健康増進法ブログ

健康や病気、医学、美容やダイエットなどの情報を発信するブログです。

うつ病

認知行動療法とは何?わかりやすく言うと。どんな事例に適応する?

最近話題の精神療法の『認知行動療法』。薬だけに頼らない治療法として、保険適用の対象疾患も広がるなど、国もその普及に努めているようです。なかなか難しそうな精神療法ですが、認知行動療法とは、わかりやすく言うとどんな治療なのか、どんな精神的症状の事例に向いているのか、読売新聞で4月に「医療ルネサンス」で取り上げられた特集を参考にまとめてみました。


1、認知行動療法とは?わかりやすく説明すると・・・

認知行動療法とは、うつ病や他の精神神経症状で悩む患者が、医師や心理士らと面接を重ね、ものの見方・考え方や行動パターンの幅(選択肢)を広げ、悲観的になりやすい考え方の癖を変えて、精神的悩みの根本の問題を解決できるようにしていく治療法です。

精神症状のいろいろな事例に適用できます。


我々の脳は、防衛本能が備わっているために、何かストレスの種になる問題があると、とかく最悪のことを考えて(あらかじめ心配しておいて)警戒する傾向があります。

それがほどほどならいいですが、過大に危険だと考えると、事態にうまく対処できなくなり、行き詰ってしまいます。

そういう状態から抜け出すために、専門の医療者と面接を重ね、問題解決能力を高めて、心にかかるストレスを軽くするのが認知行動療法です。


面接を重ねることで、物事の多面的な可能性を論理的に理解できると、徐々に余計な思い込みや感情が減りますし、その結果、物事の見方や問題への対処方法のパターンが増えることで、ストレスも減っていくわけです。



2、認知行動療法とは、どんな精神疾患(症状)の事例に使う?

認知行動療法は、「うつ病」に2010年に保険適用され、その治療に用いられることが多いようです。うつ病患者さんの中には、薬だけでは十分な効果が得られない事例の人もいますが、その場合に認知行動療法を用い、薬だけに頼らない治療として期待が寄せられています。

慶応大学の研究では、薬の効果が十分でなかったうつ病患者達が、この療法を行うと、1年後にはその7割がほぼ無症状に改善したという好結果の事例も出ています。

認知行動療法は、うつ病の事例の他に、2016年には社交不安症、パニック障害、強迫症、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの事例にも保険適用になりました。


また、病名のついた精神神経症以外にも、その治療コンセプトを用いて日常生活の問題解決にも生かすことができます。

読売新聞の「医療ルネサンス」では、育児の問題で応用する事例が紹介されていました。その結果、育児で悩む母親が、子供の問題行動を減らせ、子供との関わりに自信が持てるようになれました。


3、認知行動療法のまとめ

認知行動療法は、2017年の現在、多くの精神疾患で保険適用が進み、以前に比べずっとその療法を受けやすくなってきました。

医療現場以外でも、心の健康を守るために教育現場や企業などでも活用され始めているようです。

一方で、治療を施す医療者からすると、1回の治療に時間がかかるため、経営面での効率が悪く導入が遅れがちのようです。

また、十分な訓練を受けていないため本質をよく理解しておらず、かえって患者にマイナスになるような療法を無理強いする場面もあるとか。

こういう事態に対応し、厚生労働省は医療者向けに研修も行っています。


認知行動療法を受けてみたい人は、的確な治療を受けられるよう、各都道府県に設置されている「精神保健福祉センター」に問い合わせるのもいいそうです。


●最後に参考になる本を紹介しておきます。

「事例で学ぶ認知行動療法」(伊藤 絵美著、誠信書房)

著者は、認知行動療法、ストレス心理学が専門の臨床心理士さんです。



若い女性に「非定型うつ」が増えている

ブログネタ
病気、怪我 に参加中!

<昼間は元気、なのに夜は落ち込む「非定型うつ」>
日経ヘルス (1/2ページ) 2013/1/20
 最近よく耳にするようになった「非定型うつ」。女性に多く、発症年齢が20~30代と若いのが特徴。1日の中に気分の浮き沈みがあり、炭水化物や甘いものが食べたくなることが多い。
■うれしいこと、嫌なことで気分が乱高下
 定型うつ(典型的なうつ)の症状といえば、「眠れない」「食欲がない」「何をしても楽しくない」「朝は調子が悪く夕方にかけて少し良くなる」。
 しかし、最近はこのような典型に当てはまらない「非定型うつ」が増えていると見る専門家もいる。他人からの批判や小言に大きく動揺して落ち込むが、楽しいことがあれば気分が良くなるというように、1日のうちで気持ちが大きく浮き沈みするのが特徴だ。
 女性の患者数は男性の2~3倍、発症年齢は20~30代と若い。「非定型うつは、冬うつと同様に多眠・多食になりやすい。炭水化物や甘いものに対する渇望の症状が出ることが多い」(国際医療福祉大学三田病院精神科の平島奈津子教授)。
 長時間眠っても疲れがとれず、朝起きられないため、「今日も何もできなかった」と、夕方ごろから自己嫌悪になり、不安、落ち込みが強くなってくる。しかし、自分が好きなことは楽しめるため、周囲の人には「ただのナマケ病だ」と、なかなか理解してもらえない。「非定型うつの人は、自分がうまくいかないのは周りが悪い、と思ってしまう傾向がある。会社に対する不満も『今の職場では正当に評価されない』といった葛藤を抱えている人が多い」とパークサイド日比谷クリニックの立川秀樹院長は言う。
 考え方の癖や生活リズムの乱れなど、何らかの「なりやすさ」を持っている人が、ストレスをきっかけに発症するケースが多い。

~以下省略~

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK17039_X10C13A1000000/?n_cid=DSTPCS004
(日経新聞サイト記事より一部引用)


うつ病はいろいろなパターンが増えているようだが、また新しい「うつ病」が加わったようだ。

「非定型うつ」というものがあるらしい。「新型うつ」は、仕事中は気分が落ち込んだりして社会生活に支障がでるが、プライベートでは元気で旅行などにも行ける型だが、「非定型うつ」は、従来のうつ病の特徴と異なる”定型ではない”症状のうつ病だということだ。

その症状の、”気持ちに大きく浮き沈みがある””甘いものが食べたくなる”などは、漢方でいうところの『脾虚(ひきょ)』の証に似ている。

漢方医学では、脾臓は食物の消化吸収を司る器官だが、内臓器官の五臓の中では一番最後に完成(成長)する臓器といわれ、子供の段階ではまだ未発達だとされる。その脾は、思考(意志)を司り、甘(あまい)の味覚を司る器官でもある。

従って、「非定型うつ」の症状は、脾虚(脾の機能失調)と考えられなくもない。

精神的な病は時代の風潮を反映するだろうから、時代により病む病気にも流行のようなものがあり、漢方的にもそれは言える。

”腎虚の時代”とか”肺虚の時代”とか言われたりする。

そして今は、『脾虚の時代』なのかもしれない。

「非定型うつ」が20~30代女性に多いということは、大人になれない未熟な半子供の若い女性が増えているのではないだろか?

考え方の癖や生活リズムの乱れが一因というのも、バランスの取れた大人の考え方ができない、規律ある生活ができない、という子供っぽさの表れだ。

日本人全体が未熟化・幼稚化している現代では、今後このようなうつ病が増えていくことは十分に考えられる。

改善しないうつ病、それは本当にうつ病か?

ブログネタ
こんな現象大丈夫? に参加中!

うつ病の患者は増えているようだが、なかなか複雑な病気で、治療しても改善しない場合は誤診されている場合も多いようだ。

17日付けの読売新聞の「医療ルネサンス」欄は、精神科医の医療面接の問題点を問う特集だが、男子中学生が夏休み明けの9月に、朝方の身体の不調を訴え登校できなくなったケースで、精神科医がうつ病と診断し、投薬治療を続けるも改善せず、獨協医大の精神科を受診。

すると、問診で夏休み中の不規則な生活が尾を引いて寝不足になっていただけで、早寝早起きの生活を実行したら、すぐに回復したというケースが紹介されていた。これは精神科医の問診の不手際を指摘する事例だったが、単なる生活の不摂生でもうつ病に似た症状を起こし、誤診されることがあるということを示している。

他には、成人の場合で、うつ病が長期間改善しないケースで、食事の栄養指導を受け、栄養バランスに気をつけた食事にすると、急激に改善したという場合もあるらしい。

さらに糖尿病はうつ病とも関連が深く、『機能性低血糖症』という病気は、血糖のコントロールが困難になり、食後に血糖値が急上昇したり急降下するので、食後に猛烈な眠気、だるさ、集中力低下、イライラや不安感など、うつ病に似た症状がでるという。

これは、血糖値を乱高下させない食事療法をとると、そうしたうつ的な症状は改善する。

他に隠れた病気がある場合は別だが、うつ病で投薬などの一通りの治療をしても改善しない場合は、基本的な生活態度を見直してみるのも、改善にむけた一つの方法だと思う。

これは、うつ病だけでなく、不安神経症、アトピーなどしつこいアレルギー体質の人など、生活が片寄っている場合も結構多いのではないだろうか。

長年健康に関する情報に多く触れ、自分の周囲の事例も見聞きして、そのような印象を持つようになった。

だから、自分の症状に関する日記を書いて、それを客観的に見直すのも、改善への一歩となると思う。

睡眠、食事、運動、対人関係、これらを見直すだけで、精神的失調から回復する可能性は大きい気がするんだが。

あさイチ(NHK)、うつを食事で改善

ブログネタ
健康と食べ物 に参加中!

うつ病を食事で改善できる”という特集が、NHK「あさイチ」(9月12日)でありました。

うつ病の治療は、薬と休養が中心ですが、うつ病の患者の中には抗うつ剤が効かない人が3割もいるそうです。そうした人は、なかなか治らず重症化するケースも多いようです。

そこで、食事指導でうつ病の改善に効果を挙げている医療機関を「あさイチ」では取材しました。

重症のうつ病患者が最後に訪れる病院といわれる、『国立精神・神経医療研究センター』がそれで、栄養指導でうつの症状が改善するケースが相次いでいるそうです。

同病院の研究では、「うつ」になると不足する栄養素として「葉酸」が明らかになっていて、それは葉物野菜に多く含まれています。

同病院の症例として、61歳の重度うつ病の女性が登場。彼女は6年間、うつ病で苦しんできました。

6年前に身体がフラフラするようになり、それから無気力、死にたい衝動に駆られるように。
食事は、夫が用意する菓子パン類やソーセージ、ハンバーグ、パック入りの寿司などが中心で、1日に8食にもなっていき、肥満と糖尿病にもなりました。

主治医が変わり、炭水化物と脂質が過剰の食事を改善するため栄養指導を受け、野菜をたくさん食べるようにし、バランスの取れた食事に変えました。すると、3ヶ月で中性脂肪と血糖の数値が改善し、薬も併用していますが、うつ病もぐんぐん良くなっていきました。

主治医は、うつ病の治療において、食事が良くなると明るくなるという手応えがある、と言っています。

今まで、同病院では約100人が栄養指導を受け、ほぼ100%の効果が出ているとのことです。

さらに、”プチうつ”状態の女性を対象に、血液検査を利用した栄養状態の調査も行い、精神と栄養の関係も調査しています。

寝つきが悪い、やる気が起きない、頭痛、汗を多くかく、などの不安定な症状を持つ女性の日常の食事内容を調べると、
・葉物野菜が非常に少ない
・インスタントものやジュースのみで、料理の形をしたものを食べていない
などの偏りが明らかになりました。

これら栄養の偏りのあるプチうつの女性が食生活を改善すると、不安定な症状も改善する結果となっています。

うつ病は生活習慣病と関係が深いことが分かっているため、食事については、バランスのよい食事と規則正しい食生活を実行すると、うつ病は改善に向かうと考えられているようです。

ちなみに、うつ病と関係の深い栄養素として、
[ビタミン・ミネラル類]
ビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸、鉄、亜鉛
[脂肪酸]
DHA、EPA
[アミノ酸類]
トリプトファン、メチオニン(必須アミノ酸)、フェニルアラニン、チロシン

があるそうです。これらの栄養素は普段から摂取しておくと良いということです。

しかしながら、注意すべきは、特定の栄養素を摂取しようとメニューなどを考えると、悪玉コレステロールが増えたりと弊害もでるので、あくまで色々な食材を満遍なくたべるバランスのよい食事を心がけるべきで、不足しそうな栄養素は補助的にサプリを利用するとか工夫するに止めるべきだということでした。

ちなみに野菜ジュースでの代用の可否については、ジュースは流動物なので噛む行為がなく、脳の血流を促さないので、望ましくないということでした。野菜は食事で取り、ジュースは補助ということです。

また、糖尿病とうつも関係があり、”糖尿病だと3倍うつになりやすく、うつだと3倍糖尿病になりやすい”という傾向があるとか。

この観点からの「うつに効く食事」は、”ごはん、納豆、おくら、長芋”のセットです。これらはネバネバの食材で、血糖を上げにくい作用があります。

以上要するに、食生活は生活の基本に関わるものですから、それを規則正しく、バランスのとれたものにすることで、うつ病は回復傾向に向かう可能性があるということでしょう。

辛くても、まずは食生活を正す努力を始めることから、回復への道が開けてくるのかもしれません。

◆ 関連記事
「あさイチ」、うつ病治療の新常識

うつ病の新しい治療法「マインドフルネス認知療法」

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!

ここ数年で急増していると言われている「うつ病」ですが、主な治療法は薬物療法と精神科療法(医師とのカウンセリングなど)ですが、精神科療法分野に最近新しい治療法が登場したようです。

読売新聞の8月20日~の「医療ルネサンス」欄に、その紹介記事がありました。

うつ病のカウンセリング療法(精神科療法)としては『認知行動療法』がよく知られています。

これは、うつ病特有の考え方の偏りに気づき、他の見方や考え方を見つけて修正していく心理療法で、ついマイナス面ばかりが思い浮かぶ考え方を、別の角度からはプラスにも考えられるという風に変えて行く心理療法です。

この認知行動療法は、軽度から中程度のうつ病で効果があるらしいですが、それでも改善が思わしくない場合は、90年代から欧米で普及し始めた『マインドフルネス認知療法』を試みる医療機関もあるようです。

『マインドフルネス認知療法』は、考え方を修正するのではなく、意図的に今現在の体や心の状態をそのまま受け入れるようにする治療法ということです。

元は仏教の瞑想を取り入れたストレ低減のためのものだったのを、うつ病の心理療法に取り入れたのが始まりだそうです。

新聞記事で紹介された『マインドフルネス認知療法』は、呼吸法と合わせて行う方法で、「3分間呼吸空間法」というものを自宅でおこなうものです。

自分の体や思考・感情をこころで観察しながら呼吸法を繰り返し、さらに日々の出来事をノートに記録します。ノートには、出来事だけでなく、それに付随する体の感覚や感情・考え方なども記載します。

この「3分間呼吸空間法」を実践したうつ病の中年の女性は、症状が改善していき、8種類飲んでいた薬も1つだけに減らせたそうです。

日本ではこの『マインドフルネス認知療法』を行っている医師は少ないかもしれませんが、うつ病の方の参考になれば幸いです。

・関連HP
http://mindfulness-forum.com/

・関連書籍
「マインドフルネス認知療法 うつを予防する新しいアプロ-チ」(北大路書房)

就寝中のこむら返り対策




↑↑
明け方に「こむら返り」を起こしやすい人は、ふくらはぎの血行が悪くなっています!




PR
プロフィール

webrich2

忍解析、ブログ村

↓記事内容がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ