私は現在50代後半ですが、喉の違和感(イガらっぽい感じ)やのからみ、疲れると声枯れなど、喉にまつわる違和感を10年くらい前から覚えるようになりました。

漢方的には、喉の衰えは腎機能と関連するので、腎虚=老化の図式で、「自分もだんだんと老化しているんだろな?」と、憂鬱な気分になることがありました。

また、昼寝や夜間の就寝時は口を開けて寝ていることが多くなり、目が覚めると口の中がカラカラで、これも喉に良くないでしょうし、時々は食事をすると喉のすぐ下あたりで痰が絡んだ感じがしたり、むせたりして、不快な時もあります。

夕方頃になって疲れが溜まると、声枯れが起こったりします。


これらは皆、喉のあたりの違和感と関連する気がしていたんですが、先日新聞の広告欄のある本が目に留まり、これはいいんじゃないかと思い、紹介してみることにしました。


その本とは、


ストレートなタイトルでインパクトがありますね。


キャッチコピーには、

”よくムセる、せきこむ、声がかすれる---- それ、40代から始まるのどの老化です。肺炎のサインからもしれません。 のどが若返り、寿命も10年のびる!”

とありました。


そして本書では、誰でも、いつでも、どこでも簡単にできる「のどの体操」を伝授しています。効果はバツグンで、驚くべき効果が実証済みのトレーニング法だということです。

1日たった5分の簡単な体操です。


著者の西山耕一郎医師は、もともと耳鼻咽喉科・頭頸部外科医師で、術後の誤嚥性肺炎の危険性を経験したことをきっかけに、嚥下治療を専門分野にして、30年間で約1万人の嚥下治療患者の診療を行っているそうです。

2004年から横浜で開業、「嚥下障害を専門的に治療できる名医」として、遠方から受診に訪れる患者も多いそうです。 


最後に、新聞広告に掲載されていた実践者の声(口コミ)をご紹介しておきます。

『のど体操を続けたら、食べ物がのどにつかえなくなりました。痰のからみも減って、毎日スッキリと気分が良いです』

『もともとは両親への贈り物でしたが、自分も試してみたら、かすれ声がなくなり声が大きく出るように。不思議と自信が出てきました』


自分が読んでいない本を紹介するのもなんですが、アマゾンでも1位になってますし、こころ当たりのある方は是非ご参考になさってください。