今年の冬は例年に増して、インフルエンザが猛威を振るっているそうで、まだ当分の間は油断できそうにありません。

各地の老人ホームなどでは集団感染が相次ぎ、死者が出る例も出ていますね。


ところで、インフルエンザの予防法といえば、手洗いと「うがい」が常識です。

手洗いについては、正しい洗い方が割合よく伝えられえていますが、うがいの場合は意外と”正しいうがいの方法”は知られていない気がします。


そこで先日、日テレの朝の情報番組で、うがいの正しい方法を紹介していましたので、ここで書いてみます。

1、まず、口の中に適量の水を含み、クチュクチュとやって、そのまま吐き出す。これは最初に口の中の雑菌・ウィルスなどを外に出し、口腔内をキレイにするため。

2、次にまた水を含み、上を向いて喉の奥に水を入れて約15秒間、ガラガラとやる。

3、吐き出したら、もう1回、15秒間同じようにガラガラとうがいする。

以上は、製薬会社のサイトなどで紹介されている方法らしいです。


いきなり喉の奥に水を入れてガラガラやるのは、口の中の細菌やウィルスが体内に入る恐れがあるようですね。

この方法は理にかなったやり方だと思います。


私も、起床後と外出後は、手洗いとうがいを小まめにやっていますが、まず手を洗った後に、唇の内側の粘膜部分を指でぐるりとぬぐってから、うがいをするようにしています。

誰に教わったわけでもありませんが、この方が効果があると思って実行していました。


考えてみると、正しかった方法のようでした。

そのためか、風邪らしい風邪はもう何年も引いていません。

よろしかったら、実行してみてください。