先日のテレビ番組(何という番組かは忘れましたが、たぶん「世界一受けたい授業」)で、”知らないと損をする栄養価の高い新食材ベスト5”というレポートがありましたので、紹介してみます。


第1位「ブロッコリースーパースプラウト
これは、ブロッコリーの新芽のことで、スルフォラファンという成分がブロッコリーの20倍も含まれているとか。これは、体内の解毒酵素や抗酸化酵素の生成を促進し、体の抗酸化力や解毒力を高める作用があります。

この食材の健康効果としては、
・発ガン抑制
・うつ病の予防
などあるそうです。

下で紹介する「グレープシードオイル」と相性がよく、スプラウトのβカロテン(強力な抗酸化作用)の吸収を助けます。


第2位「もち麦」
大麦の一種。食物繊維が多く、玄米の4倍。水溶性繊維が多いので、便秘解消によいということです。スーパーで入手可能です。

白米と1:1で炊くと、茶碗1杯でごぼう1本分の繊維が摂れます。


第3位「スピルリナ」
湖などに自生する藻の一種。たんぱく質は鶏ささみの約3倍ある。必須アミノ酸をすべて含むという高栄養価。


第4位「グレープシードオイル」
ビタミンEがオリーブオイルの4倍。抗酸化力が大きいということですね。
毎日スプーン1杯飲むと、デトックス効果もあり。スーパーでも入手可です。


第5位「ビーツ」
カブのような野菜。鉄分補給によい。高血圧の予防効果もあり。大きいスーパーなら売っているかもしれません。



1位の「ブロッコリースーパースプラウト」は、今注目の野菜ですね。普通のスーパーでも200円前後で売られています。

「かいわれ」のような外見をしています。ちょっと苦味がありますが、よく噛んでたべると吸収率が高くなるということでした。