健康増進法ブログ

健康や病気、医学、美容やダイエットなどの情報を発信するブログです。

頭痛

「駆け込みドクター!」(TBS)、頭痛の悩み解決SP(4つのタイプの頭痛)

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!

TBSテレビ「駆け込みドクター!」(11月17日)は、”頭痛の悩みを解決SP”という特集でした。


日本人の4人に1人、約3千万人が悩むといわれる頭痛。その頭痛は4つのタイプに分けられます。その頭痛のタイプを知り、上手に付き合っていくための知識を提供してくれたのが、今回の番組でした。

まず、日常的な頭痛を3つのタイプに分類すると、

1、じわじわ型(緊張型頭痛)
2、ズキズキ型(片頭痛)
3、激痛型(群発頭痛)

となります。以下、それぞれの原因と対処法が紹介されました。


1、緊張型頭痛の原因と対処法

[主な原因]
肩や首のこりが主な原因です。

几帳面な性格などストレスを溜めやすい人がなりやすく、首・肩の筋肉が緊張&収縮し血管や神経を圧迫して血流が悪化、筋肉に老廃物が溜まりやすくなり、痛みとなります。

[対処法]
リラックスして凝りを取ること。マッサージや入浴で首・肩を温める。

◆頭痛体操
番組出演の医師が、緊張型頭痛に効果的な体操を教えてくれました。

①肩の力を抜いて、肩をゆっくり上げ下げ(3回)
②首を横に倒す(左右に3回)
③首を回す(左右3回)

簡単ですが、これでも凝りが改善されることが多いそうです。

但し、この頭痛体操は緊張型頭痛の場合だけにすること。他の型の頭痛だと悪化する場合があります。


2、片頭痛の原因と対処法

[原因]
頭の中の血管が何らかの刺激で拡張して炎症を起こすため。それが神経に影響し、頭痛が起こる。

症状としては、頭の片側、または両側がズキズキと脈打つように痛む。人により感じ方が違い、「突き刺すような」「締めつけるような」という人もいる。
吐き気や嘔吐を伴うこともある。

痛みの特徴として、緊張型頭痛より痛みが強く、仕事が出来ないくらいに痛むのは片頭痛の可能性が大。

頭痛のキッカケは沢山ある。

・低気圧(台風も)の接近、・温度差(寒い外から室内へ、など)、・人ごみ
・寝すぎ、・ストレス、・過度の飲酒、・まぶしい光、・騒音、など。

他に、チョコレート・赤ワインは成分のポリフェノールが、チーズはチラミンという成分が血管を拡張させるので、片頭痛を起こすキッカケになります。

◆生活習慣
この頭痛では、「朝食抜き」の生活は危険です。

朝ごはんが食べられないのは、人間の身体にとっては餓死の危険を本能的に察知することになり、ストレスとなって脳の血管が拡張してしまうからです。

片頭痛がある人は、規則正しい食生活を心がけることが大事。


また、「ウィークエンド頭痛」といって、休日にリラックスすると血管が緩んで(拡張)して、頭痛になる人もいます。スポーツをするなど、適度な緊張が有効なことも。


[対処法]

・風呂に入り温まると、血管か拡張し、よけいに悪くなります。頭痛が起きたら、風呂に入らず、シャワー程度で済ますこと。

・頭は保冷剤をタオルで巻いて当てるなど、冷やすと収まる場合もあり。

・緊張型と片頭痛を両方持っていて、どちらかが起こる頭痛もありますが、その時は片頭痛として対処すること。片頭痛の方が痛みが強いので、対処を誤った時のリスクが大きいからです。


★危険な頭痛=「薬物乱用頭痛」

市販の鎮痛剤など飲みすぎると、脳が痛みに敏感になって、かえって頭痛がひどくなってしまいます。また薬は効きにくくなり、より強い薬が必要になるという悪循環に陥ってしまいます。薬の飲みすぎによる慢性化した頭痛です。

このタイプの頭痛に対しては、予防薬があるのでそれを服用し、脳の過敏性を取ります。
すると、元の片頭痛のスタイルに戻っていくので、痛い時だけ特効薬を飲むと薬が効くようになるそうです。



3、群発頭痛の原因と対処法

20~40代の男性に多く、発症は1万人に1人程度と少ない。
目の奥に激痛が起こり、自殺したいと言う人もいるほど強烈な痛みが特徴。

激しい頭痛が数日続いたら、すぐに病院へ。たぶん市販の鎮痛剤では対処できません。

ペインクリニックで、神経ブロック(麻酔薬の注射)をする治療あるようです。

[原因]
血管の拡張が原因か?

[対処法]
専門医に相談する


4、命に関わる危険な頭痛

最後に、生命にかかわる非常に危険な頭痛があるので、注意。
いつもと違う強い頭痛を感じたら、即病院へ(または救急車)。

・脳卒中 ----- 頭痛と同時にめまいやしびれが出た時は注意
・くも膜下出血 ---- 後頭部に強烈な痛みの時は注意




みんなの家庭の医学、「片頭痛の原因が心臓の穴の場合がある」

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!

みんなの家庭の医学」(テレ朝、3月5日)は、”セカンドオピニオン7、長引く症状が劇的解消!”という2時間SP番組でした。

今回は、「頭痛」「心臓病」「肛門の病(痔ろう)」の3つの症状の特集でしたが、ここでは「頭痛」についてご紹介します。

登場する名医は、獨協医科大学病院(栃木)の平田医師。30分間の丁寧な問診が、頭痛の陰に隠れた危険な病気を発見するのに威力を発揮していると評判です。

そもそも頭痛は、日本人の4人に1人が抱えている症状で、約3,000万人もの人が悩んでいるそうです。その多くは原因不明とのこと。しかし、その中には危険な病が潜んでいることもあるようです。

「頭痛」については、これまでの”セカンドオピニオン特集”でも何度か取り上げたかと思いますが、今回のケースは、かなり意外な病気が頭痛の原因でした。

[症例]
30歳、女性、会社員。
左のこめかみの頭痛がよくあり、緊張が解けてリラックスしている時によく起こっていた。いつも市販薬で頭痛はゆるんでいた。
ある日、仕事中に突然頭痛がし、いつもと違い右側のこめかみが痛かった。その後だんだんと痛みは頻繁になり、市販薬では治まらなくなった。
病院を受診すると、「片頭痛」と診断され、薬を処方された。しかし薬を飲んでも頭痛は治らず、頭のあちこちで起こるようになった。ある会議の日、後頭部の激しい頭痛に襲われ、手のしびれも現れた。

そこでセカンドオピニオンで、平田医師を受診。
①頭痛の場所が変わる、②緊張時にも起こる、③手のしびれ、から平田医師は心臓の異常を疑い、検査した。

すると、心臓の右心房と左心房の間の壁に穴が開いているのを発見した。それは、右心房に戻る全身の静脈血の一部が穴から直接左心房へ、さらに脳へ行ってしまい、静脈血に含まれる老廃物である血栓が脳の血管を詰まらせ、「脳梗塞」を起こしていた。

以上が今回の症例ですが、頭痛の原因が心臓の欠陥(壁の穴)だったという、想像もつかないケースでした。

そしてさらに驚くべきは、”片頭痛の多くの人に、心臓の壁に穴が開いているらしい”ということです。これは最近になって分かってきた事実らしいです。その確率は40~70%というから凄い数字です。

心臓の壁に穴が開いている人は多いらしいですが、それは針の穴ほどのもので、通常は問題になりませんが、片頭痛の人はその穴が多少大きいのではないか、ということでした。そして、緊張や興奮などで心臓の鼓動が強くなると、血流の異常も大きくなり悪化するのだろうということです。

この症例の女性は、小さな隠れ脳梗塞を沢山起こしていたということです。

片頭痛の人は前兆として、キラキラした光を感じることがありますが、そうしたいつもの片頭痛でも、経験のない以前と違う症状を伴っている場合は、注意が必要だということでした。


さらに、睡眠時無呼吸症候群の人も、脳が酸欠状態になり頭痛が起こることがあるそうです。
それも注意が必要です。

頭痛はストレッチで治せる

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!

頭痛で悩む人(特に女性)は多いそうですが、その中でも薬が効かなくてなかなか治らない頭痛が最近問題になっているとか。

そういった頭痛は、「薬物乱用頭痛」と言いますが、バファリンなど鎮痛薬を使いすぎたせいで症状が悪化したり、新たな頭痛を引き起こしたりする頭痛のことです。


「薬物乱用頭痛」の医学的な診断基準によれば、1ヶ月に15日以上頭痛があったり、単一成分の鎮痛薬を月に15日以上使用、複合成分の鎮痛薬なら10日以上使用、そして頭痛の悪化や違う痛みがでてきた場合などはこれに該当するようです(国際頭痛学会の診断基準=過去の読売新聞記事から)。


こうした手こずる頭痛の人は、もう市販薬に頼らず、頭痛外来のある大きな病院を受診することが必要で、改善する人も多いと聞きます。

しかし、頭痛(「薬物乱用頭痛」に限らず)は必ずしも市販薬や病院での治療によらずとも、治す方法があるらしいです。

それは、”ストレッチで頭痛を治す”という方法です。

5月29日に発売される『頭痛はたった1分のストレッチで治る!』(講談社の実用BOOK)という本でその方法が公開されます。

著者は、岩間良充という柔道整復師ですが、オリンピック選手も指導するベテラントレーナーでもあり、脳卒中以外の頭痛なら独自のストレッチの方法論で治せるとか。

その方法論は、頭痛を誘発する筋肉の凝りを解くための独自の方法を、どの種類の頭痛でもそれぞれ毎日1分間やるだけで、頭痛を解消できるというものです。

これは薬で症状を抑えるという対症療法ではなく、頭痛を根治させるというものですので、頭痛持ちの人は一見の価値があるかもしれませんよ。

就寝中のこむら返り対策




↑↑
明け方に「こむら返り」を起こしやすい人は、ふくらはぎの血行が悪くなっています!




PR
プロフィール

webrich2

忍解析、ブログ村

↓記事内容がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ