健康増進法ブログ

健康や病気、医学、美容やダイエットなどの情報を発信するブログです。

高血圧

薬を飲んでも血圧がなかなか下がらない高血圧症とは?

ブログネタ
病気、怪我 に参加中!

5月10日の記事に、”高血圧対策のふくらはぎ健康法”について書きましたが、今日のNHK夜7時のニュースで、「薬を飲んでもなかなか下がらない高血圧症」というものがあると取り上げていました。

今や、高血圧の人は4,000万人もいて、成人の3人に1人が高血圧だと言われています。

そしてその中で、どんな種類の薬(降圧剤)を飲んでも血圧が下がらない高血圧症の人が約10%=400万人もいるのだそうです。


それは一体どうしてなのか?
何が原因の高血圧なのか?



それは、『原発性アルデステロン症』という病気だそうです。


これは、腎臓の上に乗っている副腎という小さな臓器に腫瘍ができ、そのために、「アルデステロン」という血圧を上げるホルモンが過剰に分泌される病気(状態)です。

この『原発性アルデステロン症』の人が400万人もいるとは、にわかには信じがたいですが、ニュースではそのように言っていたと思います。


ある60代の男性は、血圧の上が200以上あって服薬治療していましたが、どんな種類の薬(降圧剤)を飲んでも170以下には下がらず、めまいなどの症状がありましたが、医師は「こんなもんでしょう」と匙を投げた格好だったそうです。そこで、東北大学病院で詳しく調べてみると、この病気だったのがわかりました。

治療の結果、見事に120台まで下がりました。

治療は細い管のような器具を副腎に刺して、腫瘍を焼き切るという方法で、体への負担は少ないようでした。



この病気は、医師の間でも認識が低く、専門的に診断・治療できる医師も少ないということでした。

『原発性アルデステロン症』の特徴は、夜間頻尿があることで、若い人から中年までで高血圧が薬でなかなか治らない人は、一度検査してみた方がよいということでした。


心当たりのある方は、一度大学病院などの大きな病院で相談してみてはどうでしょうか?


「キンスマ」(TBS)、高血圧vsふくらはぎ健康法

ブログネタ
やってみたい健康法 に参加中!

5月9日の「キンスマ」(TBSテレビ)は、”実証!一日たった5分ふくらはぎをもむだけで血圧が下がるとは・・・”という見出し(新聞番組欄)で、「高血圧vsふくらはぎ健康法」の特集をやっていました。

”ふくらはぎ揉み”の健康法については、以前に「キンスマ」でも特集をやりましたが、その時は冷え性を重点的に紹介していました。

今回は、高血圧をテーマにして、ふくらはぎ健康法の実証実験を試みた結果の紹介です。


高血圧症が危険な病気で、放置すると動脈硬化などを起こし、脳卒中や心筋梗塞などで突然死を起こすことがある怖いものだというのはご存知だと思いますが、ではそもそも、何故ふくらはぎをもむと高血圧によい(改善する)のか?

それは、人間の体は重力の影響を受けて、血液は下半身に溜まりやすくなります(血行不良)。
すると、心臓は体中に平均して血液を循環させようと、余計に働くことになります。その結果、強い力で血液を押し出すので、血管の圧力が高まり、高血圧になるのです。

そこで、ふくらはぎを揉むと、そこの血流が良くなり、心臓への戻りが良くなって心臓も負担が減り、無理に血液を押し出す必要もなくなって、血管への圧力(血圧)が下がっていくということになるわけです。

尚、医学的に正常な血圧は、140-90までとなっています。それを超えると高血圧ということになります。



番組では、高血圧を改善させるふくらはぎ健康法の実験に、2人の芸能人を起用しました。

●竹内都子(52歳)
実験開始前(番組収録時)は、156-97で、立派な高血圧症です。

●ジャガー横田(52歳)
実験開始前(番組収録時)は、148-92で、やや高血圧気味でした。

実験方法は、食生活は一切変えず、ふくらはぎもみだけで血圧は下がるのかを検証しました。
期間は1ヶ月間。ふくらはぎもみにかかる時間は5分位らしいです。

ふくらはぎの揉み方については、以前の「キンスマ」で紹介した方法を書いたブログがありますので、参考にしてください⇒(こちら)。


実際の実験の様子はここでは割愛しますが、2人とも開始後1週間あたりから効果が出始め、ジャガー横田さんは軽症だったためか、2週目には上下とも正常値になっていました。
結果として、

◆竹内都子
1週目平均145-90 ⇒ 5週目平均129-80に。

◆ジャガー横田
1週目平均134-91 ⇒ 5週目平均126-84に。

ということで、2人とも見事に高血圧は改善していました。

高血圧症はとかく、下(拡張期)の数字は下がりにくいものですが、ここまで見事に下がったのは凄いと思いました。

これはやらない手はないですね。


番組ではさらに、高血圧を改善する他の方法も紹介しました。

①手のツボ「合谷(ごうこく)」の指圧
高血圧撃退の魔法のツボとして紹介されていました。
親指と人差し指の間の筋肉の手首寄りにあるツボで、ここを押すと上半身の血流がよくなる効果があります。頭痛や首・肩こり、歯痛など、首・肩あたりから上の病によく効くといわれています。

ここを1日に5分を2回、左右交互に指圧(揉む)すると血圧も下がります。少し強めに押してもいいでしょう。

②体操
番組では、息を吐きながら上半身を大きく回す体操を紹介していました。これは副交感神経を刺激して胃腸の働きを活性化し、便通改善などで、血圧を下げる方法です。

③血圧降下によい食べ物
味噌、キウイ、アボカドの3つは血圧を下げる作用があるそうです。
味噌汁は1日1杯程度なら、高血圧の人でも塩分を気にする必要はないと言われています。


番組ディレクターでかなり高血圧のYさんが、この3つでどこまで血圧が下がるか実験したところ、168-109のかなり危険な数字が、18日間で128-88と劇的に改善してしまいました。

「ふくらはぎもみ」より効くんじゃないか、という感じですが、要は毎日継続することが大事なようです。



現在、高血圧症で服薬している人も、これらの方法で改善する可能性は高いですから、まずは試してみてはどうでしょうか?



心筋梗塞や脳卒中の危険が大きい高血圧の状態とは

ブログネタ
病気予防 に参加中!

高血圧の人は中高年を中心に多く、心筋梗塞や脳卒中の原因になるとして、様々な機会で適正な範囲に収めるように指導されています。

高血圧症の血圧の数値も、最近また厳しくなって、上の血圧は135以下、下の血圧は85以下と改正されたりしています。

”これはちょっと厳しすぎるのではないか”、と思っていましたが、それは主に上の血圧の数値を見てのこと。

しかし、心筋梗塞や脳卒中と血圧の関係については、単に高い・低いだけを見ていてはダメなようです。
上と下の数値の関連性も循環器疾患の危険因子になるようです。

それに注意していれば、心筋梗塞や脳卒中になりやすい血圧の状態がわかります。

読売新聞3月17日付けの健康欄のQ&Aに、その事が載っていました。

質問は、上が160台、下が70台で、血圧の上下の差が大きいことへの高齢者の不安でした。

回答者の医師(東京医大の医師)によれば、60代以降の場合、血圧の高さの数値だけでなく、身体の血管全体にかかる圧力である『平均血圧』、心臓が血液を送り出す拍動の大きさである『脈圧』の2つも考慮することが最近求められてきているそうです。

病気のリスクの少ない目標値は、『平均血圧』=90以下、『脈圧』=60以下です。

『平均血圧』の求め方は、「下の血圧+{(上の血圧ー下の血圧)÷3}」で計算し、『脈圧』は「上の血圧ー下の血圧」で求められます。

上の質問者の場合、
・『平均血圧』=70+{70+(160-70)÷3}=70+{90÷3}=70+30=100
・『脈圧』=160-70=90
となり、両方とも高く、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高い状態だということでした。

アドバイスとしては、上の血圧を少なくとも140~150程度に抑えるように、ということです。

高齢者では、動脈硬化が進んでいて、上の血圧が高くて下の血圧が低い場合があり、”上が高めだが、下が低いから、まあ大丈夫だろう”とは言えないようです。

上の数値だけが高い高血圧の人も、注意してコントロールするようにしましょう。


尚、血圧やその他の生活習慣などから、将来脳卒中になる確率がわかる算定表が最近公表されましたので、そちらもご参考に↓

脳卒中になる確率、簡単に予測できる算定表開発

白衣高血圧症は、対策も克服法も必要なし?

ブログネタ
健康雑学 に参加中!

今日、健診のため指定の病院へ行き、血圧測定されると高かった。私は家の血圧計で測ると、いつも上が100程度、下が60程度の低血圧気味なので、明らかに「白衣高血圧症」状態。

今回は上が149にまで上がったので、ちょっと酷かった。昨年は確か140まではいかず、130台だと思った。健診結果は、「経過観察」だった。

どうも健診は苦手で、多くの受診者に混じって検査の順番を待っているだけで、動悸がしてくるのがわかる。脇汗も自覚する。

別にほぼ健康体で、心配なところはないのだけど・・・。

「白衣高血圧」については、治療の必要がないのはもちろんだが、その対策とか克服法を求めて悩んでいる人も少なくないようだ。

しかし、よく考えると、病院での血圧が高くても、普段の血圧を把握して正常であるならば、健診の結果再検査とかの通知がきても、その旨を伝えれば済む話で、ことさらくよくよする必要はなさそうだ。

医師など医療機関側もそれは承知しているので、ゴタゴタと揉めることはないだろう。

それに白衣高血圧を克服しようと努力しても、精神安定剤でも使わない限り無駄な努力に終わると思う。今日も、血圧測定の瞬間にいろいろ落ち着こうとしてみたが、2回計って、2回目の方が10も高くなる始末だった^^; しかも、自動の血圧測定器で自分でスイッチを押すシステムだったのに・・・。

私の場合の「白衣高血圧症」はちょっと変わっていて、医師や看護士が相手で最初は数値が高くとも、「ちょっと高いから、深呼吸でもしてみてくださいな」とか言われると、それで落ち着いて2回目はギリギリセーフに収まるパターンが多い。

それなのに、機械が相手だと、自分の中の緊張感を上手く解けず、さらにヒートアップしてしまうようだった。

病院側としては、緊張しやすいタイプの人に気を使って、白衣の人間と対面せずに済む自動血圧計を導入しているのだろうが、それでも病院内の健診という特殊な状況では緊張感は簡単には解くことはできないのである。

だから、白衣高血圧の問題点は、再検査(たぶん、その時も血圧は高くなる)で治療の必要性を医師から告げられるかどうかという点なのだから、その時に”家庭では問題ない”と家庭での計測の数値を示して説明できるようにしておくことだろう。

そうすれば、病院でどんな血圧の数値になろうと、”毎度のことだ。しょうがない”と観念してしまえば、気持ちも楽になる。

・PS. その後、午後9時頃、家で血圧を測ったら、やはり上が111、下が65で、正常値(普段の私としてはやや
高め)でしたね。


高血圧と正常血圧の境界の数値はいくつか?

ブログネタ
健康雑学 に参加中!

<基準値下げて患者急増する高血圧疾患 年間2兆円の医療費に>
NEWSポストセブン2013年02月14日07時00分
 健康診断の結果を見ながら、「高血圧の基準値、昔はこんなに厳しかったかな?」と首をひねったことはないだろうか。 現在、日本高血圧学会が示す正常血圧は上(最高血圧)が130未満、下(最低血圧)が85未満というもの。健康診断などではこの数字を上回ると再検査や治療が必要とされる。

~途中略~

この厳しい基準値の問題点を指摘するのは東海大学名誉教授(元医学部教授)の大櫛陽一氏だ。

「血圧が高くなると血管が破れる疾患が起きるとされてきましたが、米国では血管の弱った脳梗塞治療患者でも185までは血管がすぐに破れる恐れはないという研究結果があり、それに基づく治療が行なわれています。
 血圧は状況によって変わりますから少し余裕を見る必要はありますが、例えば50代前半の男性ならば上が155、下が101、50代後半ならば上が161、下が102までは正常範囲内と言えます。
 また、160を大きく超えるような状況でも、薬を使うかは慎重に判断すべきです。薬で急激に血圧を下げると血液の流れが悪くなり、脳の血管が詰まる脳梗塞などを起こしやすくなる。特に高齢者の場合は高血圧より下げ過ぎのほうが危険です」(大櫛氏)

~以下省略~

http://news.livedoor.com/article/detail/7408395/
(ライブドアニュースより引用)

あれ?このニュース記事を見て驚いた。

現在の高血圧の医学的な定義って、「上が129まで、下が84まで」なの?
確か医学の教科書の正常血圧のモデル数値って、「上が120、下が80」だから、それとほんのわずかしか違わないことになる。

私が鍼灸学校で約10年前に学んだ時は、確か「上が140以上、下が90以上」が高血圧症だったから、たった10年で随分高血圧症の範囲が広がったんですね。

たった10年の間に人間の体なんて、そう変化はないのにね。

これでは、医者の稼ぎを増やすために病気を作っていると言われても仕方がないね。
”風邪と高血圧の患者がいなくなったら、内科の開業医はメシの食い上げ”と一昔は言われたが、今も大してその状況は変わらないだろう。

健康ブームが続き、国民も健康に気を使うようになって高血圧の患者が減って、より基準を厳しくしたんだと勘ぐりたくもなる。

果たして、正常血圧と高血圧の本当に正しい境界線はどこなのか?

アメリカでは、上は185まではOKという考え方らしいから、あまりに日本の医学界とかけ離れ過ぎている。

上の記事の大櫛氏が述べているように、上(収縮期血圧)が140程度までは心配する必要はないんじゃないだろうか?

健診で「血圧が高い」と言われても、ホイホイと医者の言う通りにせず、自分で普段の血圧を測りなおすなどして、落ち着いて対応しましょう。

就寝中のこむら返り対策




↑↑
明け方に「こむら返り」を起こしやすい人は、ふくらはぎの血行が悪くなっています!




PR
livedoor プロフィール
忍解析、ブログ村

↓記事内容がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ