健康増進法ブログ

健康や病気、医学、美容やダイエットなどの情報を発信するブログです。

ガン

ガンを自然退縮させる本、「どんなガンでも、自分で治せる!」

ガンで苦しんでいる方へ、がんを自然退縮(自然治癒)させる本を見つけたので、ご紹介します。

ガン(癌)を患う芸能人は多く、小林麻央、中村獅童、財津和夫、北斗晶、など、ここ数ヶ月~1,2年だけでも、テレビや週刊誌などで、芸能人のがん治療や闘病の話題を見聞きします。また、がんで亡くなった芸能人の訃報も多いですね。

それだけ、ガンという病気は、まだまだ死に直結する怖い病だということでしょう。

しかし、ガンは不思議な病気でもあり、突然消えてしまったり、進行が何十年も止まったりという現象はよく聞きます。

そして、自分で治してしまったという話さえ聞くことがあります。

そう、癌は自然治癒(自然退縮)させられる可能性のある病気らしいと、わかってきたのです。

”がんを自分の力で治してしまおう”というNPO法人(ガンの患者学研究所)があり、そこの代表の方が出した本がベストセラーになっているようです。


どんなガンでも、自分で治せる! 』(三五館、1,500円+税)

以下、この本のキャッチコピーです。

史上初!ガン消失への道!末期の不安、転移の痛み、副作用の苦しみ…すべてを経験した、現役の患者さん5人が自分で治した先輩たちにあなたに代わって徹底取材!治る真実、人生を賭けた人間ドラマが、今、ここに!


このNPOの会員には、ガンになった医師、看護師、薬剤師たちも珍しくなく、精神神経免疫学、心理学、認知科学などを駆使したセミナーには、台湾、韓国、アメリカ、フランス、スペインなど海外からの受講生も参加するそうです。


ガンは治る。再発・転移はもちろん、医者が匙を投げた末期ガンも、やはり治る。

「ガンの患者学研究所」では、だれもが実践できる方法で、334人が完全治癒を果たしているそうです。


私もずっと昔ですが、ガン(たぶん消化器系のガン)を宣告された中年女性が独自にビタミンCを大量摂取して、ガンを治してしまったという話を聞いたことがあります。たぶん、ビタミンCの抗酸化作用を利用したのでしょうが。

今なら、抗酸化作用の強い食材は他にも沢山ありますけどね。

正直、病院のいわゆる”ガンの三大療法”のみでは、助からない可能性もまだまだあります。特に5年生存率の低い膵臓がんなどはそうでしょう。


ガンを患っている人、家族や友人にガンの人がいる方、とても勇気付けられる本だと思います。


【目次】
第1章 私は、この世界で生きてゆく!-ガンの治療法、正解はどこに?/第2章 孤独な涙・二つの笑顔ー生き方を変えれば、ガンは治る/第3章 生きる道・求め、求めて!-“自分で主義”で、あなたも治る!/第4章 ガンほど治りやすい病気はないー「緊急誌上講演・イメージとの戦い」川竹文夫/第5章 髪の毛一本の希望をつかんで!-薬剤師が抗ガン剤から逃げるとき/第6章 10万人に一人に、私は、なる!-末期も転移も再発も、大丈夫、治る/第7章 すべては、幸せの前ぶれ!-どんな人でも“治ったさん”になれる!


「食べ物だけで余命3か月のガンが消えた」のは何故?

ブログネタ
がん患者 に参加中!

先日、新聞広告欄で、『食べ物だけで余命3か月のガンが消えた』という本を見つけました。

アマゾンでは、6月1日現在、本部門でベストセラー1位になっていますし、楽天市場ではたぶん売り切れで注文できない状態となっています。

この本は、著者の高遠智子さん自身の経験に基づいて書かれていて、著者はガンで余命宣告を受けた後に、たまたまフランスへ渡った際に、地元の美味しいトマトを食べて、食と体・心の結びつきに目覚めたことがキッカケで体調が好転し、ガンが消えていったということのようです。

著者はその後、フランスの有名なホテル・リッツの料理学校に留学したり、中国の薬膳を学んだりして様々な知識と経験(資格も)を身に付け、ここで紹介する本を出されたわけです。


食と健康、特にガンと食事との関係の重要性は、昔からいろいろと言われていますが、この本のようなストレートな言い回しのタイトルの本が最近増えてきているように感じますね。

それだけ、ガンの正体がかなりの程度まで解明されてきて、ガンへの包囲網が狭まり、医学だけでなく、生活習慣の面からもガンはやっつけられるという認識が出来上がりつつあるのかもしれません。

ガンとは不思議な病気で、何かのキッカケでガン細胞が消えたという話は、巷でも身近でも割とよく聞きます。

それらには、心(精神)の持ち方が劇的に変わったことがほぼ共通しているように思えますが、この本の著者も、フランスでの食への目覚めが大きな変化だったのでしょう。

ですから、現在ガンを患っている人がこの本を読んで、「そうなのか!」と食への認識が大きく変わったなら、快方に向かうことも十分ありうるのでは、と思います。


しかし、新聞広告の小見出しを見ると、かなり健康に良さそうなことが沢山書かれているようですから、ガンであるかどうかに関わらず、読んで損はなさそうに感じましたね。

一つでも二つでも、自分にとっての健康食が見つかれば、めっけモンです。


3月30日TBS「駆け込みドクター」、がんを知ろうSP

ブログネタ
癌(がん)は治る!癌(がん)に負けないで! に参加中!

駆け込みドクター」(TBS,3月30日)は、”がんを知ろうSP”という2時間スペシャル特番でした。

ガンに関して、世間でいわれる常識が本当に正しいのか、またガンに関する最新の研究や治療法などの情報を紹介する番組でした。

ここでは、そのうちいくつかの話題を書いてみます。後日情報を追加する予定です。

●焦げを食べるとがんになる?

焼き魚やご飯のおこげなどを食べると癌になると昔から言われますが、それは本当なのか?

⇒ 答えは「ウソ」

焦げの部分には確かに発ガン物質はありますが、毎日どんぶり1杯分とか大量に採らない限り大丈夫だそうです。


●コーヒーを飲み続けるとがんになる?

⇒ 答えは「ウソ」

1日に3~5杯くらいだと、すい臓がんや胃がんなど、リスクが大幅に減ることが多いそうです。しかし、5杯以上だと、一部の癌はリスクが高まることもあります。


●ガンの予防に効果のある食品はある?

⇒ 答えは「ある」

1990年のアメリカの大規模な調査で、特にガン予防効果の高い食品20品目が発表されました。一番予防効果が大きいのは、『ニンニク』です。
他に、キャベツ、大豆、ターメリック、ブロッコリー、ニンジンなど。

ニンニクは、臭い成分の「DATS」という物質にガンの増殖を抑える効果があるそうです。すりおろすとさらに効果的です。1日に一片程度でOKです。

また、よいといわれる食品もそればかり食べてはダメで、要はバランスよく食べることが大事だとか。


●便秘だと大腸ガンになりやすい?

⇒ 答えは「ノー」

便秘だから大腸ガンになりやすいわけではないそうです。しかし、最近急に便秘がちになった、便秘に激しい痛みが伴う、などの場合は注意が必要です。


★最新のがん治療法

がんの3大治療法の一つ、「放射線治療」には、凄い最新技術が登場しています。

『サイバーナイフ』といい、1,200もの方向からガンに放射線を当てることができ、がん細胞だけをピンポイントで攻撃できます。
日本にはまだ台数が少なく、番組では「新緑脳神経外科」(横浜)を紹介しました。

軍事技術のミサイル追尾システムが応用され、患者が動いてもがん細胞を追尾してピンポイントで安全に治療ができます。

また治療時間も短く、脳腫瘍ではたった1日だけ30分の治療で腫瘍が消滅することもあるそうです。

費用は、保険適用で16万円ほど。


他に、免疫療法といって、自分のリンパ球を体外で強化し、体内に戻してガンを攻撃する方法も行われているようでした。


ガン治療は、日進月歩で進歩しているようです。



「ためしてガッテン」、大腸ガン99%発見法!

ブログネタ
癌(がん)は治る!癌(がん)に負けないで! に参加中!

NHK「ためしてガッテン」(1月22日)は、”大腸がん!99%発見法”という特集でした。

今、大腸がんの検査法、治療法が大きく進歩し、また新たな種類の大腸ガンも見つかっているようです。そこで、今回の「ためしてガッテン」は、大腸がんの最新スクープ特集という内容でした。

大腸がんは、年間で4万5,744人もの死亡者を出し(2011年)、ガンの部位別死亡率では、男性3位、女性1位となっています。

にも関わらず、健診受診率は低く、40歳以上での内視鏡検査の受診率はたったの5%だそうです。

そんな状況の中、東京都新島では、2011年から2年間、国立がん研究センターの大規模な大腸がんの内視鏡検査を行いました。その結果、578人が検査を受け、18人にガンが見つかり、良性ポリープが何と289人に見つかりました。

この結果から、40歳以上では50%の確率で大腸に良性ポリープがあることが分かりました。これまで、良性ポリープの有病率は分かっていなかったので、大きな発見だったということです。そして、良性ポリープの1割はがん化するので、検査で発見と同時に切除するのが望ましいとのこと。

↓↓
[ポイント①]
40歳以上では、約50%に良性ポリープがあり、将来がん化の危険があるので、1度は内視鏡検査を受けよう。



次に、見逃しやすい新たなタイプの大腸がんが発見された話(テレビ初公開)。

普通、内視鏡で大腸を調べると、ガンやポリープは盛り上がっているのでそれとわかりますが、最近表面上盛り上がっておらず、粘膜の下で横方向に異常増殖する新種のガンが発見されました。

それは、「大腸鋸歯(きょし)状病変」といい、大腸の下層にある粘液を分泌する「杯(さかずき)細胞」が、上へではなく横へ増殖する病変です。その全てがガンになるわけではないですが、1割はガン化します。

これは普通の検査では分かりずらいですが、青い色素をかけるとテカテカ光るので判別できます。

この新しいガンは1年ほど前に分かったばかりで、半年ほど前に治療指針に掲載されたばかりのようです。

↓↓
[ポイント②]
内視鏡検査を受ければ、隠れた大腸がんも発見できる可能性がある。



最新の内視鏡検査では、楽チンな方法も実用化というニュース。

口から薬を飲むように飲み込んで、自動で腸内を撮影する小さなカプセル型の内視鏡による検査が、この1月から保険適用になりました。

このカプセルは前後に2つカメラがあるので、大腸内のヒダの裏側も撮影でき、手動による検査の見逃しを補えます。

↓↓
[ポイント③]
カプセル型の内視鏡検査が保険適用に。



ハイテクな「大腸CT」による検査法も登場というニュース。

体内には何も入れず、ただCT画像を撮影するだけの大腸がん検査法も登場しています。仮想内視鏡という概念で、「大腸CT」で何千枚もCT画像を撮り、それを再構成して大腸だけを立体的な画像にします。

コンピュータ処理画像なので、あらゆる角度から大腸を見られ、ガンが発見されやすくなります。

↓↓
[ポイント④]
仮想内視鏡なら、寝てるだけでOK。


以上が、大腸がんの「手による内視鏡」、「カプセル内視鏡」、「仮想内視鏡」でしたが、実際のガンの発見率は、「手による内視鏡」を100%とすると、他の2つは80~90%になるそうです。
費用(保険適用で)は、それぞれ6,500円、3万円、1万円となっています。



最後に、大腸がんの一番最初の検査ともいえる「検便」ですが、そのがん発見率は45%とあまり高くありません。それは、がんからの出血がない限りは異常が検出されないから。

しかし、今は検便は1度の検査で2回便を採取する方法になりつつあるそうで、これを自治体が行う検診時のほか、会社の検診時に2回、さらに人間ドックなど自前の検査で2回と、合計6回行うとすると、ガンの発見率は97%まで向上するそうです。

検便の場合は、回数を重ねるほど発見率は100%に近づくわけです。

ですから、とりあえず検便だけでも機会を捉えて行えば大腸がんは発見しやすくなりますので、まずは自治体の健診の検便をうけてみてはどうでしょう。



クローズアップ現代、「がん幹細胞発見!再発・転移を防ぐカギ」

ブログネタ
ガンの治療法 に参加中!

NHK「クローズアップ現代」(9月19日)は、”再発・転移を防ぐカギ、発見! がん幹細胞”という特集でした。

今回は、がん治療の常識を根底から覆す可能性のある画期的発見のレポートで、久々に興奮して、テレビ画面を凝視して番組を見ました。

普通「がん」というと、正常な細胞の遺伝子に何らかの原因で異変が起き、無秩序に増殖し始めて、体の組織を冒してゆくという概念で捕らえていましたが、実はそうではないらしいということが発見されたそうです。

「がん」には、『がん幹細胞』という元締めのような基幹となる特殊な細胞がいて、まずそれが「ガン細胞」(子分のようなもの)を生み出します(最初の細胞分裂)。

すると、生み出されたガン細胞(子分)が次々に分裂を起こし、やがていわゆる「がん組織」になるまで増殖し続けます。

しかし、ガン細胞はある程度分裂すると、それ以上は増えません。
そうすると再び『がん幹細胞』が新たな子分を生み出し、それが活発な分裂を起こし、がん組織が出来上がっていくという仕組みです。

子分のガンは抗がん剤がよく効きますが、『がん幹細胞』にはほとんど効かず、生き残ってしまいます。
そして、ほとぼりが醒める頃、また増殖を始めるのです。

つまり、『がん幹細胞』こそが癌の元凶であり、女王蜂のように次々に子分のガンを増殖させていくらしいのです。しかも全身に転移しやすく、厄介な存在です。

癌は単なるがん細胞の塊=烏合の衆ではなく、親玉がいたんですね。


これが分かったのは、ここ10年くらいのことで、現在はこの『がん幹細胞』をやっつける方法が世界中で研究されています。

日本で行われている研究のうち2つを番組では紹介しました。

1、『がん幹細胞』の遺伝子を攻撃(九州大学の研究)

『がん幹細胞』は、抗がん剤が効きにくい、いつ活発化するかわかりにくい、細胞分裂が遅い、などの特徴があります。

抗がん剤は、ガン細胞の分裂の早さに着目し、分裂の際の不安定な状態を叩く薬なので、分裂の遅い『がん幹細胞』には効きません。

そこで、『がん幹細胞』の遺伝子の中の分裂を抑制する部分を破壊し、細胞分裂を早くさせて、抗がん剤が効くように変質させてしまおうという研究が行われています。


2、リウマチの薬が効くことを発見(がん研の研究)

『がん幹細胞』の細胞膜の表面に、栄養を取り込むポンプの穴がありますが、リウマチの薬にこの穴を塞いでしまう作用があるものを発見。この薬で、『がん幹細胞』を兵糧攻めにする研究です。

すでに、胃がんの臨床研究を行っていて、ある患者の癌組織は大幅に消失する結果が出ています。


この『がん幹細胞』を死滅させる道が開ければ、多くの種類のがんで利用できるので、大幅な治療効果の向上が見込めるそうです。

専門家によれば、今後5~10年くらいで、現在の5年生存率が全体で6割のがん治療が、8割くらいまで引き上げられるだろうということでした。


攻めるべき本当の敵の姿が明らかになりつつある「がん」。

1年でも早くその治療法が確立されることを願いたいものです。



就寝中のこむら返り対策




↑↑
明け方に「こむら返り」を起こしやすい人は、ふくらはぎの血行が悪くなっています!




PR
プロフィール

webrich2

忍解析、ブログ村

↓記事内容がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ