健康増進法ブログ

健康や病気、医学、美容やダイエットなどの情報を発信するブログです。

病気一般

進行した腎臓病(腎不全)でも透析を回避できる

日本人は腎臓病が多いと言われ、現在、人工透析患者数は30万人にも上るそうです(厚労省調べ)。

そして、一度腎臓を悪くして腎不全になると、一生人工透析を続けなければならないとされています。

また、かかる医者や病院によっては、本当に人工透析が必要でない段階でも透析にさせられてしまうことがあり、本当に親身に患者のためになる医療機関を選ぶことも大切だと言われています。

そういうことを私は漠然と知っていましたが、先日の新聞の書籍広告欄で、『なぜ私は人工透析を拒否してきたか』(きずな出版、リュウ・ウェイ 著 )という本を見つけ、”これは凄い本が出たな”と興味を引かれました。

メインタイトルの前には、「腎不全発症から10年」とあり、著者は10年も人工透析を回避し、腎不全のまま生活してきたという驚愕の事実があるようです。


以下、アマゾンの紹介ページから、一部引用します ↓

----------------------------------------------------
 
腎不全―
「悪くなっていくしかない」といわれる病気を発症して10年。
腎機能は現在8%。

腎不全とわかったときには、すでに病状はステージ3。
現在は、数値ではステージ5の末期ながら、「とても病気とは思えない」といわれるほど元気で、ヴァイオリニストとしての活動も続けている。

人工透析も腎臓移植も受けていない。
病気になる前と変わらない、自分らしい生活を続けるために、この10年にしてきたこととは―

----------------------------------------------------
 

本書の著者のリュウ・ウェイさんは、雑穀を食事療法の基本とされてきたそうで、そのレシピなども紹介されているようです。

腎臓が悪い方、人工透析を迫られている方には非常に参考になるのではないでしょうか?


ところで、すでに人工透析をされている方は、「もう手遅れ」と思われるでしょうが、私は透析患者さんの中にも、体調管理や代替医療などで、透析を脱することができた人もいる
という事実を知っています。

ですから、現在透析中の人でも、本書は参考になるかもしれません。
 

一読の価値はあるでしょうね。



個人で受ける健康診断の費用は1万円超え

ブログネタ
健康ナビ に参加中!

先日、某団体に加入するために健康診断書の提出が必要になり、普段かかりつけの病院(医院)で健康診断を受けました。

個人が病院や医院などで健康診断を受ける場合は、病気ではないので公的な健康保険(私の場合は国保)は使えず、全額自費負担になります。

7,8年前にも、同様に個人で健康診断を受けたことがあり、その時の費用は7,8千円でした。


今回の健康診断は、提出先作成の書式があり、そこに列挙されている項目の検査を受けることになりました。その項目は、極く一般的な検査項目で、身長・体重、視力・聴力、血圧、血液検査、検尿、胸部レントゲン、検便、医師による所見、などでした。

この中では、血液検査と検便を外部の検査機関へ委託するらしく、特に検便は私のかかりつけ医院ではめったにやらない検査なので、結果が出るまでに1週間ほど時間がかかりました。


肝心の費用ですが、今回は約1万2千円もかかりました。

診療費明細書によると、初診料が約2,800円、各種検査が約5,000円、レントゲンの画像診断料が約2,000円、診断書の文書作成費が2,160円、となっています。

検便は3,000円くらいのようです。これがなければ、1万円はかからなかったのでしょう。


私は大学受験の時、2浪していたので、保健所で健康診断を受けて受験の申し込みをしましたが、その時は2,3千円程度だったような記憶があります(大分昔のことですが)。

現在は、保健所などが一般の人を対象に健康診断をしてくれるのか不明ですが、就職や何やらで健康診断書の提出が必要になった時、何とかもっと安く済む制度があるべきだと思いますね。

特に就職の場合(アルバイトなども含む)、経済活動という意味で社会参加の一環なのですから、国保など公的医療保険で、せめて5割(半額)程度の負担で済むようにするべきでしょう。


ところで、健康診断の結果ですが、ほぼ検査結果に問題はなく、ホッとしました。

ただ、右の肺が拡張していると指摘されました。これは肺気腫などの場合で生じるそうですが、私はタバコも吸いませんし、息切れなどの自覚症状もありません。

今のところ、特に問題にはならないようでなので、一応は健康体ということになりました。


「ためしてガッテン」、ひざ痛解消の革新ワザ3連発

ブログネタ
腰痛 ひざ痛 肩こり 関節痛 に参加中!

NHKの「ためしてガッテン」(6月18日)は、”撲滅しつこいひざ痛、これが革新ワザ3連発”というタイトルの特集でした。

「ためしてガッテン」で膝痛のテーマを扱うのは、何と8年ぶりだそうで、その間に変形性膝関節症の研究の進歩や新発見、酷くなった膝関節症の新しい手術法など開発されたようで、今回は膝痛解消の3つの方法を紹介しました。

①1日6分座るだけ改善法

これは正確には、”木綿の靴下を履いて座り、足をゆっくり動かす方法”というものです。

70歳で2年前から膝痛を患っている女性は、この方法を3週間行ったところ、痛みは劇的に改善しました。他にも階段が痛くて下りられなかった高齢女性で、スタスタと降りられるようになったケースもあります。

どういうことかというと、変形膝関節症の人は、膝内部の軟骨がすり減り、その破片が周りの関節包(関節を包む袋)を刺激するのですが、8年前はそれが痛みの原因だと認識されていました。

しかし、その後の研究で、それが直接の原因ではなく、その異物を除去する物質(NF-kappa B)が過剰に活性化して炎症を広げているからだと分かってきました。
この物質の特性として、痛いからと膝を動かさなかったり、運動療法などで動かしすぎると、膝に異常が発生していると判断し、活動を強めます。その結果、炎症が起こり痛みが起きます。

そこで、ゆっくりと適度に膝を動かすと、この物質の活動が収まり、炎症も抑えられるということでした。

このメカニズムを発見したのは、順天堂大学の黒澤教授です。

そして、そのゆっくり膝を動かす運動には、木綿の靴下を履いて足を滑らせるのが最適だということです。


以下、その運動法を紹介すると、

【足のスライド運動】

木綿の靴下を履いて、椅子に座るか、床に仰向けに寝る。

そして、5秒に1往復程度のゆっくりした速さで、足を床につけたまま前後に滑らせます。

これを10往復を1セットにして、朝・晩2セットずつ行います。1日に3回行ってもいいそうです。

おおよそ3週間くらいで効果が出てくるようです。


②痛み解消スイッチ

これは、膝の痛みが「変形性膝関節症」ではない場合の痛み解消法です。膝のある部分を押すと痛みが改善する、いわばスイッチがあるということです。

66歳のある女性は、階段の上り下りができないなど、10年来の膝痛で悩んでいました。
ある病院で「変形性膝関節症」と言われ、運動療法を一生懸命しましたが、結局治りませんでした。そこで別の病院を訪ねると、その痛みは「膝のコリ」だといわれたそうです。

どういうことかというと、膝は大きなチカラのかかる部分なので、膝周囲の筋肉や靭帯は疲労を起こしやすく、”凝り(コリ)”が発生します。そのコリが痛みの原因になる場合があるのです。

主に膝のお皿の周りの筋肉・靭帯が問題となります。

つまり膝のコリをほぐせば、膝痛は解消します。そのほぐすポイントが「スイッチ」だということですね。


【お皿ストレッチ】

・床に足を伸ばして座ります。そして、膝のお皿が動くことを確認します。
・お皿を上下左右斜めに動かして、押してみます(割りと強めに)。
・その中で、痛む方向があると、それがコリです。
・痛む方向を重点的に押すようにします。
・1回3分、朝晩2回くらい行います。


このストレッチ法で、膝痛が劇的に改善し、痛くて正座できなかった人ができるようになることもあるようです。

ただし、炎症がある人、怪我のある人はNGです。また、「変形性膝関節症」でない場合の方法ですので、その点の確認も必要でしょう。



③魔法のブロック(膝の手術)

これについては、手術が必要になる程悪化している場合の話なので、詳細は割愛させていただきます。

簡単に言うと、膝下の骨に三角形の小さなブロックを楔(くさび)のように入れて、0脚を改善させる手術で、『高位頚骨骨切術』という方法です。

従来の人工関節置換手術より、術後の活動(動作)の自由度が増すメリットがあります。

現在、全国で30箇所の病院で手術可能だということでした。




「駆け込みドクター/突然死を防げSP」(4/13)、痩せた人の内臓脂肪が危険

ブログネタ
食べ物で病気予防 に参加中!

4月13日のTBSテレビ「駆け込みドクター」は、”突然死を防げSP”という特番でした。

その中で、痩せた人でも内臓脂肪が溜まり、突然死(=心筋梗塞)につながる場合があるという、ちょっと驚く内容の話がありました。

その怖い内臓脂肪とは、『異所性脂肪』というものです。番組ではこれを”エイリアン脂肪”と言ってましたね。


どういうことかというと、痩せている人の場合、元々脂肪細胞が少なく、体内の皮下など脂肪を溜められる空間は肥満の人に比べ小さいそうです。

そのため、脂肪が多くなると、本来脂肪細胞のない場所にまで脂肪が蓄積することがあるとか。

それが「異所性」ということで、最近は心臓の周りに脂肪が付くケースがあることが分かってきたということです。


心臓の周りに脂肪が付くと、「炎症性サイトカイン」という有害物質が発生し、心臓の血管を傷つけ、血管が狭くなってしまいます。その結果、心筋梗塞が起こり、突然死のリスクとなるわけです。

とくに注意すべきは、昔は痩せていたのに、急に太りだした人。脂肪の行き場がなくなり、心臓の周りに付いているかもしれませんよ。


では、どうすれば心筋梗塞から突然死になるのを防げるのか、その予防法ですが、一つ安心なのは、この内臓脂肪は、”付きやすいが取れやすい”ということ。

運動や食生活の改善で短期間に減らせてしまうそうです。
たった数日で取れてしまうこともあるとか。

対策としては、
・1日1万歩あるく
・野菜をしっかり摂る
・脂っこい食べ物を控える
などです。

少しの努力で改善できそうなので、気になる人は取り組んではどうでしょう?


ついでに、血管によい食品も紹介していたので、書いておきます。

それは、『EPA(エイコサペンタエンサン)』を多く含む食品です。青魚の油のことですね。

マグロのトロ(脂身)に一番多く、他にはサンマ、ブリ、マイワシなどにも多く含まれます。かつおでしたら、秋の「戻りかつお」に多いとか。

また、えごま油、アマニ油、オリーブ油にも同様の性質の成分が多く含まれています。サラダのドレッシングなど生で使うのがお勧めだそうです。


「ためしてガッテン」、五十肩の悪化する危険なタイプとは?

ブログネタ
肩こり・腰痛・関節痛 に参加中!

NHK「ためしてガッテン」(2月6日)は、”長引く肩の痛みに喝!五十肩&コリ一挙撃退”という特集でした。

五十肩は昔からあるありふれた疾患ですが、今回取り上げた意味は、五十肩の中にも「自然と治る」タイプのものと、「どんどん悪化する」タイプがあることが明らかになったという点でしょう。


五十肩はこれまで、経過は長いですが半年から1,2年の間、痛みと肩に動きの悪さを我慢すれば、病院にかからなくとも自然に治っていくというのが常識でした。

しかし、実際には五十肩で病院を受診する患者の3人に1人は悪化していくタイプなんだそうです。このタイプは放置していて治ることはなく、治療が必要で、最悪は手術が必要となります。

その悪化している五十肩を、番組では『終身型』と呼んでいました。


●普通型と終身型の五十肩の違いは?

この終身型の五十肩とは、実は「腱板断裂(けんばんだんれつ)」という状態を起こしている病態でした。

腱板とは、肩甲骨の後部(表側)や肩上部の筋肉がまとまって肩の先の方で骨の下にもぐり、上腕骨(二の腕の骨)の頭に付着している部分の腱の束のことです。

この腱板の働きで、バンザイの動作ができるのです。

『終身型』五十肩は、この腱板が切れてしまっているので、放置していては元に戻らず悪化してしまうことになります。

五十肩全般の症状として、
①突然発症する
②痛みで腕を上げられない
③夜痛みで眠れないことが多い
④どうやっても腕が上がらない

などがありますが、終身型の場合は、④は痛くない方の手で支えると腕を耳あたりまで上げることができます。

これは、主な病変が腱板の断裂でそれ以外に炎症などはないので、片方の手で腱板の機能を補ってやれば肩を動かすことができるからです。

一方普通の五十肩は、腱板は正常で、その周囲が炎症を起こしていて癒着のような状態なので、動きが悪くなっているから腕がどうやっても上に挙がらないのです。


そして、腱板断裂といっても、一気にブツッと切れるのではなく、徐々に少しずつ腱板が骨に当たって擦り切れていくので、本人も断裂に気づかないことも多いとか。


ということで、人により五十肩も危険な「終身型」になりやすい人とそうでない人がいることになります。

【終身型五十肩になりやすい危険な肩のタイプ】

それは、”肩甲骨のあたりが固くて動きが悪くなっている人”です。
断裂に至ってなくとも、部分断裂を起こしている人もいます。

そういう人の特徴は、「バンザイ」をさせると、両腕が耳のラインまで挙がらず、斜めで止まってしまっています。両腕を下に垂らしたところから、150~160度くらいでしょうか。

そういう人は、日常の動作でも腱板に負担がかかっているので要注意とのことでした。


●五十肩&コリの予防法(肩甲骨体操)

これは、肩甲骨の動きを滑らかにすることです。

2つの方法を伝授してくれました。

[猫ストレッチ]
1、床に四つんばいになり、背中を丸めて、ヘソを覗くようにする。
この時、肘は曲げないように注意。
2、次に天井を見上げるようにして背骨全体で反る。

これらを、肩甲骨の動きを意識して行います。1日に丸める、反るを5回ずつ。

すでに五十肩の人は、痛みのない範囲で行ってください。

[ペンギン体操]
1、ペンギンのポーズを取る。
2、肘を伸ばした状態で、肩甲骨を上下させる(肩を上げたり下げたりする)。
イメージとしては、手の平の下に台があり、それを押す感じ。
3、さらに手を横にあげ、肩甲骨を近づけたり遠ざけたりする。
腕を横方向に突き出すイメージ。
4、次に手を前に伸ばして背中を丸め、胸を反らすように引く。
猫ストレッチを立ってするイメージ。

これら3種の動作を1日に10回ずつ行う。


上の2つの体操は、五十肩だけでなく肩こりの予防にもなるそうです。

出演者がこの体操をスタジオでやってみると、その直後に肩甲骨の可動域が広がり、バンザイで腕が挙がらなかったのが、全員耳あたりまで挙がるようになっていました。

どうも即効性もあるようでした。



就寝中のこむら返り対策




↑↑
明け方に「こむら返り」を起こしやすい人は、ふくらはぎの血行が悪くなっています!




PR
プロフィール

webrich2

忍解析、ブログ村

↓記事内容がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ