健康増進法ブログ

健康や病気、医学、美容やダイエットなどの情報を発信するブログです。

病院の治療

ガッテン、ひざ痛解消!関節を滑らかにする3分関節包ワザ

ガッテン」(NHK、7月12日放送)は、”ひざ痛解消!関節を滑らかにする3分ワザ”という特集でした。

変形性膝関節症など、日本人に多いひざ痛には、実は知られざる真犯人がいて、それがわかれば、とても簡単に痛みを解消できる方法があるという内容です。


その膝痛を解消する秘密のキーワードとは、『関節包』です。

そして、超簡単なひざの痛み解消法とは、「1日3分のひざ伸ばし」でした。
某大学病院のデータでは、関節包に働きかけるこの方法で、2ヶ月で約半数の膝痛が解消したという結果が出ています。


番組に登場した膝痛で悩んでいた女性2人とも、この方法でほとんど痛みがない状態まで回復していました。




1、まず、この膝痛の真犯人「関節包」を発見する経緯について

以前、新潟県十日町の松代地区というところで、住民1,000人を対象にした大規模な「松代膝検診」という調査が行われました。

38年間に渡って、変形膝関節症など膝の疾患を調査するものです。


この調査に携わっていた医師が、調査を進めている際に、予想外の事実に気づきました。


それは、”重度の骨変形があるのに、痛みのない人が53%もいた” ということです。

重度の変形だとレントゲンでは、軟骨が擦り減って、太ももの骨とすねの骨とが接するくらいに変形しています(重傷度グレード3,4に該当)。

そうなると、当然、膝はO脚になり、直立すると左右の膝の間には指が2本以上はいるくらいに開いてしまっています。見るからに膝が悪そうな外見となっています。

しかし、それでも本人は膝には痛みがなく、急斜面での草刈なども平気ですることができていました。


逆に、レントゲンで少し軟骨が薄くなった程度の初期(グレード2)でも、痛みが強く膝を曲げられない人もいました。


果たして、膝の痛みと骨や軟骨の磨耗・変形との関係はどうなっているのでしょうか?
膝痛の真犯人とは何なんでしょうか?


それが、上に書いた『関節包』という組織なのです。


関節包は膝の関節を被っている袋のような組織で、その中は滑液(かつえき)という液体で満たされています。この関節包は膝関節が滑らかに動くようにする働きを持っています。

そして、この関節包は正常なら軟らかいのですが、加齢や軟骨が擦り減って炎症などがおこると硬くなっていき、痛覚神経も多いために痛みを引き起こすと考えられています。

要するに、膝痛の人のかなりの割合の人が、関節包が硬くなっているのが原因で起こっているということです。


2、硬くなった膝の関節包をストレッチして軟らかくする方法


では、関節包を軟らかくするにはどうしたらいいのでしょうか?

それは、最初に書いた「1日3分の膝伸ばし」です。


膝を伸ばした状態で、太ももの筋肉(とくに前面)にギュッと力を入れると、膝のお皿と周囲の組織が上(太ももの方向)へ引っ張られ、関節包を伸ばしてストレッチ効果があるのです。


【膝のばしのやり方】

①床に足を投げ出した状態で座り、痛む方の太ももにギュっと5秒間力を入れる。
この時、お皿が上の方に引っ張られるのがわかる。

②次に力を抜く。

この①と②を10回繰り返し、それを1セットとして、1日に2~3セット行う。


膝の下にタオルを入れて、それを膝で抑える感じでやってもよい。

さらに、膝の下ではなく、足首の下にタオルを入れてすると、膝の裏側も伸ばされる効果がある。


椅子に腰掛けてやってもよい。この場合は踵が床に付くようにしてする。


注意事項として、

・膝に外傷がある
・膝に熱がある
・リウマチ、通風による症状がある

などの場合は、やめておきましょう。


おまけの膝ストレッチ法として、

①風呂正座
湯船の中で、膝を付いて立ち、そのまま膝のつっぱりが感じられるところまで正座姿勢をとる。5~10秒間停止する。この方法で1~2分正座ができるのを目標にする。

②膝のお皿のストレッチ
膝を伸ばして座り、膝のお皿が動くのを確認する。そしてお皿を8方向に手で押して動かす。動きが悪い方向へは入念にする。これは結構効果があるようでした。


そして、膝の痛みがなくなったら、再発予防として、ウォーキングやスクワットを無理のない範囲でするようにします。




膝など人工関節手術は合併症にも注意を

ブログネタ
医療情報 に参加中!

先日、近所のスーパーで母(80代)と買い物中、母の古い友人とバッタリ出会った。しばらく顔を合わせなかったので、いろいろ話が弾んだが、聞くと、その女性(70代後半)は数年前に股関節の人工関節手術を受けたという。

手術後のリハビリなど、いろいろ苦労したという話だった。

私も、人工関節手術というと、まずリハビリの大変さが思い浮かぶが、実は人工関節手術にはもっと大変な問題点もあるらしい。

それを知ったのは、読売新聞の8月21日付けの『医療ルネサンス』欄。

人工関節手術の合併症について書かれていた。


この場合の重要な合併症として、

①肺塞栓症、②感染症、③脱臼、の3つが挙げられていた。


①'脚の静脈にできた血栓が肺に移動して肺の動脈を詰まらせる肺塞栓症

重い症状の場合は、死に致ることもあるらしい。膝関節の場合は、予防のために足首を動かす運動をしたり、血流を促進する弾性ストッキングを履いたりする。

②'細菌感染による感染症

感染後時間が経ってしまうと、人工関節を取り出し、入れ直す場合もあるとか。これを防ぐため、手術の際は特別な手術室でスタッフは宇宙服のような手術着を装着する。

③'人工関節でも脱臼がある

脱臼も繰り返す場合は、人工関節の入れ替えが必要となる場合もある。患者も術後は動作に一定の注意が必要となる。


このような合併症のことを私は初めて知ったが、膝関節に限らず、関節の異常で将来的に人工関節手術を考えている人で、合併症のことを知らない人も多いのではないか?

気になったのは、新聞記事に登場した某大学病院の教授が、”合併症が起きた時に適切な対応ができないならば、人工関節の手術はするべきでない”と言っていたこと。

これはあるいは、医療機関によっては合併症への対応に不十分なところもあるということかもしれない。


従って、現在、または将来的に人工関節手術を考慮している人は、手術に臨む心構えはしっかりいていなければならないし、手術を受ける病院など医療機関も厳しく吟味して選ぶ必要があるだろう。



このブログの記事が、関節の病気に悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。



ためしてガッテン、「リウマチ治療が大進化」

ブログネタ
手、足、肩、腰のつらい症状 に参加中!

ためしてガッテン」(12月12日)で、”リウマチの治療が大進化、超早期発見器&新薬”という特集がありました。

「ためしてガッテン」では、5年前にも関節リウマチの特集がありましたが、その時は”リウマチがよくなるには、とにかく早期発見が大事”というのが結論でした。それから5年が経過し、新しい検査法と新薬で関節リウマチの超早期発見と治療が大幅に向上し、早く治療できればほぼ生活に支障がなくなる”寛解”の段階まで回復させることもできるようになりました。

今回はそのレポートでした。

関節リウマチは、女性に多い病気で男女比は1:4、30代40代の女性の発症が多いそうです。

発症のメカニズムは、何らかの原因で見張り役の免疫細胞が自分の身体(関節内の滑膜など)を敵と勘違いし、他の攻撃担当の免疫細胞への伝令役である「サイトカイン」という物質を大量に放出します。
その指令を受けて免疫細胞は、手指や手首、膝、足首などの関節を攻撃し始めます。番組では、この一連の作用を『サイトカインの嵐』と呼んでいました。

そして、関節内の滑膜は、細菌などと違い死んでなくなる訳ではないので、この反応はずっと続くことになります。従って、早期発見、早期診断がなされ、適切な投薬治療などがなされないと、『サイトカインの嵐』が続き、関節はどんどん破壊されていってしまうことになります。

だから、5年前の放送時は、早期発見が何よりも大事だと言っていたのでした。

しかし、関節リウマチの診断は難しく、レントゲンの画像からではベテランの医師でも確実な診断は難しいようでした。

そこで、進化した新しい検査法として、超音波による画像診断が登場し、滑膜の炎症が早期に発見できるようになりました。これでリウマチの超早期発見が可能になり、2008年からは従来の発症後2年が早期発見とされていたのが、6ヶ月以内が早期発見ということになってきたそうです。

それと共に、治療薬も進化し、「生物学的製剤」(注射薬)でサイトカインをピンポイントで抑制できるようになりました。サイトカインはリウマチの進行と共に放出される量も増えていくそうで、超早期発見の6ヶ月以内という意味は、このサイトカインを関節に病的変化が出る前に押さえ込めるのが、ほぼ発症後6ヶ月以内だということなのでしょう。

超早期発見と新薬で、2011年に発症した31歳の女性は、2ヶ月で治療を開始し、現在はほぼ寛解状態にまでよくなり、家事はもちろん、ジョギングまでできるようになりました。

この「生物学的製剤」は(あるいは他の薬も)、関節リウマチの根本原因を治すものではなく、サイトカインを抑えるものなので、投薬は続ける必要があります。ただ、状態がよくなれば休止も可能だということでした。

副作用としては、免疫の働きを抑制するものなので、抵抗力が落ちる場合などがあるそうです。


尚、症状が進んだリウマチで、指の関節が動かしにくい場合は、ストレッチが効果的だそうです。
両手を前に出して、ゆっくりとグー、パーを繰り返す簡単な動作です。グーの時は親指は外に出します。

手を前に出せなければ、肘を曲げて楽な状態でやってもOKです。1セットで3~5回、毎日やると効果的だそうです。続けると、握力も回復し、家事などしやすくなります。


膝の打撲、治療の経験(歩道で転倒)

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!

昨日の朝、不覚にも横断歩道を渡ったところで転倒し、右を強打し、打撲のケガをしていまいました。

小さな段差か何かに躓いたらしいですが、アッという間に転び、瞬間に手で身体を支えることもできず、顔面も地面に打ち、眉の上にも擦り傷ができました。寒くて身体が固くなっていたのか、年のせいで俊敏さが失われつつあるのか、無様な転び方をしてつくづく情けない思いをしました。

その右膝打撲で痛みがあったのですが、日中まで我慢して仕事をし、午後3時過ぎに整形外科を受診しました。

膝は発赤も熱も持っていませんでしたが、内側を中心に腫れていて、歩くのも痛みでやっとという状態になっていました。

レントゲンを撮ると、最初は骨に異常はないようだということで、治療法は右膝の外側から注射器で血(内出血)を抜く方法がとられました。5~6センチの小さな注射器2本分の内出血があったようです。その後に痛み止めか抗生物質か何かの注射もされました。

その後、湿布をし、包帯を巻いてもらって初診時の治療は終了。湿布薬を出すので朝晩に貼るように、そして1週間後に再診するようにとのことでした。

会計を待っていると、レントゲン写真の再検討の結果、膝のお皿の骨の一部に小さな骨折があるようだということで、もし明日(今日のこと)の朝、歩けないようだったら、ギプスで固定する治療を行うので再来院するように、と言われました。ギプスの固定は3週間かかるそうです。

家で安静にしている分には痛みはなく、昨日は湿布を貼り代えて早々に床に就きました。

今朝起きると、昨日の痛みはほぼ半減し、そうっとなら歩けるようなので、骨折は問題なかったと判断し、自宅で安静にして様子をみることにしました。

この記事を書いている夜10時現在まで、今日1日で右膝の痛みや腫れは徐々に弱まっているので、明日もさらに快方へと向かうと思われます。

日常生活で、転んだり何かにぶつけたりで、膝を打撲するなどケガをすることは多いと思いますが、痛みが数時間続いたり、腫れたりした場合は、外見上傷がなくとも、骨折や内出血、じん帯などの損傷がある可能性も高いので、迷わず整形外科を受診し、適切な治療を求めるべきです。

骨折であれば、腫れや痛みは段々強くなり24時間以内に最高になります。我慢できるものではないでしょう。強い痛みでなく、骨折もなかったとしても、私のように内出血がある場合があり、その時は溜まった血を抜けば楽になります。

怪我の治療は膝に限らず、処置が遅くなればそれだけ治りも遅くなると考えられます。
思わぬ後遺症が残る場合もあるかも知れません。

まずは病院へ、が鉄則です。


この後、膝の打撲の治りかけの、自分でできるケアや後療法について、自分がやったことを書いてみます。

薬の効かない頭痛「薬物乱用頭痛」

ブログネタ
病気・怪我 に参加中!

女性には頭痛持ちの人が多いようですが、最近は薬を飲んでも治らない、薬の効かない頭痛の人が増えているらしいですね。

特に中年の女性に多いとか。

私の妹(40代後半)も、慢性的に頭痛があり、頭痛薬は常備薬となっているようです。
幸いまだ薬が効かなくなるほどには重症化していないみたいですが。

薬が効かない頭痛は何故起こるのか?

それは、結局のところ、頭痛薬の使いすぎにより、痛みに対する感受性が過敏になる、つまり痛みの閾値(いきち)が下がってしまうことが原因と考えられているようです。

わずかな原因でも頭痛が起こりやすくなるということです。

偏頭痛の場合は、脳の血管が膨張したために起こるわけですが、その膨張の度合いが小さくて神経をわずかに刺激するだけでも、痛みとしては強く感じてしまうということでしょう。


頭痛薬を使いすぎると頭痛は悪化するので注意が必要なんですね。


この薬の使いすぎで悪化した頭痛=「薬物乱用頭痛」は、1ヶ月に15日以上頭痛があったり、単一成分の鎮痛薬を月に15日以上使用、複合成分の鎮痛薬なら10日以上使用、そして頭痛の悪化や違う痛みがでてきた場合などはこれに該当するようです(国際頭痛学会の診断基準から)。

では、このような薬の効かない頭痛のある人はどうすればいいか

安易に市販薬を多様せず、「頭痛外来」のある大きな病院を受診することが必要だそうです。

頭痛外来での治療は以下の3つが中心です。

1.原因薬物の中止
2.薬物中止後に起こる頭痛(反跳頭痛)に対する治療
3.予防薬の投与


最初の1週間は苦しいが、1ヶ月以内に7割の人が改善するとか。


治療が成功するか否かは、受診する人の意識改革や忍耐力が一つのカギになりますので、担当の医師と協力し合って、しつこい頭痛に打ち勝ってください。



就寝中のこむら返り対策




↑↑
明け方に「こむら返り」を起こしやすい人は、ふくらはぎの血行が悪くなっています!




PR
livedoor プロフィール
忍解析、ブログ村

↓記事内容がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ