結婚式の当日は、カップルを祝う大切な日ではありますが、
マナーにも大変気を配らなければならない一日でもあります。
まず、結婚式の式場に到着したら、受付を済ませておきましょう。
このときの受付には、最初に「おめでとうございます」と
お祝いの一言を述べるのがマナーです。
芳名帳に住所・名前を書いたら、あらかじめ用意しておいたご祝儀を渡しましょう。
ご祝儀は、バッグからそのまま出してしまうのではなく、
「ふくさ」と呼ばれる布に包んでおくことはマナーの基本です。
最近では、小さなふろしきが流行っていますので、こちらで代用してもOKです。
間違っても、ご祝儀の袋も何もなしで出してしまわないこと。
マナー違反にもほどがありますので、十分に注意してくださいね。