健康増進法ブログ

健康や病気、医学、美容やダイエットなどの情報を発信するブログです。

2013年02月

「あさイチ」、脂漏性皮膚炎でフケ・かゆみ

ブログネタ
健康雑学 に参加中!

あさイチ」(NHK、2月26日)の”40代からの頭皮ケア、フケ・かゆみ撃退”特集の中で、『脂漏性皮膚炎』についての解説があったので、ちょっと書いてみます。

頭皮が脂漏性皮膚炎の状態だと、フケやかゆみの原因になるということです。自分がその状態だと気づいていない人も多いのだとか。

『脂漏性皮膚炎』とは、ストレス・睡眠不足・食生活・体質などで皮脂のバランスが崩れて分泌が多くなり、それが皮膚表面で酸化して炎症を起こした状態です。頭皮だけでなく、身体の他の部位でも起こります。頭皮の場合、かゆみ、荒れてカサつき、悪化するとターンオーバーが早まり、フケとなって剥がれ落ちるようになります。

脂漏性皮膚炎には、肌質により、脂性肌と乾燥肌があり、出るフケの性状もことなります。脂性のフケは大きいのに対し、乾燥肌タイプは細かくサラサラしたフケです。

毎日洗髪していてもフケが出る人は、脂漏性皮膚炎の可能性大です。

対策としては、冬場の乾燥時期はシャンプーは1日おきくらいにする(特に40代以降)。毎日洗っていると頭皮が乾燥して返って皮脂の分泌が増えてしまいます。どうしても毎日でないと気持ち悪い人は、弱めのシャンプーと通常のシャンプーを毎日交互に使うなどの工夫を。

他の対策として、食生活など生活の不摂生を見直す、頭皮のスキンケアはソフトにする、などです。

食生活に関しては、青魚の油、緑黄色野菜などがよく、サラダ油、アルコール、カフェイン、辛いものなど刺激物は控えめにすることです。オリーブ油はお勧めだそうです。

さらに、脂漏性皮膚炎は、背中の中心部、脇の下、胸の中心部、顔では鼻の両脇や額の眉間の当たりもなるそうです。顔が脂っぽいのにツッパるのはこれだそうです。

要するに、生活全体の不摂生と無理なスキンケアが原因のようですので、それらを見直すことが改善のために効果的だということでしょう。

あさイチ、フケ・かゆみ撃退法(40代からの頭皮ケア)

ブログネタ
髪の悩み に参加中!

NHK「あさイチ」(2月26日)で、”40代からの頭皮ケア、フケ・かゆみ撃退”という特集がありました。

冬の乾燥は頭皮にも大敵で、乾燥によるトラブルが起こりがちになるそうです。女性の場合、40代では頭皮の皮脂分泌は20代の半分に落ちています。それでも夏と同じように毎日洗髪していると、頭皮がカサカサになってしまいます。さらに間違ったケアで、皮脂が増え、脂でペタペタの頭皮になることにも・・・。

40代では、冬の乾燥の時期は洗髪は毎日では洗いすぎのようです。

番組では、まずフケ・かゆみなど30代の頭皮に悩みを抱える女性が登場、カサカサの頭皮が剥がれてフケが多く、また頭皮が赤くなって炎症もありました。普段のシャンプーの仕方を見せてもらうと、爪を立ててゴシゴシと強く頭皮を洗っていました。

これは頭皮の洗いすぎによるトラブルのようで、頭皮も基本は顔を洗うのと同じ程度にやさしく洗えばよいということでした。


●フケ・かゆみの対処法

頭皮に油をつけるのがよい。フケは頭皮(角質)が乾いてめくれ、剥がれて出来るもの。頭皮に潤いを与えて油のベールを作れば、めくれにくくなります。その油は「椿油」がお勧めだそうです。オリーブ油(肌ケア用)でもOK.

注意点として、洗髪して24時間後には髪がベタッとなる人は脂性なので、使わないこと。頭皮の荒れが酷い人も同じ。

(椿油での頭皮ケアの方法)
・手の平に水を少量入れて、その上に椿油を数滴垂らす。
・手で混ぜながら温める。
・頭皮全体に指先で馴染ませながら、マッサージして揉みこむ。
・頭にタオルを巻いて10分おく。
・以上は、洗髪してタオルドライの後に行うのがよい。その後にドライヤーで乾かす。


●洗髪の極意(洗髪&ドライヤーの新常識)

洗髪は、お湯で流すだけで(予備洗い)で汚れの80%は落ちるそうです。
・予備洗いは2~3分かけて丁寧にする。
・予備洗いはシャワーヘッドを持ち、後頭部から流す。
・その際、頭から5cm離して、垂直に湯を当て、水圧で汚れを落とす。
・さらに指の腹で頭皮にお湯を行き渡らせるように軽く揉むようにする。
・シャンプー剤は、500円玉程度を手の平でしっかりあわ立てて、後頭部から優しく洗う。
・頭頂部は紫外線を浴びて弱っているので、優しく洗うこと。
・すすぎは、後頭部からシャワーヘッドを頭皮に近づけて、しっかりとシャンプー剤を落とす。
シャンプーの時間の倍をかけて流すように。

(ドライヤーの使い方)
髪はしっかり乾かすことが大事。
・後頭部から乾かす。頭から10~15センチドライヤーを離し、斜めから風を当てる。
・髪の根元から1センチくらい上を狙ってドライヤーを当てる。
・風は強く、熱は弱く、という要領で。頭皮には熱い風を当てすぎない。


他に「脂漏性皮膚炎」についても注意がありましたが、それは別ページで紹介します。


◆参考情報
アルガンK2シャンプーのスカルプケア




しびれに潜む怖い病、「主治医の見つかる診療所」

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!

しびれに潜む怖い病 / 早期発見の方法”という特集が、「主治医の見つかる診療所」(テレビ東京、2月25日)でありました。

手や足の”しびれ”は、番組の街頭インタビューで6割の人が経験していましたが、そのうちすぐに病院に行く人は少なく、8割の人がそのまま放置しているという調査結果がでました。

もちろん、病院へ行かなくとも大丈夫な軽いしびれもありますが、中には放置すると、寝たきりや突然死につながる危険な”しびれ”もあります。

そこで今回の「主治医の見つかる診療所」では、そうした危険な信号としてのしびれを特集し、”しびれのSOSサインを見逃すな”という内容の番組になりました。

まずは、命の危機に関わるしびれから。
●脳梗塞だった”しびれ”

【症例】発症時71歳男性。
スーパーのレジでお金を出す時、財布に入れた左指先の感覚がおかしくなり、10円、1円の感覚が分からなくなった。親指、人差し指、中指にしびれがあり、その後も物を落としやすくなり、唇と舌の左半分もしびれるようになった。病院へ行くと、「脳梗塞」と診断された。

この男性は、1日に50本のタバコと大量の飲酒、高血圧などがあり、脳梗塞の原因となったと思われた。幸に軽い症状だったので、手術せず、薬と食事療法で回復した。

しびれの原因が脳にあるかどうか(脳梗塞など)の見分け方として、
・左右どちらか片方がしびれる
・これまでに感じたことのないしびれが長く続く
といった特徴があり、さらに脳に原因があるかどうかの以下のチェック法を紹介していました。

[バレーサイン]
肩の高さに両手を前に出し、手の平を上に向け、目を閉じる。その状態で10秒間保てれば、異常なし。脳に何らかの病変があると、片方の手が下がってしまったり、手の平が横を向いてしまう。

[継ぎ足し歩行]
左足のつま先に右足の踵を付け、次に右足のつま先に左足の踵を付ける、という風に左右の足のいつま先と踵を付けながら一直線に歩けるかを見るテスト法。大きくバランスを崩す場合は、小脳に病変がある可能性がある。

次に女性に多い手のしびれで、
●手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)

【症例】発症時63歳女性
夕食の支度中に、右手の親指・人差し指・中指・薬指の4本の指にしびれを感じた。2,3分すると収まったが、その後も続き、数ヵ月後には手首あたりまでしびれを感じるようになった。
1年後には布巾が絞れず、洗濯バサミもつまめなくなり、その半年後にようやく病院へ。

診断は、『手根管症候群』。
これは、手首の中央辺りを通る「正中神経」が靭帯が厚くなったりしたために圧迫され、そこから先の指にしびれを生ずる病気。正中神経は、親指から薬指の半分までを支配するので、それらの指にしびれが出る。進行すると、親指の付け根の筋肉が萎縮し(痩せ)、物がもてなくなったり、ボタンが留められない、ペットボトルのキャップが開けられない、指でOKサインを作れない、などの症状が出るようになります。

40歳過ぎの女性に多く、原因は女性ホルモンの影響、手をよく使う家事のため、などといわれています。

この女性は、手術で手首の靭帯を切開して神経の圧迫を取り、治りました。

手根管症候群の早期発見テストとして、
[ファーレンテスト]
胸の前で合掌するポーズで、手の平でなく、手の甲を合わせる(手先は下を向く)。その際、手は肩と同じ高さにする。その姿勢で20秒間して、しびれが出なければOK。


足の切断の危機がある、
●動脈硬化のしびれ

【症例】発症時73歳男性
歩くと左足のふくらはぎがしびれるようになったが、5~6分休むと回復していた。
しかし、だんだんしびれの間隔が短くなり、しびれも強くなっていった。ある日、激しいしびれと痛みで歩けなくなり、異常な足の冷たさも感じた。
病院へ行くと、『閉塞性動脈硬化症』と診断された。

これは、悪い生活習慣などが原因で、コレステロールなどで足の動脈が詰まってしまう病気で、最悪の場合、足の切断の危険もあります。また足の動脈が詰まるほどであれば、全身の血管も同様に悪くなっていて、脳や心臓で詰まれば死に至る危険もある状態の場合が多いということです。

この男性は、左の太ももの動脈が詰まっていて、動脈の中に金属製の管を入れる手術をし、しびれや痛みから回復しました。

閉塞性動脈硬化症のしびれは、正座の時のしびれに似ているのが特徴だそうです。また、全身状態も悪く、5年後の死亡率は25%にもなるので、直ちに全身的な治療が必要になるということでした。

足のしびれが動脈硬化によるものかのテスト法は、
[左右の足の脈を比較]
足の甲の、親指と次指の間を5センチ上がった当たりに脈が触れる部分があります。そこの脈を確認し、左右差を調べる方法です。どちらかが著しく弱ければ、どこかで動脈が詰まっている可能性があるわけです。

しかし、何の症状もない場合は、脈の触れ方に左右差があっても問題ないと思います。動脈の形状には個人差が結構あるからです。ハッキリとしびれ・痛み・冷感などを伴う場合は、注意が必要ということでしょう。

糖尿病や肥満を予防する奇跡の糖「プシコース」(NHKサイエンス・ゼロ)

ブログネタ
食べ物で病気予防 に参加中!

NHK・Eテレ「サイエンス・ゼロ」(2月24日、深夜)で、”奇跡の糖が人類を救う”という特集がありました。

先日、香川県の片田舎の某廃校で、「国際希少糖学会」というものが開かれ、今ある種の糖が研究され、注目されています。

その糖とは、『プシコース』といい、地球上に自然にわずかしか存在しない”希少糖”と言われる種類の糖です。

この『プシコース』は、特異な性質があり、甘い糖質でありながら、糖尿病や肥満を予防できる可能性のある糖だということです。研究次第で今後、人類にとって病気予防や健康面で多大な貢献をする糖かもしれません。まさに”奇跡の糖”といわれる所以です。

すでに白い粉状に人工的に作ることには成功していて、香川県内では、「希少糖」とい名称を使ってクッキーなど甘いお菓子として製品化され、一般の人でも購入できるようです。

プシコースの作用の実験として、ラットを使ったものでは、普通の水とプシコース入りの水を与えた2匹ラットでは、プシコースの方はただの水のラットより、食後の血糖値の上昇が20%も低かった結果がでており、3ヶ月続けると、内臓脂肪の蓄積が30%も抑制された結果が出ています。

人間での同様の実験では、ブドウ糖だけを飲んだ場合に比べ、プシコースを加えたものでは、血糖の上昇が25%も抑えられたそうです。

このプシコースは、ブドウ糖と化学式は全く同じですが、形がほんの少しだけ異なっており、腸で本来ブドウ糖の吸収に関連するレセプターにはまり、ブドウ糖が吸収されるのを邪魔する働きをします。それで食後の血糖の上昇を抑え、カロリー摂取も抑えられる仕組みです。

太古の地球には、元々50種類以上もの糖が存在したそうですが、その後淘汰が繰り返し行われ、現在ではブドウ糖が99,9%を占め、プシコースは0,001%しか存在しません。

そのプシコースが研究されるようになったのは、「イズモリング」という異なった糖の組み合わせで自由に糖を作り出せる設計図が発見(発明?)されたからで、バイオ技術の進化によるもののようでした。

現在、プシコースは1gが1万円と非常に高価な物質ですが、今後は培養方法の改良などで、生産量も増えていってくれることを願いたいものです(番組では将来的な見通しには触れませんでした)。

また『アロース』という糖質も研究がされていて、こちらはガン細胞の増殖を抑えたり、活性酸素を抑制したり、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の進行を止めたりと、病気の進行を遅らせる働きが注目されているようでした。

これら新種の糖質の研究で、数年後には夢のような健康食品が誕生しているかも知れませんね。

疲れやすい身体に効果的な本

ブログネタ
やってみたい健康法 に参加中!

最近、目・耳・口・鼻といった五感を司る感覚器官と健康の関連について書かれた健康本がいくつか目に付きました。

その中で特に興味を引いたのが、『疲れない身体をいっきに手に入れる本』(藤本靖著、さくら舎、1,470円)。

いわゆるボディワークという、一定の身体の動作で緊張を解いたり、歪みを修正したりする健康法の一種のようです。

それが、目・耳・口・鼻のちょっとした使い方で、疲れを初め、首・肩の凝りや腰痛、眼精疲労、緊張感、など身体の不調を解消できるというのが本書です。

どうも身体に不調がある時は、五感の感覚器官もおかしくなっているようですね。それらを正常化することで、いわば身体の末端から中心部へ正常な信号を送るような感じでしょうか。

私も漢方の知識が多少ありますが、東洋医学の経絡という気の流れのルートも、各感覚器官に連絡があり体の各部と密接な関係を保っています。特に耳には全身に影響を及ぼすツボが分布していて、治療に使われる場合もあります。

本書でも、耳を引っ張ると、上半身の不調によいということが書かれているらしいです。

本書でボディワークを実行した人は、割りと早くその効果を実感しているようです。
「アマゾン」でのレビューが参考になります。

このボディワークをマスターすると、一生ものの自分なりの健康法とすることができるかもしれません。

就寝中のこむら返り対策




↑↑
明け方に「こむら返り」を起こしやすい人は、ふくらはぎの血行が悪くなっています!




PR
プロフィール

webrich2

忍解析、ブログ村

↓記事内容がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ