健康増進法ブログ

健康や病気、医学、美容やダイエットなどの情報を発信するブログです。

アレルギー

テレ朝「林修の今でしょ講座」、ダニ・カビ対策

5月26日のテレ朝「林修の今でしょ講座」の中で、これからの梅雨時に増えるダニやカビへの対策講座をやっていました。

ダニもカビも、体内に吸い込むと様々な健康障害を引き起こす可能性があり、油断はできません。可能ならできるだけの対策はやっておきたいところです。

ここでは、ダニについて、番組で参考になったところを書いてみます。


普段我々の日常生活で接する中で、ダニの多い状況の順位として、

1位:枕、
2位:草むらなどの茂み
3位:小麦粉やお好み焼き粉など台所の粉モノ
4位:フローリングの床

などとなっていました。
 

最も深刻な影響のある寝具の枕としては、就寝中にずっと鼻からダニやそのフン、死骸などを吸い込み続けることになるので、特に注意が必要です。

深刻なアレルギー症状を引き起こす危険があるということでした。

枕のダニ対策としては、
・まずスチームアイロンを全体にかける
・その後に掃除機で吸い取る
という方法を紹介していました。

これをやると、枕を叩いた実験で、枕から出るダニやその糞・死骸を含んだ細かな塵が激減しているのが判明しました。

簡単な対策法ですので、私も明日にでも早速やってみたいと思いました。


3位の粉モノの対策としては、小麦粉などをシッカリ密閉したら、さらに密閉できるジッパーのついた袋に入れて2重にして保管するか、または冷蔵庫で保管するのがよいということでした。

2重の袋で冷蔵庫に保管するのがベストです。

この粉モノは、わずか数グラムくらいの中に何万引きものダニがいることがあり、知らずにお好み焼きなどにして食べてしまうと、急性のアレルギー疾患を発症する危険もあるということでした。

これも対策は簡単なので、即実行したいところですね。




ダニの駆除(布団)方法は、スチームアイロンがおすすめ!

ブログネタ
健康ナビ に参加中!

いよいよ梅雨も盛りで、湿気の多い時期となりました。こういう環境はダニにとっては活動しやすいようで、これからダニの被害に悩まされる方も多くなるかも知れません。

喘息の人など、アレルギーのある人は、ダニの死骸やフンなどで症状が悪化する危険もあるので、ダニの駆除対策は確実な方法を取りたいものですね。

一般に、布団を天日干ししただけでは、ダニの駆除は難しいのは常識で、現在は布団専用の掃除機など使うとよいとか言われています。

他には、ダニ駆除専用の防虫スプレーなども、いろいろな種類のものがあるようです。


このダニの駆除方法について、先日、日テレの朝の情報番組の中で、よい方法を紹介していましたので、お教えしましょう。家庭の掃除を専門に扱う「おそうじ本舗」(確かそうだったと思います)とかいう業者さんがレクチャーしていました。

まず、ダニは乾燥と高温に弱いという性質があるそうです。確か、湿度30%、温度50~60度だとダニは死んでしまうようでした。

このダニの弱点を突けば、効果的に駆除できるわけです。以下箇条書きにすると、

①布団圧縮袋に乾燥剤と一緒に保管する。
これだと強力に布団を乾燥できますが、約1週間ほどかかるそうで、その間別の寝具を用意しなければならないのがネックです。

②部屋の湿度を30%台にする。
主にベッドの場合の対策でしょうが、これも効果が出るまでに確か3日間ほどかかると思いました。和式の敷き布団の場合は、敷きっ放しにするとスペース的に邪魔ですね。

③スチームアイロンを布団にかける。
スチームアイロンで、当て布をした布団にアイロンがけをする方法です。一見、邪道のようですが、スチームの蒸気の高温の熱で、ダニは一瞬で死んでしまうそうです。しかもスチームは布団の中まで届くので、逃げられません。
私的には、番組を見ていて、この方法がベストではないかと思いました。

アイロンがけの後は、掃除機を掛けてダニの死骸を吸い取ることを忘れずに。



以上、布団に限った場合ですが、ダニ対策はスチームアイロンがけが時間も手間もかからずおすすめの方法だと思います。



ためしてガッテン、金属アレルギーを起こす体質変化の謎

ブログネタ
こんな現象大丈夫? に参加中!

ためしてガッテン」(9月18日)は、”ああ突然!金属アレルギー”という特集でした。

身に着ける時計やネックレスで皮膚がかぶれたり、湿疹状になったりする”金属アレルギー”。このアレルギーを持っている人は、その予備軍を含めると、何と推定1,000万人もいるそうです。

この金属アレルギーは、ある日突然に誰でもなる可能性があるそうで、それはあるきっかけで体質が変化するからです。

今回の「ためしてガッテン」では、金属アレルギーを引き起こす体質変化の謎を解明していきました。


[症例]①
27歳女性。4年前から目の周りの謎の肌荒れに悩まされてきた。赤くただれ、時には黄色い汁状のものが染み出ることも。長い間原因不明だったが、まつ毛を持ち上げるビューラーが原因と判明した。10年間何の異常もなく使っていたものだった。

[症例]②
73歳男性。60歳でアレルギー発症。口の中、頬や歯茎が腫れたり痛む。
辛いもの、酸っぱいもの、冷たいものを口に入れると沁みて痛む。
原因は2度目に入れたブリッジの金属だった。

この人達にアレルギーを起こした時の状況を聞くと、汗をかいた時に起こったということでした。

「金属+汗」の組み合わせでアレルギーが起こるらしいということで、番組では実験をしました。

手に100円玉、腕時計の金属ベルト、ネックレスをそれぞれ握ってもらい、ビニール袋で覆い、走って汗をかいてもらいました。

すると、汗の中に「ニッケル」の成分が多量に含まれることが判明しました。

汗で身に着ける金属が溶け出すことが分かったのです。

しかもそれは極微小なので、イオン化して皮膚から体内に染込んでいくようでした。


しかし、体内にもミネラルという形で金属は存在するので、これだけで金属アレルギーが起こるとは断定できません。

さらに調べると、汗をかくだけでは異常は起こらず、そこに「細菌」が関与することが研究者の調査で分かりました。

体表の常在菌が、金属と汗で皮膚が痒くなり、掻いて傷ができた時に皮膚バリアが壊れて、金属と菌が体内に入ります。それを免疫機能(白血球)が攻撃し、炎症反応がおこります。

これを繰り返すと、白血球が過剰反応を起こし、金属成分だけでも外敵(細菌と同じ仲間)と誤認し、攻撃するようになって慢性的な炎症反応(皮膚アレルギー)を起こすようになるのです。


つまり、金属アレルギーは「金属+汗+菌+傷」の条件が揃うと、体質変化を起し発症する前提条件ができることがわかりました。


そこで金属アレルギーにならない予防法ですが、
・汗、傷(引っ掻いたなど)がある時は、金属を身につけない
・口の中を清潔にする
・症状が出る金属は身につけない(かぶれるけど、ついピアスをしてしまうなど
はNG)

金属アレルギーの症状を出さない生活を続ければ、やがては金属に触れても平気になれる可能性もあるそうです。


また、歯の治療で金属を入れたことがあると、それが原因で全身型アレルギーを発症することがあるそうですので、要注意です。口の中を清潔にすることが予防に繋がるそうです。



あさイチ、「秋の花粉症が食物アレルギーを誘発する」

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!

秋の花粉症、食物アレルギー誘発”という特集が、NHK「あさイチ」(9月5日)の放送でありました。

暑さが一服すれば涼しい秋が訪れますが、それは秋の花粉症の季節でもあります。

ヨモギやブタクサで、春だけでなく、秋も花粉症に悩まされている人も多いかと思います。
それだけでも大変なのに、さらに追い討ちをかけるように、花粉症から食物アレルギーを連鎖的に引き起こすケースがあるということでした。

その食物アレルギーとは、『口腔アレルギー』というものです。

この口腔アレルギーは、確率的には、花粉症の人の10~20人に1人の割合で起こるということです。

花粉症が重症の人ほど、口腔アレルギーが起こる可能性が高くなります。

発症のメカニズムは、花粉に含まれるアレルギーを起こすタンパク質と似たタンパク質を持つ野菜や果物を食べると、体が混同してアレルギー反応を起こすのです。

番組に登場した年配女性は40代後半になって口腔アレルギーを発症、「カモガヤ」という植物の花粉アレルギーが誘引でした。キュウリ、大根などでアレルギーが起こるそうです。

ちなみに、花粉症が多い杉やヒノキの場合は、「トマト」が口腔アレルギーになりやすいそうですが、数は多くないとのことです。


[口腔アレルギーの症状]
・唇や口の中が腫れる
・喉が腫れる
・鼻水、くしゃみ
・顔が腫れる
・じんましん
・呼吸困難(アナフィラキシー)

気持ち悪くなる人もいます。


花粉症の人で、口腔アレルギーが疑われる人は、アレルギー専門医で検査を受けることができます(プリックテスト)。

疑わしい野菜や果物を自分で持参し、1つ1つパッチテストのようにして調べます。
保険適用で、1つの検体につき100円と割安で済みます(3割負担で)。


[口腔アレルギーの対処法]
・たべない
・加熱、加工する
・抗アレルギー薬を飲む

加熱するとアレルギー症状がでない場合も多いようです。前出の女性は生のキュウリはダメですが、加熱すればポテトサラダなどに入れても大丈夫なんだそうです。


心当たりの方は、一度皮膚科やアレルギー外来で、調べてみてはどうでしょう?


食物アレルギー、食品の制限は本当に必要か?

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!

先日、食物アレルギーに関するシリーズ記事が読売新聞の医療欄に載っていました。
(7月16日~7月23日)

アトピー性皮膚炎が子供に増え続けているのと同様に、「食物アレルギー」に悩んでいる子供達も多いようです。

日本の子供の食物アレルギーは、卵、牛乳、小麦が多く、最も治りにくい食品は牛乳だということです。

小児に食物アレルギーが疑われる場合、問診などの一般的な診察の他に、まずは『血液検査』で原因食物と疑われるものに対する「特異的IgE抗体」の反応があるかどうかを検査します。
この抗体が多ければ、その食品のアレルギーだと推定されますが、ここでそれら食品を食べないようにすればそれでよい、とはすべきでないそうです。

小児科の病医院の中には、血液検査だけで、陽性になった食品を片っ端から除去する食事指導をするところもあるそうですが、それでは発育に影響が出る場合もありますし、学校の給食も食べられなくなってしまう可能性があるからです。

”食事制限(食品除去)は必要最小限にするのが基本”というのが、良心的な食物アレルギー治療かどうかの判断基準といえましょう。

その点で、血液検査でアレルギー陽性と判定が出た場合に、さらに『食物負荷試験』を行うべきだということです。

これは、医師の指導の下で、食物アレルギーがあると疑わしい食品類を少しずつ食べていって、徐々に量を増やし、本当のアレルギー症状がでるかを判断するテストです。

血液検査では陽性でも、実際にその食品を食べてアレルギー症状が出ない場合もあります。

本当は何でも食べられるのに、アトピー性皮膚炎を食物アレルギーと誤判断し、小さな子供に何年もアイスクリームやケーキなどを我慢させるのは、本当に酷だと思います。

食物アレルギーが疑われるような場合で、このような丁寧な検査をしない病院の場合は、他の病院の診察も受けてみることも必要でしょう。

尚、読売新聞で記事中に出てきた子供の食物アレルギーに前向きに取り組んでいる医療機関として、国立病院機構・相模原病院が紹介されていました。

就寝中のこむら返り対策




↑↑
明け方に「こむら返り」を起こしやすい人は、ふくらはぎの血行が悪くなっています!




PR
プロフィール

webrich2

忍解析、ブログ村

↓記事内容がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ