健康増進法ブログ

健康や病気、医学、美容やダイエットなどの情報を発信するブログです。

歯の健康

「スゴ腕の専門外来SP4」、歯周病予防にヨーグルト歯磨き

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!

TBSテレビ、3月27日の『スゴ腕の専門外来SP4』の中で、”死に至る歯周病の恐怖”というコーナーがあり、その対策法に凄い効果があったので紹介してみます。

番組監修の医師は、東京医科歯科大学病院の和泉雄一教授。予約3ヶ月待ちの人気教授です。


歯周病は、日本人の70%が罹っていて、最も多い感染症と言え、また死に至る病でもある怖い病気です。歯がやせ細り、グラグラになる病気なのです。

歯周病を放置すると、やがて菌が血液の中に入り、全身を巡る危険性があります。
そうすると、血栓の元となって血流を妨げ、心筋梗塞や足の血流を塞いで壊死を起こしたり(切断)、目に血流障害が起これば失明の危険が出てくるそうです。

他にも糖尿病を悪化させたりすると思いました。


歯垢1mg中に1億個以上の歯周病菌がいると言われますが、番組で50代の女性4人を調べてみると、いずれも多くの歯周病菌が見つかり、中には普段小まめに歯磨きなどしているのに、異常に多くの菌が見つかった人もいました。


そこで、歯科での治療となるわけですが、普通の歯垢の除去の他に、最新治療として『オゾンナノバブル水』による治療法を紹介しました。
これは、オゾン入りの水で歯周病菌を殺菌する治療法です。現在はまだ研究段階なので、受けることはできませんが。


しかし、家庭でのケアでも歯周病菌を劇的に減らすことができます。

①正しいブラッシング
ヨーグルトでの歯磨き

この2つです。

①'正しいブラッシングは、歯と歯茎の境目に平行に歯ブラシを当て、ブルブルと横に細かく振動させるようにします。鉛筆を持つ感じで歯ブラシは持ちます。
1日に1回は10分以上かけて、丁寧にブラッシングすると予防効果が高いそうです。

②'ヨーグルト(プレーン)を少量つけて10秒間軽く磨き、その後よくすすぎます。
ヨーグルトの乳酸菌が歯周病菌を抑えると考えられます。

この2つの方法を、前述の女性達に2週間試してもらうと、実験前は画像で見てウヨウヨ動いていた歯周病菌が劇的に減って、画像がシ~ンと静かになっていました。中には、ほぼゼロに近いような人もいました。

これを見た教授も驚き、その効果の高さに、データを揃えて正式に学界で発表する必要性がありそうだ、と言っていました。



たぶん私も歯周病菌はたくさん持っていると思いますので、この「ヨーグルト歯磨き法」は頭の隅に置いといて、いつか必要になったら、やってみようと思いました。



「駆け込みドクター」、口臭・口内炎など口の不調解消SP

ブログネタ
元気にザクッと活きる! に参加中!

TBSテレビ「駆け込みドクター!」(9月22日)は、”口の中の不調解消SP”という特集でした。

口臭口内炎など、普段気になるお口の症状について検証する番組です。

口の中には約700種類もの細菌がいて、普通ならほとんど無害なので問題ないですが、まれに重大な病気を引き起こすこともあるので、一応は注意が必要です。

●口臭

口臭は誰もが気になるお口のトラブルですが、その多くは口腔内の細菌によるものだそうです。他には胃の不調でも起こります。

口の中の細菌は、不潔にしていると悪いものが増殖しますが、乾燥も良くなく、「ドライマウス」という状態も問題で、口臭の原因になります。
「ドライマウス」は、口臭の他に、舌の痛み、虫歯、歯周病の原因にもなるそうです。

対策としては、
・朝食をキチンと摂ると唾液が出やすくなる
・食事は、初めに汁物、水分の多いもの(豆腐など)から食べると、飲み込みやすくなる。
・よく咀嚼して食べる
・舌でグーチョキパーの運動をする。舌を出したり、丸めたり、尖らせたりする。
などです。


また、口臭は舌の不調(病気)でも起こりますので、舌のケアも大事です。

舌の表面に細菌が増えると苔(こけ)のようになり、口臭の原因になります。

舌苔(ぜったい)は、体の不調などでできるので、体の健康管理をキチンとすることがまず第一です。

・舌の両サイドに歯型がある ----- 体に無理なチカラが入っていて、舌が左右どちらかに押さえつけられている。ストレスの兆候。
・舌が紅色 ----- 気管支炎、咽頭炎、風邪などが疑われる。呼吸器周りの血流悪化が舌に影響し、うっ血状態だから。
・溝舌 ---- 舌の表面に細かな溝がたくさんある。貧血や栄養不良(胃腸機能の衰え)。舌表面の所々の組織が萎んでしまっているから。


舌表面の苔については、専用のヘラで優しく取るようにすると、口臭が和らぎます。


●口内炎

口内炎の原因は不明のことが多く、原因究明は難しいようです。

ただ、20日以上長引く場合は他の病気もありえますので、要注意です。
口の中の粘膜は、だいたい20日周期で新生するので、口内炎も長引いたとしてもそれくらいが治る目安だということです。

予防法としては、
・清潔にする。ただし、歯の磨きすぎも口の中を荒らすので毎食後に止める。
・野菜やビタミンB2を多く含む食材を食べる。


以上です。

これから食欲の秋で、美味しいものが沢山出てきますので、口の中の調子を整え、味覚の秋を楽しめるようにしましょう。


歯みがき剤の正しい使い方(最適な量)

ブログネタ
医療情報 に参加中!

<歯科医が教える。歯磨き剤をつけ過ぎると口の中に悪影響が>

マイナビニュース 2013年01月26日16時00分
「歯磨き剤を歯ブラシ全体にべたっとつけて歯を磨くのは、口の中の衛生にはよくありません」と話すのは、歯学博士で口腔(こうくう)衛生が専門の江上歯科(大阪市北区)院長・江上一郎先生。
いったい どのぐらいの量の歯磨き剤が適量なのでしょうか。歯磨き剤の長所と短所と合わせてお話を伺いました。
■歯磨き剤の量は小豆粒大でOK
――歯磨き剤は、たっぷりつけたほうが効果的と思っていたのですが、違うのでしょうか。
江上先生 歯ブラシの端から端までいっぱいに歯磨き剤をつけている広告の映像や写真、イラストをよく見かけるでしょう。そんな必要はまったくありません。

~以下省略~

http://news.livedoor.com/article/detail/7352194/
(ライブドアニュースより引用)


歯みがきの正しいやり方は、案外世間では知られていないようです。

普段何の疑問もなく、歯みがき粉(剤)を歯ブラシのブラシの長さに出してシャカシャカと磨いてしまいがちですが、本当は小豆くらいの微量が適切な量なんだそうです。

確かに、界面活性剤が入っていれば、それは洗剤と同じこと。口の中に入れる洗剤は必要最小限で済ますべきですものね。

マーガリンのCMが、パン全体にべっとりとマーガリンを”てんこ盛り”にして演出するように、歯みがき粉(剤)のCMもブラシ全体にベロッと延ばして、目立つように演出しているわけです。

某衛生用品メーカーの社長が、最近の歯ブラシはブラシ部分の短いものが多くなって、歯みがき剤の売れ行きが悪くなったと嘆いていたという話を聞いたことがありますが、メーカーは消費者の健康よりは売り上げが第一ですからね。

私は休みの前の日の夜などは、手抜きして、歯ブラシを水に湿らせだけで、シャカシャカとブラッシングして終わらせてしまうことがありますが、それもあながち悪くはないということでしょう(夕食後はほとんど何も食べないので、それでも歯に異常はなし)。

ちなみに、歯ブラシに歯みがき剤をつけるときは、ブラシは水に濡らさない方が泡が立ちすぎずに、上手に磨けるそうです。私もずっとそうしています。

歯周病患者で日本中ウジャウジャ(厚労省の調査)

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!

歯周病患者は日本全体で5,000万人もいるという、「ホンマかいな?」と疑いたくなるニュース記事↓

<歯周病患者は約5000万人 40代以上の約80%が罹患している>
10月14日16時00分
提供:NEWSポストセブン
 歯周病はポルフィロモナス・ジンジバリス、タネレーラ・フォーサイシアなど、嫌気性グラム陰性菌による感染症だ。複数の歯周病菌が集団でバイオフィルム(歯垢)を作り、その中で菌が増殖し、歯肉の腫れや出血を起こす歯肉炎や歯の周囲の組織を壊す歯周炎へと症状を進行させる。
 これら歯周病の患者数は、厚生労働省調査で約5000万人と推計され、40代以上の日本人の約80%が罹患しているとされる。
 歯周病の予防は歯垢を落とし、歯周病菌の増殖を抑えることが最良の方法だ。しかし既に歯周病が進行してしまった場合は、歯科医を受診し、超音波スケーラーなどで歯と歯肉の間にある歯周ポケットの洗浄や歯石除去が欠かせない。

~以下省略~

http://news.ameba.jp/20121014-166/
(アメーバニュースより引用)

歯周病患者が日本におよそ5,000万人もいるという、厚生労働省の調査結果があるらしい。

まあ、それなりの統計学的方法で調査したのだから、一応正しいといえば正しいのだろう。

しかし、あまりの数の大きさに、バカバカしいと言えばバカバカしい。
5,000万人も歯周病患者がいたとして、歯周病が放置すれば本当に悪化するものなら、近い将来に日本中の歯科医院に患者が押し寄せ大変な騒ぎになるだろう。

ところで、私の母は今年79歳。

昔から普段の歯みがきはいい加減で、20~30秒夜寝る前にちゃちゃっとやるだけ。口臭もあるので歯周病があるに違いない。

数ヶ月前には、昔入れた前歯の差し歯が欠けたので、歯科医院へ通院したが、歯周病云々の話は歯科医師からはなく、通院の最後に2,3回歯を白くするクリーニングのようなものを受け、治療は終了した。

現在は、前歯も揃い、他に悪いところもなく、固いせんべいでもなんでもバリバリと食べている。

おそらく今後も歯周病で悩むことはなさそうだ。

私も50歳を過ぎたが、奥歯には巨大歯周ポケットがある。たぶん厚生労働省の調査方法では歯周病だろう。しかし、他には虫歯もないし、何ともない。

確かに歯周病があり、症状が悪化して治療が必要な人もいるだろう。しかし、歯周病でも死ぬまでこれといった症状もなく、大過なく過ごしていく人が大多数ではないだろうか?
免疫力がある程度強ければ、歯周病菌がいても大暴れできないとか。

だから、こういうニュースを見ても、過度な心配はしない方がいい。調査結果のオーバーな数字は、歯科医業界のための厚生労働省の宣伝活動ではないか、とさえ思えてくる。

ちなみに、「ビオフェルミン」という乳酸菌の健康食品があるが、アレをムシャムシャと噛み砕いて口の中に含ませると、歯周病対策に有効だという話を聞いたことがある。

他にも歯周病対策はいろいろとあるだろうから、不安な人は自分で試してみたらどうだろうか?

歯周病予防にはこの歯みがき、「ココデント」

ブログネタ
健康用品 に参加中!

歯みがき粉(チューブ)はどんなものをお使いですか?

私は普通のスーパーなどで売っているチューブ入りの歯みがきを使っていますが、歯の健康は歯みがき粉の成分には関係なく、歯の磨き方が問題だと思っていたので、あまり気にしていませんでした。

丁寧なブラッシングをしているので、虫歯もありませんし、歯周病も(たぶん)ありません。

ところがたまたま、歯みがき粉にもスゴイ効能をもったものがあると、ネットニュースで知りました。

それが、『ココデント』という歯ミガキです。

その名もごとく、ココアパウダーを含んだ歯ミガキで、歯周病に対して高い抗菌作用があるそうです。
「ポリフェノール」という言葉を聞いたことがあると思いますが、ココアにもポリフェノールがあり、それが歯周病菌には強い抗菌作用を持つのです。

これは、IT関連のベンチャー企業の社長が独自の研究で開発したもので、歯科医には特に高評価な製品だということです。

「アメーバニュース/ココア成分含有歯磨き大ヒット 化学物質使わず口コミで拡大」(9月10日)から一部を抜粋したものが下記の記述です↓

「やがて地道な研究の成果が現われた。ワインなどに含まれるポリフェノールに、歯周病を抑える効果があるということがわかった。その成果はいかほどか? ポリフェノールを多く含む天然由来の成分を10種ほど集め、比較すると、ココアをパウダー状にした抽出物に有意に高い抗菌作用があることがわかった。ココアには歯周病を引き起こすジンジバリス菌に対し、抗菌効果があったのだ。」

TV番組でも紹介され、話題となりました。

さらにココアパウダーには、口臭予防・虫歯予防・プラーク抑制/除去・美白効果・口腔粘膜保護などの効果があります。

『ココデント』は、化学成分(発泡剤、界面活性剤など)を不使用なので、小さなお子さんも安心して使える安全な歯ミガキでもあります。

ただ、価格がちょっと高価なのが難点ですが、歯は健康の元でもありますから、歯の健康のために、よい歯ミガキをお探しの方にお勧めします(通販は、楽天市場でも購入できます)。

就寝中のこむら返り対策




↑↑
明け方に「こむら返り」を起こしやすい人は、ふくらはぎの血行が悪くなっています!




PR
プロフィール

webrich2

忍解析、ブログ村

↓記事内容がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ