健康増進法ブログ

健康や病気、医学、美容やダイエットなどの情報を発信するブログです。

2015年12月

冬の腰痛(重い、鈍痛)は、肩・背中の凝りも疑おう

今回は”冬の腰痛”について、その特徴というか、ひとつのパターンをご紹介します。


私の母は現在83歳ですが、ほぼ健康体なものの、時々は腰痛=腰のあたりの重だるさを訴えることがあります。

背中も丸まってきているので、たぶん胸椎から腰椎にかけて骨もつぶれている箇所があり、周辺の筋肉に負担もかかるからでしょう。


そんな母が、昨日の夕方に、「腰が重だるくて、痛い」と言い出しました。

腰痛になるような思い当たる原因もなく、ここ数日気温の差が大きかったので、”体に負担がかかったからかな”と思い、チェックしてみました。

本人は骨盤あたりに痛み=だるさを訴えますが、フィンガーテスト(FT法)で気の変化を調べると、骨盤あたりには特に異常はありませんでした。

そこで、範囲を広げてチェックすると、胸椎の9、10番目あたりの高さの左側の背中に少し異常がありました。


本人にそこら辺の異常を尋ねると、自覚はないようでした。

これは、背中のその部分の凝りかもしれないと、ピンときたので、とりあえずホッカイロを下着の上から当ててもらいました。


そして、夜11時頃の就寝時間前に再度腰の調子を聞くと、「ホッカイロを貼ってから、痛みは軽くなったよ」と安心した様子でした。

そして、今朝は、「昨日より大分調子はよくなった」と言っていました。午後には日課の散歩もほぼいつもどおりのコースを歩けました。


以上から、冬は寒さや行動量の低下から、肩や背中に自覚しないコリがあることがあり、それが遠因となって腰周りの筋肉に負担がかかり、腰痛になる可能性もあるでしょう。


ですから、冬の腰痛の場合、対処しても痛みが変わらず、ポイントがなんとなくハッキリしない時は、肩・背中の凝りがないかをチェックしてみるのも一つの解決法かと思います。




冷え性の体を温める効果の高い最も簡単・手軽な飲み物は?

今年は暖冬と言われていますが、12月ともなるとさすがに寒さが身にしみてきますね。

冷え性の人には辛い季節ですが、先日テレビの某番組で、体の冷え温める効果が高い最も手軽な飲み物を見かけたので、ご紹介しましょう。


それは意外にも、ありふれた、ただの「レモンティー」でした。


あるお笑いタレントが、零下30度の冷凍倉庫に出入りしながら、冷え切った体を即効で温めてくれる飲み物は何かを実験した結果ですが、ウォッカやカプサイシンで有名な唐辛子系のものは体の一部を短時間温めるだけに過ぎず、ジワジワと体全体を長時間に渡って温めてくれたのは、「レモンティー」でした。

手足の先まで温める効果がありました。

紅茶は大したものですね。

生姜汁を絞った飲み物も、効果的に体を温めてくれましたが、レモンティーなら飲み易く特に冷え性の多い女性には向いている飲み物でしょう。



その番組では、生姜との相乗効果を狙ってレモンティーに生姜汁とハチミツをプラスすると、さらに体を温める効果が高いことを確認していました。

生姜汁だとエグ味があって苦手という方は、しょうがクッキーなど食べながらレモンティーを飲むといいかもしれません。


私も軽い冷え性で、冬場は足先がよく冷たくなったりします。コーヒー党なんですが、この冬は紅茶も試してみようかと思っています。

紅茶も飲みつければ、美味しいですからね。



ためしてガッテン、新型ノロウィルスの予防には「柿渋」

12月9日のNHK「ためしてガッテン」で、新型ノロウィルスの特集をやっていました。

このノロウィルスは、現在のところ、治療薬や予防ワクチンなどなく、感染して発症したら、ジッと自然に(自分の免疫力で?)回復するのを待つしかないようですね。


その予防法には手洗いが最も効果的なようですが、それとともに身の回りの小まめな消毒も大事なようです。

ただ、新型のノロウィルスは普通の消毒液ではなかなか死滅しなということらしいです。

ウィルスの周りの膜が特殊で、消毒液では破壊できないそうです。


そこで何とかならないかと、広島大学の先生が研究されて発見したのが、「渋柿の汁」。
それに含まれる成分が、ノロウィルスを固まらせて不活性にしてしまうらしいです。

番組では、渋柿を煮て、おろし器ですりおろし、絞った汁をアルコール消毒液と混ぜて作る自家製の消毒液を紹介していましたが、ちょっと面倒です。

そこで、もっと簡単な方法ということで、ホームセンターなどで販売している『柿渋』という液体を紹介してくれました。

黒い色をしていて、小さめのポリ容器に入っていました。

それを消毒用のアルコールで10倍に薄めて使うと、ノロウィルス対策用の消毒液になるようです。

スプレー容器などに入れ、手や調理器具などに噴霧して使います。



ノロウィルスは、高齢者や子どもなど、体力のない人が感染すると危険ですから、こうした消毒液など有効に使って予防するといいですね。





就寝中のこむら返り対策




↑↑
明け方に「こむら返り」を起こしやすい人は、ふくらはぎの血行が悪くなっています!




PR
プロフィール

webrich2

忍解析、ブログ村

↓記事内容がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ