健康増進法ブログ

健康や病気、医学、美容やダイエットなどの情報を発信するブログです。

自律神経失調

自律神経失調症による動悸に効く薬に「救心」が人気

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!

明日は冬至。寒さが一段と増してくる季節になりました。

寒さによる血圧上昇や、戸外と屋内の温度差による自律神経の負担からくる失調などで心臓に負担がかかり、動悸や息切れを起こす人が多くなります。
こういう自律神経失調症の場面で、動悸・息切れに効くと『救心』の広告が新聞紙面に出ていました。

私の母(80代)も普段、高血圧気味で、特に冬の寒い日は血圧が高めになると、軽い動悸がしてくるので分かるそうです。

医者から高血圧のは出ていますが、動悸については特に薬はないので、本人は我慢しているようです。

母はやや神経が細いところがあるので、多少は自律神経失調症も隠れているかもしれず、そうすると母にも『救心』は効果があるのではないかと、広告を見てふと思いました。

そこで、ネットの悩み相談サイトなどで検索してみると、『救心』は意外にも多くの人が服用しているのに、ちょっと驚きました。

ほぼ漢方成分だけで作られている漢方薬のような薬なので、安心感があるせいかもしれません。

メーカーの救心製薬の話だと、「動悸・息切れ」ではどんな場合でも、飲んで余計に悪くなることはないそうです。

そのため、常備薬として何年も飲み続けている高齢の人も多くいますし、30代40代の若い世代でも使っている人がいました。


ただ、動悸は心臓という重要な臓器の症状のため、『救心』を服用するのをためらう人もいるようで、悩み相談サイトにはいろいろな疑問が寄せられていました。


・心臓の症状について、医者から異常はないと言われた場合に効果あるか?
・精神的な動悸に効果あるか?
・安定剤や自律神経失調症の薬との飲み合わせ
・常用しても平気か(副作用など)


などです。

どんな薬にも副作用はあるので、これらの疑問には薬剤師に相談するべきですが、自律神経失調症の原因の一つが精神不安や緊張にあるとはいっても、日常生活の緊張する場面で起こる動悸(心臓がドキドキする)には、効きません。

『救心』は、心臓と体調と両面からコンディションを整える漢方の薬であって、気持ちを落ち着かせる精神安定剤ではないからです。

この点、若い人などは勘違いをしている人も多いようでした。


私はこれまで、てっきり頓服的な強い薬だと思っていましたが、保健薬的な使われ方もしている薬だと初めて知りました。

動悸がして、医師に「気のせい」とか言われている人は、一度薬局の薬剤師に相談してみてはどうでしょう?



自分の体調不良がわかるチェック方法

ブログネタ
健康雑学 に参加中!

疲労やストレスなどで体調不良に陥る時、体の一部分に特有のサインが出ることがあれば、事前に休養や睡眠など体調不良を回避する対策を取ることができます。

体調不良には体のバランスを取る自律神経の失調(乱れ)が関係していることが多いので、自律神経のチェックで体調不良を知る方法があるそうです。2/9のエキサイトニュースサイトに、その記事がありました(http://www.excite.co.jp/News/column_g/20130209/Cobs_ly_201302_post_3093.html)。

それによると、目の瞳孔が光に対して拡大・収縮するスピードで、自律神経の働き具合がわかるようです。

瞳孔は光の量が多いと収縮し、少ないと拡大して、目に入る光の量を調整していますが、その機能は自律神経が司っているので、ストレスや疲労などで自律神経の働きが弱っていれば、その収縮・拡大の動きも遅くなっているということのようです。

チェックの仕方は、鏡を見ながら、目の横にペンライトなどの小さな光源を用意し、一瞬顔の側方から目へ光を当て、瞳孔の収縮の変化の様子を見ます。

これを体調の良い時と比較し、動向の反応が悪ければ、自律神経の失調などで体調不良になる可能性があるということです。

体調不良でなくとも、パソコン作業など目の酷使状態でも瞳孔の反応は遅くなるでしょうが、そういうことがなく、反応が遅ければ一応要注意として、休養をとったり睡眠時間を増やしたりして体調を整えることができますね。

尚、自律神経研究の第一人者の小林弘幸医師によれば、普段の動作をゆっくりとすることに心がけると、
副交感神経が優位になって、自律神経の調子が整い、健康によいということです。ですから、自分の行動を振り返って、あくせくしていたら、意識的にゆったりと動くようにするのもよいかもしれません。

どうぞご参考になさってください。

副交感神経で健康になる本

ブログネタ
健康雑学 に参加中!

最近、テレビの健康番組などでも注目が集まっている「自律神経」。特に心身の健康維持には副交感神経を優位気味にすることが大切だとされています。

そこで、自律神経研究の権威が書いた最新の健康本をご紹介。

順天堂大学教授、小林幸弘医師の『ゆっくり生きれば、遠くまでいける』という本です。

”遠くまでいける”とは、長生きできる、という意味でしょう。

新聞広告によれば、「ガムを噛むと理想的な自律神経バランスに」「空を見上げるだけで、身体は瞬時に変わる」、「週に一度、睡眠の日を作る」など副交感神経の働きをアップさせる、かなり具体的な健康ノウハウが満載のようです。

現代では自律神経のバランスがちょうどよく保たれている人は少なく、誰もが身体のどこかしらに、不調を覚えているでしょう。こののノウハウのどれかで、副交感神経を整えることができれば、それだけでも一生モノの健康法になるかもしれません。

私も、ついセカセカと行動しがちなので、この本を参考に、ゆったりした生活を心がけてみようかと思っています。



『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』の著者最新刊!「自律神経」の第一人者、メディアにひっぱりだこの著者が教える、人生を変える毎日のすごい習慣47。実践すればすぐに効果が出る!
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ふだんの生活を少し「意識」して変えるだけ。本当の健康がここにある。予約の取れない医師が語る「健康の極意」。

【目次】(「BOOK」データベースより)
はじめに なぜ、ゆっくり生きると健康にいいのか?/第1章 「ゆっくり」を意識するだけで体は変わる/第2章 ゆっくり生きるために取り入れたい「プラスαの健康習慣」/第3章 「ゆっくり」は人間関係を劇的に変える/第4章 時間の使い方で「人生の質」が変わる!/おわりに 本当の健康を手に入れるために

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小林弘幸(コバヤシヒロユキ)
1960年、埼玉県生まれ。順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。87年、順天堂大学医学部卒業。92年、順天堂大学大学院医学研究科(小児外科)博士課程を修了後、ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児外科講師・助教授を歴任し、現職に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

自律神経を整える純正律の音

ブログネタ
やってみたい健康法 に参加中!

最近の健康ブームの流行キーワードに「自律神経」があり、自律神経のバランスを整えると、健康になれるといわれています。

自律神経を整える方法にはいろいろなものがありますが、その一つに音楽を聴くものがあり、さらにそれは楽曲を聴くものと自然界の音を聴くものに大別されるようです。

その楽曲による音楽療法的なものに、ここで紹介する『純正律』というものがあります。

特に、耳鳴り・不眠・高血圧に効果があるらしいですね。

不定愁訴などで体調のすぐれない人は、試してみてはどうでしょうか。



完璧に調和し、どこまでも透明な和音を奏でる「純正律音楽」。脳が究極にリラックスして自律神経が整い、「ブーンと響く耳鳴りが消えた」「補聴器が不要になった」「朝まで熟睡できた」と喜びの声が続出している。病院や介護施設でも活用され、効果を上げている奇跡の音楽を医師が詳しく解説。
ヴァイオリンやハープの音色が美しい「純正律音楽」CD付き。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
完全に調和した「ドミソ」の和音を聴くと、血管や内臓を支配している自律神経のバランスが整い、さまざまな不調が改善していきます。また、脳が究極のリラックス状態になることも、実験によって明らかになっているのです。著者自身が医師として実感し、確認した「純正律」の効果を、本書で詳しく報告します。
【目次】(「BOOK」データベースより)
1 「純正律」って何?(カラオケでハモったときの快感が「純正律」/私たちが耳にする音楽の99%は「平均律」 ほか)/2 医療の現場で活用される「純正律」(純正律の美しい響きが全身を揺さぶる!/耳が平均律に慣らされてしまっている ほか)/3 難聴が治った!耳鳴りが消えた!ぐっすり眠れた!(自律神経の乱れを整え、体調を改善する/わずか2時間でテレビも電話もはっきり聞こえる!聴力が回復し補聴器が不要になった ほか)/4 純正律をもっと楽しむために(純正律音楽CDの聴き方/1日何回聴けばいい?注意点は? ほか)


「世界一受けたい授業」夏の自律神経力アップ法

ブログネタ
けんこうになりたい!! に参加中!

7月7日の日テレ「世界一受けたい授業」で、”自律神経力アップ”特集がありました。

夏の自律神経の乱れによる体調不良とその解消法の特集です。

医学監修&解説は、自律神経の専門家の小林弘幸医師(順天堂大学教授)。

最近の健康に関する話題では、自律神経が注目されていますが、夏バテ、夏かぜ、イライラ、夏の冷え性なども自律神経の乱れが原因となっている場合が多いそうです。
さらには「新型うつ病」も自律神経の乱れが一因とも。

さて、夏場の自律神経の乱れの原因は、汗と脱水です。

汗は体温を下げるために必要な生理的現象ですが、今は冷房が行き届いた環境のため、汗をかくことが出来ず、体は不自然な環境に対応しようと交感神経の活動が過剰になってしまっています。また、汗をかいて脱水になれば、それ自体が自律神経のバランスを崩しますし、汗と共にマグネシウムも失われてしまい、糖尿病や生活習慣病のリスクが高まるということです。

ですから、適度な運動で汗をかくことと水分の適切な補給が大切です。

自律神経は、交感神経と副交感神経が共に1:1と等しく活動してバランスを保っているのが理想的な状態です。

そのバランスを調べるのに最新・世界初の自律神経の検査器具として、「心拍センサー」という小さなパッドのようなものがあり、胸の当たりに貼り付けて24時間自律神経の働きを計測できます。

それでゲストの自律神経のバランスを調べたところ、以下のようになりました。

・沢村一樹 ----- 夜就寝中でも小さなストレスがかかっている状態で、交感神経が82%の割合で活動状態だった。

・志田未来 ----- 本人は神経質な性格だと言うが、計測の結果はよく、気持ちの切り替えが上手なタイプだった。

・クリス松村 ----- ストレスがかかりやすい性格と判明。

・鈴木奈々 ------ おバカキャラで能天気のようだが、ほぼ一日中ストレス状態だった。モデルの人は、体型や服装など容姿に常に気を使うので、無意識にストレスに曝されているらしい。

・次長課長の井上 ----- 仕事中も含め一日中リラックスしっぱなしの異常な結果に。一方、河本は適度なストレスを感じていて、結構マトモだった。

・仲間由紀恵 ---- 日中から夜の仕事中はややストレスを感じているが、自律神経力(活動量)はゲストの中ではダントツによい。有田の自律神経力は100でバランスが良いが、仲間は175でさらに良い数字。ちなみにクリス松村は20。

最後に自律神経の整え方として、小林医師が気持ちを落ち着ける方法を伝授しました。

それは、手の甲の手首の上あたりを、反対の手の人差し指と中指を揃えたもので、一定のリズムでトントントンと叩くことです。
このリズムが自律神経のバランスを整える作用を持つそうです。

何か緊張する場面(人前で話すとか)の前に、1~2分間この方法を行っておくと、緊張感が緩む効果があるということです。

就寝中のこむら返り対策




↑↑
明け方に「こむら返り」を起こしやすい人は、ふくらはぎの血行が悪くなっています!




PR
livedoor プロフィール
忍解析、ブログ村

↓記事内容がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ