健康増進法ブログ

健康や病気、医学、美容やダイエットなどの情報を発信するブログです。

胃腸の病気・症状

薬が効かないニュータイプの胸やけ!(NHK「ためしてガッテン」)

ブログネタ
病気、怪我 に参加中!

食べすぎ、飲みすぎなど暴飲暴食、胃の入り口が緩んで起こる逆流性食道炎ではない、ニュータイプの「胸やけ」があることがわかってきたそうです。

5月14日のNHK「ためしてガッテン」は、このニュータイプの胸やけを取り上げて、”胸やけ!長引く新理由”という特集をしていました。

胸やけの薬というと、胃酸を抑える作用のものですが、現在胸やけの患者の40%はこのタイプの薬が効かないニュータイプの胸やけだそうです。その推定患者は、何と500万人。

暴飲・暴食、胃弱などが原因ではない「胸やけ」です。

従って、このニュータイプの胸やけの人の食道を胃カメラで検査すると、健康な人と同じようにキレイです。

番組で取材した69歳女性の方は、5年前から胸やけが始まり、みぞおちから喉にかけてつかえる気持ち悪い圧迫感に悩まされました。胃酸を抑える薬を飲み、元々酒は飲みませんが、食事の量を控え、魚・野菜中心のあっさりしたメニューにしてみましたが、治りませんでした。

また別の男性は、以前「ガッテン」の胸やけ特集で紹介した”だ液をのむ”方法や、上体を起こして寝るなど試しましたが効果なく、しまいに日中いっぱい胸に痛みを感じるようになり、食事も食べられなくなり、ついには仕事も退職してしまいました。


これらニュータイプの胸やけの人たち、一体何が原因なのか?

それは、

何と、

< 空気(ゲップ)で胸やけが起きていた >


ということでした!



実は、だ液や水を飲み込むと、一緒に空気も飲むので、上の男性は逆効果のことをしてしまっていました。そのため、胸やけが悪化していた可能性もあります。


この、”げっぷで起こる胸やけ”のメカニズムとは?


食道上部の粘膜には、『TRPV1』というセンサー細胞があります。強酸性物質や毒物を感知して吐き出させる作用をしています。普通はほどほどに働くので、いたずらはしません。

ところが、「げっぷ」は元々胃酸まじりの空気なのですが、これに過剰反応すると、普通のゲップでも、胃から上がってくるたびに胸焼けを起こすようになります。

これこそが、逆流性食道炎でないのに起こる謎のゲップの正体でした。


そして、過剰反応の原因はというと、「ストレス」なんだそうです。


原因不明なので、胸焼けが起こると、それがストレスとなってさらに『TRPV1』が暴走→胸やけ悪化→ストレス→胸やけ、と悪循環を起こしてしまうのです。


このメカニズムが分かったのは最近なので、医師の間でも知らない人も多く、検査で「異常なし」で済まされる患者も多いといいます。


このニュータイプの胸やけは、「インピーダンス検査」(鼻から細い管を常時入れて、胃や食道の機能を見る)で見分けられます。昨年認可されたばかりの新検査法です。

ご自分の胸やけに心当たりがある人は、大学病院などで検査してもらいましょう(番組では群馬大学病院での検査を紹介していました)。


ニュータイプの胸やけの特徴は、

・食後以外でも起こる
・胸の上部の症状が多い(鎖骨あたりで起こることも)
・市販薬が効かない

などです。また、だ液や水を飲む対処法をすると悪化します。

治療法は、食道粘膜保護薬や抗うつ薬が効果があります。病態を正しく認識できたことでストレスが減り、症状が軽くなることもあります。



最後に、一般的な「胃液逆流を防ぐ裏ワザ」を紹介していました。

・食後すぐに横になる時は、左を下にすると逆流が起こりにくい。巷では「右を下」が
常識のようですが、それだと胃の入り口が下になってしまい、逆流しやすくなります。

・脂肪性のものを多く食べると、脳からの指令で胃の入り口が広くなり、逆流→胸やけを
起こす(食べすぎの警戒指令)。
・猫背だと胃の内圧が上昇し、胃の入り口が緩みやすくなるので、注意(肥満も胃を圧迫する
要因となる)



食事で出る咳は、胃酸の逆流が原因かも?

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!

以前にこのブログで、「食後に痰がからむ」という私自身の体のことを書いたことがありますが、似たような症状で、「食事をすると咳が出る」というものがあるようです。

これは食事だけでなく、会話の際、冬に寒い屋外から暖かい室内に入った時など、また軽い風邪の後にもしつこい咳が続くという症状です。

このしつこく長引く咳について、読売新聞の2月4日のくらし欄「医療ルネサンス」に記事がありました。

そのせきの原因とは、意外にも『胃食道逆流症』というものだそうです。

これは、胃酸がせり上がり、食道や気道を刺激することで起こるそうで、欧米では長引くせきの2~3割りはこれが原因だそうです。

日本でも食生活の欧米化で、増えているとか。

当然胃のあたりの不調も普段からあることが多いらしく、記事中に登場した20代女性も、酒の席が多く、仕事の都合で夜9時以降の夕食が多い、食後にはケーキなども食べる、食べてすぐ横になる、などの胃に負担のかかる生活をしており、その結果、食後の胃もたれ、胸焼け、食事の途中で満腹になる、などの不調がありました。


私の場合は、せきではなく、痰が絡むような違和感でした。ここしばらくは起きていませんが。


もし、咳が長引いていて、病院で呼吸器疾患の疑いがなく、食事や会話、気温差などで誘発されるようなら、この『胃食道逆流症』によるものかもしれません。


この病気の場合、胃酸の分泌を抑える薬や胃粘膜を保護する薬を飲み、酒を減らし、食生活を改善するなどの生活改善が必要になるそうです。

再発もしやすいそうなので、根本的に生活を改める必要もありそうです。



また加齢によって、程度の差はあっても胃の入り口あたりの筋肉が弱り、逆流性食道炎は誰にでも起こりやすくなるらしいですから、『胃食道逆流症』の人は、若いうちから、特に食生活には気をつけたいですね。

特に食べてすぐ横になる習慣は簡単に改められますので、即実行しましょう。


胃腸の疲れにプチ断食、休日前1日の簡単なやり方

ブログネタ
やってみたい健康法 に参加中!

長かった正月休みから2週間以上過ぎ、そろそろ体も日常のペースに戻ってきたこの頃ですが、胃腸の調子だけがスッキリしない人もいるらしいですね。

特にお腹が張って(膨満感)、”ぽっこりお腹”になっていませんか?

こういう症状の場合、食べすぎ飲みすぎで、胃腸が疲れているのが原因のようです。
疲れているために、食べ物をうまく送り出せず、ガスや便が溜まりポッコリになるのです。

先日の読売新聞の健康欄の小記事『元気なう』に、この胃腸の疲れの解消法が載っていました。

それによると、食べすぎ&飲みすぎによる胃腸の疲れには、「プチ断食」が効果的だそうです。

普通、「プチ断食」のやり方というと、週末3日間を使ってやるのがポピュラーらしいですが、この記事で紹介のやり方はもっと簡単で、休日前の1日だけ(夕食のみ)断食をし、休日と合わせて2日間で食事量を調整するという方法です。


具体的には、”休日前の夕食を抜き、休日もおかゆなど消化のよい食事で胃腸を休ませる”という方法。

これなら、食事を抜くのは1日どころか1食だけなので、断食といっても気軽にできそうです。栄養的にも問題ありません。


これで胃腸の調子が戻れば、朝食後に腸がスムースに働き、太い便が出て、お腹の張りもスッキリするようになるとか。


また、夜寝る前3時間は夕食は摂らない方がいいそうで、どうしても夕食が遅くなりそうなら、むしろ朝・昼をしっかり食べ、夕食は食べないというのでもいいそうです。

遅い時間の食事は、食生活を乱す元なので、特に注意した方がいいようです。



今冬もノロウィルス大流行、感染予防には「ラクトフェリン」が効果

ブログネタ
健康と食べ物 に参加中!

今年2013年冬~2014年にかけて、またノロウィルス感染症が大流行すると予測されています。

ノロウィルスに感染すると、胃腸機能が障害され、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、発熱などの症状が表れ、脱水症状が激しくなると死亡する場合もある、怖い感染症です。

特に子供は感染しやすく、予防を徹底する事が大切です。

ノロウィルスの感染予防には、主に、

①手に付いたノロウィルスを手洗いなどで除去する、「体の外から防ぐ方法」
②感染を防ぐ食物成分を摂って、「体の中から防ぐ方法」

の2つがあります。


手洗いの徹底はよく知られている予防法ですが、ノロウィルスの感染を予防する食物(食材・成分)はあまり知られていないようです。

先日、新聞の小記事で、その感染予防に効果のある食材&成分に、『ラクトフェリン』というタンパク質があることを知りました。

ラクトフェリンは、母乳(特に出産直後の初乳)に多く含まれ、赤ちゃんを感染症から守る成分として知られています。

このラクトフェリンを、ヨーグルトやサプリなどで摂ると、腸の中で腸管の細胞の表面に取り付いて、ノロウィルスに感染するのを防いだり、また直接ノロウィルスに結合して、腸の細胞に取り付くのを妨げる効果があるそうです。

ですから、ノロウィルスの流行時期には、『ラクトフェリン』入りのヨーグルトやサプリメントを摂っておくと安心でしょう。

それらは、今では多くのメーカーから発売されています。

どのメーカーでもいいでしょうが、ラクトフェリンの研究は、森永乳業が得意としていますので、同社のヨーグルト「ラクトフェリンヨーグルト」やサプリ「森永 ラクトフェリン」がおすすめですよ。



夏の冷たい飲食による胃の不調の簡単な回復法

ブログネタ
健康雑学 に参加中!

猛暑続きで、スポーツドリンクをはじめ飲料水を飲みすぎて胃(または胃腸)の調子が悪くなった人もいるのでは?

私も生来の胃腸虚弱のため、この暑さで水分を大量に取ったのが負担になり、昨日から胃が痛くなってしまった。

冷たい飲料水は極力控えめにしているが、それでも飲みたくはなるし、また冷たい温かいは別にして、水分を多目に飲むだけでも胃が弱い者には負担になる。

このような胃腸虚弱が夏の胃の不調を乗り切るにはどうするか?

回復法を少し書いてみる。

まず、胃腸によい食べ物としては、カレーがある。

ご存知のようにカレーには多くのスパイスが使われていて、健胃作用を持つものが多い。

チリ(唐辛子)、生姜、胡椒、コリアンダー、フェンネル、クローブ、ナツメグ、シナモン、ニンニク、ローリエ(月桂樹の葉)など。

カレーは、まるで胃腸のために存在するような料理とさえ思える。

普段、胃腸のために冷たい飲み物はほとんど口にしない私でも、食事がカレーの時は、冷たい水を飲んでも大丈夫だから。

胃弱の人で、夏場不調を感じたら、カレーを食べてみてはどうでしょうか?


次に、胃が不調だと、当然胃のあたりが痛いと思う。

そういう場合、胃薬など飲むだろうが、「胃のツボ」を押しても楽になる。

主にお腹と背中のツボを押すとよい。

お腹の胃のツボとしては、案外知られていないが、肋骨のカーブに沿ってある。
ツボの名称としては「不容(ふよう)」という場所。

ヘソの斜め上で肋骨のカーブと交わるあたり。骨の上の場合もある。
左より右に反応が強いかも。

その辺を適当に指圧すると、胃に響くというか楽になるポイントがあるので、そこを中心に指圧してみる。上下方向に斜めに押すのも効果が上がる。

そして、背中にもツボがある。これは、胃の裏側あたりで背骨から3センチ前後離れた縦のライン上。押して痛いところを指圧すればいいので簡単。これも右側に反応が強いかも。自分で背中に手を回して押せばよい。

強めに押したり弱く押したりして、胃の調子を見て、楽になるまで適当にやってみてください。

1,2日ツボ押しをやり、食事を摂生しつつカレーを食べれば、結構胃の調子は回復するのではないかと思う。

私は大抵ほとんどこのやり方で、胃の調子をコントロールしていて、胃薬を飲むことはありません(下痢の時は、すぐに止めなければならない場合、正露丸を飲むこともありますが)。


就寝中のこむら返り対策




↑↑
明け方に「こむら返り」を起こしやすい人は、ふくらはぎの血行が悪くなっています!




PR
プロフィール

webrich2

忍解析、ブログ村

↓記事内容がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ