貴女を魅せる "ブライダルブーケ"
貴女を魅せる "ウエディングドレス"

ウエディングドレス 試着

試着をしたウエディングドレスの写真って撮影させてもらえるのでしょうか?

基本的には撮影OKのところが多いようですが、中には撮影が不可能なお店もあるようです。自社でデザインをしているようなお店だと、情報が漏れるのが嫌なのでしょうね。
また、写真ではどうしてもドレスの質感などがわかりにくいため、最終的にはやはりもう一度試着した上で比較するのがおすすめです。
撮影に関しては事前に確認をしたほうがいいかと思います。
試着のときのインナーで悩む方も多いかと思いますが、基本的にはインナーはお店で用意してくださいます。パニエなどは持っていない場合が多いですものね。底の部分もあらかじめ確認をしたほうが無難だと思います。肩紐を取り外せるインナーだと雰囲気が変わることなく試着ができるので、オススメかも!

お化粧やヘアは普段のままで大丈夫!しっかりメイクや、かっちりヘアではイメージが違ってしまう場合がありますものね。自分のイメージがしっかりとある場合は、雑誌等の切抜きや写真などがあると、よりよいご提案をいただけるのではないでしょうか?

どうしても迷いが合って取り置きをしたい場合ってあると思いますが、
お店によってできるところと、できないところとあるようです。
予約をしてしまった後、もっと素敵なドレスがみつかった!なんていうこともあるかもしれません。その場合、キャンセルできるかできないかも事前に確認をしたほうがいいかと思います。


ウエディングドレス@情報館


ウエディングドレス試着・・・予約なしで突然、試着に行っちゃいけないの?

急に思い立って。もしくは時間が空いたから。と急に試着に行こうと思っても、なかなか難しいのがウエディングドレスの試着。
ウエディングドレスは、普通の洋服のように自分ひとりで試着ができないものですし、コーディネーターが案内してくれるお店も多いので、あらかじめ予約した方が安心です。
試着したいと思うドレスがそこにはない場合もあるし、混み合っていて案内してもらえないこともあるかと思います。
そして、試着の予約のときに、来店希望日時の他に、挙式予定日、挙式会場を伝えましょう!その他、会場の雰囲気や、自分のイメージ、サイズなどを伝えると後がスムーズだと思います。

一般的には3〜5着くらいの試着が限度のようです。インナーを替えたりパニエを重ねたり、普通の洋服のように簡単に着脱できないものが多いですものね。
一回の試着には2〜3時間はかかります。ゆったりと時間を持って、試着に行きましょう。そして、必ず、客観的に意見をいただける女性の方と一緒に行ったほうがいいかと思います。(お母さまや姉妹など・・)


ウエディングドレス@情報館

ウエデイングドレスをレンタルする人が多くなっていますよね?
ウエディングドレスのレンタルは、数も豊富だし、最近では有名デザイナーのものや、新中古品(展示などでつかったもの)などもあり、なによりも試着ができる・・・というところが最大のメリットです。

ウエディングドレスを試着するにはまず、雑誌やネット等でお店を調べ、カタログを見て、決めることから始まります。

今は、雑誌やネットにたくさんのお店の案内があるので、その中から自分のイメージに合ったお店を見つけ、カタログ等を取り寄せたらいいかと思います。
ネットなどではネット上に詳しい説明の入ったカタログが描かれていることが多いです。
イメージが決まったら、試着の申し込み予約をとって出かけましょう!

ウエデイングドレスの試着は何度もした方がいいです。
ウエデイングドレスの試着に妥協は禁物です。
自分が納得するまで、何度も試着を繰り返しましょう!
お店によっては一日に試着できる数が決まっているところもありますし、きちんと予約をしないと実際に来て見たい商品がその場にないこともあるので要注意です。

素敵なウエディングドレスに出会えるといいですね!



ウエディングドレス@情報館

一生に一度の晴れ舞台である結婚式。その晴れ舞台に着るウェディングドレスは納得のいくまでじっくりと選びたいですよね。

カタログやネットでイメージを決め、予約を取って試着に出かけます。
自分のイメージがしっかりしていないとなかなか決めることができず、あれこれ試していくうちにどれがいいのかわからなくなってしまうことがあります。イメージがはっきりしていればいるほど、ウエディングドレス選びはスムーズに行くでしょう!

予約時に会場や予算、サイズなどをお店に伝えておくとよいでしょう。会場の広さや雰囲気によっても選ぶドレスが変わってくると思います。
ガーデンウエディングや、チャペル、レストラン、式場のライティングなど、あらかじめ知っておいた方が良いポイントはいくつかあります。

試着当日ですが、ビスチェやストラップの下着をつけるほうがいいと思います。インナーによってイメージがだいぶ変わってしまうことを認識しておいた方がいいと思います。

大切なのことですが、カタログなどで見た感じと、実際着た感じは違うということを頭に入れておかなくてはなりません。
カタログやネットなどはプロのモデルさんが着ていて、プロのカメラマンが撮っているということをお忘れなく!



ウエディングドレス@情報館

ウエディングドレス試着は自分ひとりでは行かず、できれば母親や姉妹、友人など、客観的な意見を言ってくれる女性と行った方がいいでしょう。男性だと見方が違うし、客観的に意見を言ってくれない場合もありますから。何を着てもキレイに見えちゃうかも知れませんしね(笑)

また、式場以外でウェディングドレスを手配する場合、式場のイメージを伝えることも大事です。写真などがあるとわかりやすいかもしれません。カメラの持参ですが、場合によっては写真を撮らせてくれない場合もあるので注意しましょう!

また、試着の際に、同時に小物も身につけてみたほうがいいでしょう。
まだ決まっていない場合は、イメージしているものを持参してみた方がいいかもしれません。
さらにウェディングドレスを着たら、歩いたり、座ったり、お辞儀をしたり、うでをあげたりと、色々な動きをして見ましょう!下着が見えたり、窮屈だったりするのを避けなければいけません。
ウエディングドレスを決定するまでは何度も試着を繰り返して、本当に気に入ったもの、似合うものを探しましょう!



ウエディングドレス@情報館