健康増進法ブログ

健康や病気、医学、美容やダイエットなどの情報を発信するブログです。

美肌

「ためしてガッテン」、治りにくい偽ニキビの正体とは?

ブログネタ
健康ナビ に参加中!

7月30日の「ためしてガッテン」は、”美肌の大敵!あなたの治らないニキビの正体”という特集でした。

タイトルを見る限り、難治性のニキビというか、ニキビの中にはなかなか治りにくい、しつこいタイプのものがある、という風に想像できそうですが、実は、ニキビに似ていてもニキビではない別の病気(症状)である場合=「偽にきび」があるという内容でした。

それらの中には、間違った対処法でどんどん広がるもの、重症になると命に関わるものもありましたので、なかなかニキビが治らないで治療法をあれこれ試している人は注意が必要です。


今回番組で取り上げた「偽ニキビ」は、次の3つのタイプでした。


①手入れをすると、大増殖してしまうタイプ=実は「イボ」

②背中に大発生(胸元にも)するタイプ=実は「マラセチア菌による炎症」

③死ぬかもしれない危険なタイプ=実は「めんちょう」



①'「扁平ゆうぜい(イボ)」

一見ニキビのようですが、なかなか治らず顔全体に広がったりする厄介なヤツです。
「扁平ゆうぜい」といい、イボの一種だそうです。

原因は、「HPV(ヒト・パピューマウィルス)」というウィルスによる感染症です。

顔にできた極く小さな傷から感染し、感染した細胞群が膨らんでニキビのようになるそうです。

特徴は、色は肌に近い色で、形は偏平や線状など不規則な形状です(ニキビは色は赤や白で、形は丸い)。痛くも痒くもないそうです。

20代以降に多いらしく、洗顔や保湿で対処しようと顔の手入れを念入りにすると、ウィルスを顔中に塗りたくることになり(感染)、顔中に広がり悪化してしまいます。

この場合は、デキモノに絶対に触らないことです。タオルを家族と共有しない、手洗いをよく行う、なども大事です。

治療は、液体窒素で細胞を凍らせる方法があるそうで、期間も長くかかるとか。厄介なイボですね。


②'「マラセチア毛包炎」

ニキビはアクネ菌の出す刺激物が炎症を起こしたものですが、この場合は、全く違う「マラセチア」という細菌が起こす炎症です。従って、ニキビ治療薬は効果がありませんので、いくら薬を塗ってもなおらず、アクネ菌が減った分、ライバルがいなくなって返って大増殖することもあります。

特徴は、一気に10~20個と大量にできること(ニキビは数個程度)、背中や胸元にできること(ニキビは顔に多い)。

治療法は、抗真菌薬を使います。治りにくいので数ヶ月かかるかもしれないと認識する必要があります。医師でもニキビとの区別ができない人がいるらしいです。


③'「めんちょう」
顔の中心部分(真ん中の縦の線の周り)にできるデキモノです。

その正体は、「黄色ブドウ球菌」です。食中毒を起こす、あの細菌です。

顔の中心部分は皮下に血管が多くあり、「黄色ブドウ球菌」が血管から進入して脳に達すると脳炎など起こし危険だというわけです。

触って痛みがあれば、「めんちょう」を疑いましょう。初期なら、市販の化膿薬で対処していいそうですが、腫れてきたら早めに医療機関を受診するのが安全だそうです。

体力が落ちて来た時になりやすいので、身体を休養させることも大事です。



以上、ニキビと似ているけど、それとは違う「偽ニキビ」の見分け方と対処法でした。


「あさイチ」で紹介の保湿効果で人気のエミューオイルとは?

ブログネタ
スキンケアについて に参加中!

今日10月17日のNHK「あさイチ」で、山口県・下関の観光紹介コーナーがありました。

その中で、日本海側に位置する蓋井島(ふたおい島)で、エミューという大型の鳥を観光資源として飼育している様子がレポートされ、そのエミューから取れるオイルが健康や美容によく大人気だと紹介されていました。
テレビ番組欄タイトルの”保湿効果で人気沸騰、謎のオイル登場”とあったのは、その『エミューオイル』のことでした。

エミューはもともとオーストラリアの国鳥で、ダチョウに良く似たデカイ鳥です。
たぶん飛べないでしょうね。

そのエミューから取れるオイルが、健康や美容に効果があり、特に保湿効果がよくて、全国から注文が来ているということした。

もともとは、オーストラリアの先住民アボリジニで昔から使われている万能薬だったそうです。


そういえば以前に某テレビ番組で、「ダチョウオイル」というものが取り上げられ、アトピーに効くということで評判になったことがありましたが、どうも大型の鳥の油は肌の健康とか美容によいようですね。

「あさイチ」のレポートによれば、エミューオイルは人の皮脂と似た成分が主なので、馴染みやすくよく伸びるんだそうです。

エミューオイルは小さなスプレー容器に入っていましたが、無色透明で、無臭、サラサラしていて、レポーターの杉浦太陽さんが手に取ると「あ~、よく伸びる~」と驚いていました。

エミュー1羽から約6~7リットル取れるといいますから、飼育数を増やせば、かなり効率のよいオイルといえそうです。

番組では価格や注文方法などの告知はありせんでしたが、「蓋井島、エミュー」でネット検索するとHPが出てきました。そこで注文すればよいのではないでしょうか?


肌の保湿だけでなく、傷の手当てや筋肉痛などにも良いということですよ。


◆番組で取り上げたエミューオイル↓
100%天然のエミューオイル「エミューの雫」


はなまるマーケット、膝の黒ずみの簡単解消法

ブログネタ
☆☆ お肌のお話 ☆☆ に参加中!

はなまるマーケット」(TBS、8月12日)で、”ひざ下の悩み解消法”という特集があり、その中で「膝の黒ずみ解消法」というのがありました。

膝の黒ずみとは、女性の膝のあたりがすすけたようになっていたり、色素が濃い感じだったり中には本当に黒っぽかったりして、外見的に違和感を感じる状態のようです。

医学的には特に害はないようで、原因は継続的な刺激による角質の変化のようです。

タイトなジーンズなど好んではいていると、膝がジーンズの繊維と常に擦れるため過剰な刺激の原因となります。

他には立ち上がる時に膝をついて立つ習慣があると、やはりそれが刺激になったりします。


皮膚というものは全般的に、刺激は少ないのが美しく保つ秘訣なのでしょう。


この膝の黒ずみを解消するのは、意外に簡単でした。

番組の提案する方法は、石鹸をよくあわ立て、それに塩を少し加えて、膝を柔らかく擦り洗いするという方法です。

この石鹸を使ったピーリング法を行うと、実験では1週間ほどで黒ずみが少し薄くなっていました。

一ヶ月も続けると、かなり薄くなり目立たなくなるそうです。


皮膚はターンオーバーするものですから、膝の黒ずみは治らないものではないようでした。



どうぞお試しください。


ためしてガッテン、気づかない「かぶれ」が湿疹・かゆみの原因だった

ブログネタ
こんな現象大丈夫? に参加中!

ためしてガッテン」(5月15日)は、”しつこい湿疹・かゆみ、まさかの犯人を大発見”という特集でした。

顔や手、首筋から背中など、しつこい湿疹や腫れ、かゆみ(総称して「かぶれ」)でお悩みの人はとても多いかと思いますが、それらは原因不明のことも少なくありません。

原因が分からないだけに、不安も大きく、社会との接触を避けるようになるなど、重大な状況に陥りかねません。

今回の「ためしてガッテン」では、そのような原因不明の”かぶれ”で長い間苦しんだ女性3人のケースを取り上げ、意外な原因を突き止め、紹介しました。

[ある女性のケース]
30代くらいのパッチワーク講師の女性。
3年前に仕事で出張中、顎に突然かゆみが出た。やがて首筋にかぶれが出て、病院で診察すると、花粉症と診断。しかし、症状は治まらず、やがて顔全体に赤い湿疹が広がり、中には黄色い汁が滲み出すものもあった。
そういう状態が続き、精神的にも追い詰められたが、2年かかって遂に原因が判明。

それは、『化粧品』でした!

他の2つのケースも、それぞれ、『目薬』と『塗り薬(病院で処方された薬)』が原因でした。
特に、病院処方の塗り薬は、アトピーと診断されて使い続けた処方薬で、15年もの間、それが原因と気づかなかったそうです。今は完全に治り、幸せを噛み締めているそうです。

これら、酷いかぶれは皮膚に付けるものが原因だった訳ですが、根本の原因は、注意書きにある、

”お肌に合わない時は、ご使用を止めてください”という、まさにそれに該当する場合だったのです。

およそ、肌のかぶれには2種類あり、①すぐにかぶれる場合、②時間が経ってからかぶれが出る遅い場合、があります。

②の遅い場合は、原因に接触してから、20時間程度後にかぶれが出て、しかもかぶれが治まるまで2週間程度かかるのが特長です。輪島塗に使われる「うるし」のかぶれなどがそうです。

化粧品、目薬、塗り薬、なども”かぶれ”が遅く出る場合に当たり、怪しいと思って使用を中止しても2週間は影響があるので、そのことを認識していないと、「止めてもかぶれは治らないから、別の事が原因かも?」と、正しい判断ができません。

従って、番組では、注意書きの”お肌に合わない時は、ご使用を止めてください”の内容には、
・止めても、2週間は様子を見る
・使用してすぐではなく、翌日以降にかぶれなど症状がでることもある
・長期間使っていて、突然体質に合わなくなって症状がでる場合もある(化粧品でかぶれた女性は3ヶ月間使っていて問題なく、突然にかぶれが起こったので)

の3点を加えて理解しておく必要がある、と結論づけていました。

最後に専門家による、かぶれの対策としては、症状が出たら、

1、怪しいものの使用を2週間くらい止めてみる

2、オープンテストをしてみる
これは、肘の内側のシワ部分(軟らかい肌の部分という意味)に、1日2回、1週間ほど塗ってみてテストする。

それらで、原因物を判断するようにとアドバイスがありました。

また、専門病院でパッチテストを受けることも有効だということです。
パッチテストを受けられる医療機関は、「日本皮膚アレルギー、接触皮膚炎学会HP」(www.jsdacd.org)で調べられます。


世界一受けたい授業、肌にあとを残さないケア法(美肌医学)

ブログネタ
肌トラブル(にきび・ニキビ痕・赤ら顔) に参加中!

世界一受けたい授業」(日テレ、11月24日)の中で、”あと(跡)を残さない正しい肌ケア法”の特集がありました。

シミ・あざ・キズの原因解明、超美肌医学”というサブタイトルの特集で、日常生活の中のちょっとした不注意で、肌に しみや、アザ、傷跡を残してしまうケースを紹介し、その対処法(ケア方法)を伝授していました。

例えば、洗顔であまり丁寧にしすぎて肌をこすりすぎると、それだけでシミになってしまうそうです。

また紫外線は、シミの大きな原因なので、1年中注意することが必要のようです。


では、[意外なシミの原因]のベスト5を紹介。

・5位「打ち身のアザ」
これは消えないシミの原因になるそうです。対処法は、打ち身を起こしたらすぐに、その部位を心臓よりも高い位置に置くようにします。腕なら肩より高く挙げ、足の場合は横になって台などに足を上げるようにします。しばらくの間そうしているだけで、腫れを早く引かせる効果があるとか。

・4位「ニキビの跡」
ニキビができると、いろいろな方法で皮膚を活性化させようとしますが、それは炎症も活発化させてしまうそうです。例えば、フェイシャルマッサージなどは、しない方がよいそうです。
また、ニキビ跡は紫外線に極力当てないようにしましょう。帽子、日焼け止めクリーム、絆創膏などで保護します。

・3位「ムダ毛処理」
ムダ毛処理の後、毛穴に膿を持った状態になってしまうと、それが原因でシミになります。
剃った後は、水で冷やしておくのがシミ予防に効果的。

・2位「火傷跡のシミ」
湯たんぽや携帯端末などの低温ヤケドでもシミになります。火傷をするとよく氷や保冷材で冷やしたりしますが、それだと細胞にダメージを与えるのでNGです。水道の流水で15分間冷やすのがベスト。
水ぶくれができた場合は、つぶさずに、病院へ行く方がよいそうです。意外に深く火傷をしている場合があるそうですから。

・1位「虫刺され跡が悪化」
虫に刺されたところを掻くと、皮膚が破壊されてしまう危険があります。赤味が引くまで薬を塗るようにしましょう。


また、「外傷性タトゥー」というシミもあり、これは転んで出来たキズなどに砂やゴミが入り込んで残った状態のまま治ってしまった場合などに起こります。濃い色のシミになったりします。
これは消えないので要注意です。対策としては、キズは徹底的に水で洗い流すようにします。


就寝中のこむら返り対策




↑↑
明け方に「こむら返り」を起こしやすい人は、ふくらはぎの血行が悪くなっています!




PR
プロフィール

webrich2

忍解析、ブログ村

↓記事内容がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ