健康増進法ブログ

健康や病気、医学、美容やダイエットなどの情報を発信するブログです。

風邪・インフルエンザ

みんなの家庭の医学、ビタミンCの免疫力アップ効果

先日のテレ朝「みんなの家庭の医学」は、”カラダを老けさせない<マル秘>食べ物発見SP”という特集でした。

その中で、『免疫力アップの栄養素』として、ビタミンCを取り上げていました。

免疫力を低下させる要素として、活性酸素の存在がありますが、ビタミンCは活性酸素を除去する能力が高く、いかに効率よく摂取できるかがポイントになります。

この点、風邪を引き易い人が、ビタミンCの大量摂取でどのくらい体内の活性酸素を減らし、風邪を引きにくい身体にすることができるか、という風邪予防の実験などを踏まえてビタミンCの効果を検証していきました。


現在、日本人のビタミンCの1日当たりの平均摂取量は94mlですが、風邪を引きにくい身体にするには、500ml必要だそうです。

これは、ビタミンCが多いキウイで換算すると、1日に9個食べる必要があります。

実際にこの量を1週間食べる実験をすると、体内の活性酸素の量は大幅に減っていることがわかりました。

ですから、普段風邪を引き易い人で、受験や大事な仕事など絶対に風邪を引きたくない状況がある場合は、その1週間くらい前からキウイを多めに食べておくと、科学的にかなり確実な風邪予防対策となるわけです。


しかし、実際にキウイを1日に3食の度に3個ずつ食べ続けるのはかなり苦痛です。

そこで、料理の中で摂るのが無理がなくお勧めだそうです。

番組では、料理でビタミンCを摂れる方法(レシピ)を2つ紹介しました。


【シチュー】
ジャガイモにビタミンCが多く含まれ、水に溶け出した分も摂れるので、効率的です。
キャベツにも多いらしいので、一緒に煮込むといいそうです。肉はハム150g程を使います。
意外ですが、ハムはその製造過程でビタミンCが加えられているそうで、その量はなんと、レモン4個分。

ジャガイモは薄めに切って火の通りをよくし、加熱時間を短くして熱によるビタミンCの消耗を防ぐのがコツです。


【赤パプリカの煮込み】
赤パプリカは、野菜の中でもビタミンCが最も多いものの一つで、2個でレモン23個分にも相当します。そして熱に強く、炒めても損失が少ないというメリットがあります。

この点から、トマトや玉ねぎなどと一緒に煮込む料理を紹介していました。パプリカは煮込むと美味いそうですよ。

レシピとしては、野菜スープを作るような感じのものを紹介していました。


以上、免疫力を高める栄養素として、ビタミンCという平凡な栄養素が効果が高いという話でした。


ビタミンCは、イチゴにも多いですし、ローズヒップというハーブは”ビタミンCの爆弾”と言われるほど大量に含んでいるので、一時はロースヒップティーが流行ったことがありました。

ビタミンCを多く摂ることは、免疫力の活性化ということで、ガン予防にもなるそうですので、気が付いたら積極的に摂るようにしましょう。

ちなみに、一度に大量に摂ると、水溶性なので、余分なものはオシッコで出てしまいます。
そこで、毎食ごとのように1日に何度かに分けて摂取するのが、効率的だということでした。



インフルエンザ予防、正しいうがいの方法

今年の冬は例年に増して、インフルエンザが猛威を振るっているそうで、まだ当分の間は油断できそうにありません。

各地の老人ホームなどでは集団感染が相次ぎ、死者が出る例も出ていますね。


ところで、インフルエンザの予防法といえば、手洗いと「うがい」が常識です。

手洗いについては、正しい洗い方が割合よく伝えられえていますが、うがいの場合は意外と”正しいうがいの方法”は知られていない気がします。


そこで先日、日テレの朝の情報番組で、うがいの正しい方法を紹介していましたので、ここで書いてみます。

1、まず、口の中に適量の水を含み、クチュクチュとやって、そのまま吐き出す。これは最初に口の中の雑菌・ウィルスなどを外に出し、口腔内をキレイにするため。

2、次にまた水を含み、上を向いて喉の奥に水を入れて約15秒間、ガラガラとやる。

3、吐き出したら、もう1回、15秒間同じようにガラガラとうがいする。

以上は、製薬会社のサイトなどで紹介されている方法らしいです。


いきなり喉の奥に水を入れてガラガラやるのは、口の中の細菌やウィルスが体内に入る恐れがあるようですね。

この方法は理にかなったやり方だと思います。


私も、起床後と外出後は、手洗いとうがいを小まめにやっていますが、まず手を洗った後に、唇の内側の粘膜部分を指でぐるりとぬぐってから、うがいをするようにしています。

誰に教わったわけでもありませんが、この方が効果があると思って実行していました。


考えてみると、正しかった方法のようでした。

そのためか、風邪らしい風邪はもう何年も引いていません。

よろしかったら、実行してみてください。



「R-1ヨーグルト」が体内でインフルエンザワクチンの効果を高めると判明

ブログネタ
食べ物で病気予防 に参加中!

”「R-1乳酸菌」が、インフルエンザワクチンの効果を高める”という研究結果が順天堂大学の竹田準教授により発表された、というニュースが話題になっています。

↓↓

<インフルエンザ予防にワクチン接種&ヨーグルトが効果的!? 研究者「R-1乳酸菌がインフルエンザワクチンの効果を高める」>
http://getnews.jp/archives/448616
(ガジェット通信サイトより)



それによると、昨シーズンの冬に、学生40名を対象に「R-1ヨーグルト」(たぶん明治ヨーグルト)と他のヨーグルトを1日に1本、インフルエンザワクチン接種の前後で飲ませ続けたところ、「R-1ヨーグルト」の方がワクチン抗体の変化率や陽転率が有効な数値まで上がったという結果が出たそうです。


要するに、「R-1ヨーグルト」を飲んでいると、インフルエンザワクチンがよく効くようになるということでしょう。



元々「R-1ヨーグルト」は、地方の自治体の大規模試験で、飲み続けると風邪やインフルエンザに罹りにくくなったというデータが出ていますが、今回の研究で、さらにワクチンまでよく効く作用のもあることが分かったわけですね。


ヨーグルトの効果もすぐには出ませんから、インフルエンザが心配な人は、今から飲み始め、ワクチン接種もすると、かなり予防効果が期待できるのではないでしょうか。



私の場合、ワクチン接種は受けるつもりはないので、関係ないですが。




鼻に噴霧するだけの新しいインフルエンザワクチン「フルミスト」

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!

11月に入り、まもなく寒さも本格的になって、風邪やインフルエンザが心配になる季節の到来です。

2,3日前のテレビの情報番組で、新しいインフルエンザ予防ワクチンの話題が取り上げられていました。

痛くないワクチンで、『フルミスト』といいます。


これは注射ではなく(注射器のような形状ですが)、鼻の中にスプレーを噴霧するタイプのワクチンです。

皮下注射のワクチンの場合、インフルエンザの発症予防効果は2~3割ですが、『フルミスト』だと8割予防できます。

インフルエンザウィルスの侵入経路である鼻粘膜に直接免疫を作れるので、ブロック効果が高いからだそうです。アメリカでは2003年から実施されていて、安全性の実績も確率されています。


これなら、ちょっと鼻にツンとくるだけで、気軽にワクチン接種ができそうです。


しかし、メリットばかりではなく、幾つかデメリットもあります。


接種可能年齢が2~49歳で、年齢と共に効果が低下し、2~7歳が最も効果があるそうです。また日本ではまだ未認可なので、自費での接種になり、費用が7千円~9千円ほどかかります。

また、ぜん息や泣きやすい子供は不可で、万一重大な副作用が出たり死亡したりした場合は国の補償が受けられないという欠点もあります(未認可のため)。


小さなお子さんで、予防接種をしたけどインフルエンザに罹ってしまった場合、注射がどうしても我慢できない場合は、この『フルミスト』は検討してみてはどうでしょう?


ためしてガッテン、「マスクの効果超アップ術」

ブログネタ
風邪・インフルエンザ対策 に参加中!

ためしてガッテン」(1月23日)は、”緊急!インフルエンザ そのマスク大丈夫?”というタイトルで、マスクの効果超アップ術を特集しました。

冬の寒くて空気が乾燥した今の時期は、インフルエンザや風邪の予防のためにマスクをかけることが多いですが、果たしてマスクは本当にインフルエンザや風邪の予防効果があるのか?

普段気になっていたマスクのウィルスカット効果を実証する企画でした。

実証結果としては、簡単ワザで、マスクの性能は驚異の改善をするそうです。

まず市販のさまざまなタイプのマスクのウィルスカット効果を、人が実際に顔につけて、特殊な装置を使って計測すると、一番カット率の大きかったのが、医療用の75%、高性能マスク(カット率99%表示)の34%、他のお徳用や100円ショップのものは0~10%程度でした。

これは予想以上に低い数値です。

果たして、ほとんどのマスクはウィルスの侵入を防ぐ効果がないのでしょうか?
これとは別に、マスクが線香の煙(ウィルスと同じ大きさ)を通すかの実験をすると、98,8%の煙を捕そくし、市販のマスクでもウィルスカット効果は高いことがわかりました。

これはどういうことなのかというと、問題はマスクの付け方で、顔に密着せず、横や鼻の隙間があると、そこからウィルスが侵入し、カット率が極端に落ちるということです。

ウィルスカット率を上げるには、マスクを付ける前にワイヤーを鼻の高さに合わせて折り曲げ、顎の当たりも隙間が出来ないように形をつけて装着します。すると、カット率0%だったものも97%へと劇的に向上しました。

さらに顔の大きさと合うマスクを付けることもウィルスのカット率を上げるのに重要です。

ところで、一旦マスクを隙間がないようにキチンと付けても、動いたり話をしたりするうちに隙間はできてきます。そうすると、実験ではカット率は50%くらいに落ちました。

この問題はどうするのか?

実は、インフルエンザ患者の咳を採取して調べると、咳の中にウィルスがウジャウジャいるわけではなく、1回の咳にはウィルス10個以下が半数以上でした。

つまり、我々は患者がそばに居ると空気中に多くのウィルスが漂っていると想像しがちですが、実際はそうではなく、四六時中マスクをつけているのはあまり意味がないそうです。

エレベーター、満員電車、職場で近くに座る、家庭で看病など、患者に接近している場合にマスクを正しく付けていればよく、その他の時は隙間のあるユルユルのつけ方でも大丈夫だということのようです。

これで、インフルエンザや風邪ウィルス対策としてのマスクの性能についてはガッテンがいきましたね。

最後にマスクの効用と使い方ですが、

・インフルや風邪の感染は、ウィルスの付いた手で鼻や口を触ることによる接触感染が最も感染率が高いので、マスクを付けることはそれを防げるので意味がある。

・マスクを付けると、鼻から気道への粘膜を保湿し、繊毛の働きを高めウィルスの排出能力を高める。

・マスクはウィルス感染した人が飛沫を飛ばさないという「エチケット使用」に一番の効用がある。

・マスクの表面に触ると、そこにウィルスが付くので、使用後はそこに触れないようにして捨てる。

以上のようになっています。

就寝中のこむら返り対策




↑↑
明け方に「こむら返り」を起こしやすい人は、ふくらはぎの血行が悪くなっています!




PR
プロフィール

webrich2

忍解析、ブログ村

↓記事内容がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ