健康増進法ブログ

健康や病気、医学、美容やダイエットなどの情報を発信するブログです。

いぼ痔に市販の薬は本当に効く?

ブログネタ
悩み解決・悩み相談講座 に参加中!

先月下旬に突然いぼ痔になり、市販の薬を使用して小康を得た経験から、”いぼ痔に市販の薬は効くか”について、ちょっと書いてみます。


 

私は以前から胃腸が弱く、下痢しやすいたちだったので、うすうす将来的に「痔」になるかもしれないと危惧していたのですが、3月20日の春分の日に突然、肛門がヒリヒリと痛みだし、翌日、「いぼ痔」だとわかりました。

”ひどくなれば病院の肛門科へ行かねばなるまい”と覚悟の上で、とりあえずは市販の痔の薬で様子を見ることにしました。

痔の市販薬といえば、真っ先に思い浮かぶのが『ボラギノール 』。

私もそれを買いました。
 

ボラギノールは、肛門内(直腸)に注入もできるし、軟膏として肛門に塗ることもできる両用の薬です。

いぼ痔も成り立ては、肛門全体が炎症を起こしているようで、疼くようにヒリヒリするので、まずは内側から対処しなければと、注入を試みました。

私は坐薬など一度も使ったことがないので、かなり緊張しましたが、意外にも肛門というものは柔軟で、難なく注入できました。違和感も想像したより少なく済みました。

ボラギノールの注入は初めの2日ほど(1日に2回)行いました。その後は結局、肛門に飛び出している「いぼ痔」を何とかしなければならないので、外用に切り替え、軟膏としてイボ痔自体に塗ることにしました。

それを3日ほど続けると、炎症が治まってきた感じがし、ヒリヒリ感も薄らぎ、楽になってきました。最初の苦痛を10とすると、5くらいでしょうか。

ボラギノールは、10本入りで1日に2回使用の指定なので、5日間でなくなってしまいます。
 

そこで2箱目を買わなければなりませんが、どうせなら別のを試そうと、今度は『プリザエース』を買ってみました(こちらも同じ値段)。

プリザエースも、ほぼボラギノールと同じ薬ですが、こちらはスーッとするメントールの成分(かゆみ対策)が入っています。1日に2~3回使用で、説明書も図解などあってやや丁寧な作りになっていました。どちらかというと、イボ痔よりも切れ痔を主な適応にしているようです。

効能書きも、ボラギノールではイボ痔が先頭なのに対し、プリザエースは切れ痔を最初にもってきてありますから。

私はメントールのスーッとするのは苦手なので、プリザエースは外用のみにしました。初めはスーッ感がイヤでしたが、2,3回で慣れましたね。

プリザエースでも1日に2回軟膏として使用し、徐々に量を減らして使いました。
 

どちらの薬も10日以上使用して改善しない場合は医師の診察を受けるように注意書きがあり(ステロイド成分を含んでいるので長期の連用は好ましくないのかも)、私もそれを目安にしていましたが、ほぼジャストの10日ほどでかなり楽になり、10の苦痛は2週間後には2,3位までになり、ホッとしました。

約3週間ちょっとの現在、痛みやヒリヒリ、腫れぼったい感じなどはなくなっています。
ただし、いぼ痔は治ったのではなく、炎症(痛み)がおさまっただけです。小さなブドウの房のようなピョコンと飛び出した痔核はハッキリとあり、手で押し戻してもすぐに元に戻ります。

たぶん、肛門科で治療しない限り、そこままでしょう。


さて、今回初めて「いぼ痔」を経験して、”市販の薬が効くか”ですが、”小康状態に持っていくことはできる”といえるでしょうね。

それも程度の問題で、よほど酷い場合はやはり専門医に相談せざるをえないでしょう。
ちなみに、患部が化膿している場合はこれら市販薬は禁忌なので、使えません。危険なので、速やかに肛門科へ行きましょう。

以上私の経験から、現在、いぼ痔(切れ痔でも)でお困りの方は、とりあえず「ボラギノール」か「プリザエース」なら、試してみてもいいのではないでしょうか?


PS.
上の時から半年以上経った12月現在、いぼ痔は治まったままです。
外から肛門を触れれば小さな膨らみは触れますが、何の違和感もなく、肛門を意識することもなく、普通に生活できています。

これは仕事など生活環境が若干よくなり(ストレスの軽減)、胃腸の調子を崩すことが少なくなって、下痢をすることが少なくなったのが大きな理由だと思います。

経験として、下半身の血行がよくなるのも確実に痔にはいいので、入浴の際は浴槽でよく温まるようにしましょう。

そして、日常の排便後は、できるだけ肛門を洗って清潔にしましょう(ウォッシュレットなどあるといいですね)。



洋式トイレは、実は痔になりやすい!

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!

便器のタイプととの関連についての記事があったのでご紹介。

実は最近、私は痔(イボ痔)になり、ちょっとツライ思いをしたので、この記事が気になりました。

意外な内容に戸惑うかもしれませんが、多くの人に参考になるとおもいます↓


<懐かしき和式トイレの意外な「効能」>

~前半省略~
なぜ、トイレで本や新聞を読んでいると痔になりやすくなるのか。それは、1)本を読んでいると気が散って、トイレで座っている時間が長くなる、2)トイレで長く座っていると肛門管の静脈が膨らむ、3)この膨らんだ静脈が大きな痔になる、というわけだ。米国人の7割が生涯に1度は痔になるという。

~途中略~
「究極的に健康なトイレ習慣を目指すのなら、そもそも腰掛けるべきじゃない。しゃがまなくちゃいけない」というものだった。
 彼の独自のリサーチによると、腰掛け式のトイレが発明されたのは16世紀で、比較的最近のことだ。そして、そもそも「我々の体はトイレで腰掛けるようにはできていない。野外でしゃがむようにつくられている」という。
 腰掛けて排便するとしゃがんだ場合より腸にかかる緊張が大きく、痔ができやすくなる。この問題はいくつかの医学研究で取り上げられている。

~以後略~

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0200H_S3A500C1000000/?df=2&dg=1
(日経新聞サイトより一部引用)



洋式トイレは痔になりやすい、という衝撃的な事実!

驚きですね・・・。

実は我が家は古い借家なので、トイレは和式です。

それでは何故、痔主になったのかといえば、胃腸が弱く下痢しやすい体質だからです。

いぼ痔は便秘も下痢もよくないらしいですから。

それはともかく、洋式トイレで、長く時間をかける人は気をつけてください。便意をもよおしたら、サッサと済まし、早くトイレを出る習慣をつけるのが身のためです。


いぼ痔の手術が必要な場合とは?

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!

先日の読売新聞の健康相談欄に、”いぼ痔切除 1年たっても痛い”という質問記事が載っていました。

いぼ痔の手術をしたが、その後1年もヒリヒリ・ズキズキする痛みが続いている場合、どうしたらよいだろうか、という相談内容です。

実は私も軽いイボ痔の持ち主なので、この健康相談は真剣に見てしまいました。

最近は医学の進歩で、痔の手術療法も患者にとってだいぶ楽になったと聞いていますが、それでもまだ、医師によっては痛みが残ったりと、安心できない場合もあるようです。


いぼ痔の場合、そもそも手術が必要な場合とはどんなケースなのか?

これが案外多くなく、記事によると、適切な薬や生活指導で大抵は良くなるそうです。また、そういった方法で改善しない時でも、レーザー治療という手段があるとか。

そして、やむ得ず手術する必要があるのは、排便時に痔核が肛門の外に出てきて、手で押し戻す必要があるものや、排便時以外でも外に飛び出し、歩くのも辛い場合だけだそうです。

となると、安易に手術を勧める医師の場合、セカンドオピニオンを求めた方が良さそうですね。


ところで、いぼ痔の手術後、痛みが続く場合の対処法ですが、結論から言うと、傷口の状態を専門医に調べてもらう必要があるそうです。

「日本大腸肛門病学会」というところの指導医を受診することを、回答者の医師は勧めていました。

イボ痔の手術では、術後に再生した皮膚がデコボコしていると、排便の度に炎症が起きてしまい、痛むことになるらしいです。その状態を放置すると、ただれの原因にもなります。

手術の時にできた傷口は、肛門の奥の方から手前へ治っていく必要があり、それが逆だと奥の方が治らなかったり、デコボコになったりするそうです。この辺が医師のテクニックの差になりそうですね。


もし、いぼ痔の手術をして、その後の回復が思わしくなく、痛みで悩んでいる人がいましたら、一度専門医に傷口の状況を確認してもらってみてはいかがでしょう?




就寝中のこむら返り対策




↑↑
明け方に「こむら返り」を起こしやすい人は、ふくらはぎの血行が悪くなっています!




PR
プロフィール

webrich2

忍解析、ブログ村

↓記事内容がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ