されました。最新の内視鏡は、直径が8ミリ、カメラ部分はわずか2ミリという細さです。従来の内視鏡は太かったために、椎間板を摘出する際は、腰骨の一部を切除する必要がありましたが、最新のものは細いため、腰椎と腰椎のすき間に挿入して椎間板を摘出できるようになりました。

このため入院期間が1週間だったのが、わずか1泊2日に短縮されました。今後はこの内視鏡での手術が日本でも一般化されるだろうということです。


腰椎分離すべり症(東京都練馬区、練馬総合病院)
腰椎分離すべり症とは、背骨が疲労骨折などで前後にずれてしまう状態のことです。
この病気で登場した40歳男性は、200~300メートルを歩くのがやっとの状態でした。

最新の手術は、「MISt(ミスト)」という手術方法で、内視鏡で椎間板を取り替えるものです。従来、分離すべり症の手術は、腰部を15センチほど切開していましたが、この方法では、3センチの穴を開けるだけで済みます。

悪くなった椎間板を取り除き、ケージという金属片をはめて固定します。
入院期間は2週間必要だったのが、「MISt(ミスト)」により4,5日間に短縮されました。


慢性腰痛(愛知医科大学)
なかなか回復困難な慢性腰痛の原因の一つが「過去の腰痛を思い出すこと」にあると分かってきました。それは、腰痛を引き起こすシーンの絵を見ると、慢性腰痛の人は腰に痛みを覚えるという実験結果から、脳の活動状況を解析して判明してきました。

そこで、そのような悪いイメージを思い出す脳の活動を改善するトレーニングの研究が進んでいるそうです。


「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

ブログネタ
こんな現象大丈夫? に参加中!

4月25日のNHK「ためしてガッテン」は、”痛ッ!<足がつる>に隠れた危険な病とは?”という”こむら返り”の特集でした。

よく夜寝ている時に足がつる”こむら返り”は、成人の3割の人で月に1回以上は起こっているそうです。

単なる”足のつれ”なら痛いだけで済みますが、こむら返りの中には命にかかわる危険な病気の前兆である場合があるので、注意が必要だというのが、今回の「ためしてガッテン」の趣旨のようです。

脚を切断したり、脳卒中や心筋梗塞の前触れだったりすることがあるのです。

また、”こむら返り”がそういった危険な病気かどうか、自宅で簡単に見分けられるテスト法も紹介しました。

こむら返りとは、筋肉(主にふくらはぎ)の一部が本人の意志に反して収縮し続けている状態のことですが、では、一体何故足がつるのか?

[こむら返りの原因]

番組で、足がつりそうな状況を再現して、こむら返りが本当に起こるかを実験しました。
「冷え」(冷水の浴槽に30分浸かる)、「運動」(2時間の自転車こぎ)、「脱水」(サウナに3時間)の3つの足にとっての悪条件の後で、うつ伏せで膝を曲げて”こむら返り”を起こしやすい体勢にしたところ、すべてで”こむら返り”は起こりました。

要するに、足の悪条件+ふくらはぎの筋肉の収縮で、足はつりやすいと分かりました。

これは、医学的(生理学的)には、ふくらはぎ部分の筋紡錘と腱紡錘という組織の働きのアンバランスで、ふくらはぎの筋肉が勝手に収縮してしまうということのようです。

夜間の就寝中に起こりやすいのは、腱紡錘(アキレス腱中にあって、ふくらはぎの筋肉が収縮しないように指令をだす)は長時間刺激がないと働かなくなるため、夢だとか寝返りだとかで、ふくらはぎの筋肉が収縮すると、ブレーキが利かなくなって”足がつる”ということのようでした。

番組では、通常のこむら返りの説明はこれまでで、予防法とか起こった際の治し方とかには触れませんでした。ですから、”こむら返り”を予防するには、足に悪条件を溜めないようにすることになるのでしょう。

スポンサーリンク

[危険なこむら返り]

さて、次に「危険なこむら返りとは?」ですが、それは『閉塞性動脈硬化症』という病気によって起こる「こむら返り」でした。

『閉塞性動脈硬化症』は現在700万人の患者がいるそうで、脳卒中や心筋梗塞にも繋がる怖い病気なので、この病気のこむら返りは命に関わる場合があるということなのです。

『閉塞性動脈硬化症』は、下腹部の奥あたりで両脚に別れる太い動脈が硬化して詰り、下肢に血液が流れにくくなる病気で、最悪は切断になることもあります。

そういう状態が脳で起これば脳卒中、心臓なら心筋梗塞になります。

『閉塞性動脈硬化症』の症状は、片方の足がつる(痛む)、歩くと(100メートルとか比較的短い距離のことが多いと思います)足が痛くなったりつったりするが、休むとまた歩けるようになる、というものが多いようです。

血液の流れが悪くなっているので、足に触れば冷たいし、内股、内くるぶし、足の甲などの動脈の脈も健康な方に比べ弱いか、触れないでしょう。

この『閉塞性動脈硬化症』かどうかを見分ける簡単な方法として、仰向けに寝て両脚を斜め45度くらいに上げ(支えてもらってよい)、そのまま足首を曲げたり伸ばしたりを何度か繰り返します。そうして、どちらかの足が蒼白になれば、そちら側の動脈硬化が疑われるということになります。

治療法は、手術で詰った血管のバイパスを作るのが通常らしいですが、最近は手術なしで簡単に治す画期的な方法が行われているそうです。

それは、「1分あるいて3分休む散歩」です。これを1日に10回、週に3回行うと、早い人では3週間で詰った動脈の近くに新たな血管ができるということです。8~9割の人に新しい血管ができます。

但し、重症例では手術になるということでした。

とにかく、短期間に頻回に(たびたび)こむら返りが起こる場合は、病院で診察を受ける方が安全だそうです。

>>> 就寝中のこむら返り対策


◆参考サイト
こむら返り、予防はこうする!

PS.
TBSテレビ「スゴ腕の専門外来SP」(h24,12,20放送)の中でも、”こむら返り”の治療が紹介されましたが、その原因に下肢静脈瘤があるということで、上の記事内容と特に異なった内容はありませんでした。
ただ、下肢静脈瘤の専門外来として、東京・御茶ノ水「お茶の水血管外科クリニック・下肢静脈瘤センター」という専門外来が紹介されていました。ご参考までに。
---------------------------------------------------------------
↓スポンサード・リンク

「たけしの家庭の医学」、第三の脂肪を大解明

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!

4月24日のテレ朝「たけしの家庭の医学」は、”太ってなくても要注意、<第三の脂肪>大解明”という特集でした。

医学監修は、順天堂大学・内分泌内科の田村好史準教授です。

最近、テレビの健康番組のあちこちで聞く「第三の脂肪」とは何か?

今回の「たけしの家庭の医学」でも、それを取り上げることになりました。

そもそも体内に溜まる脂肪は、これまで皮下脂肪と内臓脂肪が指摘され、悪玉にされてきましたが、最近はそれに次ぐ「第三の脂肪」がクローズアップされてきました。

この「第三の脂肪」は、量は少ないが身体には悪影響を与え、様々な病気、特に糖尿病の原因となるそうです。糖尿病では、血糖値を上げる最大の原因ではないかと見られているとか。

番組で40~50代の男女5人を調査したところ、3人が「第三の脂肪」の基準値をオーバーし、レッドカルテとなりました。1人(男性)は血糖値もオーバー、他の2人はインスリンの機能低下の状態でした。この3人は若い頃はスポーツマンでしたが、現在は殆どしていません
でした。

さて、肝心の「第三の脂肪とは何か?」ですが、それは、”筋肉の中に溜まった脂肪”です。

脂肪分は食事の度に筋肉内にも溜まり、筋肉が使われると消費され、また食事で補給されるサイクルを繰り返しますが、運動をあまりしないと脂肪はどんどん筋肉内に溜め込まれていくことになり、これが「第三の脂肪」となります。

運動すると真っ先に使われるのが、筋肉内の脂肪で、それに続いて内臓脂肪や皮下脂肪が使われていくメカニズムとなっています。

この「第三の脂肪」が増えると、筋肉の中に血中から糖分が取り込まれるのがブロックされ、その結果血中に糖分が溜まってしまうことになります。だから糖尿病のリスクが高まるということですね。

さらに運動不足だと筋肉の質も低下(酸素を使った脂肪燃焼の低下)するので、これが「第三の脂肪」が溜まりやすくなる原因となります。

結論として、運動不足と筋肉の質の低下が「第三の脂肪」が増える原因だということです。

では、どうしたら「第三の脂肪」を減らせるかということですが、それはズバリ”運動する”ということです。

問題はどの程度の運動量が必要かということですが、上の40代50代男女の例で、40代専業主婦は1日中家事に専念していながら、消費カロリーは195kcal(歩行は7000歩)で大幅に足らず、40代男性サラリーマン(営業)も244kcal(歩数8000歩)で足りませんでした。

この運動量については、厚労省が1日に1万歩というガイドラインを推奨していますが、実は体重により1日に必要な消費カロリー(運動量)は違うため、個々人で必要な運動量は異なります。

そこで番組では、自分に必要な運動量がわかる公式を紹介してくれました。

それは、『体重×5,25=1日に必要な消費カロリー(運動量)』です。

上の専業主婦の場合、体重が66,7kgなので、66、7×5,25=350kcalの運動が必要だということになります。

これを目安に運動を心がければ、「第三の脂肪」を減らし、糖尿病などの病気のリスクを下げられることになります。

さらに、”たった3日で「第三の脂肪」が激減する運動の方法”も伝授しました。

①歩幅アップウォーキング
②家事スクワット

です。

①はこれまでより10~20センチ歩幅をアップし、胸を張って正面を見て歩く。
②は家事をする際に、しゃがんで立っての動作を頻繁に取り入れる。洗濯物を干す場合は、洗濯物を床に置き、自分は椅子に座って、一つずつ立ち上がって干し、座る、また立ち上がって干し、座る。これを色々な家事に取り入れます。

こうした工夫で、上の男女とも消費カロリーが増え、3日後には「第三の脂肪」の基準値をクリアできていました。


今回の「たけしの家庭の医学」は、”脂肪は筋肉にも溜まり、それは外から見えないので、太っていなくとも運動不足だと筋肉の質の低下で脂肪が溜まる危険がある。しかし、一定量の運動で簡単に「第三の脂肪」は減らせる”というものでした。

わりと単純な内容でしたが、実行は難しい「日々の運動」です。

身に覚えのある人は、後で泣かないように頑張りましょうね。


就寝中のこむら返り対策




↑↑
明け方に「こむら返り」を起こしやすい人は、ふくらはぎの血行が悪くなっています!




PR
プロフィール

webrich2

忍解析、ブログ村

↓記事内容がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ