健康増進法ブログ

健康や病気、医学、美容やダイエットなどの情報を発信するブログです。

めまい

ためしてガッテン、「めまいが自宅で解決、劇的改善法」

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!

めまいが自宅でカンタン解決!新発想の劇的改善ワザ」という特集が、『ためしてガッテン』(9月4日)でありました。


めまいは中高年以上の女性に非常に多い症状ですが、めまい治療で病院を訪れる人の53.8%の人は、自宅で自分で治せるのがわかったそうです。

これまで「ためしてガッテン」でも、”めまい”は度々取り上げられ、割と最近でも”めまいを治すリハビリ”的なものも特集していました。

しかし、今回はそれよりもずっと簡単な改善法を紹介することになりました。

今回取り上げる自宅で治せるめまいとは、「良性発作性頭位めまい症」という良性のもので、脳の異常やメニエール病、突発性難聴などのめまいではありません。安静にしていれば、およそ1分以内に治まるめまいです。それ以上長く続く場合は、病院でキチンと診察することが必要です。


では、自宅で自分で治せるめまいとは、どんなものなのか?

番組では2つのケースを紹介しました。

①68歳女性
去年初めて立ち上がった時にめまいを経験した。脳に異常はなかったが、原因は不明。
1ヶ月後には車から降りる時にめまいとなり、やがて毎日起こるようになった。朝起きる時に起こるという特徴がある。”自宅で治る方法”を実行したら、1日で治ってしまった。

②30代女性
朝起きると、めまいが起こる
ある簡単な方法で、一週間で治った。


この2人のめまいの女性は、どちらも簡単な方法で治ってしまいました。

①の女性は、朝起きる前に、寝返りを打ちながら10秒数える方法
②の女性は、枕にタオルを巻いて、高くする方法

何故こんな簡単な方法でめまいが治ったのかというと、めまいは、耳の奥にある「三半規管」というところで起こります。これは、三つの輪とカタツムリの丸い殻が繋がったような器官です。その中心部あたりに「耳石」という平衡感覚を司る小さな石があり、その傾きで体の傾きを感知しています。

ところが、この耳石の一部が老化などで剥がれることがあります。その剥がれた小さな耳石が3つの輪の中に流れて行きます。この輪は中にリンパ液が流れていて、その流れでも体の傾きを察知しています(センサーがある)。耳石がここに入ると、それが動いてリンパ液の流れを乱し、体が傾いているような錯覚を起こし、めまいとなるのです。

そこで、①のように寝返りを一定間隔で行うと、この剥がれた耳石もそれにつれて動き、徐々に細かくなって、リンパ液中のセンサーに感知されなくなります。それでめまいがなくなるのです。耳石は、硬いものではなく、粉の塊のようなもので、輪の中を動くと細かく砕け、体が停止していると、今度は一箇所に集まり塊のようになる性質があるそうです。
ですから、寝相のよい人は朝起きる時、耳石が塊になっているので、めまいを起こしやすいことになるわけです。

②の女性の場合は、枕を高くすることで、耳の奥にも傾きができ、そもそも剥がれた耳石が輪の方に入っていかなくなるので、めまいも起こらないという単純な理由でした。剥がれた耳石は、そのままならやがて吸収されて
なくなってしまいます。


「良性発作性頭位めまい症」の人は、いずれかの方法を試してみてはどうでしょうか?


尚、①の正式な方法は、
・まず寝床で、仰向けで10秒数える
・頭を右に倒して(右を向いて)10秒数える
・仰向けに戻して10秒
・左に倒して10秒

これを1セットにして、朝晩で10セット行うのだそうです。この方法は確か、女子プロ
サッカーの澤穂希選手も行ったやり方だと思います。


うまく行けば、たった1日で治ることもありますよ。



カンニング竹山も。芸能界にも多い「めまい症」

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!

お笑いタレントのカンニング竹山さんが、今日めまい発作を起こし、大学病院で治療を受けたということです。

ここのところ、芸能界では、めまいや突発性難聴など、耳の機能失調による病気が非常に増えていますね↓

<カンニング竹山「歩けないほどのめまい」で大学病院へ>
スポニチアネックス 12月17日(月)16時12分配信
 お笑いタレントのカンニング竹山(41)が17日、体調不良に見舞われたことを自身のツイッターで報告した。
 「実は午前中に歩けないほどのめまいと激しい吐き気」に襲われたという。売れっ子だけに病状が心配されたが「大学病院に急遽行き、点滴治療を受け何とか快復いたしました」とベッドに横たわり、点滴を受けている写真もアップした。
 その後は「別の病院にてめまいの名医にみてもらい現在はもう大丈夫です!」と頭位めまい症の持病があるというが、無事を強調した。

~以下省略~

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121217-00000088-spnannex-ent
(ヤフーニュースより引用)

--------------------- ここまで引用 --------------------


健康情報番組などで、カンニング竹山さんは不健康のレッテルを貼られる常連でしたが、今回は実際に不慮の体調不良でダウンしてしまったようです。

持病でめまい症の一種の「良性突発性頭位めまい症」があるらしいですが、これは確か女子サッカーの澤選手と同じ病気です。これは普通、朝起きる時など頭の位置によってめまいが起こる病気ですが、カンニング竹山さんも朝起きたらめまいが起こったのでしょうか。

先日亡くなった中村勘三郎さんも、似たような症状を持っていたらしいし、今年は芸能界で亡くなったり病気になったりとか、何かと災難が多いですね。

漢方では耳の症状は、腎の臓器と関連があるとされていますが、体力を消耗すると腎は弱りますので、めまい・耳鳴り・難聴などは、ストレスも含め体の滋養が結構大切です。

◆参考記事
「たけしの家庭の医学」、めまい特集

サッカー澤穂希選手の不調はめまい症

ブログネタ
健康雑学 に参加中!

なでしこジャパンの澤穂希選手が、ずっと体調不良ということでサッカーの試合に出場できなかった状態が続いていましたが、病院での検査で、めまい症だったことが分かったということです。

そのめまい症の病名は、「良性発作性頭位めまい症」。

寝ていて起き上がろうとすると、頭の位置によって眩暈(めまい)が起こったり、首を回す方向によりめまいが起こったりする病気です。

割と多いめまい症で、めまい症の中では割と軽い病気です。

軽いといっても澤選手本人にしてみれば、非常に不安感を覚えるつらい症状でしょうね。

「良性発作性頭位めまい症」発症の原因は、加齢や事故などの衝撃と言われていますが、澤選手の場合はヘディングで他の選手とぶつかるなどの衝撃が原因だろうとも言われています。

対処法もあるようですし、今はめまい止めの薬もあるようですから、やがて回復するでしょう。

疲労とかストレスなどにも注意されて、ロンドン五輪へ向けて無理しないで欲しいと思います。

この「良性発作性頭位めまい症」については、少し前にテレビの健康番組でも取り上げられていましたので、似た症状で悩んでいる人は参考になさってください。


↓↓
「たけしの家庭の医学」、めまい特集

中高年のめまいは、若い頃の偏頭痛が原因のことも

ブログネタ
健康雑学 に参加中!

以前にこのブログで、私の叔母(現在80代初め)の眩暈(めまい)のことを書きましたが、最近めまいが頻発し、現在入院中です。

自分の周りがぐるぐる回る、回転性めまいで、脳外科に入院中ですが、眩暈を止める薬も効果が薄いため、耳鼻科の受診も勧められているようです。

ところで、50代以降くらいの中高年でしつこいめまいが続く場合、その原因として若い頃の偏頭痛の影響がある場合があるそうです。

少し前のNHK「ためしてガッテン」で、めまい特集をやっていたときに、そう解説していました。

20代30代などに頭痛持ちで、偏頭痛などが長期間にわかり続けば、中高年になった時、耳鳴り・めまい・不眠に悩まされる可能性があるということでした。

それはどういうメカニズムかというと、”脳が過敏状態(興奮状態)にある”ということです。

中高年になって長年の頭痛が治まったとしても、頭痛が引き起こした脳の過敏な状態は続いていて、それが原因で眩暈など様々な不快症状が起こる可能性があるということです。

「ためしてガッテン」では、若い頃に偏頭痛があった中高年の人に、脳の興奮を鎮める薬を処方したところ、不快症状が消える結果になりました。

その薬とは、「抗うつ薬」や「抗てんかん薬」などです。

めまいの発作がめまいの薬でよくならず、過去に偏頭痛の既往がある場合、こうした薬でないと治らないかもしれないわけです。

番組監修の医学部教授によると、内科や耳鼻科を受診して思わしくなかったら頭痛専門医を受診するのがよいということでした。

このことは、医師の間でも認識されていない場合もあるので、患者自身が医師に問い質してみる必要があるでしょうね。


ある種の「めまい」の予防法

ブログネタ
健康雑学 に参加中!

めまい」を起こす人が増えているようです。

私の叔母(70代)も時々めまいの発作を起こし、その都度薬を飲んでいます。
今はよいが開発されて、昔よりはめまいも対処しやすくなってきているようです。

最も、叔母の場合は、自分の周りがグルグル回る回転性の眩暈だということで、メニエール症候群のめまいのようです。

めまいには幾つかのタイプがあり、「めまい」を起こす病気もたくさんあります。

その中に”良性発作性頭位眩暈”(りょうせいほっさせいとういげんうん)という病名の「めまい」があります。

これはポピュラーなめまいのようです。

頭を動かすと起こることが多い「めまい」ですね。寝ていて起き上がる時などに起こりやすいめまいです。

原因は内耳にある蝸牛管という器官の中の耳石器が、老化(=カルシウム不足)によりもろくなり、耳石が剥がれて蝸牛の中を漂うために起こるという仕組です。

最近の研究によると、この「めまい(良性発作性頭位眩暈)」を治す、あるいは予防するには、その耳石を元の場所に戻すことだそうです。そうすれば、耳石器の傍の細胞が片付けてくれるのです。

この剥がれた耳石を元に戻すには、頭の運動が効果的です。

やり方は、

①仰向けに寝る。
②左右どちらかに頭を90度向ける(横を向く)。これで10秒。
③仰向け(真上)に戻し、10秒。
④逆方向に90度向ける。これも10秒。
⑤仰向けに戻す。

この一連の動作を10往復、朝晩に行います。

良性発作性頭位眩暈がある人は、是非ためしてみてください。


また、良性発作性頭位眩暈は、要するに老化のようなものなので、カルシウムの摂取を増やすことも予防に役立ちます。

しつこい「めまい」には、大きな病院に「めまい外来」も増えていますので、そういった科を受診するのもよいでしょう。

就寝中のこむら返り対策




↑↑
明け方に「こむら返り」を起こしやすい人は、ふくらはぎの血行が悪くなっています!




PR
プロフィール

webrich2

忍解析、ブログ村

↓記事内容がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ